宮崎県の結婚相談室

DJポリスに感動!


ほんとによく降ります。水不足で苦しんでいる地方に分けてあげたいくらい...。
おまけに6月中旬だというのに台風3号が接近してきているので心配ですが、11日時点での天気予報では本土への直接の上陸はなさそうということですのでその限りにおいてはひと安心。
12~14日にかけては会員さん達のお見合いを含めた予約が沢山入っていますので、台風だとエントリーまで出てきてもらうだけで大変!何とか今の予報が当たって欲しいものです。

また、空梅雨(からつゆ)の為深刻な水不足で苦しんでいる地方にとっては恵みの雨となりそうなので今回に限っては『待望される台風?』といえるのかもしれません。
それでも過ぎたるは及ばざるが如しでこれが集中豪雨ということになりますと水害で大きな被害をもたらします。とにかく、災害だけは惹き起こさないようお手柔らかにとお願いするのみですね。


ところで、最近もいろんな話題がお茶の間をにぎわしています。株・円の乱高下、サッカーで日本チームの5大会連続W杯出場決定、三浦雄一郎の80歳でのエベレスト登頂etc、いろいろありましたが、その中でも私にとって最も印象深かったのはいまや『DJポリス』と呼ばれ全国的に人気者になったおまわりさんの話題。       
ポリス.jpg

私はスポーツ大好き人間につき、サッカーのオーストラリア戦は当然のことながらしっかりとTVの前に座りこんで見ていました。本田選手のPKによる同点ゴールには興奮して思わずヤッタ~と大声で叫んでしまいました。
隣室で眠っていたオカメインコのエンタローがビックリして目を覚ましたらしくピーピー文句をいってました。<ゴメンチャイ!>
その日はこれで渋谷も大いに盛り上がるんだろうなあと思いながらチャンネルを切りました。

翌朝、昨夜の渋谷でのサポーター達の狂喜乱舞の様子はどうだったんだろうとTVを点けたら、渋谷のいつものスクランブル交差点で喜びに沸き立つサポーターに向かって一人の若いおまわりさんが、絶妙な語り口で事態を収拾させているシーンを大々的に放送していました。
何事かとそのシーンをじっと見ている内に、なぜだか自分でもよくわかりませんが感動の余りひとりでに涙が後から後からこぼれ出てきました。
"え~、これはいったいどういうことなんだ。どうしてこんなに泣けてくるんだろう?"と不思議に思いながらも『これはヤバイ』とオクサンに涙をみられないようにするのに一苦労!

おまわりさんのスピーチも最高でしたが、それを聞いて指示に従った若者達の姿にも感動しました。『日本もまだまだ捨てたもんじゃないな』と嬉しくなりました。
その試合後暫くの間はどのチャンネルを回してもこのシーンが何度でも流されていました。
それを見る度に、最初に見たときの感動の気持がちっとも薄れずに、毎回涙をポロポロ流し続けてしまうのには我ながら驚いてしまいました。余程強い感動を受けたということなのでしょうか?
 
ニュース番組をみてこんなにボロボロ泣くオッサンなんてちょっとおかしいのかな?と思ったりもしましたが、翌日東京の友人からきたメールに同じような事が書いてあったので『やっぱり!お前もそうだったか。そうだよなあ』と自分が変人でなかったことが証明されたような気がしてほっとしたものです。

TVのインタビューで『おまわりさんのスピーチに感動してこれは従わないといけないと思った』と答える若者の姿にも嬉しくなってまたまた涙がポロポロ...。涙腺が壊れてしまったんじゃないかと危惧するほどでした。

トルコでは公園の存続運動をしていた小さなデモに対する催涙ガスの使用等、警官隊の高圧的な対応が発端となってそれがいまや全国的な反政府運動につながり大混乱を惹き起こしています。
それと比較するにつけても今回のおまわりさんの対応は何と素晴らしいものだったかと改めて感心する気持でいっぱいです。
彼が警視総監賞をもらったという点についてはどちらでもいいのですが、そういう表立った表彰より、私達の心のなかに深い感動を植えつけたというその事実を私達みんなが共有できたらいいなあと思っています。
それとともに、その時同じようにアナウンスしていた女性ポリスに対しても彼と同様に警視総監賞が与えられるという事に対しては上層部の連中は何を考えているんだろう?と強い違和感を覚えました。

彼女のアナウンスも聞きましたが、私にはマニュアルどおりに淡々としゃべっているという風にしか感じられずちっとも感動をおぼえませんでした。勿論、いろんな見方、考え方をする人がいることは間違いないのですが、二人を同列に扱おうとする上層部のお役人根性丸出しの対応には非常に不愉快な気持を抱いています。私だけかもしれませんが...。

いずれにしてもこのような対応が、この場限りに終わることなく、日本全土、ひいては世界各国に拡がっていくといいですね。

最後に、先日いつも私のブログをチェックしてくれている親友からちょっと前に書いたブログ『結婚に何を求めていますか?』について『いいたいことは分かるけど、ちょっと初めて読む人にはきつすぎるのでは?』というアドバイスをもらいました。
私としてはあれでも大分抑えて書いたつもりでしたので意外な感がしましたが、彼はいつも私のことを思って的確なアドバイスをくれるので『彼がそう感じたからにはたしかにそういう受け取り方をする人もいるかもしれないな』と思い『次回からはもう少し配慮して書こう』と素直に反省しました。

ただ、その後直接お会いしてお話を伺った会員さんや無料相談にこられた方の中に『あのブログを読んで前に進んでいこうという気になった』とか『相談にいってみようと思った』とか『勉強になった』とか言ってくださる方もおられました。
そういう風に前向きに捉えてくださる方がおられるということは私にとりましては有り難いことです。
これからもそういった前向きな方達の参考になるようなことを紹介していきたいと思います。親友のアドバイスを念頭におきながら...。

  婚活やの親父こと
                
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)























宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ