2014年3月アーカイブ


日本最速の高知に遅れること1日で宮崎にも開花宣言がだされました。

開花宣言がでるやいなや待ちかねたぞといわんばかりに宮崎のあちこちで桜が一斉に咲き始めたようです。
それなら遅れてはならじとばかりに?ミーハー夫婦たる私達はまだこの時期では早いかなと思いながらも菜の花や桜の名所といわれる西都原古墳群にでかけてきました。
023.JPG

約30万本とかいわれる菜の花畑は黄色とグリーンで埋め尽くされていましたし、2千本あるといわれる桜の花も7~8分咲きといった感じでした。

やはり若干早かったかな?という気はしましたがそれでも菜の花の黄色と桜の淡いピンク色とのコラボレーションは圧巻でした。

プロポーズを予告した"例の幸せな彼"はこの光景があることを期待してプロポーズの場所に選んだのでしょうが、発想は素晴らしかったものの残念ながらちょっと時期が早かったみたいです。
今週末頃には満開になるとのこと。その頃はさぞかし沢山の人出でごったがえすことと思います。


ところで話は変わりますが、エントリーでは4月13日に30代半ば以上の方を対象としたお見合いパーティーを開催します。
従来は3月下旬に行ってきたのですが、3月は年度末ということで皆さんなかなか忙しく出席したくても出席できない方が多かった為、昨年から4月中旬に変更して実施しています。

今回の参加者数は現時点で男女合わせて30名を越しています。
20~30代を中心としたパーティーに比べ年齢層がちょっとあがったパーティーの場合はどうしても人数は少なくなりがちですが、それでも今回は男女バランスよく集まって合わせて30名のラインは越しましたので、これから入会してこられる方や、状況の変化で参加できるようになった方達を含めるともう少し増えるだろうと期待しています。

プロフィールをみてお見合いを申込む方法の場合は、申込をしても相手の方のOKが出ないと会うことができません。
しかし、パーティーの場合は一度に沢山の異性の会員さんと直接会って言葉を交わすことができるので、より自分に合った方を選ぶことができます。また、これはと思う方に対しては積極的に自分を売り込むこともできます。
そんな沢山のメリットがあるせいか、エントリーのお見合いパーティーは年代別に分け定期的に年6回も開催しているにもかかわらず、参加者数は他の相談所ではみられないほど毎回盛況でカップルも沢山誕生しています。

このように沢山のメリットがあり、沢山の会員さんが期待して参加して頂いているだけに私達もパーティーには自ずと力が入ります。
会員さんの中には一度参加されたときにたまたま自分の望む方との出会いがなかったり申し込んでもカップルになれなかったりすると、パーティーはもういいやとばかりにその後のお見合いパーティーをパスされる方も見受けられますが勿体無い話だと思います。
運命のお相手は一人みつかればいいわけです。毎回必ず初めて参加される方もおられるわけですからその方との出会いに賭けてみようという積極的な態度が必要なのではないでしょうか?

また申し込んでもうまく行かなかった方については『どうして駄目だったんだろう?申込む相手の選び方が間違っていたんだろうか?それともアプローチの仕方、特に会話の進め方に問題はなかったか?等々謙虚に反省し、その結果を学習したうえで参加されると結果はまた変わったものになってくるのではないでしょうか?

どうしたら良いか分からず相談に見えた方については自分なりに責任をもったアドバイスをしているつもりですし、それでうまく行った方も何人かおられます。

『求めよ、さらば与えられん!叩けよさらば開かれん』(新訳聖書第七章)私はキリスト教徒でもなんでもありませんが、この言葉は大好きです。
但し、求めるだけで何の努力もしないで美味しい結果だけを求めたところでそれがうまく行くはずがありません。そのことは改めていうまでもなく皆さん充分お分かりだろうと思います。

やはり何事についても前述したとおり結果を謙虚に受け止め、反省しそれを改善するための努力が必要な事はいうまでもありません。そしてそれは決して難しいことではないと思っています。本人が覚悟を決めて行動に移すかどうかの問題だと私は理解しています。


どうやら説教調になってしまったようで済みません。歳をとってくるとついついこんな風になりがちです。広い心でお見逃しいただければ助かります。

それでも、事実としてパーティーでカップルになられた方の成婚率は極めて高いものがありメリットが大であるということは間違いありません。
会員の皆さんがこの効率的なエントリーのパーティーを今後とも積極的に活用していかれることをお薦めします。



 婚活やの親父こと
                
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)













3月18日火)、今日は朝から雨がしとしと降っています。
高知では全国のトップをきって桜の開花宣言が出されたそうです。あちこちで春イチバンが吹き荒れたり本格的春がようやく間近にやってきたみたいです。

今日は火曜日につきエントリーは定休日!本来ならばお休みということなのですが、私にとっては『ブログ』の日ということになっていて、午前中の静かな時間を利用して毎週ブログを書いています。

こんな拙いブログでも毎週水曜日には更新されるものだと思って待っていてくださる心優しき方々もおられるようなので、遅れては申し訳ないと火曜日になると私としましては必死の思いでパソコンと格闘することになっています。

私が毎回更新しているこれくらいの長さのブログですと、普通にパソコンを使える方ですと一時間半もあればひと通り出来上がるのでしょうが、前にも紹介しましたように私の場合は不器用につき両手の指を使ってのブラインドタッチなるものはできません。キーボードをいちいち見ながら右手主体のヨタヨタ入力です。
従いまして入力のスピードが遅いですし、変換ミスや誤字、脱字はご存知の通り日常茶飯事!
時々見かねた親友から『ここ間違ってるよ』との指摘を受けます。私にとっては有り難いチェックマンで助かっています。

また、仕事の性格から個人情報の守秘につきましては相当気を使います。
書いた人のことが他の人にすぐにバレて迷惑をかけるようなことがあってはいけませんのでその点につきましては何度も何度も見直してそれらしいところは削除するなどして修正を重ねています。

表現の稚拙さは皆さんご存知の通りで読みなおしますと、『何だ、これは...』と思うようなことだらけ!
ちょっと時間を置いて改めて読みなおしてみますと我ながらウンザリすることが殆んどです。
その為、私は書いたものを一晩寝かせて翌朝、一度見直しをかけ誤字脱字をはじめ内容が余りにひどいところについては修正をかけてから更新するようにしています。
そんな訳で大体水曜日頃には皆さんに見ていただけるという流れになっています。
といいましても、お客様相手の仕事につき水曜日に来客が多い場合とか突発の急ぎの用事が入った場合は直ぐには更新できず、その夜遅くか木曜日以降にズレこんでしまいますので念のため。

前回の『プロポーズの予告って?』については、書いたあとどうかな?と不安なところがあったのでオクサンに『これちょっとおかしいところがないかチェックして欲しい』と頼んだところやはりオクサンから『ここまで書くのはちょっと書きすぎじゃない?』という鋭い指摘が入りましたので彼の奮闘ぶりを紹介した文章を幾つか削除しました。

それでも前回のカップルも前々回に紹介したカップルについても、それぞれそのあとに彼女達から戴いたメールによりますと私が紹介したブログの内容については大目にみてもらえるとともに少しは喜んで頂いたたようなので私としてはひと安心でした。


また、前回のプロポーズ云々のお二人の場合は、彼の方は直接エントリーに来て相談されたし、彼女についてはよくメールを戴いていましたのでお二人の交際の進捗状況は私達もよく把握していました。

彼女からのメールはいつも楽しく読ませていただき、私にとっては大いなる楽しみとなっていました。
つい最近、私のブログを読まれたあとにいただいたメールもとても楽しいものでできることならそれを全文紹介したいという誘惑に駆られていますが、さすがにそういうわけにもいきませんのでその一部を簡単に紹介します。


お二人は成婚退会後、お二人で初めて食事をされた古民家のレストランに行かれたとのこと。
初めてのときは彼女も緊張していてあまり食事が喉を通らなかったそうですが、今回は初めてのときの2倍くらい食べてられたとかで彼にびっくりされたそうです。
私達は楽しい気持がいっぱいになって思わず微笑んでしまいました。

また、彼のプロポーズですが、プロポーズの言葉は本当にシンプルな
ハッピーウェディング素材集NO.6 175.jpg
ものだったそうです。
何日間も悩んで予告までしたわりには、あまりにも普通すぎるプロポーズの言葉に最初はあれれ?と思われたようですが、逆にそんな誠実な彼のことを彼女は本当に愛おしく思われたそうです。
要は美辞麗句を並べるよりも心のこもった誠意ある言葉の方がよりお相手の方には伝わるものだということなんでしょうね。

幸せなメール有難うございました。

結婚というのは知らない他人同士が一緒になることです。従ってこれからは山あり谷ありいろんなことがあるかもしれませんが、お二人とも今の気持を忘れずにいつまでも幸せな家庭を築いていって下さい。

 婚活やの親父こと
               哲
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)








今年も『3.11』こと3月11日がやってきました。
あの悪夢のような東日本大震災から早や3年が経ったというわけです。
思えば随分と昔のことだったような気がしたり、つい最近のことだったような気がしたりとなんとも不思議な感じがしています。

あのような悪夢は二度とおきて欲しくないという気持からすると早く
津波.jpg
忘れさりたいと言う気持でいっぱいになります。
しかし、新聞によると大震災後の避難長期化による疲労や体調悪化などによる『震災関連死』の死者数が今も増え続け、10都県で累計3048人に上っているそうです。
震災当日は難を逃れたのにその後の避難生活が被災者の方々に深刻な影響を及ぼしているわけで本当にお気の毒でなりません。

私達は改めてこの現実に目を向けなおして忘れ去りたいなどと勝手な思いに走るのではなく、一刻も早く被災者の方達が元の生活に戻れるように応援し続けていかなければならないと思います。
私を含め熱しやすく冷めやすい国民性をもった日本人ではありますが、現実に南海トラフ地震が間違いなくやってくるといわれているわけですからほんとに他人事ではありません。
被災者の方達を助ける為に、政治家はもとより私達一人一人が自分達の問題として積極的に取り組んでいかなければならないなと改めて強く思う次第です。


ところで話は変わりますが、最近成婚退会された楽しいカップルについてご紹介します。

このお二人は男性は40代、女性は30代前半というカップルでしたが、男性の方は30代にしかみられたことはないというほど若々しいとても明るく楽しい方。真面目で優秀な方ですが女性に対しては非常に奥手で必要以上に緊張される傾向があります。女性は4ヶ月前に入会されて間もない色白で上品な感じの美人さん。
たまたまお二人の出身大学が同じだったということもあり、私とオクサンとでお見合いを勧めたのがそもそものキッカケでした。

私達と話す時の彼は非常に饒舌だったため、奥手とはいっても女性との会話については何の問題もないだろうと思っていたのですが、意外や意外女性に対しては本当に初心(うぶ)!
彼はしっかりしたキャリアを持つ優秀な男性につき彼自身のことを素直にそのまま話せば問題はないのですが、他人に対してちっとも偉ぶることがなく謙虚で自分のことを必要以上に謙遜して話されるため、相手の方が彼のことを『この人ほんとについていって大丈夫なんだろうか?』と不安になるようなそんな男性でした。

彼女は不安な点があるといろんなことを素直に私達に相談してこられました。
それを受けた私達としては直ぐに彼に対し『そんなに自分を卑下するようなことばかりをいうもんじゃないですよ。知らない人が聞いたら本当にそうかと思って心配するからこういうことは言うべきではありません』とか何やかやオジちゃんオバちゃんが口うるさくアドバイスしました。

彼としては男たるもの"謙譲の美徳"というか自分のことを自慢するような形で話すべきではないという信念に基づいてそういう行動をとっていたようですが、『過ぎたるは及ばざるが如し』との私達のアドバイスに対して素直に聞いてくれそれをしっかりとご自分の中で消化した上で彼女との交際を続けていかれました。
彼女はまた非常に聡明な女性でしたのでその後のお付き合いを通して彼のことをよく理解され、その後のお二人の交際は順調に続きました。

その後、彼の方からプロポーズをどんな風にしたらよいか相談がありました。彼としては指輪をプレゼントしながらそのときにプロポーズをしたかったらしいのですが、ウチのオクサンの意見としては指輪は一生ものの大切なものだから彼女と一緒に行って彼女の好きなものを選んだ方がよいのでは?とのアドバイス。

それから何日かたったあと、彼女から『彼からX曜日にプロポーズします』との予告があったとのメールが届きました。
サプライズ風の演出でプロポーズするものとばかり思っていましたので『プロポーズの予告か.よ..』と私達は思わず噴き出してしまいましたが、いかにも彼らしい人柄が出ていてこういうのもありかもなと思い直しました。

そのあと再び彼女からのメールで、彼の方から『プロポーズの言葉は決まったので次は場所を考えます』とのメールがあったとの知らせがありました。お二人の愛情の深さと幸せとがじんわりと伝わってきました。

それから以降のことはまた楽しいエピソードがいっぱいあるのですが、個人情報を余り詳しく流しすぎても差しさわりがありますので残念ですがそれについては割愛します。

ただひとつだけつけ加えておきますが、彼がプロポーズの場所として苦心して選んだ西都原古墳群ではお目当ての菜の花が咲いておらず、雨も降っていたので、そこでのプロポーズは断念したんだそうです。
結局想定外でしたが急遽彼の大好きな浜辺にいってそこでプロポーズしたとのこと。そのときは雨もやんでいたそうです。(因みに彼はもともと『雨男』だそうですが、彼女の方は『晴れ女』とのこと。もうこの時点から彼女の力の方が強そうで先が読めた感じかな??)。

いずれにしても予定された日にお二人は揃っておいでいただき、成婚退会手続きをしていかれました。そのときの彼女の服装は和服...。女優さんと見まごうほどの美しさでした。

彼は『改めて惚れ直しました』と今度は照れることなく堂々と口にしました。『お~お~、お熱いことでご馳走様!』ほんとにお似合いのカップルができ喜ばしき限りです。これからもお二人とは友人として末永くお付き合いしていきたいものだと思っています。どうぞヨロシク!

 婚活やの親父こと
               哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)




















3月に入り早や雛祭りも過ぎました。
ここ数日は大分春らしい気候になっています。週の後半からはまた寒くなるとの予報が出ているので安心はできませんが、本格的な春に向かって着実に動きだしているのは確かなようです。

ところで先月27日、ようやく私はソフトバンクのキャンプにいくことができました。
019.JPG
28日まであるだろうと思ってネットで調べてみたところ、27日までということが分かりましたので急遽予定を変更し、キャンプを張っている生目の杜球場へ直行!ヤクルトとの練習試合があるということで10時過ぎに行ったにも拘わらず球場は沢山の人でいっぱいでした。

私は予定通り、まずお目当ての屋台『料亭まつの』が営業しているのを確認したうえで、ついでに?練習している選手達の様子を見て周りました。
摂津投手とか宮崎出身でドラフト1位の加治屋投手などを近くで見たあとは直ぐにお目当ての屋台『料亭まつの』にとってかえし欲しかった串焼きをどっさり買い込んで帰りました。念願叶って私としましては大満足!


それはそうと今回はある成婚退会報告にこられたカップルについて紹介したいと思います。
いちどは事情があって交際が駄目になったカップルでしたが、見事に復活することになり、今度はしっかりとゴールインされました。

そもそも彼女が入会されたのはかなり前の話になります。最初無料相談にこられたのは彼女のお母さんでしたが、偶然にも私と同じ年生まれの上品でとても優しい方でした。
同じ歳の方のお嬢さんということもあってか何となく親しみをおぼえ、私としてはその後に入会してきた彼女には自分の娘のような感じで接してきました。

聡明で明るい素敵なお嬢さんだっただけに直ぐに決まるだろうなあと思っていましたが、お申込はたくさんあるもののなかなか彼女の希望に添える方との出会いに恵まれませんでした。
一度は交際に入り、相手の男性は真面目で客観的な条件も揃っており申し分のないカップルだと思ったのですが、今ひとつ彼女にはぴんとくるものがなかったらしく結局は破局。

その後は彼女の仕事が忙しくなったことで婚活が二の次になり暫くは休止状態が続きました。
彼女の婚活は休止しても時間の方は待ってくれませんので彼女の方もいつの間にか年齢が増えていきました。

仕事のほうも落着いたということで彼女が再び活動を再開しましたが、年齢を重ねた分、婚活は以前のように思い通りには進みませんでした。

ところがそんな彼女にもようやく素敵な彼と巡り会うチャンスがおとずれました。
落着いていてとても優しい彼でしたのでやれやれようやくこれでゴールインかな?と思って喜んでいたら、突然今度は彼女が体調をこわ、それが原因で周囲の反対により交際を断念せざるを得なくなりました。どうして彼女はこんなについてないんだろうとほんとに不憫でなりませんでした。

その後紆余曲折はありましたが彼女の体調が回復したことを契機にお二人の強い思いが実ってこの度めでたく成婚退会に漕ぎ着けました。

お二人で報告に来られた際いろいろ話していたら私の方が万感胸に迫るものがあってみっともない話ですが、不覚にも嬉し涙を流してしまいました。
ウチのオクサンが『この人は一度体を壊してから感情のコントロールが難しくなって感動するようなことに出会うとこうなるのよねえ』とフォローしてくれましたが、ほんとに嬉しかったのでどうしようもありませんでした。

そのあとお二人のツーショットの写真を撮りましたがお二人の嬉しそうな顔、特に彼女の『破顔一笑』といった感じの笑顔がとても印象的で素敵な写真が出来上がりました。それをA4に拡大し、メッセージを添え額にいれて送りました。

今回の成婚に関しては私達は結局大したお手伝いができたとは思っていません。一緒になりたいというお二人の思いの強さが全てだったと思っています。
最初は前向きではなかった彼のご両親を彼女とひき会わせるまでが苦労されたようですが、彼と彼女の強い思いが実りご対面が実現!
そして一度彼女と会った彼のご両親は予想通り賛成して下さったそうです。
そりゃそうでしょう。あんな素敵な彼女に会ったらたら誰だってそうなるのが当たり前!
私はそう確信してはいましたが、それでも現実に私の願い通りに事が運んだということはほんとに嬉しい限りです。
そして両家のご両親の顔合わせも無事に済んだそうで何よりです。

報告に来られた際、並んで座った彼が横に座った彼女の方を何度もみては嬉しそうな笑顔を見せていたのがとても印象的で素敵でした。
きっと暖かい素敵な家庭を築き上げていかれることだろうと私は確信しています。本当に良かった、良かったよね、バンザ~イ!

 婚活やの親父こと
                 哲
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)






宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ