2010年7月アーカイブ


閑(しず)かさや 岩にしみいる 蝉の声  松尾芭蕉の有名な句ですが、前回のブログはたったこれ一行しか書いてなかったので、ブログをお読みになった方はどうしたんだろう?と不思議に思われたことと思います。

決して哲学的な深い意味をこめて書いたのではありません。これはその後を書く時間がなかったので『未公開』にして時間が取れたときにそのあとを書くつもりでいたのですが、どういう弾みかうっかり『公開』にしてしまっていたようで未完成のまま更新ということになっていました。

本当はそのあとにうるささや 安眠妨害 蝉の声 という駄洒落を続けて書 takebayasi.jpgこうと思っていました。うちの裏庭は竹林につき午前5時頃になったら蝉の大合唱でとても寝ておれるものではありません。『まったくもう...』と腹がたちまちすが、しかし考えてみるとそれが昔からの普通の夏の風物詩なんですよね。眠い目をこすりながらも諦めてこちらも早起きするようにしています。

ところで7月24~26日の三日間はエントリーにとっては非常にラッキーな三日間でした。というのは、まず第一には予定していなかったカップルが成婚退会報告をしてくれたこと。

そのカップルは交際3ヶ月目のカップルでしたが、事前の情報によりますと、今回は婚約はせず、延長をお願いするつもりですとの話しでした。従いまして私たちとしては『延長要望書』をテ-ブルのうえに拡げて準備していました。

ところが部屋に入ってきた彼は延長要望書を目にすると『あのう、この用紙は使いません。退会することにしましたから...』ときっぱりといいました。それを聞いた私たちは『え、退会ってどういうこと?』と思わず聞き返してしまいました。『成婚退会です。私達結婚しようと思います』と彼女と顔を見合わせてはっきりと返事されました。お二人揃って成婚料も持参されたとのこと。

それまで人柄の良さは誰もが認める素敵な彼でしたが、幾分人が良すぎるきらいがあり、それが原因でなかなか結婚までたどりつけませんでした。その彼が毅然とした態度で『結婚退会です』といったのでこちらとしてはビックリしゃっくり!何かのまちがいではないかと思って思わず彼女の顔をみましたら、ニコニコして頼もしそうに彼の方を見つめていました。『やばい、どうやらこれはジョークではないみたい!』ということでこんどはこちらが慌ててしまいました。

何故なら、これまで成婚退会される方達が報告に来られる際はおいしいケーキと、お二人のための記念品を用意することにしていたからです。

『あんた、ズルイヨ!そういうことならそうともっと早く教えてくれてたら用意しておくものがあったのに...』と思わず言ってしまいましたが、オクサンがヒアリングしたあとでお二人の気持ちが固まったようです。それにしてもお目出度い話しです。

私は正直なことをいいますとこの交際はいつまで続くかな?と半信半疑のところがありました。勿論お二人にはなんの問題もないお似合いのカップルでしたが、彼女の方にはお子さんが一人いました。

そのことがお二人の結婚の妨げになりはしないかという心配があったからです。しかし、彼の愛は本物だったようです。改めて彼のことを見直しました。

ウチのオクサンはどういう根拠にもとづくものかはわかりませんが、最初から『大丈夫この二人なら絶対うまくいく!』と信じて疑いませんでした。オクサンの得意そうな顔!私の完敗でしたが、こういう完敗ならいつでもOKです。近々私達二人でこのお二人さん用の記念品を買いにいくつもりです。

面白いことにお二人が幸せをエントリーに持ち込んでいただいたようでその後のエントリーの流れが変わったようで、無料相談の電話やメールが続きその日を入れて三日間でなんと8人もの入会者がありました。

口蹄疫関連の影響か今月も、前半はなかなか盛り上がりませんでしたが、ようやく移動制限の解除等、事態が好転していくにつれて県内の婚活にも明るい兆しが見え始めたようです。

オクサンと私は2つの部屋を使ってフル活動でしたが、これでまた既存の会員さんたちとの、新しいお見合いが沢山組めるなと思うと楽しくなります。

ということで、前回の不可思議な未完成ブログもこれでどうにか格好がついたのではないでしょうか?次回は福岡出張のことなどについて紹介してみたいなと思っています。期待しないで忘れて下さい。

 

 婚活やの親父こと

             哲

                    (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 

 

 

 

 

 


今日(7月20日)は小中高校では大部分のところが終業式!明日から学生のみなさんは長い夏休みに入るわけですが、南九州ではようやく今日になって梅雨明け宣言が出されました。天気予報hは今回も外れ!

南九州以外の日本各地は17日前後に梅雨明け宣言がだされていました。口蹄疫、ゲリラ豪雨、長引く梅雨...、宮崎は不運な目に遭いっぱなし!どうなってるんでしょうかねえ。

 

話は変わりますが、今月初めコマーシャライザーを管理している事務局から、エントリーHPのトップページに作ったコマーシャライザーの閲覧者が8000人を超えたとの案内がありました。

これは私が文章を考え、ウチのオクサンがそれを上手にマニュアルをみながらああいう形に作りあげた作品です。意外と好評のようで苦労して作った私達からしますと1年半くらいの期間の間にこれだけの人にみてもらえたということは非常に有難い話と素直に喜んでいます。

そろそろ第2弾をと思うのですが、お蔭様で多忙な毎日を送らせて戴いている為その対応等でなかなか着手できません。時間の空いたときを見計らってボチボチ手をつけていきたいと思っています。 

ところで、先日あるOB会員さんご夫婦が生後4ヶ月の男の赤ちゃんを披露しにきてくれました。彼女の『この子は母乳だけで育てたい』という強い意志により育てられた赤ちゃんは、かた太りしたみるからに健康そのものの可愛らしい男の子でした。そしてほんとに父親に瓜二つ...。

赤ちゃんをあやしていた彼女が、私たちに興味深い話をしてくれました。ママと赤ちゃん.gif

私は20代の頃は結婚には全く興味がなく、『誰が結婚なんてするものか』と思っていました。ところが30歳になった時にどういう風の吹き回しか初めて『結婚もいいかもな』という気になってエントリーに入り、そしてそこでこの人と知りり合いました。

お蔭様でやがて二人は結婚することができ、『結婚というのも確かにいいもんだ』ということを実感できました。 それから間もなくしてこの子が誕生!

この前二人で話していて驚いたんですが、私達が初めて出合ってから、結婚しこの子が生まれるまでにまだ2年が経ってないんですよね。ですから2年前の私は今のような幸せがあるということを想像することさえしていなかったということです。

この子が生まれてからというものは本当にこれまで味わったことのない幸せを感じています。ですから私はいわゆる適齢期の人に会ったら必ず、『どうして結婚しないの?結婚っていいわよ~』と結婚を勧めるようにしています。その人にもこの幸せな気持ちを味わって欲しいと思うからです。

だけど、若い人たちは『え~、結婚ですかあ?私はいいです』といって真剣に受け止めようとはしません。結婚したら、こんな風にわが子をあやすことができるのに...。それがどんなに幸せなことなのか、あなた達は経験してないから分かるはずがないでしょう?それなのにどうして頭から否定するの?..と言いたくなります。

しかし、自分自身が20代の頃はそうだったのでそれ以上私には言えません。願わくば時期遅れにならない内に目覚めて欲しいものだと思っていますが...』とのこと。

実体験に基づく話だけにかなり説得力がありました。

思えばこの彼女はどちらかというとユニークな女性で、服装もスカートをはくのは嫌いとかで、いつもピタッと決まったジーンズ姿。ヘアスタイルも短く刈り上げたボーイッシュナスタイルで宝塚の男役といった感じの女性でしたが、顔立ちは切れ長の目をした色白の典型的な美人さん。

20代の頃は周囲からどんなに勧められても『結婚なんて誰がするものか』とずーっと拒み続けていたというそんな彼女から先ほどのような話を聞かされ、感慨深いものがありました。

結婚に対してネガティブな女性が増えてきているということはいろんな調査結果を通して見聞きしています。勿論、中にはそれなりの志を抱きそれに向かって頑張りたいから結婚はしたくないという方もおられることと思います。そういう方達はそのままその道を突き進んでいかれればよろしいかとおもいます。

しかし、深い考えもなく、周囲がそうだからとか、一人でも現状に満足しているからというだけの理由で結婚に対し否定的になっておられる方がおられるとしたら、是非、先ほどの彼女の話を参考にされたらと思いますが、いかがでしょうか?

 婚活やの親父こと

                哲

                   (宮崎の結婚相談室 エントリー 代表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


先週から今週にかけてもいろんなことがありました。

まずは参議院議員総選挙で民社党が大惨敗!当然の結果だと思っています。菅直人の他人の顔色を窺いながらの節操のない主張、言い訳にはまったくもってウンザリしました。民主党の若手には優秀な政治家が沢山いるのに、早いとこ世代交代しないと民主党に明日はないと痛感しました。

続いてサッカーでは一躍世界中の人気者になったタコのパウル君の予想通り タコ.jpgスペインが優勝!そして3位決定戦でははこれまたパウル君の予想通り、ドイツが3位!

予想した8戦をすべて当てたというのは偶然の産物かはたまた超能力かはしりませんが、それなりに凄いことですよね。見事に(?)外しまくった怪しげなアフリカの祈祷師たちよりは余程優秀だといえるのではないでしょうか。

世界中が盛り上がったサッカーもこれで一応は幕。これで当分は夜更かしや朝早く起きだしての観戦による寝不足からは解放されそうです。

そのほかでは、水害と口蹄疫関連で民間の種牛を巡る国と県との確執!薦田さんという72歳の畜産農家の方の行動についてはいろんな見方、ご意見があるかと思いますが、私個人としましては宮崎にもこんなに腹の据わった立派な人間がいたんだと感心するとともに応援したい気味落ちでいっぱいです。

水害については、梅雨前線が日本海に停滞している為に記録的な豪雨に襲われ日本中のあちこちで死者までだすひどい被害をもたらしています。17日前後には梅雨も明けるとの予報が出されていますが、せめてこの予報位は外れないであたってほしいものだと切に祈る次第です。

ところで、今回のブログは予定より2日遅れての更新となりました。これはお医者さんからの暫らくはパソコンを使わないようにとの指示があったことによるものです。

すなわち、私の顔の右目から頬にかけての部分が断続的に痙攣しその程度が次第にひどくなってきたため、お医者さんに相談したところ眼精疲労によるものでしょうということで目を休めるためしばらくパソコンをみるのを控えなさいとの診断。

確かに朝早くから夜は11時頃まで、会員さんたちの登録やデータのメンテナンス、会員さんたちとのメールの交換、広告原案の作成やその他もろもろのことでパソコンの前に座りっぱなしで仕事をしていますので目が疲れているのは間違いないと思います。かといって仕事の手を抜くことはできません。

今日は近くの鍼灸院に行って顔面に針治療をしてもらいました。大分楽になったので、またこうやって気になっていたブログの更新に手をつけているところです。

今日の午後は、二人の女性の方が訪ねてこられオクサンと二人で楽しく説明させていただきましたが、お二人揃って入会していただきましたので充実した一日でした。

会員さんの動向につましては、目の疲れがもう少し収まってからいろいろとお伝えしたいと思いますので今日のところはこの辺で失礼させていただきます。

      婚活やの親父こと

                       哲

 

                              (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 

 

 

 

 


せっかく終息に向かいかけたと思ったら、またしても宮崎市に口蹄疫発生!ほんとにしぶといウィルスです。これで県の全面解除は早くて最短今月の27日とか...。

県内のいろんな関連企業への被害は拡大する一方!おまけに先日は県の西部地区がゲリラ豪雨に襲われて死傷者がでるなど、どうなっているんでしょうかねえ、まったく...。被害にあわれた方には心からお悔やみ申し上げます。

サッカーの方も必死になって応援しましたが、残念ながらパラグアイに敗れてしまいました。それでも本当に日本勢は頑張りましたよね。感動しました。

結局はPK戦で敗れたわけですが、それにしてもPK戦というのは残酷な選択方法ですね。誰が失敗してもその当事者は大変な重荷を背負うことになるのではないでしょうか?今回は駒野選手がその当事者になってしまいましたが、彼を責めることはできません。外そうとして外したわけではありません。一生懸命にトライしたけど、たまたま運が悪くて外れただけのことです。

その意味では仲間の選手達が失敗した彼を暖かくフォローし、サポーターたちも、そしていつも興味本位に煽り立てるマスコミさえもが今回は暖かく対応したことについては他人事ながら感謝するとともにほっとしました。

大相撲のドタバタや参議院選挙などほんとに話題に事欠かない毎日が続いていますが、婚活戦線においてはエントリーはお蔭様で6月も順調でした。

特に5月の下旬から6月にかけては男性の入会者が多かったのが特徴的でした。草食系といわれる男性の皆さんもこれではいかんとおそまきながら気づいてこられたのではないでしょうか?良い傾向だと思います。お蔭様でお見合いの数も増えましたし、交際に入るカップルもそれまでの月より増えました。

また一昨日の夜、今年結婚式を上げられたカップルから長いメールが届きました。彼らは7月26日を『7 × × 記念日』と称して『お二人にとって大切な記念日』とすることに決められたれたんだそうです。どういうこと?と思いながら読み続けていきますと、『あ~そういうことか~』と納得しました。

すなわち、昨年の7月26日にエントリーのお見合いパーティーがあ IMG_7200.JPGりましたが、そこでお二人には運命的な出会いがありました。そこから交際に入りプロポーズ、婚約、結婚式、新婚旅行までトントン拍子に進み、つい先日には梅雨の合間を縫って新居を立てるための地鎮祭まで済まされたんだそうです。すごいスピード...。

これだけのお二人の人生にとっての一大事があったに拘わらず、出会ってまだ一年が経っていないことに気づき、一年前には想像も出来なかった凄い変化に改めてお二人で驚かれたそうです。

結婚前には彼女がこのスピードに不安を感じて立ち止まることを考えたこともあったそうですが、今はお二人して驚きを喜びとして感じておられるそうです。

そういうわけで、この二人が出会い、今の幸せに結びつくキッカケとなった7月26日をお二人の原点として決して忘れることのない大切な日としたいと思い、『7 × × 記念日』と命名された由。

 

読んでいてこちらまでもがほのぼのとした幸せに包まれました。そして微力ではありましたが、エントリーがお二人の出会いに少しでも貢献できたということを誇らしく思いました。

このお二人とも、これから先ずーっとずーっとお付き合いしていきたいものだと思っています。

 

婚活やの親父こと

               哲

                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ