2014年7月アーカイブ


それにしても暑い日が続きます。
35度を超える猛暑日が全国のあちこちで観測されています。先日は宮崎市でも37度を越えて全国上位にランクされました。
宮崎はこんなに南にあるのにどうして最高気温が全国上位でないんだろうと
風鈴.png
常々不思議に思っていた私からしますとやっと納得いく?気温でした。

こんなことで全国上位になったからといってしんどいだけでちっとも良い事はないのに何事につけても負けるのが嫌いな私の性格からしますとやはりどうせ暑いのなら一番になってほしいと思ってしまいます。いい歳して全く困ったものですが...。

ところで、7月27日はお見合いパーティーでした。
参加人数は男性19人、女性18人の合計37人でした。前日までに会場側に連絡していた人数は19対19の38人ということで前回と同じになるところでしたが、女性の会員さんが急な用事でお一人参加できなくなりました。
その方は早くから参加したいという報告を戴いており楽しみにしておられただけにお気の毒でした。

今回は主に40代以上を中心としたパーティーだったのと、募集当初、参加者の出足が悪かったので人数はモット少ないかと心配していましたが、最終的には40人近く集まったのでよかったなと思っています。
できたカップル数は7組。前回の若い世代を中心としたグループの時の11組誕生のようにはいきませんでしたが、それ以前の最高だった8組に次ぐ多さでしたので、私達からみますと正直なところ期待以上の成果が出て喜んでいます。

今回も参加された皆さんのご協力のもと時間通りにスムーズに進めることができました。
今回のパーティーを振り返ってみますと、せっせとツーショットのお申込をされる積極的な方がおられるかと思うと、自ら動くわけでもなく、私達を利用するでもなく何のためにこのパーティーに参加しておられるんだろうと思われるような消極的な方もみられました。

自分の対象となる方はいないと判断されたからかもしれませんが、私達が結婚という観点から客観的に判断しますとその方達にお似合いの方は結構おられたのに...と消極さの理由が分かりません。
せっかく出会いの場に出たからにはそれをうまく活用した方がご自分にとってプラスになるであろうということは誰が考えても分かることだと思うのですが勿体無い話です。

その一方で、私達からみると年齢やそれまでのご本人の相手に対する要望内容から判断すると違うのでは?と思われるような相手からのツーショットのお申込であっても楽しそうにお話しておられる方もおられました。
それとなくその方にお聞きしてみると相手の人がどんな人かということは、話してみないと分からないという考えをお持ちのようでした。そしてその方は見事にカップルになられました。立派です。

誰の言葉だったか覚えていませんが『やらずに後悔するよりはやってみて後悔した方が納得がいく』という言葉があります。私自身この言葉には非常に共感を覚えます。

このようなパーティーでの夫々の方の振る舞いをみていると、たまにその方達が普段口にしておられる言動との間に大きなギャップを感じる方もおられ驚く事があります。
パーティー会場での言動ひとつをとってみても、その方達の本音の部分や人間性というものをうかがい知る事はできるもので、私達からしますとその後のアドバイスや推薦をする上で大いに参考になります。

また、面白いことにこれまでお互いに何度かパーティーで顔を合わせておられたにも拘らず、これまではお互いに交際申し込みはなかった方達が今回第一希望同士でカップルになられました。

ウチのオクサンが、テーブルの傍でお二人で話しておられるようすをみて『あなた達はお似合いだと思うわよ。いい加減カップルになったら?』とけしかけたのが功を奏したのかどうかはわかりませんが、私からみてもどちらも人間的に成熟した立派な方同士なのでどうして今までカップルになられなかったのかが不思議なくらいでした。
今後どのように進展していくか大いに関心があります。うまくいくといいなあと期待しているところです。


最後に、つい先日成婚退会の報告に来られた方がありました。
こられたのは彼と彼女の当事者お二人と彼のお母さんを入れて3人というメンバーでした。

彼は県外に就職しておられましたが、彼のお母さんが息子さんの結婚について心配されて昨年の12月頃エントリーの無料相談においでいただいたのがそもそものきっかけでした。
お母さんを通じてのやりとりのあと、冬休みということで帰省された12月の末に入会されました。
その時のお相手探しで彼が気に入って申し込んだのが今回のお相手の彼女でした。
そして彼女からも『お会いします』という返事でお見合い成立。

日程調整のうえ、2月初めにお二人はお見合い。彼は県外からわざわざ宮崎に戻ってきてのお見合いという事で大変だったかと思いますが、努力の甲斐あってかお二人とも直ぐに意気投合されお付き合いする事になりました。

交際期間は遠距離につき簡単には会えないということで話し合いの上、6ヶ月ということに決め交際がスタートしました。
お二人で交互に行ったり来たりの交際が続きましたが、お二人の交際は順調に進んでいましたので大丈夫だろうと確信していました。
6ヶ月目が8月だったので彼が夏休みで帰ってこられた頃にお二人で来られるといいかなと思ってメールで連絡しましたところ、突然『今日成婚退会報告に行ってもいいですか?』との電話が入りました。

丁度彼の方が夏休みで帰省されていたようでグッドタイミングでした。
彼女のご両親への挨拶も済まされ、『そろそろエントリーのほうにも連絡しないとね』と思っておられた矢先のことだったようです。

そんなこんなで急遽その日の夕方に来られる事になりましたが、お母さんが一緒に来られるというケースは初めてだったので最初はビックリしました。

しかし、今回のご縁はお母さんの動きがなかったら実現しなかったことですし、また、成婚退会という電話をいただいた時に私は『よかった、これでお母さんも喜ばれるだろうな』と真っ先に思っていたところでしたのでお出でいただいてよかったなと思いました。

お二人のツーショット写真のほかにお母さんを入れてのスリーショットの写真も撮り、それもあわせて送りました。
素敵なお嫁さんが来るという事でお母さんも喜んでおられ、それが私達にとってはほんとに嬉しいことでした。。聡明で優しい彼女だけに幸せな家庭ができるものと信じています。いつまでもお幸せに...。


 婚活やの親父こと
                

                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)









ようやく長かった梅雨が明けました。
雨が大っ嫌いな私としては喜ばしき限りなんでしょうが、明けて以降はギンギンギラギラの強い日差しが降り注ぎ、エアコンの効いた部屋からなかなか外にでられません。

おまけに庭の花や樹木は水をやらないと枯れてしまいます。水をま
真夏の風景.png
くこと自体はどうということはないのですが、竹林が傍にあるために蚊が沢山いてそれに刺されるのが大変!夕立でもきてくれないかな?と今度は雨が降るのを期待したり...、我ながら全く勝手なもんだと呆れる昨今です。

22日の火曜日は定休日であり、土日月(祭)の3連休を孤軍奮闘で走り回っていた私としては久しぶりにゆっくり朝寝をしようと思っていたのですが、我が家の夏恒例となっている竹林から聞こえる蝉のけたたましい鳴き声にとても寝ておれる状況ではなく渋々起き出す破目となりました。
芭蕉と違って風流を解せぬ私にとって蝉の鳴き声というのは  "閑(しず)かさや安眠妨(さまた)ぐ蝉の声" 以外の何者でもなかったようです。

それでもよくよく考えると火曜日はエントリーの定休日とはいえ私にとっては『ブログの日』なのでのんびりしてもおられません。バタバタと朝食を済ませてこうしてパソコンに向かっている次第です。

それにしても忙しい三日間でした。
オクサンが急な用事で福岡の方にでかけていましたので私ひとり。土日祭日は普段でも予約で朝からいっぱいになります。
二人でいる時はなんとかこなせますが、これがひとりとなるとそうはいきません。

更に嬉しい事に(というか私にとっては残酷な事に)この三日間は朝10時から夕方まで三日間とも予約がぎっしり詰まっていまして来て頂いたお客様にお茶やコーヒーを出したり、お一人お一人に対して時間を管理しながら説明ししたり、かかってきた電話への応対をするというのは結構大変で、対応するために初めて家の中を走りまわりました。

それでもこの三日間を含め先週はオクサンがいない間に6人もの方に新規に入会していただいたので大変ではありましたが、それなりに充実した毎日ではありました。


ところでエントリーのこれまでを振り返ってみますと、どちらかというと寒い時期より暖かくなってからの方が婚活は活発化する傾向がみられます。
今年は更に例年実績をはるかに上回るペースで入会者が増えています。
確かに有難いことではありますが、どうしてなのかその理由はよく分かっていません。独身の皆さんの意識に何らかの変化があったからなのか?それともたまたま全くの偶然が重なってのことなのかは分かりません。

いずれにしましても少子高齢化が進み大きな社会問題化しているわが国の立場からしますとこういう傾向は喜ばしい現象だと思っています。
エントリーとしてはそういう方達の受け皿となってしっかりフォローしていかなければなと決意を新たにしているところです。


それはそうと、昨日は今年の5月18日のお見合いパーティーで誕生したカップル11組の中で現在も順調に愛を育んでおられるあるカップルの女性の方からお電話をいただきました。

交際中のカップルのどちらかから電話が入るときはどちらかというと『どうも違うようなのでお付き合いを止めたいのですが...』というケースが多かった為、『ありゃ~、期待していたのに駄目になったのかな?』とヒヤヒヤしながら話を聴きましたら、『近況報告をと思いまして...』という話の切り出し。『あれ、近況報告?とするともしかすると順調なのか?』と思っていましたら案の定その"もしか"でして交際は非常に順調とかでこれから先もいろんな祭りや花火大会等に一緒に行く事になっているというご報告でした。

エントリーの7月のお見合いパーティーと毎年実施日が重なる宮崎の『えれこっちゃ祭り』のことはご存知ないのかな?と思い『えれこっちゃ祭りもあるけど...』といいましたら『ええ、勿論それにも一緒に行きます』とのこと。(余計なお世話だったようでした。スンマセン!)

お二人でこれからのことなどもボチボチと話し合っておあられるそうです。
彼女は彼のことを気に入っておられましたが、私が彼女の話を聴いて特に感心したのは『彼は優しくてとても素敵な人ですが、私は彼のもっともっと良いところを沢山みつけていけるように努力していきたいと思っています』といわれたその言葉...。

一般的な話として人は自分の欠点は棚に上げておいて...というか気づかずに相手の欠点ばかりに目がいきがちなものです。
お相手の方の良いところを見つけようといった努力をするでもなくあっさりとお付き合いをお断りするような人が多くみられるのが今の世の中。
そのような中にあって今も充分気に入って幸せであるにも拘らず、更にこういう考え方が出来る彼女に対してはほんとに立派な女性だなあと心から感心しました。

彼女のそういう気持は黙っていても自ずとの相手の方に伝わるものです。
そうすると相手の方が普通の人間であれば必ずそれに対して意識するとしないとに拘わらず同じような行動をとりたくなるものです。そうしてそのお二人の関係は良い方に良い方に進んでいくという好循環に繋がります。

このカップルからも私達が確認するより先に近況報告をいただいたわけですが、そのようなジンクスに関係なくてもこのお二人の場合はハッピーエンドを迎えるのは間違いないだろうと確信しています。

お付き合いしてもなかなかうまく行かない方につきましてははこの彼女の例を参考にされると結婚への道のりが意外とスムーズなものにかわっていくかもしれません。
求めるからにはそれと同じくらいのものを相手の方にも与えるという事が自然とできるようになると人間関係は円滑にすすむんでしょうけどねえ。

他にもお知らせしたい事例があったのですが、長くなりましたので次回に回します。
皆さん夏バテしないように呉々もお身体に気をつけて!



 婚活やの親父こと
                哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


















巨大な台風8号は沖縄やその付近の島々に大きな傷跡を残し、日本列島の太平洋側を縦断したあとで温帯性低気圧となって消えていきました。

今回の台風8号は瞬間最大風速が75mとかいう今まで聞いたこともない
okinawa.jpg
ような規模の大きさとともに、それが日本列島にかかっていた梅雨前線を刺戟して台風の位置からから遠く離れた山形や長野のほうにまで大雨による大きな災害をもたらしたという点で話題性の大きい台風でした。

ところで前回のブログで、この恐ろしい台風8号からなんとか逃れる為内田家のジンクスに賭けてみようと我が家にバッチリと事前の台風対策を施したことを紹介しました。

先週はそのブログを書き終えた後で、再度天気予報を確認するとなんと台風の進路が宮崎を通過するといったような案内に変わっていましたので『これはやばい!』と焦ってしまいました。
この大きな台風が宮崎を直撃するとここまでわかっているのに『被害がないよう...』にといったこのようなブログを更新するとあとでこのブログを読まれた方からすると『このオッサン何を寝呆けた事を書いてるんだろう?』とバカにされるのがオチだなと思ったからです。

従ってここの部分は書き直してから更新しようと思いましたが、その時どういうわけかいろんなことがバタバタとたて混んでいましたので手をつけられず、『え~い、しょうがない、その時はその時!』と開き直ってそのまま恥をかくのを覚悟の上で更新しました。


ところが面白いことに夜中に目を覚まして聞き耳を立てても外はいつもの通り静かなもので嵐の"あ"の時も感じられません。もうちょっとすると雨がザーザー、風邪がビュービューと吹き荒れるんだろうなと思いながらまた一眠り!
結局その後も雨は降らず、竹林を時々ざわつかせる程度の弱い風が吹く程度で、少なくとも我が家には全くといってよいほど何の被害もありませんでした。
用心深い私としましては、きっとこのあとで相当強い吹き返しがくるんだろう?と覚悟していましたがそれもなし!

その後台風の最新の進路図で台風が宮崎をぬけたことを知り、『やった~、見ろよ。内田家のジンクスは生きていたじゃないか。俺のお陰で被害がでなかったんだぞ!』と大得意になってTVの画面をみながら何度も何度も叫び続けてしまいした。
オクサンにはすっかり顰蹙(ひんしゅく)をかってあきれたような冷たい目を向けられてしまいましたが、知ったことじゃないと無視しました。

私の本音としては今回ばかりは『内田家のジンクスもこれで終わりになりそうだなあ』と覚悟していました。しかし、それでもせめて『エントリーのジンクス』にだけは悪影響が出ないようにして欲しいものだ』と心中穏やかならぬものがありましたので、結果的にうまくいってほんとによかったとホッとしているところです。


最後にまたまた話は変わりますがジンクス続きでもうひとつ紹介したいことがあります。

前々回の『エントリーのジンクス』というタイトルのブログで『成婚にまで到ったカップルの場合はこちらから進捗状況をお尋ねする前に、その方達から先に進捗状況の連絡があった』ということを紹介したところ交際中のあるカップルからこちらからお尋ねする前に『近況報告』を戴いたということをご紹介したかと思います。

そうしたところつい先日、お見合いして2週間くらいしかたっていないカップルの彼の方から、『...この前のブログをみて思わず近況報告したくなりました...』というメールが入りました。その内容としては交際が非常に順調で素晴らしい彼女と知り合えて大変嬉しいといったようなことが素直に綴られてありました。そして呼び名も『何々ちゃん』と呼んでおられるそうです。
私のブログも少しは参考になっているようで書き手の私としてはこうなったら何がなんでも最後までうまくいってほしいものだと切望している次第です。

そのちょっと後に、彼女の方からもメールが入りました。
それによるとお二人は毎週2回くらい会うようにしておられ、会われる日を『ごはんの日』とか『ドライブの日』とか『お買物の日』とか名づけておられるようでした。お二人の幸せなお付き合いの様子が目に浮かぶようで心がほのぼのとしました。

最近の私の勝手につくったジンクスは今までのところ不敗です。このお二方にもジンクス通りに最後まで進んでいかれるといいなあと期待しているところです。

但し、これだけは気をつけておいて頂きたいと思うことがあります。
それはどんなに順風満帆に思える交際であっても時には波風が立ったり不安になることもあるのではないかということ。

私達は人間である以上程度の差こそあれ完全無欠な人というのはいなくて当たり前だと思っていますし、どんなに仲がが良くても所詮他人である以上は価値観や物事に対する考え方が違うことがあるということはあって当然だと思っています。
従ってそんな食い違いが起きてもそれが自分の本質的なことにかかわるものでなかったら大目に見て許し合うという寛容の心を忘れないように心がけて欲しいものだと思っています。

何事も相手に求めすぎない事です。『過ぎたるは及ばざるが如し!』ですから...。

幸い、今回のお二人にしても前回のお二人にしても聡明な方ばかりにつき『そんなことはあたりきしゃりき!分かりきった事を言わないで下さい』とお叱りを頂戴しそうですからこれ以上はあえて書きません。
いずれにしても『エントリーのジンクス』が壊れることなく皆さんが笑顔で成婚退会報告にこられることを期待してお待ちしています。


婚活やの親父こと
               哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)














この時期にしては数十年に一度という位大きな台風8号が接近しています。
沖縄本島では既にあちこちで大きな被害が出ているようですが、このあと現在の予想だと9日の夜頃から10日にかけて九州に上陸し日本列島を縦断しそうとのことで全くもってウンザリしています。
街路樹が根こそぎ倒れたり、瞬間最大風速が一時は75mとかいう信じられない数字が出ていましたので呉々も私達のところは直撃しないで欲しいと祈っていろところです。

このところジンクスづいてる私としましては、今は内田家のジンクスに
台風8号.jpg
賭けてみようとあることを行いました。
すなわち、これまで台風がやってくるという予報を聞くと実際に来てから慌てないですむようにと裏庭のガーデンテーブルを裏返しにしたり、鉢植えの花などが飛んでいって他人様のものをこわしたりしないようにとせっせと台風対策を施していました。

するとその度にどういうわけか、殆んどの台風が宮崎をかすめて去って行っただけで被害がありませんでした。その時はホっとするとともに『折角あれだけ頑張ったのに...、無駄なことをして損した』と後悔の念も湧いたものでした。(全く勝手なものですが...)

しかし、今回ばかりは余りにも巨大な台風です。その上、来襲予定?の10日は予約も結構入っていますので会員さんにもしもの事が会ったら大変です。
夢よもう一度とばかり?ジンクスどおりに台風が直撃しないことを祈りながらせっせとt玄関口や裏庭に台風対策を施しました。
汗ビッショリで蚊にも刺されるなど結構酷い目にあいましたが取り敢えずやれることはやりました。
この努力が期待通りに徒労に終わることになれば最高ですが、現時点の予報からすると今回ばかりはジンクスが通用しないような動きをみせていますので心配ですが、さ~、結果はどうなりますことやら...。

ところで女性の出足が悪いと嘆いていた今月27日のお見合いパーティーにつきましては、その後期待通りに女性の参加者が増えてきて男性と同じ数にまで追いついてきました。
その為男性会員で報告期限を過ぎて参加を申し込まれた方につきましては参加を保留扱いさせていただいていましたが、男女同数となった事を受けて参加していただくことができるようになりました。
私達としまして気になっていましたのでほっとひと安堵というところです。
現時点で男女合わせて30人の最低目標ラインは突破しました。これからは、男女のバランスを考えながら人数を調整していきたいと思っています。

それはそうと先月末にも一組のカップルが成婚退会されました。
男性は今年の2月の終わりに入会された方でしたので、入会後4ヶ月での成婚退会というハイスピードでした。
これに対しお相手の彼女は会員期間の2年間はご縁に恵まれませんでした。
そして昨年12月に契約更新後半年、期間としては2年半かかっての成婚退会というスローペース!

そもそもお二人が知り合ったきっかけはウチのオクサンの推薦でした。
彼女が久々にお相手探しに来られた際に『この方はどう?』と勧めたところ『それじゃお会いします』ということでお見合い。
お二人のお見合いは期待以上にうまくいったみたいで、会われたその日のうちにお二人から直ぐに『交際希望』の連絡が入り交際開始!
その後は順調に愛を育(はぐく)まれ、交際開始後3ヶ月での成婚退会となったという次第。

お二人の方からの『近況報告』こそなかったものの、途中こちらからのヒアリングに対するお二人の反応からこのお二人は固いだろうなと確信していましたが、期待通りにすんなりとゴールインということになりました。

お二人で成婚退会報告に来られた際、彼から面白い話をききました。
もともと彼は結婚に対して強い願望はなかったそうです。
ただ、周囲の環境や将来のことを考えたときにこのまま一人というわけにはいかないだろうなということでしょうがないから婚活とやらでもしてみるかといった程度のノリだったそうです。
かといって自分で探そうにもアテはないので仕方なく結婚相談所にでも入ってみるかというのがそもそもエントリーに入られた際の動機だったとのこと。
結婚相談所というものに対しても『どうせ希望する人など見つかるはずは無いだろう』といったどちらかというとネガティブな考え方だったみたいです。

一方彼女の方はというと入会当初は積極的に活動されパーティーにも何回もでられましたがなかなかご縁に恵まれませんでした。
彼女は非常に素直で活発な方でしたが比較的マイペース!私達はそんな彼女のことが大好きでしたが、男性に対してはそれが空回りすることがあったようでなかなかよいご縁に恵まれませんでした。
そんなこんなで後半は余り活動されずエントリーへの足もすっかり遠のいていました。

2年が経過し、契約更新時にもこちらが期限到来の案内をおしらせした時点では『多分更新されないだろう』と思っていましたが、案に相違して彼女からは『更新します』との連絡が入りました。

久々に更新手続きに来られた彼女に会って私は彼女の印象の変貌ぶりに少なからず驚きました。
暫く見ない間に彼女は随分と成長されたように思いました。何がきっかけでそうなったかはお聞きしなかったのでわかりません。
いずれにしても彼女ご自身のそれまでの婚活に対する反省と学習力の賜物でしょうが、他人に対する配慮の行き届いた人間的に魅力的な女性へと大きく成長しておられました。

そして前述の通り、次に来られた時にオクサンが推薦した彼と出会うことになり、トントン拍子での成婚退会に繋がったということです。


手続きにこられたお二人は素直に喜んでおられました。特にネガティブ思考の感が強かった彼が終始ニコヤカな笑顔だったのが印象的でした。

彼女はというと私達が用意したケーキを彼の方にかいがいしく取り皿にとってあげておられ、そのごくごく自然な振る舞いが私達にはとても微笑ましく思えました。
恒例となっているお二人のツーショットの写真を撮って額にいれて送ったら早速お礼のメールが入りました。喜んでもらってよかったです。

お二人が帰られるとき、彼女に『やはり更新して良かったね』と声をかけたら『ええ』と幸せそうに微笑ながらの返事が返ってきました。

彼ももし、『どうせ俺なんか...』とマイナス思考のままで一歩前に進まなかったら今回のハッピーエンドには繋がらなかったわけです。お二人とも一歩前に進まれたがために運命の人と出会うことができこういう幸せな結果につながったわけです。お二人の行動の結果がこういう幸せな結末につながったわけなので余計に嬉しく思えました。

結婚したいと思いながら、まだ、現時点では結果が出ておられない方も『どうせ...』と引き退がるのではなく思い切って一歩前に踏み出しましょう。『何もしなかったら何も生まれません!』から...(←しつこいかな?)。
その場合にもご自分の婚活のこれまでを振り返り、改善した方がよいのでは?と思い当たるような事があったらそれを改める勇気と努力が必要なことはいうまでもありません。
どうしたら良いか分からず悩んでおられる方はいつでも私達にご相談下さい。これまでにも何人かの方の相談に対応させていただき、それなり成婚退会というカタチで結果も出ていますから...。

いずれにしましても、今回もお二人の幸せな笑顔に接する事ができよかったなあと思っています。いつまでもお幸せにね!

婚活やの親父こと
               哲
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



  追記
    今回はお知らせしたい楽しい事があと2件あったのですが、長くなりすぎましたので
   次回以降に回させていただきます。










ここ三日ほど梅雨の晴れ間というのでしょうか?雨の降らない日が雨.jpg続きました。
お陰で散歩はできましたし、何といっても気分が晴れ晴れとします。

今年の梅雨は充分すぎるほど日本のあちこちに雨水をもたらしてもらったように思いますから『お勤めご苦労さまでした』ということでさっさとどこかへ行ってもらいたいもの。それでも気象庁の当たらない?予報によれば梅雨明けは平年並みだそうですから、もしこれが当たったとすると14日ごろになる見込み! 何はともあれ一刻も早く梅雨明けを迎えたいものです。

日本ではサッカーのほうは騒ぎもすっかり落着いたようで、TVでも取り上げられる事が少なくなりました。
私も日本戦がなくなってからはニュースで他国の試合の結果をみて『あっ、そう』という位で特に関心もありません。
ところが、ウチのオクサンは日本戦以外の試合でも深夜遅くまで一人で興奮しながら観戦しているようです。それほどサッカー大好き人間というわけではなかったと思いますが、私の上をいくミーハーの面目躍如といったところでしょうか?


ところで前回の私のブログで、私達が交際に入ったカップルの方には途中何度か進捗状況をお聞きしている旨をお知らせしました。その時に、成婚にまで到ったカップルの場合はこちらから進捗状況をお尋ねする前に、その方達から先に進捗状況の連絡があったということをご紹介したかと思います。

そうしましたらそのブログを読まれた現在進行形のあるカップルの彼女の方から楽しいメールをいただきました。
『...ブログを拝見し、自分から近況報告して良いのか!と嬉しくなりメールします』という書き出しから始まり、『お二人の交際が順調でとても楽しく幸せな毎日を送っています』といったことや、『交際開始後3週間しか経っていないのにずっと以前からお付き合いしているような感じがしていて、彼との出会いに日々感謝しています』といったような事が書いてありました。

またお見合いされた日に、その時は元気でいたエンタローの声を聞いて
半目.jpg
とてもリラックスできたとのことで、『彼との縁を大切にし、ずっと一緒にいられるような女性になることがエンタロー君へのお礼になるのかなと勝手に思っています』といったようなことも書き添えてありました。有難いことです。

確かに以前もご紹介したことがあるかと思いますが、エンタローは男性やご年輩の女性の方の声を聞いても殆んど反応することはないのですが、若い女性の声には非常によく反応していました。

『オハヨウー』とか『コンニチハ~』とか喋ってご機嫌を伺っていたものです。
飼い主たる私に似た?のかどうかはよくわかりませんが、エンタローは若くて素敵な女性を声で聞き分ける?しっかりした耳をもっていたように思います。

今回メールを下さった彼女のルックスは誰が見ても賞賛するような美しい方ですし、更に内面が素直で謙虚で明るくて楽しい方ですから、エンタローはそんな彼女のことを見抜いていたみたいで、彼女に一生懸命ゴマをすっているかのようにはしゃいでいたようです。
『流石は我が長男坊』と変なところで感心したのを覚えています。

彼女からの熱いメールを受けましたので、今度は彼の想いを確かめたくなってこちらから連絡をとって進捗状況を聞いてみました。
すると案の定、彼の方も彼女に負けず劣らずの良い反応で彼女との出会いを非常に喜び感謝していました。お二人とも考え方がよく似ていて、話もよく合うんだそうです。
このまま順調に続けていかれるといいなあと思っているところです。

と、いうわけで今回もこちらからお尋ねする前に彼女の方から報告をいただきました。
現在のお二人の様子だとエントリーのジンクスは今回も続きそうだな?とお二人のこれからに大いに期待を抱いているところです。エンタローもきっとどこかでそう願っていることと思います。


最後に、7月27日(日)には男性37歳以上、女性34~5歳以上の方を対象としたお見合いパーティーを開きます。今回も男女合わせて30名以上になる事は間違いないと思っています。
前回は19組の参加者があり、その内11組のカップル誕生という大きな成果があがりましたが、今回も是非とも同じような展開にできるよう頑張りたいと思います。

現時点では男性の動きは新規に入会された方を含め順調に進んでいますが、前回同様今回も女性の出足は今一歩という状況です。
それでも女性の方は新規入会者が多いので、前回同様最終的には同じような人数で落着くだろうと期待しています。

前回、最初は『不参加』と報告してこられた女性会員でたまたまお相手探しにエントリーに出て来られた際に私達が説得して参加して頂いた方がおられました。
幸いにもその方はパーティーで見事にカップルになられ、現在順調に交際を続けておられます。
何事も前向きに取り組んでみる事ですよね。

会員さんの中には入会したはいいけれど、お相手探しにはこられないし、パーティーにも参加されないという方が何人かおられます。いったいどうされるおつもりなんでしょう?実に勿体無い話だと思い心配しています。

『待ち』の姿勢でいるだけでは結果はついてきません。
私の信条『何もしなかったら何も生まれてこない』、このフレーズを思い起こしていただきたいものだと思っています。
一度不参加と報告された方でもその気になられた方(特に女性会員)がおられましたら是非『参加します』との報告を出して下さい。お待ちしていますので!

婚活やの親父こと
              哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)








宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ