宮崎県の結婚相談室

お・も・い・や・り


12月も後半に入りました。
世界中のあちこちで厳しい寒波に見舞われているとのニュースが連日流されています。日本でも北日本では暴風雪に見舞われてかってない積雪を記録しているようです。

夏はかってない暑さ、冬は冬でかってない寒さ...。これからは地球温暖化の影響により毎年、こういう傾向が続いていくのでしょうか?やりきれないですね。
そのせいか、私の大好きな秋や春が煽りをくってかあっという間に過ぎ去っていったのが私としては残念でたまりません。

大塚台のルミナリエにつきましては前回のブログを書いた時点では難しい状況だけど『どうなる?』という若干の含みをもたせて終わらせましたが、本音としてはちょこちょこっとでもやるつもりでいました。
ところが年賀状の受付が始まった今となっても、全く手をつけれていない状況ですし、そろそろ1月26日(日)に予定しているお見合いパーティーの案内も対象者全員の方に送らなければなりません。

そんなわけでちょこちょこっとやる余裕もなく、今年は完全に『大塚台のルミナリエ』は見送りとすることに決めました。来年の12月...などというと鬼に笑われそうですが、そのときに今回の分も含めてバッチリとしたものを飾りつけます。


ところで、先々週に引き続き、先週の14日(土)に今度は11月に
ASD.jpg
挙式したカップルが遊びにきてくれました。できたてホヤホヤの挙式のアルバムを真っ先に見せにきてくれたようです。
最近のアルバムというのは装丁も非常に格調高く立派に仕上がっているので感心しました。

肝心の写真の方は和装と洋装のお二人さんの立派な写真が出来上がっていました。
もともと美人さんの彼女の方は予想通りとても美しく撮れていました。驚いたことに彼の方も『馬子にも衣装』とでもいうのでしょうか(失礼!)、期待以上に(?)立派に撮れていてなかなかお似合いのカップルでした。
『彼も決める時はしっかり決めるんだな』と改めて彼の底力に感心させられました。

しかし、少しだけ気になったことがありました。お二人は彼の方の仕事の関係で新婚旅行には行っていませんでした。
『それじゃあ、いつ行くの?』と尋ねたところ『今でショ!』...といった流行語とは違って『今のところ行く予定は有りません』と、どちらかというと優柔不断であった筈の彼の方から妙にキッパリとした返事が返ってきたので私達としては意外な感じがしました。

いくら仕事が忙しいといったってそうであるならば時期をずらせば済む話です。それすら考えていないということはどういうことなんだろう?
自分の都合で行かないことになったのであるならばどうして『彼女には悪かったのですが、どうしても私の仕事の都合がつかなかったもんですから...』とかいった彼女に対する済まないという気持が表現されなかったのかということが私達には不思議でなりませんでした。

もちろん、それぞれの家庭にはそれぞれの事情があるわけでしてそういったことにまで私達が立ち入ってとやかく口を挟むつもりはありません。

そして彼が妙に強く否定したことを好意的に推測するならばこの問題に関してはそれまでに何度も話合われ、その結果結論が出ていた問題につき今回のような対応になったのかなとも思いました。
しかし、その場面での彼女の仕草からみると彼は彼女の本音を掴みきれていないんじゃないかと危惧しています。

これが私達の単なる取り越し苦労であるならばそれに越したことはないのですが、彼はシャイな性格の為、前々から言葉足らずで相手の方から誤解されることが多々ありました。

しかし、これからはシャイだから云々などとそんな甘えたことはいっておられません。
結婚というのは所詮生まれ育ってきた環境も考え方も異った他人同士が一緒になる運命共同体です。結婚当初は夫婦の歴史は始まったばかりですから夫婦としての歴史による学習ができていません。
従って自分がこうして欲しいとか、実際のところはこうなんだとか自分の思いや考えなどは言葉や態度にだして相手に伝えないとわかって貰いにくいものであるいということを肝に銘じておく必要があります。
夫婦としての歴史が積み重ねられていくと以心伝心というかいちいち言葉や態度に表さなくても相手の云いたいことは自ずと分かるようになってくるものですが、最初の内はそううまくはいきません。

それとともに、相手が口に出さない事があっても、周囲の諸事情を考慮して遠慮して口に出していないんだろうなということを感じたら、その感じたことを相手の意見として捉えてやるような懐の深さというものも必要だと思います。それは決して難しいことではなくお相手に対する思いやりの気持がありさえすれば普通は誰でも自ずとわかることだと思います。

そうするとその優しさは当然相手にも伝わり、そのような配慮をしてもらったことに感謝するとともに自分も相手に対して同じような優しさを返したいと言う気持になる筈です。

結婚生活を営んでいく為にはこの『お・も・て・な・し』ではなくて『お・も・い・や・り』の気持をいつまでも忘れないでいくことが大切だと思います。
お二人さん、じっくり考えてもし思い当たるような点があるようだったら直ぐに軌道修正されることをお薦めします。


最後にこれから先のエントリーの予定としましては、今月は今のところ29日(日)まで営業する予定でいます。ブログも年内にもう一度だけ書きます。年明けは3日までお休みをいただいて1月4日(土)から営業を開始する予定です。

本音としては大多数のお勤めの皆さんと同じように28日(土)から1月5日まで休みに入りたいところですが、休日でないとなかなかエントリーに出て来れない方がおられますので、取り敢えずこういう風に決めています。
ただし、新規の方や県外の方等どうしてもそれ以外の日を希望される方がおられましたらご相談には応じる予定でいますのでご連絡下さい。

 婚活やの親父こと
                哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)












宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ