2012年12月アーカイブ


クリスマスも終りあとは大晦日の除夜の鐘目指して一直線、暮もまさに秒読みの段階まで押し迫ってきました。
一方、クリスマスはクリスマスでもクリスマス寒波とやらに見舞われた日本列島は北から南までスッカリ冷え込んで、未だ寒い日が続いています。
ノロウィルスとやらも猛威をふるっており、日南の病院では死者まで出たとか...。恐ろしいことです。

それにしても慌しい一週間でした。
1月27日に催すお見合いパーティーの案内を会員の皆さんに展開しなければならないため、年齢をチェックしながら該当する会員さん全員に案内メールを送付しました。
20~30代(男性は40代前半まで)を対象としていますので対象者数が多くやっと展開し終わったと思ったら、早速参加の可否につきお返事を戴いた会員さんへの受付確認のメール案内。これもまた結構時間がかかります。
それでも現時点では男女とも出足がすこぶる好調で今回も沢山の参加者数が見込めそうな展開となっており大いに期待しているところです。
                                                                                                        
また、年末ということで恒例の年賀状書きも待っていました。
今年も300枚買い込みましたが、新規の会員さんが増えたのと成婚退会された会員さんも増えましたので結局300枚では足らずにもう50枚追加で買い込む羽目になりました。

25日までに出さないと元旦に着かないとかいわれてます。
どうせ出すなら元旦に届くようにしたいとの思いから24~25という土壇場の二日間で必死になって何とか書き上げ無事投函。
一夜漬けは昔から得意ではありましたが切羽詰ってからののパワーだけは今なお健在のようです。

会員さん向けの年賀状については、結婚相談所からの連絡を嫌がる方もおられますので、基本的には会員さんの方から戴いた方以外には出さないようにしています。
勿論差出人名のところに『エントリー』とは書きませんし、内容についてもそれらしき事は書きませんので心配される必要はないとは思っていますが、会員さんの気持ちもわかりますのでこちらからは遠慮することにしています。
それでも年を追う毎に枚数は植える一方。有り難いことだと感謝しています。

さらにオクサンが使っていたノートタイプのパソコンが機能不全に陥ってしまいました。
必需品につき後回しにすることもできない為どうしても買い替えなければならなくなり、そのために家電販売店にも行かなければならないといったようなことが重なってきたためにほんとにバタバタの一週間でした。


話題は変わりますが、クリスマスは我が家のマスコット、エンタロー君の8歳の誕生日でもありましたので家族でお祝いをしました。結構頭のいい子?なので喜んでくれたみたいです(と私達は勝手にそう解釈しています)。
エンタロー用のケーキならぬ好物のパンをベースにしたご馳走もオクサンがつくりました。そしてビデオや写真もバッチリ撮りました。可愛いもんです。
IMG_4421.JPG

最後に年末はいつまで営業しようかと悩みましたが、29日に既に予約がしっかりと入りましたので少なくとも29日までは確実に営業します。30・31日については流石に大掃除は勿論のことお正月の準備もしなければなりませんのでお休みにさせていただきたいと思っています。

急用についてはお電話なりメールなどいただければ、できる範囲で対応していきたいと思っていますし、こちらからもTELやメールは送らせていただくかと思いますのでその際は宜しくお願いします。

年明けはお正月三が日だけは休めたらいいなあと思っていますが、遠方から帰省されたOB会員の方についてはご連絡いただければ都合がつきそうでしたら対応させていただきたいと思っています。(もし、先約が入っていた場合は悪しからずご了承下さい)。

それでは、今年一年、皆様には大変お世話になり有難うございました。
またこんなつまらないブログに対しましても根気よくにお付き合いいただきまして感謝しております。
来年のブログは1月第2週に入ってから書き始めたいと思っておりますので、忍耐強い皆様におかれましては来年もお付き合いいただけると嬉しいなと思っております。

それでは皆様、来年も良いお年をお迎え下さい。ゴ~ン...

婚活やの親父こと
              
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)









12月もというか2012年も残すところ2週間を切ってしまいました。

衆議院議員総選挙では自民党が大勝利!というより、各新聞やTVのコメンテーター等がこぞって評している通り、酷すぎた民主党政治への厳しい評価からくる単なる反動の賜物といえるのかもしれません。
私が以前のブログでも書きました通り、早いとこ民主党政権に交代してもらわないことには日本はほんとに大変な事になると思っていましたので、その観点からしますと何はともあれほんとに良かったと思っています。

安部さんが景気対策を積極的にやってくれるとのことなので大いに期待しています。それが皆さんの給料アップにも繋がり、経済面の不安から結婚をためらっておられる男性の皆さんの積極的な婚活に繋がっていけばそれに越した事はないと思っています。このあとの自民党政権の旗振りを注意深く見守っていかなければなりません。

ところで今回のブログは随分と思わせぶりなタイトルにつき、初めてこのブログに目を通して下さった方は一瞬『何だこのタイトルは...』と思われた方もおられたかと思いますが、前回のブログを読んでいただいた方は『ああ、あのことか』とわかっていただけたのではないでしょうか?

そうです、『エントリーのルミナリエ』を性懲りも無く今年も点灯することになりました。
宮崎フローランテも今年の点灯式は14日からだったようです。あちらは規模が大きいので昨今の電力事情を考えて点灯日を遅らせたのではないかと思います。

こちらの方は逃げようと思っていたのが逃げ損ねて遅れただけのしょうむない話。
前回のブログでも書きました通り周囲の状況からこれはとても逃れられないなとは思っていたのですが、それでもご近所さんや散歩する人とは顔を合わせないよう気をつけながらオクサンや姉達が諦めてくれないかとひそかに期待をしていました。

ところが、近所の床屋さんに散髪に行った時そこのご主人に『今年は遅いですね。どうかしましたか?』といわれたときに『あーあ、こんなところにも伏兵がいたか』とガッカリするとともに『仕方ない、やるか』と腹が決まりました。

このイルミネーションの準備作業を進めるにはコードをかける竹がなければ始まりませんので寒風吹きすさぶ凍えるように寒い日に竹林に入って竹を何本も切り倒し、枝を全部取り除いたり長さを合わせて切ったりと結構な肉体労働に励みました。
普段散歩以外は殆んど運動らしい運動をしませんので、案の定、腰に負担がかかってその後は腰痛に悩まされて大変!今も痛みはとれておらず、コルセットをはめての毎日です。竹の復讐でしょうかねえ。覚悟してましたしヘルニアが再発しなかっただけラッキーと考えることにしました。

その次の日は姉夫婦が朝から手伝いにきてくれて4人で力を合わせて頑張りました。
おっかなびっくりではありましたが、二階の屋根にも上りました。
屋根の上というのは結構滑るので落ちたら痛いだけで済むかなあと思いながらも何とか飾り物を二階の壁に取り付けることが出来ました。
悪戦苦闘しながらも結局二日間で点灯するところまでこぎつけることが出来ました。
毎年やってるんで要領もよくなってきているかとは思いますが、途中来客が何件かありそのときは一人は接客の為抜けざるをえませんでしたので、もし私達二人だけでしたら間違いなくもう一日余分にかかっただろうと思います。
何とか早く終われたのは姉夫婦の援助があったればこそと今回は大変感謝した次第です。

その結果は右の写真の通りです。点灯時間は夕方5時頃から8時半位までとしています。
IMG_1070.JPG
心優しき方がおられて『それじゃあ、ちょっとだけでも見てやろうか』と思ってお出でいただいた時に、もし灯りが消えていましたらピンポーンを押して『見にきたんだけど』といって下さい。その時は喜んで再点灯させていただきますので。

夕方の時間帯にたまたまお出でいただいた会員さんはイルミネーションをみて『わ~、綺麗ですねえ』と褒めていただきました。社交辞令とは分かっていても苦労して準備しただけに悪い気はしないもんです。
皆さんもわざわざとはいいませんが、デートの途中等近くに来られる機会がありまし
たら是非見にきて下さい。お待ちしていますので!

最後になりますが、16日(日)には丁度5年前の2007年10月に成婚退会されたカップルが遊びにきてくれました。何と既にお子さんが3人おられます。上のお子さんは4歳の男の子、下は二卵性双生児ということで1歳と10ヶ月の男の子と女の子。
3人とものびのびと育った感じのとても可愛く元気のいいお子さん達でした。

もともとお二人が優しくて思いやりのある私の大好きな方達でした。そのお二人の間に生まれたお子さん達ですから良い子が生まれるのは当然のことだと思いました。
それにしても5年も前に成婚退会された方達がこうして忘れずに遊びに行こうと思っていただいたその気持ちが私達にとっては非常に嬉しく幸せな気分にしていただきました。是非また遊びに来てくださいね?

婚活やの親父こと 
              哲
                    (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)






師走に入ったと思うまもなく12月も中旬に入ってしまいました。
滅多に仕事場から外に出ない私ですが、たまに市街地に出かけますと街中にクリスマスソングが溢れていて、歳末商戦真っ盛りといった感じでせわしない気分になります。

ところで、ここ2~3年12月になると頭を悩ませる問題があります。
それは平成17年以来ずーっと飾り続けてきている冬の風物詩『エントリーのルミナリエ』こと冬空のイルミネーション!
私の日記帳によれば昨年は5日から飾り付けに入ったようになっています。
年を追うごとにだんだん大掛かりになってきていましたが、屋根の上に
IMG_1074.JPG
上ったり高い脚立の上で飾りつけの作業をするというのは結構危険を伴いますし肉体的にも精神的にもかなりきつくなってきているというのが正直なところです。

ここ2年ほどはオクサンと『もう今年は止めようか...』と話し合ってきてはいたのですが、近所の方や散歩で自宅前を通られる方々が『今年はいつから始めるんですか?きれいですよね。毎年楽しみにしているんですよ』といわれるのを聞くと、ついついお調子者の私達夫婦は『もうすぐ始めますから楽しみにしていてください』とこたえてしまい、やれやれとため息をつきながら飾り付けにとりかかってきたものです。
出来上がってみるとそれなりに満足感があり『やって良かった』とは思うのですが、取り掛かるまでには一大決心が必要となってきました。

飾りつけといっても何せ動くのは私達二人!たまに近所に住む姉夫婦も手伝ってはくれますが、結構な重労働。土日はお客様の応対で忙しくとても作業はできません。おまけに2~3年前ころから平日予約のお客様もグンと増えてきましたので時間の合間を縫っての作業になり、なかなか思うようにははかどりません。
今年こそはなんとか勘弁してもらえないかなあというのが私の本音です。

従いましてここ何日かはできるだけ玄関先付近には出ないように心がけています。うっかりまたご近所さんや散歩している方に捕まって『今年はいつから...?』などと話しかけられるとつい『もうすぐはじめる予定になっていますから楽しみにしていて下さい...』と答えてしまいそうだからです。

ところが、今年は内なる敵?がいまして、嫌がっていたはずのオクサンがどういうわけかヤル気を出してきておりまして『あれれ?』と私としてはちょっとばかり慌てています。おまけに近くに住む姉夫婦までもが『今年はいつからやるの?手伝うからいつからやるか教えて』といってきました。
『どうしようかなあ』と迷いながらもこうした雲行きの変化を受けこのままでいきますと今年も『やっちゃいました』とブログで報告する羽目になるのかな?と、私も覚悟を決めつつあるところです。
どなたか仏心のある方がおられましたら、ボランティアで手伝っていただくと助かるのですが...。


話は変わりますが、毎年寒くなると夏場に比べ婚活力が落ちる傾向がみられましたが、今年は11月といい、この12月といい新入会員数が昨年実績をを大きく上回っています。特に女性の方の活動がより活発化しているように思えます。
大震災があったりとか、卵子の老化といったことがTVで取り上げられたりしていることから、結婚ということについてより真剣に考えられるようになったからでしょうか?

これまでエントリーに来られた方達をみていますと、宮崎の女性は全体的にみて非常にしっかりした考えをもち行動的な方が多いように思われます。
婚活についてもご自分で判断し、行動を起こされる方が多い点が特徴としてあげられます。
無料相談の申込もご自分でされる方が多く、また説明に納得されると直ぐに入会手続きをしていかれます。その昔風の男らしい?ハッキリした行動には私はいつも大したもんだなあと感心しています。

これに対し、現代の?男性の方はどちらかというとご両親の後押しがないと婚活しようとされない方が結構数多く見受けられます。
勿論、人それぞれその人なりのいろんな事情を抱えておられ、そんなに簡単な問題ではないであろうということはわかります。
確かに社会情勢・経済情勢も非常に厳しいものがあり、結婚はしたいんだけど現状では一家の主として家族を養っていく自信がないから動けなかったとおっしゃる方も中にはおられます。

しかし、いずれは結婚したいと考えておられるのであれば、生まれてくる子供のこと、将来の自分達の生活のこと等を考えますと少しでも早く行動を起こされた方がいいのではないでしょうか?

エントリーに来られる女性で専業主婦を希望しておられる方はきわめて稀で、結婚後も社会と繋がっていたいとか家計の足しにしたいとかの考えから仕事を続けたいという方は沢山おられます。

男性の方は自分ひとりで家計を支えきれるのであればそれに越したことはないでしょうし、そうできるように常に努力していくということは当然だと思っています。
しかし、もし諸事情によりそれが難しい状況にあったとしてもお互いが納得しさえすればより良い家庭を築く為に夫婦共稼ぎで力を合わせて頑張るという選択肢もあるわけです(実際にエントリーにおいてもそういうケースはこれまでいくつもみられます)。

未婚の男性の方で、本当は結婚したいんだがなあと思っておられる方は、自ら限界線を設定するのではなくもっと積極的に行動を起こされてみてもいいのではないでしょうか?前述の通り、お相手となる女性の皆さんは寒さにも負けずしっかりと婚活を続けておられるわけですから...。

いつものフレーズ、"何もしなければ何も始まりません!"よ?


                            ※写真は昨年のイルミネーションです

婚活やの親父こと
             哲
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)










とうとう師走に突入しました。

クリスマス、歳末商戦、それに今年は衆議院総選挙までが重なってしまい例年以上に何とも慌しい年の瀬になってしまいそうです。

寒さの方もグンと冷え込んできました。連日のように『この冬イチバンの冷え込み...』といったニュースが流れ最低気温を更新し続けています。既に都城では氷点下を記録したとか...。これからはそれが当たり前の毎日が続くことになるんでしょうね。
寒くなってくると毎日の散歩に出かけるまでにかなりの勇気?が必要に
kurisumasu.jpg
なってきます。いったん外に出てしまいますとあとはどうってことはないんですが、普段仕事の関係で家の中に居る事が多いためか余計軟弱になってきているようです。

ところで12月2日(日)は予定通り今年最後のお見合いパーティーを開きました。
今回は生憎の冷たい雨に見舞われましたが、前回の台風が来るか来ないかでスッタモンダしたときと違って特にジタバタする必要も無かったのでその点は楽でした。

ただ、参加される皆さんにいつも利用してもらっている駐車場が雨が影響してか12時前には満車になったようです。そのお陰で開始時間ギリギリにこられた会員の皆さんは結局その駐車場に停めることが出来ず遅刻される結果になり、開始時間を10分ほど遅らさざるを得ない状況となったのが誤算でその方達にはご迷惑をおかけしてしまいました。

参加者は男女ともピッタシで各19名の合計38人。結構沢山の参加者で賑わいをみせました。男性40歳以上、女性35歳以上という基準がありましたので年齢層に幅があり、カップルがどれくらい誕生するだろうか?と正直なところ若干の不安を抱えてのパーティーでしたが、結果的には7組ものカップルが誕生しましたので上々の成果といえるのではないでしょうか?

前回ほどではありませんでしたがツーショットも結構沢山でき、その中からカップルがいくつか誕生しました。今回は会場でツーショットになっての会話はありませんでしたが、交際申込票に希望の相手の方のナンバーを書く事でカップルになられた方も2組ほどありました。

参加者数が多かったのと開始時間が若干遅れたことから進行は結構大変でした。
また、私は風邪をひいて熱があり薬は呑んでいましたが雲の上を歩いているかのようなフワフワした状態でしたのでいつものように動き回ることができず、皆さんにはご迷惑をおかけしたのではないかと反省しているところです。
また、ご年配の方は『気になる方はおられませんか?』と声をかけても『ええ、まだちょっと考えていますから...』と遠慮される方がおられます。ところが帰る際に提出していかれる「交際申込票」にはしっかりお相手の番号を書いておられたのでどうせならその場を利用してお話をされた方が気持ちが伝わったのにとちょっと勿体無い気がしました。

いずれにしてもエントリーの会員制お見合いパーティーは会を重ねるごとに人数が増えてきました。会員制パーティーの良さというものが徐々に浸透してきたせいかと思います。良い傾向ではないでしょうか?
カップル数も期待以上に増えてきました。これからあとはせっかくできたカップルがうまくゴールまでたどり着けるよう精一杯フォローしていこうと思っています。
                           


婚活やの親父こと
             哲
                 ((宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)











宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ