2009年10月アーカイブ


 今年の3月に我が家の長男坊?ことオカメインコのエンタローについてブログで紹介しましたが、その後は次々といろんなネタが出てきたものですから、続編を書けないままで半年以上経過しました。

あれからあともエンタローは意気軒昂で、大した病気をするでもなく我が家の家族の一員としてスクスクと育っています。

IMG_1368採用.JPG

飼い主バカと思われるかもしれませんが、エンタローは非常に賢い小鳥です。

会話こそ交わすことはできませんが、エンタローは私達が何を考えているか何となくわかるようでして、私達も彼?が何を望んでいるか、何を考えているかは大体分るようになりました。

そんなわけで、私達の間ではしっかりとコミュニケーションはとれており私としてはほんとに自分の子供のように可愛くてたまりません。

私の肩にとまってチョコチョコと行ったりきたりする時の足の感触はなんともいえないほど愛らしいものです。

 またどういうわけかエンタローは新聞紙に異常なほどの関心を示します。

特に私がエンタローを新聞で挟んで暗闇の中に閉じ込めた状態にすると暗くて怖がるかと思ったのですがさにあらず。"オッチョコチョー"と意味不明な奇声を発しながらもご機嫌でよく喋りまくります。

生後2~3ヶ月のエンタローを小鳥屋さんで買ったとき、彼は靴箱のような小さい箱の中に新聞紙を敷き詰めた中に入れられていました。

その時のことが無意識の内に彼の記憶の中に残っていて本能的に新聞紙に挟まれるのを好んでいるのかもしれません。IMG_1357ブログ採用変更分.jpg

私が、鳥カゴの近くのテーブルに新聞を拡げて読もうとすると、カゴから出してくれと 、バタバタと暴れます。

あんまりうるさいので、最近は新聞を読みたいときは彼に気づかれないよう離れたところで、新聞をめくる音を立てないようにして読んでいます。非常に耳がいいのでちょっとでも音を立てますと、すぐに気づかれてしまいます。

 

他に、彼の特技としては、言葉をしゃべることの他に、もの真似が上手なことがあげられます。

特に私がIMG_1338採用.JPG歯磨きをするとき、必ず飛んできて腕にとまって歯ブラシの歯を磨く音を真似しますが、これは絶品です。ビデオにとってTVに投稿しようかな?と本気で考えたことがあるくらい上手です。

それと私の口笛の真似もなかなかのものです。そのまね具合の正確さからすると、どうやら彼は音痴ではなさそうです。 

 そのほかにも紹介したいエピソードは沢山ありますが、写真を多く挿入すると携帯でこのブログを見ている方達にとっては開くのに時間がかかって大変かと思いますので今日のところはこの辺で終わりにしようかと思います。

このブログを読まれた方でエンタローに興味のある方は声をかけていただければお見せいたします。気軽に声をかけて下さい。(但し、あなたの方にとまって糞をすることがあるかもしれませんので、汚しちゃいけない立派な服を着てこられた時は遠慮された方が無難かと思います)。

                           哲

 

 

 

 

                                                                                             

朝の風景


私は毎朝散歩をしています。

最初はなんとなく体にいいからという理由で始めたのですが、何かと口実をみつけてはサボリがちで非常に不真面目な散歩だったように思います。

ところがメタボが段々深刻になり、はけるズボンが少なくなってきたところでようやくこれではいけないと一念発起!バナナダイエットと散歩に真剣に取組むことにした次第。

もう3週間ほど続けていますが、不思議なことにこれまでどうしても落ちなかった体重が3キロほど落ちてきましたので、ますますやる気がでてきているところです。

以前は雨が降ると 『やったー、これで今日は散歩を休めるぞ』ってな感じでしたが、最近は 『やばい、雨か...。しょうがない、代わりにスクワットを100回ほどやっとくか...』という具合に代わってきたので我ながら変われば変わるもんだなあと感心しています。

IMG_1323.JPG

ただ、健康に良いということを除いてもも散歩というのは気持のいいものです。

エントリーの近辺は住宅街ですが、生目神社のあたりは非常にのどかな田園風景がみられ、散歩する人が沢山います。

ご夫婦で仲良く歩いておられる方、犬を連れて散歩しておられる方、ひとりで前後に大きく手を振って急ぎ足で歩いておられる方...。

その殆どがご年輩の方のようですが、それにしても皆さん非常にお元気です。そういった方たちの間に混じって散歩してますと、私がいつの間にか若手扱いされる感じで全く笑っちゃいます。

そして私が感心するのが、皆さんの挨拶!初対面であるにも拘わらず、皆さん大きな声で『お早うございます』と挨拶をされます。

最初は、とまどっていた私も、自分の方から『お早うございます』と元気に挨拶することが出来るようになりました。

見知らぬ人同士であっても大きな声で挨拶を交わすということはホントに気持がいいものですね。挨拶をしてすれ違ったあとなんだか晴れ晴れとしたさわやかな気分になるのは私だけでしょうか?

私は高校卒業後、大学進学のために東京に出て以来、勤務先も東京本社のメーカIMG_1310.JPGーに勤めましたので都会暮らしを長いこと続けてきました。

あちらでは見知らぬ人同士が挨拶を交わすなんてことは滅多にありませんでした。

前方から来た人とすれ違うにしてもお互いに知らん顔。それが当たり前の世界で長いこと暮らしてきたので私にとっては宮崎に戻り、散歩を始めるようになってからの挨拶の習慣は新鮮な喜びです。

それに宮崎市という県庁所在地に住みながら、こんなに身近に田園風景をIMG_1315.JPG見ることができるということは本当に幸せなことだと思います。

仕事が忙しくて生駒高原のコスモスを見に行くこともできない最近ですが、散歩コースにコスモス畑があるお陰で、大好きなコスモスを充分に味わうこともできます。

 宮崎に帰ってきて良かったなとこういう時つくづく思います。

あとは、散歩で英気を養って、なかなか良縁に恵まれず悩んでおられる皆さんのお役にたてるよう頑張らなきゃなと気持を新たにした次第です。

 

                  哲

 

 

 

 

 

 

 

                                           

 

                                  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            

頑張る50代


先週は台風18号に振り回された1週間でした。

『非常に強い台風』という台風情報がしきりと流されていたので戦々恐々として台風が来るであろう日の2日前には庭の鉢植えの花を家の中に取り込んだり、物置が飛ばないようにガードしたりと準備万端整えて待機していました。

結果的には見事な肩透かしでガックリきました?が、それでもこういう肩透かしならいつでも大歓迎です。

とはいえこの台風は日本列島を縦断していきましたので、他府県では被害の大きかったところもあり、お悔やみを申し上げる次第ですが、いずれにしてもこういうものは来ないにこしたことはないですね。

 

ところで、前回、50歳の男性と35歳の女性の成婚について紹介しましたが、 こういうことは続く傾向があるようでして、その何日かあとに今度は59歳の男性と46歳の歳の差13歳のカップルが成婚報告にきていただきました。

予定でいくと10月末頃に報告にこられるだろうと思っていたのですが、予定より1ヶ月早いパーティーでのマッチング後2ヶ月での成婚報告となりました。ハッピーウェディング素材集NO.6 100.jpg

この方達の場合も最初からスンナリといったわけではなく、彼に対して好意はもっていたものの彼の59歳という年齢と二人の歳の差を考えて一度は彼女の方から私達にお断りの連絡がありました。

そのことを彼につたえたところ、彼のほうが彼女に対する思いが断ち切れないということで、もう一度チャンスが欲しいとの強い要望がありました。

ルール上は一度お断りが入った以上はそれでお終いということになるのですが、彼の思いが真剣そのものでしたので、そのことを彼女に伝えとところ『もう一度彼と話し合ってみます』ということになりました。

それから間もなくして『またおつきあいしてみようと思います』との彼女からの連絡が入りました。

それから先は順調だったようで、結局2ヶ月目でのスピード成婚ということになりました。

成婚報告のためにエントリーにこられた際、彼がテーブルにつくやいなや『フーッ今回は私も頑張りましたァ』と実感をこめていわれたのが印象的でした。

そうです。確かにお断りの連絡をいれたときに、彼が強くお願いしなければその時点で今回の成婚報告はなかったわけですし、その意味では彼の頑張りは非常に大きかったと思います。

前回の50歳の彼といい、今回の59歳の彼といい『やるじゃないですか、50代...』と思わずにんまりとしてしまいました。

最近は『草食系』なる言葉が流行するなど、男性のひ弱さがクローズアップされてきていますが、勝負すべき時にはキッチリと勝負するこの50代の男性の逞しさを見習って欲しいものだと思う次第です。

                 哲

 

 

 

 

 

 

5年目の春


今日は大チョンボをしてしまいました。また、ブログが1週間1本のペースを崩しそうになってきたので、午前中に覚悟を決めて2時間ほどかけて書き上げました。

とそこまでは良かったのですが、チェックも終わり『さあできたぞ』と最後に写真を挿入しようとした時についうっかり関係ないボタンをクリックしてしまい、画面が全部消えてしまったという次第。

ウソだろう?ってな感じで修復を試みましたが、メカ音痴の私に修復できる筈がありません。文章を保存しようとする直前の事故につき、結局午前中の2時間の努力が一瞬にして水泡に帰してしまいました。

こういうときに限って自分でもある程度納得のいく文章が書けていたので本当にガックリきました。パソコンを始めたばかりのころはよくありましたが、最近では何年もこういうことってなかったので自分のドジさ加減に随分落ち込みました。

かといって落ち込んでいる暇はないのでまた、気を取り直して書き直すことにしました。あーあ、このボケオヤジ! 自分自身に向かって悪態をつきながらパソコンに向かっているところです。

 

それはそうと、先月末1組のカップルが成婚報告にきてくれました。 ハッピーウェディング素材集NO.6 085.jpg男性50歳、女性35歳のなんと15歳も年の離れているカップルです。

私達の前でも彼はうれしさを隠そうともせず大いにはしゃぎ、彼女の方はそんな彼の姿を温かく見守り...。どちらが年上なんだろう?と思うくらい、歳の差を感じさせない全くお似合いののお二人でした。

 

思えば、彼が入会したのは5年前の夏。以来活動を続けるもなかなか良いご縁にめぐまれないままの日が続き、一度は諦めて退会した彼でした。

そんな時彼の友人がエントリーに入りたいから紹介してくれと頼みにきたそうで、それならということで彼を連れてきてくれました。

その時に、それならまた俺もということで彼も改めて再入会ということにあいなりました。

彼にご縁がなかったのは彼の頭髪が他の人にくらべ極端に少なかった(早く言えばオハゲちゃん)この一点につきます。その点を除くと性格は温厚ですし、会社の組合の委員長に選ばれたたこともあるほど人望が有り、優秀な男性です。

彼との長い付き合いの仲で彼のことはよくわかっていたつもりなので、年恰好が釣り合うと思われる女性には熱心に奨めてみたのですが、頭髪のことがネックとなってなかなか彼のことを理解しようとする女性はあらわれませんでした。

一方、彼女はといいますと、今年の3月に入会して間もない目元のパッチリしたいわゆる美人さん。

婚活しにきた彼女に彼のことを奨めてみたところ思いがけなくも"Yes"との返事をもらいました。

『頭ハゲてるんだけど大丈夫?』と確認しましたら『お会いしてみないとわかりませんから...、私は外見は気になりません』との力強い返事が帰ってきました。

早速お見合いをセットしたところ、お二人ともOK!ということでお付き合開始。

私は彼のことが心配だったので、途中何度かTELしてお付き合いの状況を確認しましたが、その都度 『順調です、ご心配なく』という彼の頼もしい返事が返ってくるようになりました。彼も今回は気合をいれて頑張ったようです。

休日には必ず彼女をデートに誘い、それぞれのご両親への挨拶の段取りも手際よく進めていました。そしてトントン拍子でその日の成婚報告に繋がったという次第。

私は彼の素晴らしさを見抜いた彼女の慧眼に感心するとともに心から感謝しました。彼にとってはまさに5年目の春!よかったよね、ほんとにおめでとう!

一度は諦めかけた彼でしたが、もう一度頑張ってみたお陰で素晴らしい伴侶を手にいれることが出来ました。やはり"ネバー ギブアップ"の精神で取組まないと幸せを手にいれることは難しいということでしょうか?

 

お二人の新居はエントリーから車で15分くらいの所。これからも家族ぐるみでお付き合いしていきたいと思っています。

                      哲

 

  

宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ