2013年6月アーカイブ

熱中症


最近は風疹とか熱中症とかに関連したニュースがTVで紹介されることが多くなりました。
『フーン、そうなんだ』と他人事としか考えていませんでしたが、意外や意外自分の身にもそういうことが起きたのでビックリしました。

といっても大したことではないのですが、先日散歩に出かけた時のこと。
その日は日中はギンギンギラギラの真夏日でしたが、夕方はそんなでもなかったのでいつもの感じで出かけましたら、途中から急に体がフワフワした感じになって歩くのがしんどくなりました。
『あ~、もうういいからどこかで横になれるところがないかなあ』と思いながらそういうところを探しましたが見つかりません。、                            
necchuushou-3.gif
そんなことは私としましては初めての経験だったので『これはいったいどういうことなんだろう?』と焦ってしまいました。

あとできくと軽い熱中症だったようですが、フラフラになりながらもなんとか根性で家まで歩いて帰りました。途中何度もオクサンに電話してクルマで迎えにきてもらおうかな?という誘惑にかられましたが、そんな事をしたら後々まで何を言われるかわからないという思いと、これでも若い頃は日本アルプスの槍・穂高・剣・木曽駒・北岳・赤石・聖岳等々といった三千メーター級の主要な山を踏破して回った山男のはしくれでしたので、そのプライドとでなんとか帰り着き、バタンキュー!

水分や塩分を補給し、ぬるめのお風呂に浸かってサッパリしたあとちょっと休んだら何とか回復しました。体力が衰えている時の日中の散歩は要注意ということでしょうか。
しかし、80歳の三浦雄一郎氏がエベレスト登頂に成功したわけですからそれを考えると何とも情けない話です。
三浦氏といえば『夢は諦めなければ叶うものだ』という彼の言葉は非常に気にいってます。鍛錬を重ねた上で実際に快挙を成し遂げた人の言葉だけにズシリと胸に響きます。
そういえば『今の自分の夢ってなんだろう...?』、私の場合はまずそこからのようです。 


ところで私は6月という月は雨が好きではないこともありその名を聞くだけで憂鬱になりますが、どういうわけか我がエントリーからしますと入会者数がグンと増える楽しみな月となっています。

どうして6月になると入会者数が増えるのか?
『ジューンブライド』という諺があります。欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せになるという言い伝えがあるそうですが、だからといってそれとエントリーの入会者数増とどういう因果関係があるかということになると実際問題としてはそんな事は考えられません。ボーナス月でもないし、なぜなんでしょう?正直いって私にもよく分かりません。

ただ、ここ2~3年エントリーでは6月になると決まって入会者数がいちだんと増えるということだけは紛れも無い事実。今年も、この傾向は継続されているようで先週一週間だけで男性が4人も入会されました。ありがたい話です。
何はともあれ男性会員が増えるということは素敵な女性会員さんを沢山抱えているエントリーとしましては歓迎すべきこと!

7月28日〔日)にはまたお見合いパーティーを開催します。今回は男性は40歳以上、女性は35歳以上の方を対象としたパーティーです。
前回は7組のカップルができました。今回も沢山誕生するといいなあと期待しているところです。

  婚活やの親父こと
                 哲
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)









完敗!


梅雨の中休みらしいですが、30度を越す暑さに日本列島が悲鳴を上げています。
朝、掃除機をかけるだけで汗びっしょり!沖縄では例年より9日早く梅雨があけたみたいですから、宮崎もこの調子でいくと10日前後は梅雨明けが早まるかもしれません。梅雨は嫌いですが、真夏の真っ赤な太陽も余り好きではありませんので、秋がくるのを待ちわびながらとりあえずのところは成り行きまかせということでしょうか...。

ところで、先週もサッカーがありました。FIFAコンフェデレーションズカップ一次リーグ1回選で相手はブラジル。昨年10月に行われた国際親善大会では0対4で負けていますので、今回は日本のリベンジが期待されていました。

16日午前4時過ぎからのキックオフ。
こちらはその日は日曜日ということで予約が朝からビッシリ入っていました。仕事に差支えがあったらいけないのでどうしようかと迷いましたが、結局その時間になると野次馬根性のより強いオクサン、そして私の順でゴソゴソと起きだしてTVの前で観戦。

試合は本当に実力の差が歴然としており、3対0という点差で完敗!
silhouette-of-a-soccer-player_21-44708587.jpg
パスの正確さにおいてもドリブルの突破力にしても、シュート力も完全に劣っていました。しかし、それよりも何よりも日本の選手の消極的な試合運びにガッカリさせられました。

出発前はあんなに威勢の良い事を言っていたのに...と腹立たしさがいっぱい!
FIFAランキングでは日本の32位に対してブラジル22位。ランキングの上ではそれほど大きい差はない筈!しかし、現実には点差以上に大きな実力の差を感じました。長友選手の言葉を借りれば『プロと中学生の差』ということになるのかもしれません。

それにしても試合後の選手達の弱気なコメントを聞いていると、こんなんでワールドカップに出てもまともに戦えるんだろうか?と不安になります。
ワールドカップとかオリンピックというわけではないので、勝ち負けについては特にこだわりはないのですが、もう少し積極的で気概のある試合を見せて欲しかったと思っています。

その日は試合の腹立たしさをバネに?私たちは眠けにも負けず頑張りました。そのお陰か新規に2名の方に入会していただきましたので、エントリーにとっては却ってよかったのかも???

この次はさらに格上のイタリア戦、20日朝7時キックオフとのこと。何のかんのいいながらどうせまたTVの前にかじりついて観ることになるのでしょうが、こんどこそはなんとか気概をみせて頑張って欲しいものです。

最後に、16日には私の高校時代の同窓会がありました。私が宮崎に帰ってきて以来3回目の開催ということで1回目の100名を越すような大人数というところまではいきませんでしたが、60名を越す人数が集まり盛会でした。

名札を見ないと誰がだれだか分からない位皆さん大きく変貌?していましたが、前2回には参加していなかった友人達とも久方振りの再会を果たす事ができ幸せなひと時を過ごす事ができました。

この同窓会では3年の頃のクラスごとに前に出てひとりひとり自己紹介をするようになっています。
私は前2回では言わなかった結婚相談所を開いているということを話しましたら、意外と反響が大きく、そのあとで、「ウチの娘はなかなか縁がなくて困ってるんだけど...」とか「ウチの息子は結婚しないとか言い張ってるんで相談に乗って欲しい」とかいう話が何件かあり、『名刺をくれよ』という話になりました。
まさかそういう場所で仕事の話が起きるとは思ってもいなかったので少々驚きましたが、こういう話になると彼らも人の親。どこの親御さんも悩みは結構同じみたいです。
懐かしき友人達からの申し出につき何とかお役にたちたいものだと思っているところです。


 婚活やの親父こと
               
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)










ほんとによく降ります。水不足で苦しんでいる地方に分けてあげたいくらい...。
おまけに6月中旬だというのに台風3号が接近してきているので心配ですが、11日時点での天気予報では本土への直接の上陸はなさそうということですのでその限りにおいてはひと安心。
12~14日にかけては会員さん達のお見合いを含めた予約が沢山入っていますので、台風だとエントリーまで出てきてもらうだけで大変!何とか今の予報が当たって欲しいものです。

また、空梅雨(からつゆ)の為深刻な水不足で苦しんでいる地方にとっては恵みの雨となりそうなので今回に限っては『待望される台風?』といえるのかもしれません。
それでも過ぎたるは及ばざるが如しでこれが集中豪雨ということになりますと水害で大きな被害をもたらします。とにかく、災害だけは惹き起こさないようお手柔らかにとお願いするのみですね。


ところで、最近もいろんな話題がお茶の間をにぎわしています。株・円の乱高下、サッカーで日本チームの5大会連続W杯出場決定、三浦雄一郎の80歳でのエベレスト登頂etc、いろいろありましたが、その中でも私にとって最も印象深かったのはいまや『DJポリス』と呼ばれ全国的に人気者になったおまわりさんの話題。       
ポリス.jpg

私はスポーツ大好き人間につき、サッカーのオーストラリア戦は当然のことながらしっかりとTVの前に座りこんで見ていました。本田選手のPKによる同点ゴールには興奮して思わずヤッタ~と大声で叫んでしまいました。
隣室で眠っていたオカメインコのエンタローがビックリして目を覚ましたらしくピーピー文句をいってました。<ゴメンチャイ!>
その日はこれで渋谷も大いに盛り上がるんだろうなあと思いながらチャンネルを切りました。

翌朝、昨夜の渋谷でのサポーター達の狂喜乱舞の様子はどうだったんだろうとTVを点けたら、渋谷のいつものスクランブル交差点で喜びに沸き立つサポーターに向かって一人の若いおまわりさんが、絶妙な語り口で事態を収拾させているシーンを大々的に放送していました。
何事かとそのシーンをじっと見ている内に、なぜだか自分でもよくわかりませんが感動の余りひとりでに涙が後から後からこぼれ出てきました。
"え~、これはいったいどういうことなんだ。どうしてこんなに泣けてくるんだろう?"と不思議に思いながらも『これはヤバイ』とオクサンに涙をみられないようにするのに一苦労!

おまわりさんのスピーチも最高でしたが、それを聞いて指示に従った若者達の姿にも感動しました。『日本もまだまだ捨てたもんじゃないな』と嬉しくなりました。
その試合後暫くの間はどのチャンネルを回してもこのシーンが何度でも流されていました。
それを見る度に、最初に見たときの感動の気持がちっとも薄れずに、毎回涙をポロポロ流し続けてしまうのには我ながら驚いてしまいました。余程強い感動を受けたということなのでしょうか?
 
ニュース番組をみてこんなにボロボロ泣くオッサンなんてちょっとおかしいのかな?と思ったりもしましたが、翌日東京の友人からきたメールに同じような事が書いてあったので『やっぱり!お前もそうだったか。そうだよなあ』と自分が変人でなかったことが証明されたような気がしてほっとしたものです。

TVのインタビューで『おまわりさんのスピーチに感動してこれは従わないといけないと思った』と答える若者の姿にも嬉しくなってまたまた涙がポロポロ...。涙腺が壊れてしまったんじゃないかと危惧するほどでした。

トルコでは公園の存続運動をしていた小さなデモに対する催涙ガスの使用等、警官隊の高圧的な対応が発端となってそれがいまや全国的な反政府運動につながり大混乱を惹き起こしています。
それと比較するにつけても今回のおまわりさんの対応は何と素晴らしいものだったかと改めて感心する気持でいっぱいです。
彼が警視総監賞をもらったという点についてはどちらでもいいのですが、そういう表立った表彰より、私達の心のなかに深い感動を植えつけたというその事実を私達みんなが共有できたらいいなあと思っています。
それとともに、その時同じようにアナウンスしていた女性ポリスに対しても彼と同様に警視総監賞が与えられるという事に対しては上層部の連中は何を考えているんだろう?と強い違和感を覚えました。

彼女のアナウンスも聞きましたが、私にはマニュアルどおりに淡々としゃべっているという風にしか感じられずちっとも感動をおぼえませんでした。勿論、いろんな見方、考え方をする人がいることは間違いないのですが、二人を同列に扱おうとする上層部のお役人根性丸出しの対応には非常に不愉快な気持を抱いています。私だけかもしれませんが...。

いずれにしてもこのような対応が、この場限りに終わることなく、日本全土、ひいては世界各国に拡がっていくといいですね。

最後に、先日いつも私のブログをチェックしてくれている親友からちょっと前に書いたブログ『結婚に何を求めていますか?』について『いいたいことは分かるけど、ちょっと初めて読む人にはきつすぎるのでは?』というアドバイスをもらいました。
私としてはあれでも大分抑えて書いたつもりでしたので意外な感がしましたが、彼はいつも私のことを思って的確なアドバイスをくれるので『彼がそう感じたからにはたしかにそういう受け取り方をする人もいるかもしれないな』と思い『次回からはもう少し配慮して書こう』と素直に反省しました。

ただ、その後直接お会いしてお話を伺った会員さんや無料相談にこられた方の中に『あのブログを読んで前に進んでいこうという気になった』とか『相談にいってみようと思った』とか『勉強になった』とか言ってくださる方もおられました。
そういう風に前向きに捉えてくださる方がおられるということは私にとりましては有り難いことです。
これからもそういった前向きな方達の参考になるようなことを紹介していきたいと思います。親友のアドバイスを念頭におきながら...。

  婚活やの親父こと
                
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)
























東京では梅雨に入ってもなかなか雨が降らないとかTVで流れていましたが、宮崎ではしっかりと雨が降り続き、まさに梅雨の真っ只中。お陰で私の散歩も暫くお休みということになり体力は落ちる一方です。
流石にこれじゃあいかんと危機感?を抱き、昨日の夕方は曇ったままで雨が降っていなかったので、久方振りに散歩しました。

沢山の同年代とおぼしき人達が歩いていました。その人たちは、少々雨が降ったくらいでは傘を差しながらでも歩き続けておられるようです。
それにくらべるとなんと自分はなんて軟弱なんだろうと自分の意思の弱さにウンザリします。
心を入れ替えて今日からまた歩き続けていかなければと思っているところですが、いつまで続くことやら...。

ところでちょっと前のブログ『自然の恵み』で筍(タケノコ)の話題に触れたかと思いますが、先日、満を持して竹林に入り筍を採ってきました。
IMG_5665.jpg
私も大好物なので喜んで食べてみたのは良いものの、お医者さんの指摘通りお腹の調子が悪くなりましたのでその後は自分では食べないことにしています。(残念至極...)

(右の写真は自分では食べれないとは思わず、採ってきた筍を並べて喜んでいるどこかのオッサンです)

それはそうと、何日か前に私のブログを読まれたある女性会員さんが来られた時に『筍は..?.』と訊かれたのですが、その時はまだ本格的に竹林の中に入っていなかったので持って帰ってもらうことが出来ず非常に申し訳ないことをしてしまいました。

そこで、これは何がなんでも採ってこないとウソをついたことになるということで、その2~3日後、竹林に入って筍をどっさり採ってきました。その会員さんがたまたまご近所さんだったこともありましたので電話して取りに来てもらいました。
持って帰られた彼女から美味しかったというメールを戴いたときにはようやくノルマを果たしたようでホっとしたものです。

竹林の急な坂を収穫した筍を20~30本ほど持って上り下りするというのは結構重労働ですし竹の枝などでであちこちヒッカキ傷も作ります。竹林を抜け出て我が家の裏庭に到着した頃にはあちこち傷だらけ、全身汗ビッショリでヘロヘロになっていますが、一度『筍ハンター?』としての快感を味わうとこれがなかなか止められないから困ったものです。

私が竹林に入ろうとするとその都度オクサンが『ケガはするし、マダニがいるかもしれないし、腰が痛いのに無理して...、いい加減やめたら?』というので、『そうだな、今日は止めとこうかな?』と思ったりする時もあるのですが、口ではやめるようにいってたそのオクサンが『ハイ』といって赤くて大きな袋を私の方に差し出します。採った筍を入れるための袋です。『行』けというのか『行くな』というか??
これには私も思わず苦笑して『どっちやねん?』。
オクサンのほうは苦笑いしながらそれでも袋を手渡ししてきます。
結局そんなこんなで私は竹林の中に送りこまれ?ヘロヘロになりながら採ってきます。全くもってどっちもどっちのあきれた夫婦です。

自分では食べられませんが、採ってきた日とかその翌日にこられた数名の会員さんには持って帰ってもらいましたが、皆さんには喜んでいただけたので私としましては満足です。

竹の成長はびっくりするほど早いので今年の収穫もそろそろ終わりに近づいてきたみたいです。
また、来年...などと書くと鬼に笑われそうですが、私がその時も健康でしたら会員さんの為にもっと沢山採ってきますので乞うご期待!

それはそうと最近私の拙いブログの閲覧者数が飛躍的に増えています。
スマホが普及してきた為か、ブログのボタンを変えた為か理由は分かりませんが、いずれにしても書き手の私としましては正直いって大変嬉しいですし、やり甲斐があります。

無料相談にこられる方からもブログのことを話題として取り上げて下さることが多くなりました。
私のブログは結構長いですし、その意味ではちょっと異質なブログといえるのかもしれません。
私の親友やオクサンからはいつも『長すぎる。半分くらいにしたら?』とクレームをつけられます。

基本的に、私は他社のブログなるものにつきましては興味がありません。
それでもオクサンからいわれてたまに他社のブログなるものを斜め読みすることがあります。
いろんな意味で参考にはなりますが、私としてはそれ以降は読みたいという気がおきません。

いずれにせよ私は私なりの信念をもって書いていますので読まれる方からしますと『徒(イタヅラ)にダラダラと長い』と閉口しておられるかもしれませんが、他社のブログとやらに影響されることなくこれからも自分のスタイルでいきたいと思っています。
散歩の場合と違ってこういったことに関しましては私の決意はブレません。『頑固親父』には困ったものです。どうぞ悪しからず...。

 婚活やの親父こと
               
                    (宮崎の結婚相談所 エントリー代表)
















宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ