2011年5月アーカイブ


今日で5月も終わります。5月はいつもに増して入会者も成婚者も多かったうえに、お見合いパーティーを開いたものですから、ほんとにてんてこ舞いの一ヶ月でした。

それにしても先週は台風2号に振り回された一週間でした。南方海上で発生した知ったときには昨年発生した台風がことごとく九州からそれていましたので、今年もどうせそんな風になるに違いないと多寡をくくっていました。

ところが、毎日TVの天気予報をみていると『どうやら九州地方も全く影響がないとはいえないみたいだなあ』という風に変わってきて、台風が北上するにつれそれはさらに『ひょっとするとお見合いパーティーを予定している29日(日)に来るかもしれない。そうなったら面倒なことになるぞ?』という風に変わっていきました。

それから先は真剣になって、ニュース天気予報番組にかじりつくようになりました。そしていよいよ恐れていた最悪のケース、29日(日)に宮崎に最接近しそうだという予報に変わると、パーティーに参加予定の会員さんたちもパーティーは開かれるのかどうか気にしておられるだろうなあと思い、こうしちゃいられないということになりました。

TVのニュース・天気予報番組とインターネットの情報を収集分析し ABCDET.gif、最後は宮崎地方気象台にTELして確認しました。結論としては宮崎には来るにしても雨は強くふるかもしれないが、風は大したことはなさそうだということになり、午前中に『最終判断は夕方案内しますが、パーティーは決行するつもりでいて下さい』という案内を全員に連絡しました。

夕方までの間もいろいろ調べられるだけ調べた上で、『明日のパーティーは予定通り決行します』という最終判断を夕方皆さんに流しました。これは一種の賭けでした。明朝、台風が酷い状況だったら、早めに中止の案内をしてエントリーでキャンセル料を払えば済む話と覚悟を決めました(といっても結構な損害額になるため、度胸はいりましたが...)。

パーティー当日は延岡からこられる方もおられたので、その方に連絡する為にもと朝早くおきて様子を伺いましたが、外は幸いにも大した雨風ではありませんでした。TVの番組をみても大した影響は出ていないようで一安心。

エントリーを出て会場に向かう間は雨は結構激しく降っていた為、皆さんは大丈夫かな?と心配しましたが、風の方はたいしたことはなく更に会場についてしばらくすると、雨がやみ太陽が顔を出していました。

そんなこんなでほんとにヒヤヒヤドキドキの一日半でしたが、前日の賭けに勝ったなということで心からほっとしました。今回のパーティーは結構期待する方が多く、遠方から来る人の中にはホテルに前泊して備えた方もおられた位なので、中止することになった場合はどうしよう?とA型人間の私としましては最悪の場合を予想してのシミュレーションもいくつか用意していましたが、それが結果的には徒労に終わったようでほっとしました。

 

開催に至るまで以上のようなドタバタ劇を繰り返しながらも何とか若手グループを対象としたお見合いパーティーを開く事ができました。当日はお蔭様で皆さんの集まりもよく予定の5分前にはパーティーを開始することができました。

参加メンバーは男性 17名、女性 16名の合計33名。パーティーのちょっと前までは36名だったのが直前になり仕事の関係でどうしても出られない人が2名出て、男女同数の34名。

男女の数を合わせることにこだわって努力してきた私達としては『よかったね』と喜んでいたんですが、当日の朝になって女性が1名『台風が怖いから...?』との理由でキャンセルしてきまして、ガッカリさせられました。ま、最後の最後までいろんなことがあるものです。

今回新たに誕生したカップルは7組14名。ハラハラさせられながらもなんとか開催に漕ぎつけたパーティーだっただけに、7組ものカップルが誕生したというのは喜ばしき限りです。

カップルがどれくらい誕生するかは、フリータイム時のツーショットになるカップルの数をみていると大体分かります。この日は結構積極的に動く方が多く、ツーショットで話すカップルが沢山みられました。そういう方はやはり誕生したカップルの中に名を連ねておられます。何事をするにつけても大切なのは努力の有無!

 このカップルの中から何組が成婚退会の道を歩むことになるのかなあと期待しながらそれぞれのカップルのこれからに思いを馳せていくと大きく夢がふくらんできます。

この若年層の人たちを対象に今年1月30日に実施したお見合いパーティーでは6組のカップルが誕生し、そのうちの2組が3ヶ月間の交際期間を経て無事に成婚退会されました。今回のカップルからは何組のカップルが成婚退会していかれるのか?大いに楽しみですし、沢山の成婚退会者が出るよう、私達も精一杯、フォローしていきたいと思っています。

    婚活やの親父こと

               哲

                   (宮崎の結婚相談所 エントリー代表) 

 

 

 

 


宮崎を含む九州南部地方は早々と入梅。昨年よりは20日、平年よりは8日早いとのこと。雨模様というのは昔からあまり好きではない私ですが、今年は雨不足で農作物にも被害が出るような状況でしたので入梅と聞いても『ま、仕方ないか』と今回ばかりはちっとも嫌な気分になりませんでした。

因みに雨不足の影響は私の身の周りでもおきていまして、裏庭のフキの茎が今年は非常に細くてせっかく私が腰の痛いのを我慢して採ってきても筋を取るのが大変と今年はあまり喜ばれないどころかグチをこぼされてガッカリでした。

また、昨年の今頃は筍が沢山採れていましたので、今年もそろそろだろうとばかりに二日ほど前に竹林に入りましたが、たった一本の筍にも出会うことはありませんでした。『雨後の筍』という諺があるくらいですから、今日の雨で随分と筍も成長したのではないかと期待しているところです。

もっとも私の場合は逆流性食道炎を患ったことがあり、折角採ってきてもそれを食べることはお医者さんからは禁止されているということでジレンマはありますが、竹が密集しすぎて竹林ではなく竹の密林にならないよう自称竹林の管理人としましてはバランスを考慮しながら今年も管理していくつもりです。ただ、腰に椎間板ヘルニアという爆弾を抱えていますので無理はできませんが...。

ところで、前回ちらっと紹介しましたが、今月18日(水)に私とオ クサンとはMRTの女UP女子力向上講座というラジオ番組の収録に出かけてきました。

受付を済ませ4階にあるラジオ局?の方にいくと、TVでいまやMRTの顔として大活躍の川島恵さんが私達夫婦を出迎えてくれました。TVでは、夕方のニュース番組で毎日のようにお目にかかっていますし、神武大祭でミスシャンシャン馬に選ばれて花嫁姿で馬に乗る彼女の姿などはTVでよくみていましたので、綺麗な女性だということは分かっていました。

しかし、この日私達夫婦の前に現れた彼女はTVでみるよりはるかに垢抜けしたきれいな女性だったのでビックリドギマギしてしまいました。会社勤めをやっていたころは仕事の関係で何度か芸能人を間近に見る機会はありましたが、彼女をみた第一印象は『まるで芸能人みたいに綺麗な女性』というのが率直な感じでした。

早速収録の為の事前の打ち合わせをさせてもらいましたが、彼女から渡された資料にはその日の流れ等が緻密にまとめられていて『なるほど、容姿に恵まれているだけでなく仕事もできる女性なんだ』と感心しました。

そのあと、TV"わけもん(木曜日20時~放送)等で活躍している迫田 ブログ用.jpg江理さんにも紹介され、一緒に録音室に入りました。

以前ロックオン30という番組に出させてもらいましたが、そのときと同じ録音室でしたのでさしたる緊張はしなかった...といいたいところですが、録音室の向こうにこの番組を楽しみにしている多くのリスナーがいるということを考えると知らず知らずのうちに動作がぎこちなくなっていったような気がします。

テーマは確か『結婚相談室ってどんなとこ?』といったようなものだったように思います。川島さんと迫田さんの司会により和やかな雰囲気のなかで進められました。掠れ声で、早口で割舌の悪い私としてはできるだけオクサンひとりに任せておきたかったのですが、川島さんと迫田さんの上手な司会進行についのせられて何かいろいろしゃべったような気もしていますが、正直何を話したのかはよく覚えていません。

録音室には私達夫婦をいれ総勢8人位の関係者がいましたが、私以外は全員女性という構成でしたのでその分余計緊張しました。30分くらいいろいろ話したあとで何とか無事...かどうかは分かりませんがとにかく終わりました。

このあとは、編集室の方でいろいろと編集して下さるそうです。オクサンは落ち着いてキチンと話していましたので、私の部分は全部カットしてオクサンの分だけ残してもらえたらいいなあと強く望む次第です。

終わったあとは、今回の私達の出演を推薦してもらったHさんと久しぶりの再会を果たしました。彼女とは7年くらい前に広告関連の仕事で知り合いましたが、いまやディレクターとしてバリバリの大活躍をしておられます。ただ、知り合ったときは20代半ばだった彼女もいまは30代...。ついついこういう方をみると仕事の虫が疼きだして『まだひとり?恋人は?』などとと余計な事を聞き出してしまいました。

幸か不幸か、仕事に没頭しすぎて彼女は現在フリーだそうです。行動的で仕事のできる女性ですが、根はやさしくてよく気の付く素敵な女性です。関心のある方はエントリーまでお問合せ下さい。

最後に川島さんを挟んで記念写真を撮らせていただきました。私はチャッカリとその横に立たせていただきました。鼻の下が少々伸びすぎていましたので、顔をモザイクで隠させて頂く事にしました。左端はHさんですが、こちらはご本人の了解を得ていませんので顔を隠させていただきました。

尚、今回収録した分の放送日はわかっていますが、恥かしいのであえて書きません。それにしても今回は川島さんに会えるなど良い経験をさせていただき有難うございました。これからもエントリーを宮崎を代表する結婚相談室として選んでいただけるようより一層がんばっていきたいと思います。

婚活やの親父こと

           哲

                 (宮崎の結婚相談所 エントリー) 

 

 

 

 


ブログを書くのが通常のペースより2日ほど遅れてしまいました。気になってはいたんですが、18日にMRTラジオにオクサンと一緒に出演することになりその準備で忙しかったのと、パーティーの参加メンバー調整で大分時間を取られた為。

パーティーのメンバーについてはおかげさまで会員の皆さんのご協力により順調に集まっています。現時点では男女の参加者数はほぼ男女同数となっており、私達としては大いに喜んでいます。但し、これまでの経験からしますと、直前になって体調不良とか、仕事の関係でどうしてもキャンセルせざるを得ない方が出てきますのでその点を考慮しながら最後の詰めを行っていきたいと思っています。

特に今回は参加メンバーの中で新しく入会された方の参加が多いという点が特徴としてあげられます。かなりのカップル誕生が期待できそうで楽しみです。

 

ラジオ出演に関しましては、私は2回目、オクサンは5回目くらいとなります。私はどちらかというと裏方向きでいろんなことを企画したり、それをいろんな人を巻き込んで実行していくことについてはかなり自信をもっていますしそれなりの実績もあります。

しかし、私とお話ししたことのある方ならお分かりの通り、かすれていて聞き取りにくい声であるうえに割舌(かつぜつ)が悪く早口である為、何を話しているのか分からないといわれることがあります。

そんな訳で出演のお話があった時は『そんな自分が出ていいもんだろうか?』と一瞬迷いました。しかし宮崎の放送界では最大手のMRTさんが、、数ある結婚相談所の中でわざわざエントリーに声をかけていただいたということは非常に有難いことですし、エントリーにとっては名誉なこと。

そんな訳で、一瞬の逡巡のあと直ぐに『エントリーでいいんでしたら是非宜しくお願いします。』と応えてしまいました。但し、条件としてウチのオクサンも一緒に出演ということをお願いし、了承していただきました。

オクサンはよく通る声をしていますし、ラジオ出演のキャリアは私より上。仕事についてもずっと私と一緒にやってきていますので知識も豊富ですし、結構肝っ玉も据わっています。

オクサンが一緒というので私の気分も随分楽になりまして(?)、私はMRTさんからの課題についてキチンと対応できるようデータの整理や、エントリーでの過去の出来事や、いろんな情報の整理といった私の得意な分野の仕事について大分時間を割きました。 時間はかかりましたが、自分自身の考えを整理するという点では大変有意義な経験をすることができたように思います。

いろんなことを調べているうちに、面白い文章を発見しましたので以下に紹介します。

 

恋愛から結婚までたどり着いた夫婦の出会いの殆んどが『偶然』です。ハッピーウェディング素材集NO.6 169.jpg

 ・合コンに行ったときに知り合った

 ・たまたま一緒のクラスや部活になった

 ・偶然職場で出会った 

如何でしょう?下手な恋愛ドラマのように、街角でぶつかった、図書館で々本を手にしたといったケースでなくても恋愛が始まる前の出会いは殆んどの方が偶然のキッカケから始まっています。

仕事が忙しかったり、周りに異性がいない職場であったり、紹介してくれる友人がいないといった人が、容姿端麗であるにも拘わらず恋人もいないというケースも多く目にします。

あなたの周りにもいませんか?仕事も出来て男前、性格も良くて料理も出来てスタイルも抜群なのに独身...

そういった結婚以前に出会いのキッカケが掴めなくて『偶然の出会い』をいつまでも待ち続けている独身男女が結婚相談所に参加することで『必然的』に出会えるわけです。これが『結婚相談所の強み』といえるのではないでしょうか?

といった内容。 

 

結婚相談所は真剣に結婚したいと願う人達の集まるところなので、そこに行くとすぐに結婚できるかどうかは別にしても、少なくとも単なる恋愛ではなく結婚したいと願っている人に会うことができるということから結婚相談所の存在意義を的確に表した面白い文章だと思いました。

次回はラジオ収録の様子を詳しく紹介したいと思います。

婚活やの親父こと

           哲

             (宮崎の結婚相談所 エントリー) 

 

 

 

 

 


立夏が過ぎました。暦の上では早や夏に突入。ひねくれものの?天候は立夏当日は肌寒い位の気温で、夏はまだまだ程遠いといった感じでしたが、一転8~10日にかけてはグーンと気温が上がり、延岡の33.3度をはじめ真夏日を迎えたところも何箇所かあったようです。

私の散歩もいまや半袖に短パンといったいでたちに衣替えしました。それでも散歩コースを一回りして帰ってきたあとは汗だくで、直ぐにシャワーを浴びてサッパリするようにしています。

そしてGWも無事に終わりました。オクサンと二人で頑張った甲斐あってか GWの風景.jpgGWの期間中だけで6人の新入会員を迎えることができました。そのうちの5人の方が29日のパーティーに参加したいとのことで男女バランスのとれた人数集めに躍起になっている私達としては大喜びです。

ところで宮崎の県民性というわけでもないのでしょうが、エントリーの会員の大部分の方がお相手は『宮崎県内の人に限る』という思いを強くもっておられます。

私としては結婚相手を探す場合は何も宮崎県内に限るといったように地域で結婚相手を制限するようなことをしないで、極力間口を広げ人物本位で選ぶ事が本来のあるべき姿ではないかと思っています。

北九州地区では県の垣根を越えて他県との交流を盛んにやっておられるのでその分成婚率も高くなっています。

しかし、そうはいってもご家族の方々との絆を強く意識し、『県内の人』にこだわるエントリーの会員さんたちの気持ちもわからなくはありません。そういうことであるならば私達が先ず最初に力を入れて取り組む事ははできるだけその思いに応えてあげれるよう県内の会員さんを増やすことだということで県内の新入会員獲得に力をいれてきました。

その結果が宮崎の一結婚相談所に過ぎないエントリーが新入会員数では、NNRが全国1200ある支部を対象に毎月案内するNNR公式ランキング表で常に全国の上位に位置し、九州地区においては5年連続してダントツの九州地区NO.1という成果に繋がったのではないかと喜んでいます。

新入会員増に伴っては、当然のことながらお見合いの数が増え、成婚者の数も増えてきました。前々回のブログで紹介したように入会して僅か3ヶ月で成婚退会されるような人も出てきました。

一方入会はしたけれどなかなか結婚に辿りつけない方もおられます。原因は様々ですが、そういう方のためにはカウンセリングを続けながら、私としては新しい出会いが出きるよう、更なる会員増を図っていこう思っています。それとともに、そういう方達の意識の改革にも積極的に取り組んでいこうと思っています.。

それからつい最近、遠距離交際が実って成婚されたカップルがおられます。男性は宮崎出身で現在関東地区の大手の会社に勤めておられる方、女性は宮崎にお住まいの方です。今月で所定の交際期間の期限がやってきますが、遠距離交際につきてっきり『もうちょっと期間を延長して欲しい』という申し出があるだろうと思っていました。

ところが、どういう成り行きかこのGWに彼がプロポーズし、彼女は勿論OK!という急な展開になったようです。『成婚退会の挨拶に伺いたい』という電話を貰ったときはビックリしましたが、いろんな事情を勘案するにつけてもおめでとうと心から嬉しく思いました。

遠距離交際というのはなかなか実を結びにくいものですが、今回このカップルが成婚に到ったのは1つには彼の婚活に取り組む積極的な姿勢が大きな要因として挙げられるかと思います。

彼はそろそろ結婚しようと決意してエントリーに入会されて以降は、せっせと婚活に集中されたように思います。お見合いパーティーがあるといったらわざわざ遠方から駆けつけ参加されるし、お見合いでカップルになられたら彼女と会うために何度も宮崎に帰ってきておられました。旅費もバカにならなかったと思いますが、必要だと思ったらそれを即座に実行し、ついに目標達成までもっていかれたその決断力と実行力は素晴らしいと思います。

往々にして私を始めとする一般の人は仕事が忙しいからとか、他にやらなければならないことがあるからといっては物事の優先順位がつけられず結局何もかも中途半端なままで終わるケースが多くみられろような気がします。結婚したいと切実に思われたからこそ結婚相談所に入られた筈なのに、婚活はいつの間にか優先順位が低くなり仕事の合間にやれたらやるというようにランクが低下。それでいいんでしょうか?

その結果、せっかくカップルになっても仕事が忙しいからといってはデートすら思うに任せず結局駄目になっていくケースがこれまで結構沢山みられました。勿体無い話しです。

そんな中彼の場合は今自分は何をなすべきかということをはっきり認識し、やるべきことの優先順位をつけ、そのあとはそれを、着実に実行していかれたように思います。彼の名誉の為にも補足しておきますが、彼は決して仕事が暇だったからそういうことができたというわけではありません。それどころか仕事ができるだけに余計に仕事は彼のところに集中していたはずです。

私の勝手な判断ですが、今回の彼の一連の行動をみていると彼は時間の使い方が非常に上手だったように思います。そして自分が重要だと判断したことに対してはそのエネルギーを惜し気もなくそのことに対して投入する。そんなタイプの人間のように思います。

これは誰にでもできそうでなかなかできない事です。そしてそういう彼を信じて彼についていくことを決断した彼女の聡明さ...。またひとつ好事例ができました。

14日に退会手続きにきてくれるそうなので楽しみにしています。

婚活やの親父こと

           哲

                 (宮崎の結婚相談所 エントリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


早や5月に入りました。今日は5月3日、GWの真っ只中ですが、たまたま定休日の火曜日ということですのでエントリーはお休みをいただいています。といってもこのときを利用してブログを書いたり、資料の整理をしたりしなければなりませんので実質的には休みではありません。

それ以外の日はこの休みを利用して会員さんたちが婚活しにこられますし、新規の方の無料相談の予約も沢山入っていますので、私達にとってGWは忙しくなる時期という以外には余り関係はありません。それでも忙しいということはありがたいことだと思ってオクサンともども張り切っています。

ところで先月の末にNNR九州ブロックの支部長会がありましたので、久しぶりに福岡に出張ということで出かけました。前回は11月に行われましたが、この時は私の方が丁度手術したあとでしたので残念ながら出席できませんでした。

私は前回の欠席以外この会議には殆んど毎回出席しています。本部からのいろんな情報を得る事もできますし、他の支部の活動状況を聞かせてもらうことで非常に参考になるからです。こういった集まりがないとついつい支部の運営も独善に陥りがちですが、実際に苦労しながら活動しておられる各支部の皆さんのお話は本当に勉強になります。

それとともにいちばんの楽しみは、会議終了後に行われるNNR社長ご夫妻を混えての懇親会。親しくさせていただいている各支部長さんたちとのお話しは楽しくて、ほんとはこの懇親会に出席したいがために私のこの会議への出席率がよいのかもしれません。

また、福岡には私の現役時代の仲間が沢山残っていまして彼らとの飲み会もまた大きな楽しみのひとつとなっています。従いまして私はいつも会議の前日に福岡の入るようにしておりまして、最初の夜は現役時代の仲間と旧交を温めることにしています。

福岡の街もまた大分変わっていました。博多駅ビルには阪急デパートが入っていまして、平日でも沢山の人で混雑しているのには驚きました。阪急デパートは神戸にいたときに結構利用していましたので懐かしい思いがしました。

帰ってきたら二泊三日分の仕事が溜まっていまして、帰った夜から早速遅くまで仕事をする羽目に陥りましたが、それでも私にとっては充分に満足できた二泊三日でした。

 ハッピーウェディング素材集NO.6 420.jpg

週末には予定通り成婚カップルが報告にきてくれました。年齢的にも私の娘・息子といって構わないほどの若いカップルで、話に花が咲きました。ただ、休日になると来客が多くてゆっくりとした時間がとれず、1時間弱で帰ってもらうことになったのが残念でした。

もっとも成婚退会されたからといってこれで私達との縁がきれたわけではありません。こんどは私達夫婦との個人的なお付き合いを続けていければと思っていますのでこれから先も是非遊びに来て下さい。

最後に記念にとらせてもらったツーショットの写真は額にいれて送りますからもうちょっと待っていて下さい。お二人の今後益々のご発展とお幸せを祈っていますからね。

 婚活やの親父こと

            哲

                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 

 

 

 

 

宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ