2013年2月アーカイブ

キャンプ巡り


2月も下旬に入ったというのに、北日本では最強の寒波襲来とかで大変な雪にみまわれているようです。特に青森の酸ヶ湯温泉では積雪量が5.6メートルを越すという観測史上最大の雪に見舞われているとのこと。
私は現役時代、青森に3年間出向で赴任したことがあます。、酸ヶ湯温泉には数え切れないくらい何度も出かけたことがありますのでやっぱりなあと心配するとともに、当時のことを懐かしく思い出しています。

青森というところは私が居た頃も雪の量は半端ではなく、毎朝出勤のために駐車場からクルマを出すまでが一苦労!クルマの屋根に積もった30センチほどの雪を下ろして駐車場から道路に出れるようにと駐車場内の除雪作業をやってから出かけるというのが殆んど日課となっていました。

宮崎生まれで宮崎育ちの私にとって雪というのは殆んど馴染みがなく、東京の大学に進学してから時々お目にかかるという程度でしたので私にとって『雪』は非常に珍しく興味深い存在でした。
毎年雪で苦しんでおられる人達に対しては不謹慎で大変申し訳ないのですが、正直私は雪が大好きで、今でも冬は雪国で暮らせたらなあと本気で思っています。

そんなわけで、青森当時の毎朝の除雪作業も私にとっては大いなる楽しみでありまして嬉々として作業してました。『雪が降って喜ぶのは、犬と内田さん位ダベサ』と地元の人にいわれたことを今でも覚えています。
できることなら今でもボランティアとして参加したいくらいですが、体力の大幅に落ちた今の私では却って足手まといになるのがオチだろうと寂しく諦めているところです。


ところで、今月の21日には、念願の?というほど大げさなものではありま
039.JPG
せんが、プロ野球のキャンプを見に行きました。WBCはその日までということでしたので、話の種の為にもこれはもう行くしかないだろうとばかりに時間の合間をみて出かけてきました。

WBCのキャンプは観客が多くて入れるかな?と心配してでかけましたが、意外や意外割と楽に入場できました。
前回のイチローやダルビッシュがいた時に較べると『華(はな)』がないというか特別目立った選手がいるわけでもなかったのでそのせいかな?と思いましたが、若干の物足りなさを感じました。

練習の合間のインタビューで中田翔選手に背の高い男性がインタビューしていましたので『誰だろう?』と思って近づいていくと、そこにいた若い女性同士が『ファブリーズってなかなか素敵じゃない?』と話していました。『え?』と思ってよくよく見るとインタビュアーは往年の名テニスプレーヤーの松岡修造氏でした。
ファブリーズのTVコマーシャルでよく顔をだしているので、往年の彼の活躍を知らない若い人達からすると『ファブリーズ』の方が通りがよいみたいです。

ひと通り見たあとはすぐ、クルマでソフトバンクのキャンプのほうに
054.JPG
移動。そこでは野球よりも何よりも先ず屋台のグルメコーナーのほうに直行!
昨年秋のキャンプでは出店してなくてガッカリさせらrれたお目当ての"料亭 まつ"といういかつい名前のお店で和牛、豚バラ、若鶏のモモ、イカといった串焼き料理を沢山買い込み去年の分までとばかりにガツガツとじっくり堪能してきました。

野球の方は寺原とか武田、藤岡という地元の選手と大物新人の東浜投手をみたあとはお客様の予約の時間が迫っていたこともありましたので割と早めに帰りました。
今回のキャンプ見学での収穫は念願の串焼き料理をたらふく食べれたことだったように思います。
来年もまた食べるぞ~と心に誓った?ことでした。何のためのキャンプ見学とあきれられそうですが"花より団子"ならぬ"野球よりグルメ"というのが今の私の本音です。


最後に婚活関連でいきますと、20日に成婚カップルが退会の手続きにきてくれました。
このカップルは昨年の9月末にお見合いしたカップルで本来ならば12月に成婚退会かな?と思っていましたが、慎重派の彼女がもう少し時間が欲しいということで延長されました。

どうなるかな?と心配していましたが、無事に成婚ということになり良かったなあとひと安堵!報告に来られる前に両家の家族同士の顔合わせを兼ねた食事会も終えられていました。
お二人とも背が高くスラっとした美男美女のカップルにつき、絵になります。お二人のツーショットの写真をその場で撮らせていただいたのですが、その後バタバタしてまして、なかなか発送の手続きがとれずそのままになっています。2~3日うちにはお手元に届くと思いますのでもうちょっと待ってくださいね。いつまでもお幸せに...。

 婚活やの親父こと
               
                    (宮崎の結婚相談所 エントリー  代表)   







今朝も昨日からの雨が止むことなく降り続いていて鬱陶しい天気です。

今日は定休日につき晴れてたらどこかのキャンプでも見に行こうと思っていたのに残念...と思いましたが、ネットで調べましたらWBCの方もソフトバンクのほうも両キャンプとも今日は休養日ということになっていたのでどちらにしても今日は駄目ということでした。じっくりブログを書いておけという天の思し召しかと諦めて、素直にPCに向かっているところです。

ところで、2月14日はバレンタインデーでしたが、男性の皆さんはチョコレートをいただきましたか?そして女性の皆さんは意中の彼にプレゼントできましたか?

昔は私にとってもバレンタインデーというのはクリスマス同様ときめきの
seinnto.jpg
一日でした。
何人の女性からもらえるかなあ?とか、気になっている彼女からもらえるといいのになあ等と妄想に耽っては、現実の厳しさに落ち込むという残酷な一日でもありました。

現役の頃は部下に沢山の女性を抱えていた時代もありましたので、その頃は"義理チョコ"を何十個と沢山もらっていました。
そのたびにこりゃあホワイトデーには義理返し?に大分手間がとられそうだなあ等と嬉しさよりそっちの心配の方が先に立つような感じでした。

その頃の反動というわけでもないでしょうが、リタイア後は家族と近くに住む姉からの"当然チョコ"というか"同情チョコ"をもらうくらいになりましたので、バレンタインデーというイベント自体に全く関心がなくなっていました。

しかし、今年は心優しき会員さんから素敵な義理チョコをいただきました。
その会員さんは先日のパーティーでカップルになられたばかり!
勿論、お付き合い始めた彼のためにどれがいいかいろんな店を探しまわって彼だけのための心のこもった素敵なチョコを選んでプレゼントされたそうです。
そのついでに私のためにも心のこもった?かどうかは分かりませんが気を遣っていただいたようです。ついでだろうが何だろうが会員さんからチョコを戴いたのは初めての経験でしたので、私としては大変嬉しく感謝感激でした。

こんな風に優しく気くばりの行き届いた女性につきこの会員さんはきっといい奥さんになるだろうなと思い、現在のお二人の交際がハッピーエンドで終わることを多いに期待しているところです。


それから、話は変わりますが、最近私はハマっている言葉があります。それは東進スクールという予備校の林修という講師がドヤ顔で語りかけるトヨタのCM『いつ買うか?今でしょ』という必殺のフレーズ!
もともと予備校のCM時代から『じゃ、いつやるか?今でしょ』という彼の『語り』がどういうわけかずっと耳に残っていました。
それはどうやらわたしだけではなかったみたいでしてネット上でもブレイクして『今でしょ』の本格的ブームが到来しているんだそうです。トヨタの宣伝部のセンスの良さには大いに感心しました。

私もずっと以前から『結婚はその内より今の内』というキャッチコピーを創って、宮日新聞や『タウン宮崎』他の広告でタイミングの重要性を訴え続けてきただけに余計に親近感を覚えます。

最後にtwitterの中で面白いものをみつけましたので紹介しておきます。

 『あれ、鍵どこに置いたっけ?』居間でしょ!』
 『ペルーの首都ってどこだっけ?』リマでしょ!』
 『いつ働くの?』まだでしょ!』

といったもの。私ならこうします。

 『じゃ、婚活っていつやるの?』『今でしょ!』
ってか?

婚活やの親父こと
             哲
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)     











2月もあっという間に中旬に入ってしまいました。
haru.jpg

それにしても本当に落ち着かない天候が続きます。
まさに三寒四温ということなんでしょうが、暖かくなったなと思ったら急に寒くなって氷点下を記録したり、いったいどうなってんだろう?ってな感じの天気が続いています。
冬来たりなば春遠からじ とかいいます。辛抱強く待っているとその内徐々に本格的春になってはいくんでしょうが、短気な私としては『は~るよ来い、は~やく来い』と祈っているところです。


ところで、つい先日入会していただいた女性の方と雑談をしていましたら『結婚相談所に行くについては非常に勇気がいったんですよ』ということを聞きました。
そして『実はこうしてお話している今もまだまだ緊張がとれてないんですよ』とのこと。
以前にも同じようなことを何度か聞いた事はありますが、今でもそうなのか...と正直ビックリしました。

無料相談等で沢山の方とお話させていただいている私達からしますと『どうして緊張されるんだろう?』と不思議でしょうがありません。どこにでもいるようなごくごくありふれた私達夫婦が相手をさせて戴いているだけなので緊張されるとなると却ってこちらが戸惑ってしまいます。

しかし、現実には口に出す出さないの違いはあっても来られる方の殆んどはやはり緊張してやって来られるみたいです。そして帰られる際はリラックスしてお帰りいただいてはいるようですが...。

そもそも『結婚相談所』という言葉自体が皆さんに相当悪いイメージを与えているのではないでしょうか?何故でしょう?

昔は結婚相談所というと『モテない男女の集まるところ』みたいな考え方が一般的だったようです。
その為、結婚相談所にいくということは自分がモテない男女の一員であるということを自ら認めたことになるんじゃないか?という抵抗感。これは悪いイメージの結構大きい理由のような気がします。

従って昔ほどではなくなりましたが、結婚相談所で婚活しているということを他の人には知られたくないという人は今でも結構おられます。

また、結婚相談所に入ったりするといつの間にかバカ高い料金をふっかけられるのではないか?とか、知られたくない自分のプライバシーが他の人に漏れてしまうのではないか?とか、入会したはいいけど、会員が少ないのではないか? 等々といった一昔まえの『悪徳結婚相談所像』をベースにした思い込みがある為どうしても緊張せざるを得ないということになっているのではないでしょうか?

昔はそういったところもあったのかもしれません。昔のことも、現代の他の相談所のことにつきましても私は知りませんので無責任なコメントは差し控えますが、日本仲人連盟を通じてお付き合いさせてもらっている沢山の相談所ではそういった悪い話はきいたことがありません。

まず結婚相談所とは『モテない男女の集まるところ』みたいな考え方については、現代では『情報を上手に活用する賢い男女の集まるところ』と言う風に変わってきているという現実を知るべきだと思います。
知らない土地に行ってお部屋を探そうと思ったら不動産屋さんところに行ってお部屋探しをするというのは常識。
そこはプロだからお部屋に関する情報が沢山集まっているだろうとわかっているからです。
もし不動産屋さんがなかったらどうやってお部屋を探しますか?最近ではどこの不動産屋さんにどういう物件があるかをネットで検索した上で探すといったより効率的な方法もあります。
情報を上手に活用する事ができる人ほどより短時間で効率的に求めるお部屋を探す事ができます。

結婚相手を探す場合に、結婚相談所に集まった情報を上手に利用してお相手探しをするということは不動産屋さんを使ってお部屋探しをするのと理屈は同じじゃないでしょうか?

いつ現れるとも分からない人をあてもなく待ち続けるより、少なくとも結婚したいと思っている人が集まる結婚相談所という便利なところがあるということを知って、そこでお相手探しをする方がその人にとっての『運命の人』がみつかる確率ははるかに高いであろうということは誰が考えても『理の当然』ではないでしょうか?
現代の結婚相談所というところはそのように『情報を上手に活用する賢い男女の集まるところ』ですから、恥じることなくこれを上手に活用されたらよいのではないでしょうか?

それに料金についてはエントリーではホームページに料金を明示していますので、事前に内容を知る事ができますし、契約時には必ず料金や会員規約の掲載された契約書をお渡ししていますので思いもしなかった料金を請求されるといったようなことは起こりえません。

個人情報につきましても私達結婚相談所には守秘義務が課せられていますので情報を漏らすことは禁止されていますし、クーリングオフ制度も適用されるなど経産省のチェックも入って消費者は二重三重に保護されていますから、一昔前の『悪徳結婚相談所像』は払拭された方が宜しいかと思います。
そうすると緊張することなく気楽な感じで結婚相談所を利用できるようになるのではないでしょうか?

但し、念の為に申し上げておきますと、結婚相談所に入会したからといって直ぐにお見合いができるとか、結婚できるとかいった保証はありません。
お部屋探しと違って結婚というのは相手がある話です。お互いに好み、相性というものがあります。

会員さんはどなたに対しても申込をする権利があるとともに、どなたからの申込に対しても拒否する権利もありますのでこちらが気に入ってもうしこんだからといって必ず相手の方が承諾すると行った保証はありません。
その逆でいくら申し込みをされても自分が違うと思えば承諾されなくても一向に構いません。そういう当たり前のシステムになっていますのでその点については誤解されないようにお願いしたいと思います。
それでも何もしないのに比べ、何かをするとなんらかの結果がついてきます。最終的には、婚活に対する『本気度』が運命を左右するように思います。

婚活やの親父こと
              哲
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)






立春も過ぎ、暦の上では早や春となりました。
例年ですと立春の頃は"春は名のみの風の寒さよ..."という唱歌の歌詞にもあるとおり春とは名ばかりの寒い寒い一日となりがちなのですが、今年の立春はどういうわけか春一番が吹くなど4月下旬の暖かい一日でした。
IMG_4715_SP0000.jpg

梅一輪一輪ほどの暖かさ という俳句があります。梅の花が一輪また一輪と咲くにつれて気候も少しずつ暖かさを増していくという意味のようですが、我が家の東側に植えてある梅の木がいつの間にか満開となって周りの雰囲気をぱっと明るくしていました。

先週、その傍を通ったときはようやく花一輪が咲いた段階だったのにたった一週間で右の写真のように沢山のちっぽけな白い花がいっぱい咲いていました。この成長の早さ...。
IMG_4718.JPG

前回ブログを書いたあの寒かった時とは段違いの状況ですが、このように暖かさや寒さを繰り返しながら徐々に本格的春になっていくのでしょうね。暖かい春が待ち遠しき限りです。

2月になると例年のことですが、宮崎は活気づきます。
プロ野球、サッカーの各チームが宮崎でキャンプを張るからです。

今月の15日からはWBCの日本代表もキャンプを張るとのこと。
前回のWBCのキャンプではイチローやダルビッシュといった普段見れない選手がみれたので結構盛り上がりました。
今回はメジャーリ-グに参加している選手が出ないので寂しい思いがしないでもありませんが、それでもミーハーの私としましては必ずや時間を作って見に行く事と思います。

また、近所で行われるソフトバンクのキャンプには2~3回は行こうと思っています。
何回かこのブログでも取り上げたことがあるので覚えておられる方がおられるかもしれませんが、こちらの方は野球選手目当てというよりも、どちらかというと私としましてはキャンプ地のグルメコーナーにある贔屓のお店目当てといった方が正しいかもしれません。
そこに行っていつもの美味しいものを買えるというのが大きな楽しみとなっています。"花より団子"とでもいうことになるのでしょうか?いくつになっても『食い意地』ばかりはとれないみたいです。

会員さんの中にもスポーツ観戦を趣味としている方が沢山おられますので、きっと見にいかれることだろうなと思っていますが、ひょっとしたらそこでバッタリお会いする事があるかもしれませんね。
カップルで来ておられる方も多いので、今交際に入っておられる方はこういうところにこられるのもいいかもしれませんね。

ところで今年の1月はエントリーにとりましては昨年同様順調な滑り出しとなりました。
新規入会者は今年も2桁となりましたし、成婚者も27日のパーティー終了後に成婚報告に来て頂いたので合計4人とまずまずの実績。
カップルもパーティーでの8組を加えますと10組以上成立していますので、あとはこの方達の交際が順調に進むようにしっかりフォローしていかなければと気を引き締めなおしているところです。

尚、27日に成婚報告に来られたカップルは男性42歳、女性36歳というお二人。
彼の方は一昨年の10月の終わりに入会されましたが、仕事が忙しくてなかなか婚活に集中することが出来ない状態が続いていました。
彼女の方は昨年の6月下旬に入会されましたが、お仕事が非常にハード。

お二人は昨年夏にお見合いをされて以降も仕事の関係でなかなかお二人で会える時間が取れない状態が続いていましたので、まず、この方達の場合は難しいかな?と思っていました。

ところが、お二人はお互いに好印象を持っておられましたので、期間を延長して交際を続けられた結果今回の結論にいたったようで、本当によかったなと思っています。
それぞれのご家族へのご挨拶はこれからだそうです。挙式等の詳しい事は彼女のお仕事が一段落する3月が終わってから詰めていかれるとのこと。
『結婚しました』という連絡が来るのを楽しみに待っていますからね。

2月も入って直ぐの土曜日(2日)にはお二人の方に入会していただきましたし、成婚の可能性の高いカップルもいくつか控えています。
この良い流れが途切れないようにこれから後もいろいろ工夫していかなければと思っている次第です。


婚活やの親父こと
              
                 (結婚相談所 エントリー 代表)









宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ