2008年5月アーカイブ


         Photo4年半ほどまえ、今の家を新築した時に、玄関の斜め右手にある1m四方の小さな花壇に植木市から買ってきた当時樹高3mくらいのブルーアイスを植えました。

ブルーアイスという木は初めて聞く人もおられるかもしれませんが、ヒノキ科の常緑針葉樹で、誰でも比較的簡単に育てられるということになっている樹木です。

ブルーアイスを選んだのは、水色の葉に粉砂糖ふりかけたような白い粉がついており、それが赤茶色の枝と見事に調和した美しい姿に魅了されたのと、樹形が堂々としており、玄関に植える木としてはいちばんふさわしいと思えたからです.

日当たりが悪い割には成長が早く、グングン大きくなっていき、3年目には5mくらいまでの大きさに育ちました。                                            ところが根元が1メートル四方と狭い上にコンクリートで固められた花壇に植えられていたために根張りが弱く安定性に欠け、強い風が吹くたびに大きく傾くようになりました。

こりゃまた"どんげかせんといかん"ということで裏の竹林から採って来た竹の支柱で支えようとしましたがなにせ不器用な素人しごとにつき、台風が来ると家屋の方に倒れかかるという状態が続きました。                                           これではブルーアイスも大変だろうということで業者に頼んで花壇の面積を広げることにしました。

コンクリート部分を切断して、倍くらいの広さに拡げ、これでこの木も安泰だろうと喜んでいましたが、それからひと月程たってからだんだん下の方が茶色になり、それから先はあっという間に全体がスッカリ茶色になり枯れ木と化してしまいました。

移植の時に根っこの処理の仕方が拙かったようですが、業者曰く、そもそもこの木は移植にはむかないんですよとのこと。それならそうと最初からそういってくれたらいいのにと思ったがすべては後の祭り!

思えば開業以来エントリーの顔として玄関口で沢山の会員の皆さんを送り迎えしてきたブルーImg_1251アイス。                                                  冬のイルミネーション点灯時には主役として雄姿を見せてきたこの木もあっけなく4年半でその命の幕を閉じました。 

この木の為によかれと思ってやったことが結果的には私の樹木に対する無知と業者選定の拙さでまだまだ生き続けることができた"  仲間"を死なせてしまったという罪悪感でしばらく落ち込んでしまいました。

人間社会でもこういった話はよく聞いたような気がするなあと思いながら、枯れてしまったブルーアイスをそのままにしておくのもしのびないという気持から、別の業者に頼んで引き取ってもらいました。

そのあとをそのままにしておくわけにもいかないということで、また新しい木を買いに行きました。同じブルーアイスを選ぶことには何か抵抗があり、今度はモミの木を植えることにしました。高さはやはり3m位。割と形の良い木です。Img_2102

冬のイルミネーションの時期頃までにはもう少し大きく且つ形も整ってきているかと思います。                                                    

先代のブルーアイスのような雄姿を期待するにはまだ2~3年かかるかと思いますが、この木だけはブルーアイスの二の舞とならぬよう大切に育てていきたいと思います。

これから皆さんがエントリーに訪ねてこられたときはこのモミの木が二代目として皆さんをお出迎えすることになります。                                               この次、エントリーに来られた時は、『あぁ、この木のことか...』という目でみていただくとともに、ブルーアイスのことを覚えていただいてる会員の方はブルーアイスのことを2~3秒でもいいですから偲んでいただければ幸いです。


この前のブログで紹介した美男美女の成婚カップルから、つい先日、日本海のおいしい魚の干物が送られてきました。                                       日本海の潮の香りが今にも漂ってきそうな新鮮な干物で家族でおいしく食べさせてもらいました。

添えてあった手紙によれば、ようやく引越しの荷物も片付き、○○市での新婚生活も少しずつ慣れてきているとのことでした。

また、自宅から歩いて数分のところに日本海があるとのこと。街ものんびりとしており、ゆったりとした時間が流れているそうです。

手紙は整ったきれいな手書きの文字で書かれおり、日頃パソコンの文字にしか接していない私には非常に親しみ深く思えました。                                 文章もなかなか上手で日本海側の中都市の風景が鮮やかに描かれており、『ふーん、こんな文才があったんだ...』と感心させられました。                            それとともに、一文字一文字に幸せな新婚夫婦の気持がにじみ出ている感じで、読んでいる私までもが、幸せな気持にさせてもらいました。

そしてはいよいよ明日16日は晴れの結婚式!式と新婚生活と順序が逆になってるみたいだけど仕事の都合だから仕方なし!                                        

約束の祝電をこのあと予約します。                                  どんな文章にしようかな...。堅苦しくても駄目だし、ふざけすぎるのもなんだしなあ...、恵まれた自然環境の中、子供を沢山つくって日本の少子高齢化対策に寄与して下さいとでも書くかな?                                                   ま、いつもの通り思いつくままに書きたいことを書いちゃオーッと。                 それでは今日のところは今から書く電文のことで頭が一杯になってきましたので、ブログの方はこれにて打ち止めということにしたいと思います。(何故か儲かったような気分になっているのはどういうわけなんでしょうかねえ) ほいじゃまた!A009cut                            


先日20代前半のお嬢さんと、彼女のお相手選びに同行された若いお母さんから、エントリーのブログを読んでいるというお話を伺って「へー、そうなんだ...。会員さんのお母さんもホームページやブログに目をとおされるのかぁ」と驚くとともに気恥ずかしい思いをしました。     その2~3日あとに私が前回のブログで話題にした今井美樹風のきれいな会員さんが、お相手選びに来られた時『私らしき人のことがブログに書いてありましたね」と妻に話されたとのこと。

私はエントリーのブログなんかに目を通してくださるような方はまずおられないだろう、まして既に入会された会員さんがエントリーのホームページやブログに目を通されるということは全くの『想定外』でしたので新鮮なショックを受けました。00092

結婚情報サービス関連のホームページというのはそれに特別関心のある方以外は見るはずがないと思っていましたので、ご覧になるのは真剣に入会を検討しておられる方か、研究熱心な同業他社くらいのものだろうと思っていました。

従って、そういう方達を読者と想定して、その方達にエントリーというところを、そしてエントリーのメンバーである『私達の人となり』を知っていただき、入会先選びの参考にしていただくことをことを念頭においていろいろ情報を提供してきました。    

しかし、これからは会員の皆さんの中にも関心をもってみてくださる方がおられるんだということを頭の片隅でしっかりと意識しながらその方達へのメッセージも取り上げていかなきゃと思った次第です。

ところで"ブログ"って一体どういう意味なのでしょうか?順序が逆だなと思いながらもネットで調べてみますとつぎのようなことが分りました。

ブログとは『web-iog』の略で、一般的には時系列で並べられた記事とそれに関するコメントが定期的に更新されるようなサイトのことをいいます。

最初は『web-iog』という語源のようにウェブリンクや簡単な説明を記録することから始まりました。                                                    今でも多くのブログがこのようなリンクや説明、個人の考えそして日常生活を書いたエッセーで維持されています。                                            しかしブログが拡がるにつれ短いweb日記のようなものに形を変えています。          

また、ブログは個人的な用途で活用されるだけではなく友達/家族/会社/チームのコミュニケーションツールとして活用され一般的なウェブページとは次のような特徴で区別されています。                                                 Rose_c_mini      1.記事ごとに時間記録を持つ。                                     2.記事が時系列に並ぶので最新の記事が常に上段に位置する。               3.記事ごとにリンクできる。                                      4.リンクとコメントを通じて相互コミュニケ-ションが可能。

ということだそうです。 

こういう定義からすると、現在のエントリーのブログは定期的に更新されるサイトではないし、記事ごとにリンクさせているわけでもないし、相互コミュニケーションを目的としているわけでもないのでブログとはいえないのかもしれま1000009_img1せん。

エントリーのブログについては、妻からも                                                「あなたの書くブログは長すぎるんじゃないの?それよりももっと短くていいから毎日書くようにしたほうがいいんじゃない?」といわれています。

確かに他所のブログとやらをみるとそうかもしれません。                     しかし、ブログであろうが無かろうが、目的ははっきりと自覚しているつもりなので、私としては書きたいと思ったことを書きたいだけ書くという今のスタイルを貫いていきたいと思っています。

あるときTVを見ていたら、元ボクシング世界チャンピオンのブログが大人気になっているとのこと。                                                  彼は1日に3つ以上ブログを書くように決めているとかで、最近ではそのネタを集めるために街中を探し回るといったような内容だったかと思います。                             私はその時あたっているかどうかは分りませんが                          『楽しむ為に始めたブログがいまやそれに振り回され、彼にとっては重荷に変わってきているんじゃないだろうか?下手な目標なんて決めずに書きたい時に書きたいことを書いていけばいいのに...』                                               と思った記憶があります。

今現在、この元ボクサーがどういう気持でどんなブログを書いておられるのかは分らないのでなんともいえませんが、私はブログを書くということが私の大きな手かせ、足かせにならないよう気をつけながらこのブログとやらを書き続けていきたいと思っています。

どうせ例によって私のことですから、滅多に更新もしないことだろうと思います。          たまたま間違ってこのブログを読んでる方は次回は気持ちよく忘れて他の楽しいブログに移って下さいますように!

 

                                                         

                   

宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ