2014年10月アーカイブ


秋が深まってきました。
私が3つに分けて歩いている散歩コースはどのコースにもコスモスが咲き誇っている場所があってそこを通るたびに秋を感じては一人幸せな気分に浸っている毎日です。
hana_002_s2.jpg

汗っかきの私は今でも半袖シャツで歩いていますが、北海道では平地でも初雪が降ったとか...。そろそろ長袖に替えなきゃいけない時期になってきたみたいです。


ところで、前回案内しましたとおり、26日には予定通り成婚退会のカップルが手続きにこられました。
お二人は40代同士のカップル。彼は初婚でしたが、彼女のほうはお子さんが二人おられるというきれいな顔立ちのシングルマザーでした。

彼は今年の2月に契約更新をされましたので活動期間は2年8ヶ月での成婚退会ということになります。エントリーの中では決して早い方ではありません。
2年の会員期間が終了する時点で、契約を更新するかどうか随分迷われたそうですが、こんど駄目だったらそのときは結婚そのものを諦めようと覚悟を決めて更新されたそうです。

因みに彼女のほうは彼が更新したと同じ今年の2月に入会されましたのでこちらは8ヶ月での成婚退会ということになります。
奇しくも同じ2月に彼の方は契約更新し、彼女のほうは新入会。そしてその年の7月に出会ってトントン拍子に成婚退会ということになったわけで何か因縁めいたものを感じます。

彼の場合、決してモテないで長引いたわけではありません。人柄は申し分なく外見も客観的条件も悪くないので、エントリーに入会後もお見合いは何回もされました。すんなりと交際にまではいくのですが、どうしてもそこから先がうまくいきませんでした。

これはうまくいくかな?と思った交際もどういうわけか彼の方からお断りの連絡が入り、いったい彼はどういう人がいいんだろう?とこちらも悩むほどでした。
彼が言うにはそれまではお付き合いに入っても本気でピンとくるような方に巡り会えなかったからだそうです。

今回お二人が交際を始めることになった時も、確かに彼女はきれいで魅力的ではありましたが、彼女には二人のお子さんがいらっしゃるし、40代!
それまで彼は自分の子供を欲しがっていましたので、これまで彼が探すお相手の女性は子供を生める可能性のある30代の女性ばかりでした。

そんな事情がありましたので、『お付き合いしても果たしてうまく行くんだろうか?』と正直なところ私達としましては余り期待はしていませんでした。

ところが、途中で進捗状況を確認しますと予想に反してお二人の交際は非常に順調に進行中!
三ヶ月の交際期間の終盤に電話で彼と話した時、彼は彼女のお子さん達とも会われたそうで『どうやら気にいってもらえたようなのでほっとしました』とのことでした。

話の終わり頃に、彼が『それでは××と話しあって..云々.』といったように彼女のことを『××さん』ではなくて『××』と彼女の下の名前を呼び捨てにするのを聞いた時には、私は心の中で『オイ、オイそこまで順調にきてたのかよ...』とビックリしてしまいました。
夫が他人に対し自分の奥さんことを『家内の××が...』というようなごく自然な感じだったからです。
そこでハッキリとお二人の成婚を確信しました。


成婚退会手続き時、彼から『こんなに人を好きになったのは初めてでした』という言葉を聴きました。
彼女のほうはどうかというとどちらかというと彼女の方から『お会いしたい』ということになりお見合い。その結果はお二人ともすぐに『交際希望』! これまた『運命の出会い』ということだったんでしょうね。
私達の前でもお二人はほんとにラブラブで見ていて微笑ましいものでした。

彼がいろいろ話してくれた言葉の中でこれは印象に残った話がいくつかありました。

一つはお子さんのこと。彼は今年に入ってから結婚観というか『子供』に対する考え方をガラっと変えることにしたんだそうです。

先ず、『確かに子供は欲しいけど、自分の年齢と将来のことを考えると自分の子をこれからつくるということはかなり無理があるのではないか?』と考えられたそうです。
ということは『単に子供が欲しいということであるなら必ずしも自分の血の繋がった子供ということに拘る必要はないのではないか?』という考え方に発展し、そしてそれが更には『それだったら自分が本当に好きになった女性であるならばお子さんのいる人でもいいんじゃないかな?』といったように考え方を変えていかれたんだとか...。

確かに大胆な切り替えです。相当な勇気がいったことだろうと思いますが、さすが職場でトップとして部下をまとめているだけに状況を的確に分析~把握した上での思い切った決断...。
流石に『出来る人間』は違うなあと感心しました。

それとともに、彼は仕事の関係上、彼女と知り合うまでは土日を休むということはなかったそうです。ところが彼女と交際するようになってからというものは、休めないはずだった土日をキチンと休むようにしたとのこと。
最初はその職場のトップであるだけに業績が落ちるのではないか?と心配されたそうですが、現実には業績は少しも落ちなかったとのこと。

それは彼が自分がいなくても仕事に支障が出ないよう部下が困らないで済むような仕組みを考えてそれを実施したことが実を結んだからにほかならないと私は思っています。
そしてそのお陰で彼は休みがとれ、彼女と愛を育む事ができ、部下もまたモチベーションが上がり実力をつけ業績には何の悪影響も出なかったということに繋がったというわけです。

一般的な話としてお付き合いが駄目になるケースの中で『仕事が忙しくてデートするための時間がとれなかったから』ということはよくききます。
確かに、どう考えても時間がとれないようなケースもあるかとは思います。

しかし、仕事というものは『出来る人』のところに集まってくるものです。従ってそういう人はそこに勤めている限りはさらに忙しくなることはあっても暇になるということは先ずないだろうと思います。
ということは仕事が出来る人は結婚は諦めなさいということになるのでしょうか?

エントリーで成婚退会していかれた方の中にはいろんな方がおられます。
忙しい仕事についておられたある方は、このままでは自分はいつまでたっても結婚できないという危機感から『私はどうしても近いうちに結婚したいと思っています。ですからこれから暫くの間は婚活に力を注いで生きたいと思います。それまでの間は暫くご迷惑をおかけすることになるかもしれませんがご協力のほどどうぞ宜しくお願いします』とハッキリと婚活宣言をし、それを実行に移していかれたそうです。

すると最初はあっけにとられていた同じ職場の人達も次第に彼女を応援してくれるようになり、それから半年位の間で希望通りの人に出会うことができ、成婚退会にと繋がっていきました。
ほんとに仕事が出来る人は自分にとって必要な時間を創り出す事も上手です。これはほんの一例ですが、実話です。
努力もしないで最初から『無理無理』と決め付けるのではなく『出来るようになるためには何を考えどう実行していったらいいか?』ということを真剣に考え実行していくということは大切なことです。

そもそも結婚というのは人生の中でももっとも重要なイベントの一つの筈です。優先順位は当然高くて然るべきだと思っています。
本気でその気になれば時間というのはいくらでも『やりくり』はつくんじゃないかと思っています。
30年以上サラリーマンとして働いた私の経験からしてもそう確信しています。

とにかく以上のような経緯を経てお二人は手に手をとって幸せなゴールにたどり着くことができました。

恒例のツーショットの写真も撮りました。彼の嬉しそうなな顔...。20代のカップルの成婚退会に立ち会ってるみたいな感じで私達もほんとに幸せなひと時を過ごさせていただきました。

その笑顔を忘れずにいつまでもお幸せに!

婚活やの親父こと
                
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)
















さわやかな秋晴れの日が続きます。
一年中で私が最も好きな季節だけに朝起きて澄み切った青空を見上げていると気持が晴れ晴れとしてきます。
現時点では台風の話は出ていないので、まあほんとに今年はこれで終わったとみていいのではないでしょうか。

それでも政界の方は女性大臣のダブル辞任があったりと大分強い台風に見舞われているようですが、こちらとしてはそんなことより大事な法案審議の方に時間を割いて欲しいものだt思っています。


ところで私は18(土)~20日(月)にかけて東京に出かけてきました。
仕事の用事もありましたが、主な目的は母校 早稲田大学のホームカミングデーに出席するため!

ホームカミングデーなどと書くと『いったいそれは何?』と思われる方
009.JPG
が多いかと思います。
私も大学から送られてきた招待状を見たときは『何のこっちゃ?』と思ったものです。
簡単に言いますと大学を卒業後節目の年(卒業後15年・25年・35年・45年・50年)を迎える卒業生を大学に招いて『お帰りなさい』ということで卒業生達に旧交を温めあいながら秋の一日を古巣早稲田の森で楽しんでもらおうという趣旨の催しだそうです。

今年で第49回目だそうなので、私もこれまでも何回か出席の機会はあったわけですが、私は卒業後、転勤等で住所がくるくる変わりその変更
031.JPG
届けを出していなかったのでその間は一度も招待状が届かず参加していませんでした。

今回は卒業後もずっと交流のある親友が住所不明の卒業生の欄に私の名前が載っているのをみて大学の方に連絡をしてくれたそうで、そのお陰でようやく私の元にも招待状が届いたという次第...。

前回のブログでも書きました通り、18(土)~20日(月の三日間は予約が沢山入っていてこれはオクサン一人だと大変だろうと思い、最初は行かないつもりでいました。
ところが『一生の間にそんなに何度もあるイベントではないので思い切って
049.JPG
行ったら?』というオクサンの言葉に『それもそうだな』と思い直し、好意に甘えて急遽参加することにしたという次第。


結果的には、参加して帰ってきた今でもまだ興奮が残っているほど素晴らしいイベントでほんとに行ってよかったと思っています。

高田馬場駅から大学まではバスや地下鉄が出ていますが、私は徒歩で25分くらいの道のりを昔を思い出しては立ち止まってあちこちをビデオで撮影しながらゆっくりと歩いて行きました。

貧乏だった学生時代はわたしは殆んど乗り物は使わず毎日歩いて通学していました。
その頃とは当然のことながらガラっと様変わりしていましたが、なんとなく面影が残っているところもありましたので昔を懐かしみながらのウォーキングは最高でした。

会場である記念会場(外山キャンパス)は一年先輩の吉永小百合さんの
047.JPG
通っていた文学部のあるところで、前の東京オリンピックのときにフェンシングの会場になったところでした。
それがいろいろ修復はされてきたんでしょうが今もって昔の形をしたまま残っていたのには驚きました。

会場は白髪頭やツンツルテンの禿げ頭の卒業生で溢れかえっていました。恐らく3~4千人近くはいたのではないでしょうか。
荘厳な雰囲気のもと式は進行していきましたが、私がイチバン感動したのは早稲田の有名な応援歌『紺碧(こんぺき)の空』を全員が立ち上がり学生時代同様隣の人と肩を組み拳を振りながら全員で歌った時です。

歌っている途中で胸が詰まって感動の余り思わず泣き出したくなる気持を抑えるのにはホントに苦労しましたが、久しぶりに青春してしまいました。
校歌『都の西北』を歌うときにも同じような気持になり、周りを見回すと皆同じような感じでした。時空を超えての一体感を感じたものです。


そのあとは大学の本部のあるキャンパスに移動。
構内では現役の学生やOBが入り混じっての『稲門祭(とうもんさい)』が行われていました。
現役の在校生達が準備してくれた模擬店で昼間から樽酒の日本酒を飲んだり、留学生達がつくったというお国自慢のおいしものに舌鼓を打ったりそれはそれは楽しいひと時でした。
OB が集ってのグリークラブやギタークラブ等々の演奏もありこれまた『いくつになっても衰えてないもんだなあ』と感心しました。

学生時代の友人と共に5時間くらい構内をうろついたあとでグッタリ疲れ切ってホテルに帰りました。


翌日は飛行機の出発時間まで大分時間があったため私の現役時代に勤めた会社に行ってきました。
私がいた頃は本社は銀座の歌舞伎座の近くにありましたが、現在は本社
074.JPG
が横浜の『みなとみらい地区』に移っていましたので、これまでは行って見てみたいとは思っていましたがなかなか見る機会がありませんでした。

今回は良いチャンスだと思って行ってきました。
デッカいビルでした。ショウルームも銀座にあった頃の倍以上の大きさでしたが、銀座の頃の古きよき時代を知っているOBの立場からしますとなんとなく寂しい気がしてなりませんでした。

そのあと夕方の便で宮崎に帰ってきました。

帰宅してみるとやはり相当忙しかったようでしたが、しっかりと新入会員も増えていましたし、お見合いでのカップルも予想以上に沢山誕生していました。
私も早速入会された会員さん達で書類の揃っている方達の登録をしましたし、こうやってブログにも手をつけています。
これからはまた来月のパーティーに向けての準備にとりかからなければなりませんし、いつもの忙しい毎日が始まりそうですが、大分英気を養ってきましたのでその分しっかりと頑張ろうと思っているところです。

婚活やの親父こと
               哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)













台風一過


先週に引き続いての台風一過!台風18号以来グズグズしていた天候も19号が去ってくれたお陰で久方振りにさわやかな秋晴れに変わりました。

18号の時もそうでしたが今年に入っての最強とかスーパー台風とか前宣伝?が充分に効いていたこともあり何とか日本列島には来ないで欲しいと祈っていました。
もし間違ってくるようなことがあっても宮崎のほか御嶽山、広島といった災害で打ちのめされている人達のところにだけは来ないで欲しいものだと願っていました。

ところが皮肉にも現実にはその中心が何と我が宮崎を通るということになりました。
"祈りとは自然が踏みにじって喜ぶ為にあるもの"なのかと虚しい思いと憤りに駆られました。
いったいどういうことになるのだろうと戦々恐々としながら迎えざるをえなくなった台風19号!

今度ばかりはジンクスも効かなくなりそうだと覚悟しながらそれでも
taihuu 19gou.jpg
諦めの悪い私としては18号の時よりさらに一日早く前から念入りに台風対策を施しました。
これで被害が出たらそのときこそはいくら往生際の悪い私としても台風に対してのジンクスなる言葉は一切使わないぞと心に誓って...というほど大袈裟なことではないんですがそう自分の中では決めていました。

気象予報通りに宮崎にはやってきましたが、結果的には我が家には全くといっていいほど何も被害はありませんでした。

その限りにおいてはよかったのでしょうが、私のいうジンクスは私の家だけがよければよいということではなく、先ずは日本に来ない、次には九州にそして宮崎及び被災地にはこない。そして我が家は勿論、私の長年の親友達、及びエントリーの会員さんやこのブログを読んでくださっている皆さんのところには害を及ぼさない事を期待してのジンクス(ちょっと欲張りすぎかな?)のつもりでした。

現時点では被害の全体状況はまだよく把握していませんが、TVやインターネットのニュースによるとやはりかなりの被害は出ているようです。それでも怖れていたほどではないみたいなのでその意味では助かったといえるのかもしれません。

気象予報士の見通しによれば今年日本に上陸の可能性の台風19号の進路.jpgのサムネール画像ある台風はこれで終わったみたいです。
私としましては、台風に対してのジンクス云々というのは被害に遭われた方達のことを考えますとやはり不謹慎かと思いますのでこれを機会に打ち止めということにしたいと思っています。

それでもジンクス云々に関係なく私はこれからあとも被害が出ないように事前の対策だけはきっちりとやり続けていこうと思います。
事が起きるまえに事前の対策を打った方が良いということは誰が考えても自明の理、あったり前のことだと思っていますから...。
このブログを読んでいただいる皆さんも事前の準備だけは充分にやっておかれることをお薦めします。

このように台風19号はエントリーの家屋には一切被害がなかったものの、先週一週間はずっと台風のことが報道され続けてきた影響もあってか予定が組まれていたお見合いは2件を除きすべて来週以降に延期になるということになるなどそれなりの被害は受けました。

お見合いの時期については実施のタイミングというものが微妙に影響を受けることがあるものです。
この延期によって結果が悪い方向にいかないように私達としましてもお見合いするということに対するお二人の熱が冷めないよう充分にフォローしていかなければと思っている次第です。

また秋のこの時期の土日祭日は毎年新規の予約が沢山入ってくるので今年も多いに期待していたのですが、こちらの方も台風の被害をもろに受け、期待したとおりの伸びはみられませんでした。
その分は既に予約も入っているなど次の土日にかなり集中しそうな気配につき、そこでは必ずや遅れを取り戻せるであろうと期待しているところです。

婚活につきましては、そんな風に動きの少ない先週ではありましたが、台風直前の土曜日にお見合いされた2件については見事に意気投合しカップルになられました。
嵐にも負けずにカップルになられただけにその勢いでゴールまで突っ走られる事を期待する次第です。
また、今年の3月に成婚退会された2組のカップルの方から今月、正式に結婚することになりましたとのお電話もいただきました。喜ばしい事です。

26日には新しいカップルから3ヶ月間の交際を実らせて成婚退会手続きに行きたいとの連絡もいただきました。良かったなあと思っています。

これに対し『自分は現在何の話も無いのに良いなあ』とお嘆きの皆さんもおられるかと思いますが、こういった方達にあやかれるよう婚活に精を出しましょう。
何もしなかったら何も始まりません。何かを始めた方達は以上のように着実に成果が出ているというわけです。
そういうことならやらなきゃ損だと思いませんか?
私達と一緒になって頑張りましょう!

婚活やの親父こと
               哲
                     (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)













台風一過! 久々に秋晴れの良い天気になりました。
今年最も強い台風18号とさんざん脅かされていましたので私としてはいつもの通り『内田家のジンクス』が機能するようにと台風襲来の2日も前から庭のテーブルや物置が飛ばされないようにと厳重に事前の対策を施しました。

それが功を奏した?のかどうかはわかりませんが、我が家には全く
台風18号.jpg
何の被害もありませんでした。私としては『ジンクスのお陰だ』といつものように勝手に解釈してひとり悦にいってます。

宮崎にも現時点ではそんなに大きい被害が出たようにはきいてませんのでよかったなと思っています。
それでも全国的にみると怖れていたほどではないにしてもやはりそれなりの被害は出ているようです。 まさに災害列島ニッポンの面目躍如?といったところなのでしょうか?困ったものです。

さらにこのあと台風19号も続いているようでこれからの進路如何によってはがどうなるかわからないとのこと。これについても気になるところです。

今年はやたらと台風が多いような気がしますが、調べてみますと昨年の同じ10月6日には台風23号が来ていたようなので、去年と較べると逆に少ないことがわかり驚きました。
いずれにしてもまだ発見されていない御嶽山の行方不明者の捜索に大きな支障がでなければいいがなと祈る次第です。


ところでこのあとは前回のブログでお約束しましたように、パーティーが終わった後の午後4時から成婚退会手続きにこられたカップルの事例についてご紹介します。

今回のカップルは60代前半の男性と50代前半の女性の熟年同士という組み合わせでした。
この方達の場合は、男性の方が無料相談に来られた時から、私が『この方にはあの方がピッタリ合うのじゃないだろうか?』という確信に近いものをいだいた女性がおられました。
男性が入会手続きを終えられた時に彼にそのようなことを申し上げたように記憶しています。

その後予想通りお二人ともプロフィールを確認しお会いしたいという事になりお見合いをされました。
エントリーでお引き合わせしたあと近くの喫茶店にお二人で移動されましたが、何時間か経ってから彼の方から『今、お別れしたところですが、ホントに素敵な方でしたので私としては是非お付き合いしたい』旨のお電話をいただきました。

お二人は話が弾んでなんと4時間半も話をされたそうです。ご自分達でもビックリするくらい話が合ったそうで話が尽きなかったとのこと。

お見合い時お二人で話をされる場合は1~2時間というのが普通で、話が合わなかったカップルの場合は30分というケースもありましたが、4時間半というのは最近では珍しいケースでした。

喫茶店から彼女が自宅に帰り着かれるであろう頃を見計らって彼女に『どうでした?』と電話したところ彼女からも期待通り同じような返事が返ってきました。『考え方が驚くほどよく似ていてビックリするくらいでした』とのことで勿論『交際希望!

そのあとも順調にお付き合いを続けていかれ、3ヶ月間の交際を経て無事にゴールインということになりました。
ご年配の方同士の結婚の場合は財産相続等微妙な問題がからんできてお子さん達の反対が起きがちです。
エントリーでもせっかくご本人達はその気になっておられたにも拘らずお子さんの反対により駄目になったケースもこれまで2~3件ほどありました。

今回も私達としましてはそのことが気になっていましたので『お子さん達の反応はどうでした?』と彼の方にお聞きしましたら、彼のお子さんはすぐに『私は賛成!』と手をあげられたそうです。
そのことを男性が『当然でしょ?』といった感じで嬉しそうに話されたことが印象的でした。

私からしますと美人で謙虚で優しくて理知的な彼女ですから『そりゃそうでしょう?』と思っていましたが、穏やかで優しく、それでいてしっかりされた彼のお子さん達だけに期待通りの反応!
『流石、よくできたお子さん達!』と,こちらまで嬉しくなりました。

現在お二人で住まわれるところを探しておられるところだそうです。
IMG_9253.JPG
手続きに来られた際も『お世話になりました』といって素敵な花束(右の写真)と美味しい手土産を持参していただき、恐縮してしまいました。

こんな風に喜んででいただけるお二人の出会いに私達が微力ながらも絡む事ができたということはこの上ない喜びです。

私達もお二人の幸せいっぱいのツーショットの写真を撮り額にいれてお送りするとともに心ばかりのものを贈らせていただきました。

宮崎市内にお住まいになることと思いますから、これからあとも親しい知人としてお付き合いしていけたらいいなと思っています。

これから先もずっとずっとお幸せに...。

婚活やの親父こと
                 哲
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)













古くから民謡にも謡われ日本人には親しまれてきた『木曽の御嶽山』が突然爆発し沢山の死傷者を出しました。
この山は私も登ったことがあり、大人しくて美しい山と言う印象を抱いてい
sa.jpg
ただけにビックリでした。自然ってほんとに怖いんですね。

自然に関しては世界中で想定外の災害が頻発しています。
人間が自然の動きを予知しようと知恵を振り絞ったところで所詮は『蟷螂の斧(とうろうのおの)』、自然にかなうはずがありません。
私達としては自然の中で生かされているということを充分認識した上で上手に共生していくしかないということでしょうか?


ところで9月28日(日)は予定どおりお見合いハローパーティーを開催しました。
今回は台風の心配もなく、秋晴れの良い天気のもとで開く事ができほっとしました。
参加者は男性23名、女性24名の合計47名という最近では最も多い人数が集まりました。
ただ、始める寸前になって女性会員のおひとりが急遽入った仕事の為に会場までは来られたもののパーティーに参加できないまま帰らなければならないという不測の事態が発生してしまいました。

その方が仕事の責任者の立場の方だったようなのでどうしようもなかったのですが、私達が推薦したお相手の方と今回のパーティーの場を利用してお見合いするという手筈も整っていただけにほんとにお気の毒な事でした。

成立したカップル数は7組! 参加人数が増えた割りには5月のパーティーの11組に及ばなかったのが残念でした。
メンバーの構成や参加されたメンバーの意識の差によって結果は大分変わってくるものだということを今更ながら思い知らされました。
それでもカップル発生数としてはこれまで何十回となくやってきたハローパーティー中で3番目に多かったことになるので、まあまあの実績だったとといえるのではないでしょうか。

今回は参加者数が多かったことにより二人でツーショット希望者を仕切るのは結構大変でした。
おまけにツーショットの希望を出されても、希望されたお相手の方が他に話したい方がおられる場合はその方の意見も尊重しなければなりませんのでその振り分けには大変苦労しました。

会員さんの中にはせっかくリクエストを出したのにツーショットになれなかったと不満を持たれた方もおられたかと思いますが、申し込み順や申し込まれた相手の方の意見も尊重しながらの結果ですので悪しからずご了承いただければと思っています。
それでも次回以降は皆さんのご意見も拝聴しながら期待に副えるよう更にいろいろと工夫していきたいと思っています。

パーティーの結果については今回うまくいかなかった方達全員にメールでその結果をお知らせしましたが、何人かの方からは律儀にそれに対する返信を戴きました。
戴いた返信のなかで、参加してみて婚活には『積極性』というものががいかに大事かということをつくづく思い知らされたといった旨のことを書いてこられた方がおられました。その通りだと思います。

その方は今回の結果にめげることなく次回からは積極的に頑張るという事を書いておられましたので立派だなと思いました。何事も消極的に構えているだけではうまくいかないということを体感されただけでも大きなプラスだったのではないでしょうか?

また、プロフィールでのお相手探しでは客観的的条件だけで選ばれることになるためになかなかカップルになれなかった方で今回見事にカップルになった方がおられました。
人柄がよくどうしてこんなに素敵な男性なのにカップルになれないんだろうと思っていた方でしたので
良かったなあと思いました。

その方はお見合いを申し込んでもなかなかうまくいかず落ち込んでおられましたが、そのたびに『パーティーだったらあなたの素晴らしさを分かってくれる女性が必ずいるはずだから...』といって慰めてきただけに、実際にその通りになったことで私としてはほんとにほっとしました。

ただ当然のことながら、カップルになっただけで安心していてはいけません。勝負はこれからです。
自分の良さというものが自然な形で相手の方に伝わるような努力、これを忘れては元も子もないということを忘れないように!
迷ったらまた私達のところに相談に来てください。私達も過去の事例等を参考に真剣にアドバイスさせてもらいますから...。

人と人との相性というものはこれまた当然のことながらやはり実際にお会いしてみないと分かるものではありません。
そういった意味からも私は真剣に結婚したいと願う人だけが集まった中でのエントリーのお見合いハローパーティーは最高の婚活の手段のひとつではないかと思っています。

皆さんがもっともっとハローパーティーを上手に利用されて最良のパートナーと巡り会われるように これからも積極的に案内していきたいと改めて決意を強めた次第です。

今回はパーティー終了後に成婚退会報告に来られたカップルの事例についても紹介するつもりでいましたが、長くなってしまいましたのでそれについては次回に回させていただきます。


婚活やの親父こと
                哲
                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)














宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ