2014年4月アーカイブ


海外旅行.png今年もゴールデンウィークに突入しました。沢山の人があちこちと動き回ることになるのでしょうが、私の方は皆さんより一足早くGWを済ませてきました。

と、いいますのは普段休みをとらない私にとっての最大の楽しみとなっている海外旅行に今年も出かけてきた為です。

4月18日から9日間という短い期間でしたが、仕事のことを考えるとこれがせいいっぱいというところです。
今回は以前から狙っていたオランダとベルギーの二カ国でした。本来ならばこれにルクセンブルグを加えてベネルックス三国にいくつもりでしたが、お見合いパーティーや他の仕事との関係で残念ながら今回はルクセンブルグは諦めざるを得ない状況となり二国で我慢しました。

そんなわけで暫くはこの旅行のことなどを中心にブログを書いていきたいと思っていますが、それに加えて先月から今月にかけては成婚退会のカップルが相次いでいる為皆さんに紹介したい事例などが結構たくさんあります。
いつもブログのネタ探しにキュウキュウしている私としましては何から書いていったらよいものかと迷うくらい書きたいことが多く嬉しい悲鳴をあげているところです。

ただ、書きたいという意欲はあっても9日間も留守にしていたお陰で沢山の仕事が溜まっておりその処理の為、留守中とっておいてもらった新聞も読めない程の超多忙な状況が続いています。
9日間の不在時に届いていたメールは沢山の迷惑メールをいれるとなんと649通!
私自身も正直ここまでとは思っていなかったのでビックリしました。

もっともその全てについてはオクサンのパソコンでも同じ内容をチェックできるうようになっておりますのでオクサンが全て処理してくれていました。従って会員の皆さんに大きなご迷惑をおかけすることはなかったかと思います。
ただ、オクサンとしては一人で全て処理しなければならなかった為さぞかし大変だったことだろうなと申し訳なく思うとともに心から感謝した次第です。

通常は毎月中旬頃というのは月末月初に較べると暇なことが多いというのがこれまでの状況でした。そんなわけで今回もそんなに大したことはないだろうと多寡をくくっていましたが正直ここまでとは思っていませんでした。
アベノミクスの影響もあるのでしょうか?いずれにしても有り難いことではあります。

メールにつきましては急ぎの仕事の処理を優先していますので私自身はまだその半分にも目を通していません。

また、生来の天然ボケに加えて時差ボケの影響もあってか帰国翌日の段階では会員さんの名前をみても直ぐにどんな方だったか思いだせず、オクサンに呆れられております。
それでも帰宅以降の3日間で応対した4人の男性の方には私が説明させて戴いてすんなりと入会していただきましたので徐々に勘は戻ってきているように思います。
あと2~3日もすればなんとか元に戻るのではないかと気楽に構えることにしていますがどうなることやら...?

また、事前に予告はされていましたが、留守の間にNNR本部のコンピューターシステムがガラっと変わっていましたのでそれへの対応にも一苦労!
新規にご入会いただいた方達の登録一つをとっても本部に確認しないと分からない点があるなど余計に時間がかかり苦労していますが、先取りのGWで楽しい思いをさせてもらいましたので勿論文句を言える立場ではありません。
不在中のオクサンの奮闘ぶりに感謝しつつ、仕事ができる喜びを噛み締めながら黙々と仕事に精を出しているところです。

その上、お見合いパーティーの方も5月18日(日)に予定されています。新しく入ってこられた方については極力参加していただけるようにお願いしていますが、これからは男女&年齢構成のバランスをとっていく為の詰めも加わりますので更に忙しくなりそうですが私としまして大いに楽しみです。


旅行については、メンバーは50~70代のお年寄り集団がメインでしたが、皆さんお元気なというか非常に逞しいジッチャン・バッチャン達ばかり!
全参加者39人の内大多数は一応?女性!おまけに男性の参加者の内一人で参加したのは私一人という構成でしたのでこれにはびっくりしました。参加された方達に聞きますと最近は女性の一人旅は多いけど男性の一人旅というのは珍しいんだそうです。
"強き者、汝の名は女なり!"ってところでしょうか。(このフレーズは以前にも書いたことがあるような気がしますが...)。
また男性が二人連れで参加するとその二人は怪しい関係じゃないか?と疑われがちだというのでこれには余りのバカバカしさに呆れてしまいました。

勿論行き先によって参加メンバーの構成は大分変わります。今回のように人気のある一般的なコースの参加者の話によればそういうことになっているとのことでしたが、真偽のほどは分かりません。

それにしても女性が多いということについては私は決して厭ではなくというよりむしろ大歓迎なのですが、今回の大部分の参加された方達のように『元女性?』というか恥じらいということに縁のうすくなった人達の集団というのには全くもって圧倒されました。
お一人お一人と話すとそうでもないのですが、二人以上固まると同じ人?と疑いたくなるほどガラっと変わります。

と、ここまで一気にかいてきましたが、これでもかなりのスペースを割いてしまいました。
また、私のチェックマンから『長すぎる!』とのお叱りを頂戴しそうなので旅行の写真や成婚退会カップルの事例紹介つきましては私の頭が正常に機能しはじめるのではないかと思われる?次回以降に回したいと思います。
ご期待...してもらっていいのかどうか自信はありませんが、取り敢えず今日のところはこの辺で!

 婚活やの親父こと
                哲
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)















頑張る中高年


今回はブログが遅い更新になりましたが、今日が26日(土)ということですので毎週回更新という誓いはどうにか滑り込みセーフということになったようです。
実は、私が18日から9日間留守をしてましたので原稿自体」は前週内に作成していたのですが、更新処理ができませんでした。

私が不在だった理由は次回以降詳しく紹介させて戴きます。留守の間はでオクサン一人でてんてこ舞いにつき、ブログの今回分は更新せる暇がなかったようです。
従って遅めの更新になりましたがそういう事情につきとても忙しく大目にみてもらえればと願う次第です。


ところで4月も下旬に突入。相も変らず月日は速さの度合いを緩めずに過ぎていきます。
我が家の庭のツツジも盛りを過ぎようとしています。
私の散歩道の桜は今やすっかり葉桜...。東北地方で桜の蕾が云々という記事をみますと小さい国とはいっても日本も北から南までそれなりの長さはあるんだなあと改めて思い知らされます。

ところで、最近のエントリーにおける婚活戦線の状況をみますと30~40代の方はお陰様で相変わらずコンスタントに無料相談にお出で戴いていますが、先月から今月にかけてはどういうわけかご年輩の方のご活躍が目立っています。

まず男性では50代後半から60代、女性では50代~60代の方からの新規の問い合わせが大幅に増えてきました。また成婚退会でもこの2ヶ月は30代よりも40~50代の方の割合の方が多くなっているから驚きです。

新規に問い合わせてこられる方のお話を窺っていると今は男性も女性も平均寿命が長くなってきているのでこれから先をずっと一人でいきていくというのは寂しすぎる。それで思い切って電話しましたというような内容が殆んどでこの点は以前から大きな変化はありません。

ただこれまでと違うと感じられる点は以前はそうは思ってもそれをなかなか行動に移せなかった人が大部分だったのに対して、TVなどに影響されてかどうかはわかりませんが最近は年輩だからといって遠慮する必要はないのではないかというような風潮がうまれてきているような感じを受けます。
『何もしなかったら何も始まりません』は私がショッチュウ使っているフレーズですが、何かを始める人が増えてきたというjことの証し(あかし)でしょうから大いに結構なことだと思っていいます。

おまけに30~40代の方達の場合はどちらかというと女性の方のほうが婚活に精を出し男性は両親に促されて渋々行動をおこすというパターンが多くみられがちですが、最近の中高年の方の場合は男女どちらか片方ということでなく男女両方からのお問い合わせが増えているのが特徴。
従って男女の人数のバランスは以前にくらべ随分と改善されてきたように思います。だからといってこのことが直ぐに成婚退会者増につながるかというとそんなに甘いものでもありません。

結婚というものは個人の客観的条件に左右されるところが大きいので単に男女それぞれの頭数のバランスがとれたからといってそのことが即成婚率の向上に直結するという保証はありません。
それでも現状のように中高年の男女双方にこのような前向きな動きが出てきているという事実は非常に良い傾向だと思って歓迎しています。

因みについ最近には50代の成婚退会者がでました。
おまけに女性の方が2歳年上というカップルでした。
一般的には中高年の男性は5~10歳くらい年下の女性に申込む傾向が強いのですが、今回の50代の女性については誰がみても40代前半にしかみえないほど若々しく綺麗な女性。

彼もご本人曰く『今まで自分は40代にしかみられたことがない』と豪語されるほど若々しい男性でしたから戸籍上の年齢はお二人とも50代ですが、外見的・精神的にはまさに40代同士のカップルという感じ!
成婚退会報告にこられることが決まってから改めてお二人の身上書を取り出してみていたら面白い事に気がつきました。

それは『お相手に対する要望事項』の欄。彼の方は『自分だけが幸せになればよいということではなくお互いがお互いを支えあいながら仲の良い最高のパートナーとして明るく楽しく二人で一緒に行動しながら幸せになれるような関係でありたい』といったような内容。
一方彼女の方はというと『明るく楽しい会話のある幸せな家庭が希望なので何でも話して下さる方を希望します』といったような内容でした。
期せずしてお二人ともお互いの希望通りの方と結婚できることになったわけでほんとにナイスカップル。結ばれるべくして結ばれる事になったカップルだと思いました。

報告に来られた際に4人でいろいろ話をしましたが、お二人がほんとに幸せそうでそれを堂々と隠す事もなく明るく笑いあいながら話される様子をみながらほんとに良かったなと思いました。
東京.jpg
彼女については綺麗過ぎてなかなか釣り合う男性がおらず、彼女としては一人でも生きていけるようにと婚活は一時お休みしていろんな資格を取得するような頑張りやさんでもありました。
かといって決して結婚を諦めたわけじゃないということでしたのでオクサンが『このお二人は合うんじゃないかしら?』といってお二人に推薦したのがそもそものキッカケでした。
その結果が今度のようにうまくいくというのは私たちにとりましても大いなる喜びです。

お二人はジューンブライドにあやかって6月に入籍されるそうです。
お二人ともお仕事がお忙しい為新婚旅行はなんとディズニーランドに行かれるそうです。お二人ともそこで行われる『光のパレード』に興味があるんだそうです。
50代のカップルがディズニーランドかと思うと最初はちょっと違和感を感じましたが若々しいお二人にはピッタリだと思い微笑ましくなりました。

私達にとってはまたこれから先も友人としてお付き合いしていける素敵なカップルが増えました。喜ばしい事です。これからも末永くお幸せに!

婚活やの親父こと
               
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)








今回は5組!


ほんとに夏日を記録したかと思うと急に寒くなったりの毎日が続いています。

我がエントリーのマスコットバードたるエンタローは元来亜熱帯地方に
IMG_7882.JPG
棲息する鳥のため寒さに弱いことから、冬の間はエンタローの入った鳥篭ごと和室の堀ゴタツにいれて寝かせるようにしています。

暑過ぎるとさすがに寝苦しいだろうし、寒くても死なせるようなことがあったら大変です。こう暑さ寒さがくるくると変わっていくとコタツの暖房をノスイッチをいれたものか切ったままにしておいたものか、夕方の天気予報をみながら毎晩オクサンと頭を悩ませます。とんだ親馬鹿チャンリンと思われるかもしれませんが私達にとってはほんとに自分達の子供のような存在になっています。    
IMG_7886.JPG

朝は起きると直ぐにエンタローのかごを覆っていた毛布を取りはずしてカゴの中を確認することにしています。
エンタローの『オハヨウ!』という元気な声が聞こえると『あ~、よかった。今日も生きてるわい』ということでホットする昨今。早く暖房を入れないで済む暖かな陽気になってほしいものです。


ところで13日(日)はお見合いパーティーを予定通り実施。
朝から雨がザーザー降りで車を使う人がいつもより増えたせいか、ホテルの駐車場は直ぐにいっぱいになって会員の皆さんも駐車には大分苦労されたようでご迷惑をおかけしてしまいました。

今回は40代以上の会員さんがメインとなっためか、20~30代を対象としたパーティーに較べると人数は大分少なめでした。それでも前日までは31人の参加予定となっていましたが、当日になってノロウィルスにかかったり急な仕事が入ったとかで3人の方が参加できなくなりちょっとばかりガッカリしました。
毎度のことながらパーティーの人集めというのは本当に難しいものです。

パーティーの方はそれでも順調に進めることができ、カップル数はなんと5組も誕生しました。
正直いってこれは私の想定以上!参加者数からして2組位できたらいいのかなあと思っていましたが、意外や意外ツーショットで話をされた中ですっかり意気投合されたカップルがいて5組ものカップル誕生に繋がったようです。

そのほかにもパーティー終了後になってある方から気になる人がいたが会場ではお話する機会がなかったので改めてもう一度お会いしてじっくり話したいという要望があり、調整した結果今度はお見合いという形で二人だけでお会いした上で結論を出すという事になりました。結果如何ではカップルがもう一組増えることになるわけですから、何とかうまくいけばいいなあと期待しているところです。

パーティーを総括しますと参加された方の中には交際希望用紙を白紙で出して帰られたかたも何人かおられました。対象となる方がおられなかったということでしょうからそれはそれで仕方のないことではあります。
但し、その判断がお話をした上でのものではなく、外見とか年齢等の客観的条件をもとにした第一印象だけで自分のタイプの人間かどうかを判され、今日は違うかな?と思ったらその後はなかなか積極的な行動に出ようとしない方も何人かおられました。
その結果ツーショットになることもなく、結局は誰も選ばず、逆にまたそういう方については誰からも選ばれることもないまま帰っていかれます。

私からしますと勿体無い話だなあと思えてなりません。パーティーはいろんな人との会話を通じてその人の人となりを知る事ができ、その時の判断をもとにお相手を選んでいけるところに最大のメリットあるはずです。
折角貴重な時間を割いて会費を払ってまで参加されたからにはいろんな方と積極的に話しをして第一印象からくる勝手な思い込みが正しかったかどうかを検証するだけでも大きな意味があるのではないでしょうか?

これまで何回かパーティーに参加した方から、『会場でそれまで1~2回話した時にはなんとも思わなかったけど今回は3回目に会うことになったのでいろいろ話してみると話しやすくて良い方なんだなということがわかりました。』という話を聴きました。

実はそうやって過去に4回目に会った時にマッチングしてお付き合いに入り、成婚退会されたカップルも実際にあります。
私達は自分や自分の周りの少ない経験をもとにして勝手な判断をするのではなく、もっと広い視野にたってプラス志向で目指す事に挑戦していくという姿勢が大切なのではないでしょうか?
そうすることによって可能性はもっともっとひろがっていき目標もぐっと近づいてくるものだと思っています。不幸にして今回のパーティーでうまく行かなかった方は本日の結果をしっかり学習し頑張っていきましょう!

パーティーが終わって自宅に戻ると早速マッチング状況を整理。
カップルになられた方にはその旨をお伝えし、間違いないかどうかを確認した上でそれぞれの連絡先をお伝えしました。

また、その日の4時半から新規のお客様が来られ説明の結果ご入会いただきました。30歳の素敵な女性でした。今月も新規の予約が沢山はいっています。有り難い話です。
会員の皆さんも積極的にお相手探しにお出かけ下さい。お待ちしていますので!

婚活やの親父こと
               
                   (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)
















こうなる運命


散りゆく桜と入れ替わるように赤・白・ピンクのツツジの花が勢いよく咲きだして町を美しく彩り始めました。

我が家の裏庭はツツジの花が満開となり今が一年中でイチバン美しい
IMG_7834.JPG
季節です。忙しくて手入れのできなかった花壇も多忙な時間の合間をみつけオクサンがせっせと植え替えてくれたので裏庭全体が結構見栄えが良くなりました。
一昨日は近所に住む姉夫婦を招待してツツジを楽しみながらの食事会を開きました。

今年の我が家の庭はどういうわけか動きが活発になっています。
先ず、こちらに引っ越してくる以前から残っていた梅の木が、昨年までは花は毎年咲くものの実がほんの少ししか実りませんでしたが今年はいままでになく沢山実っています。
今年は自分で育てた梅を使って梅酒を造れそうで今からほんと
IMG_7852.JPG
に楽しみです。

また引っ越してきて直ぐに自ら種を植えて育てた枇杷がこれまた僅かではありますが、初収穫ということになりそうです。
前に住んでいた人から引き継いだ枇杷の木には沢山の枇杷が実をつけています。業者に頼んでの消毒も済ませましたので今年も沢山収穫できそうです。
蕗(フキ)も例年のように沢山とれそうで自然の恩恵に感謝しなければなりません。
タイミングよくエントリーに来られた方には召し上がっていただきたいと思っていますので乞う、ご期待!

ところで話は変わりますが、先日成婚退会された方達のケースについてご紹介します。
彼女の方は入会されたのは3年半くらい前になります。綺麗な方だけに出会いのチャンスは多かったのですがなかなか良いご縁に恵まれないままここまできていました。

お二人の出会いは彼がファイルをみて彼女を選んだのがそもそものキッカケでした。
ところが彼にお子さんがおられたこともあって、当初は彼女はそんなに乗り気ではありませんでした。理由としてはきっとそういう方とのお見合いとなると彼女のお母さんが反対されるだろうと思っておられたからだったようです。

しかし、ウチのオクサンは相性的にはお二人はぴったりだという確信のもと『とにかく会うだけでも会ってみたら?』と勧めました。
そうすると彼女も『それなら』ということでお見合いすることになり、その結果お二人はお互いに気に入ってオクサンの読みどおり交際に入ることになりました。

そして全くの偶然でしたが彼の住居は彼女住んでいたアパートから駐車場をはさんで直ぐのところにあったそうなのでせいぜい10数メートルくらいしかはなれていなかったとのこと。
そんなに近くにおられてもそれまではお二人ともお互いの事はまったく知らなかったそうなので、これも何かの運命だったのでしょうね。

お二人の交際につきましてはやはり彼女の読み通り、お母さんは乗り気ではなかったそうです。
確かに母親としては最初からお子さんがいらっしゃる方よりかはそういうしがらみの無い方のほうが良いであろうという気持は充分理解できます。

しかし、お二人の気持は硬く、最終的にはお母さんも『自分達の好きなようにしなさい』ということで諦められたらしくお許しがでたそうです。

おとなしく控えめな彼女ですが、芯がしっかりしておられるだけにここが正念場という時には頑張られたみたいです。
最終的には結婚は自分達の問題ですからこれでよかったんだろうと思っています。
但し、これから先はお母さんに『だからあの時あれだけ言ったでしょう?』といわれることのないようにお二人で支えあって離婚することのないように頑張る必要はあると思います。

私達からみても、シャイなところはありますが、男らしくて責任感が強くしっかりした彼と、優しくて気立ての良い彼女との相性はピッタリだと思います。

3年半ということで時間はかかりましたが、諦めずに頑張っただけのことはあって運命の人と巡り会えたわけですから彼女にとってはハッピーエンド!
彼にとってもこんな素敵な女性と結ばれる事になったわけですからよかったですよね。

これから先は二人でより幸せな家庭を築いていって下さい。どうぞお幸せに...。

 婚活やの親父こと
                
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)













桜の花が咲き始めましたと前回紹介したばかりですが、一週間経った宮崎の現在の様子はといいますと、満開を通り越してボチボチと淡いピンクの花びらが舞い散り始めたようです。

毎年の光景ながら、私にとっては切ない時期が始まります。
あれよあれよという間にパっと咲いてパッと散っていく桜は潔いといえば潔いのでしょうが、私からしますと『もう散るの?』という感じでもう少し開花したままの状態が続いたらいいのにと切ない思いにかられてしまいます。

私の散歩道はどういうわけかあちこちに桜の木が沢山植えられていますので桜の散り行くさまをみながらしばらくの間はものの哀れを感じながらの散歩が続きそうです。

ところで4月に突入しました。新年度が始まります。
005.JPG
お正月とはちがいますが、長い事サラリーマンをやっていた私からするとこの4月の方が新しい年になったんだなという実感が湧いてきます。

会員さんの中にも4月から人事異動で新しい部署に移ることになった方も何人かおられます。
皆さんそれぞれ心に期するところがあるようで張り切っておられるようで何よりです。

エントリーとしましても今年度はまた更にこれまでとは一味違ったものを出していけるよう工夫していこうと張り切っています。
006.JPG

先月(3月)のエントリーはお陰様で入会者数も成婚者数も非常に多かった為、新年度もこの好調な流れを途切らせることのないようにしていかなければと思っているところです。

幸い今月も成婚退会予定者が沢山おられます。その方達の成婚にいたるまでの過程で皆さんにとっても参考になるようなことがありましたら、プライバシーを侵害しない範囲でご紹介していきたいものだと思っていますので"乞う、ご期待!"

それはそうと話は変わりますが、先日昨年3月に成婚退会された女性から電話で訪問の予約が入りました。
OB会員さんに訪ねてきてもらうのは大歓迎なのですが、電話を取った時に『??ですが...』と名乗られたお名前が旧姓だったので『ひょっとして離婚の相談かな?』と心配しました。

彼女が現役として婚活中にはいろいろと相談にのってきた女性につき私も良く覚えていますし、ある程度は彼女のことは理解しているつもり。
非常に聡明な女性ではありますが、私からみますと大きなヤンチャ娘! 間違ったことはいわないものの、自分がこうだと思ったことはズバズバと歯に衣(きぬ)着せずハッキリ口にするタイプの女性でしたので、『姑との間でもう何かやらかしたんじゃないかな?』と一抹の不安が頭をよぎったという次第です。

来られた時に直ぐに『どうしたの?もう何かやらかしたの?』等々矢継ぎ早に問いただしますと、何のことはない単に旧姓を名乗った方がわかりやすいだろうからという単純な理由でそうされたということでした。相変わらずの人騒がせなヤンチャ娘ぶりに『な~んだもう!』と拍子抜けするとともに、ほっとして肩の力が抜けました。

いろいろ話を聴いていくと彼との仲は順調で、彼のご両親にも可愛がってもらってるとのことでしたので『よかったなあ』と先ずはひと安心!

彼がやさしくて理解があり、彼のご両親もよくできた方なので彼女はこれまでやってきた仕事も続けられるなど恵まれた環境にいるようでよかったなあと思いました。

それとともに彼女が『自己啓発』に大いに関心があるとのことでいろんな人の本を読んだり、講演を聞きにいったりと周囲の人達との関係・接し方についてもいろいろ努力しているようでしたのでその点についてはさすがだなと感心しました。

その効果もあってか彼女の話の端々(はしばし)に私達が感心するほど成長のあとを感じることができました。
更に自分達の将来についてもしっかり考えているなど考え方は非常に前向きで、私としても共感したり参考になるところが沢山ありました。

それでもまだまだ周囲に甘え過ぎてるところもいくつかみられましたので気づいた点については私なりにハッキリと指摘しておきました。聡明な彼女のことですから、彼女なりにキチンと対応されることと信じています。

それにしても退会後もこのように遊びにきてもらえるということは私達にとっては大きな喜びです。
他のOB会員さん達も『忙しそうだから邪魔することになるんじゃないか?』といったような気遣いは一切無用ですので遠慮せずにいつでも遊びに来てください。私達はいつでも大歓迎ですから...。

 婚活やの親父こと
               哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



                    
ハッピーウェディング素材集NO.6 390.jpg




宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ