2015年2月アーカイブ


北日本では暴風雪に見舞われて大変なようですが、一方九州北部では2月というのに既に春一番が吹いた訳ですからちっぽけな日本列島といっても北と南とではそれなりの違いはあるんですね。

西日本ではここ何日かはとても暖かく、ところによっては4月上旬の暖かさだったとか...。
寒い寒いといってるうちにこうやって春は着実に近づいてきているようです。寒さが苦手な人もあと少しの辛抱といったところでしょうか。

ところでエントリーには一足お先に春がきているようでして、この2月も
春.jpg
1月に引き続き新規の入会者数10人の大台に乗りました。
また、成婚退会者も予定通りに巣立っていかれましたので気分的にはポカポカと暖かくやりがいのある充実した毎日を送ることができています。これもひとえに皆様のご支援があればこそと大変有り難く思っています。

また、2月はお見合い数も結構たくさんありました。パーティーのある月はどうしてもパーティー会場で会えるからということでお見合いの数は伸びません。
この2月は次のお見合いパーティーが4月12日(日)ということでちょっと間が開くせいもあってか、予想以上にお見合い数が増えました。
その結果、カップルも多数誕生しましたのでこの中からどれだけのカップルがゴールまでたどり着くかな?と今から楽しみにしているところです。

私達の気持としましては当然のことながらカップルになられたすべての方達にゴールまでたどり着いて欲しいと思っていますが、現実にはなかなかそううまくいくものでもありません。
私達からしますとナイスカップルなのになあと思っても『何かどこか違う気がする』といった漠然とした理由でお断りされる方も結構沢山おられます。

私達が『そんなに焦って結論をださないでモットお付き合いしてから結論を出したら?』とアドバイスしてもご本人の意思が変わらない限りはそれはそれで仕方ありません。
結婚されるのはその方であって他人が強制する類のものではありませんから...。

しかし、全部が全部そうだと決め付けるつもりはありませんが、沢山の方とお話させていただき、会員さん達の出会いから結末までの沢山の事例を見てきた私達からしますと、あっさりと?お断りされた方達の多くの場合は『結婚に何を求めているのか?』ということがご自分の中で整理されていないというかご自分でも分からなくなっているんじゃないか?と思えてなりません。

その方が、ご入会時に『相手に対する要望事項』として身上書に書かれたり、私達に話されたりした条件を充分満たしているように思える相手に出会っても『胸がときめかないから』とか『悪くはないけど、他にモット良い人がいるかもしれないから...』とかいった理由で、ろくにお付き合いもしないうちにお断りされる方もおられます。勿体ない...。

もちろん誰だって何もかも揃っている方が良いのは当たり前。しかし、そんな風に何もかも揃っている人の場合は結婚相談所に来る前にカップルになって結婚されてる方のほうが多いのではないでしょうか?
さらにいうなら、もしそういう方がおられてもその方がご自分を選んでくれると言う保証はありません。

そうやって初心を忘れてそういうことを繰り返しているうちにも時は確実に流れてゆきます。
そうすると今までチヤホヤして寄ってきた異性がいつの間にかご自分のことをを結婚の対象としてみなくなっていくというケースを私達はこれまでいやというほど沢山みてきました。そのときになって焦っても時、既に遅し!
『あ~あ、あの時あの人と交際を止めずにお付き合いを続けていたらなあ』というセリフもよく耳にしたものです。

自分に対して自信を持つということは大切なことですが、それがともすれば過信に陥ってしまうと最後に泣きをみるのは自分であるということを忘れてはいけません。

これに対し、ご自分に対して謙虚な方は私達からするともっと客観的条件の揃った方を選ばれても大丈夫なのにと思っても、『私みたいな人間選んで戴いたというだけでありがたいことです。期待を裏切らないように頑張ります』ということで交際を続けていかれた方がおられました。
その方は交際を続けながらお相手の良い所を次々とみつけては喜ぶという事を繰り返し、最後にはご自分でも充分納得した上で早い時期に成婚退会していかれました。今でもたまにエントリーに遊びにきてもらってますが、夫婦仲は羨ましくなるほど円満そのもの...。
勿論こんなにデキた方はどこにでもおられるわけではありません。しかし、実際にエントリーに在籍された実在の方です。
今でもその方のことを思い出すたびに立派な人だったよなあと感心しています。


ところで、これまで私はひょっとして悩んでおられるかな?と思われた何人かの方に対して『ところであなたはエントリーに入ってくるときは結婚したいと思ったから入ってきたんだよね。その時あなたがしたいと思っていた結婚とはどんなものだった?そしてその時思い描いていた結婚の内容は今も変わってない?』と尋ねたことがあります。
たいていの方は『ウ~ン』といって暫く考え込んでおられました。受け止め方は各人各様それぞれ違っていたように思います。
私の突然投げかけた質問がその方の役にたったかどうかは分かりません。ただ、私としては初心というか原点に帰ってもう一度自分を見つめなおして欲しい欲しいと思ったが故の質問でした。

『一期一会』という諺もあります。全く縁のなかったお二人がエントリーという場を通してたまたまであってもせっかく出会う機会をもったからには、それぞれの出会いを大切にしそれを育ててゆくことで、エントリーのすべての会員さん達に本格的な春が来るといいなあと心から願っています。
何せと違って『あったかいんだから~』...、お粗末でした!


婚活やの親父こと
                 
                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

     *次回は3月9or10日頃を目処に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。











先週は、定休日の火曜日と金曜日の空き時間とを利用してオリックス、ソフトバンク、巨人の3球団のキャンプを見物してきました。
その前の週にソフトバンクのキャンプに行ったときにはそれほどの寒さではありませんでしたが、今回キャンプに行った2日間はどちらもこの冬イチバンという寒い日にあたってガタガタ震えながらのキャンプ見物ということになりました。
ソフトバンクについてはこれで2回行ったことになりますが、こちらの方は野球云々というより贔屓の店の串焼きが目当てという不純な動機!
キャンプのときだけしか味わえない好物につきおそらくあと1~2回くらいはいくことになりそうです。


それはそうと2月11日の建国記念日にはご年配のカップルが成婚退会されました。
男性が60代、女性が50代というカップルでしたが、男性は昨年の9月、女性はそのひと月あとの10月のご入会でしたからそれぞれご入会後4ヶ月と3ヶ月以内での成婚退会ということになりますので結構早いペースでした。

このお二人の場合は最初から相性が良かったみたいでしてお見合い後一ヶ月経過した時点でまずこのお二人は間違いないなと確信していましたが、期待通りの嬉しい結末となって良かったなあと喜んでいるところです。

昨年の後半以来、どういうわけか60代の男性と50代の女性というご年配の方同士の成婚退会が続きました。
この年代の結婚ということになりますと20~30歳代の若い方達の場合と違ってそもそも50歳以上の入会者の絶対数が少なくなる上に、遺産相続がらみ等々でご家族の方の反対があるなどしてなかなかすんなりといきにくかったものです。

ところが最近は男女とも平均寿命が延びています。
そして団塊の世代の高齢化を受けシニア層のボリュームが増えてきていますし、それに伴ってかシニア世代の方達の意識が前向きに変わってきているように思われます。
そういった事情を背景にご年配の方同士の成婚退会増という現象が起きてきているのではないかと推測しています。

確かに最近は50代以上の方の無料相談の問い合わせが増えてきています。よい傾向です。
何があるかわからない今のご時勢、一人より二人の方が安心であることは間違いありません。

もともとエントリーでは設立当初から入会される際の選択コースにシニアの方を対象にした料金的にお得なコース(シニアコース)を設定していました。私達が知る限りにおいてはシニアコースを設けているのは県内でもエントリーだけではないかな?と思っています。

現時点ではこれからもこのシニアコースを外すつもりはありませんので、もっともっと沢山のシニア層の方達にこのシニアコースを利用してご入会いただき、良きパートナーと巡り会って充実した老後を送っていただければ私達としましてはこの上ない喜び!  これからもその実現を目指して更に頑張っていこうと思っている次第です。



ところで話は変わりますが、2月14日はバレンタインデー。
世間では喜んだ人、悲しみにくれた人に悲喜交々(こもごも)いろんなドラマが展開されたのではないかと思いますが、皆さんにとってののバレンタインデーはいかがでしたか?

現在交際に入っておられるエントリーの会員さんの何人かの方にお尋ねしたところでは女性の方からしっかりとチョコレートが手渡されていたようで安心しました。
こういうちょっとしたことでも気遣いの出来る方とそうでない方との間には結果に大きな差があらわれるものです。いずれにせよエントリーの会員さん達が幸せな結末を迎えられることを祈っています。

因みにどいうわけかバレンタインデーなど無縁な世界と全く期待していなかったこの私にもバレンタイデーがありました。
オクサンからは毎年の恒例行事の一つとして突然 『はい、バレンタインチョコ!』といって袋に入ったチョコをもらいました。それで『あ~、そういえば今日はバレンタインデーだったっけ』と気づいたくらいのことで特別の感慨はありませんでした。

そんな時、驚いたことにその日に来られたお二人の女性会員さんから素敵なチョコレートをいただきました。
『エ~、ウッソー』、 私としましては義理だろうが何だろうがこうやって世間で行われている
chokore-to.jpg
イベントにも自分も参加させてもらったということが大変有り難く、年甲斐もなく大喜びでした。

そういえばオクサンが面白いことをいいました。オクサンからのチョコはオクサンの言葉を借りれば『愛情チョコ』でも『義理チョコ』でもなくて『義務チョコ』だそうです。家族の恒例行事となっているわけなので『義務チョコ』か...。 なるほどうまい言葉を考えたものだなと変なところで感心しました。

しかし、最近私はずっと胃の調子が悪く甘いもの(特にチョコレート)は食べられません。従いまして戴いたチョコレートはすべてオクサンが一人で食べることになります。
オクサンからの私へのチョコレートも所詮は『見せ金』ならぬ『見せチョコ』で、最終的にはオクサンの胃袋のなかへ入っていきました。きっとオクサンが自分好みのおいしいチョコだったことと思います。
お二人の女性からいただいた『思いやりチョコ』も知らないうちにオクサンの胃袋の中へと入っていくことでしょう。。
今年のバレンタインデーは結局オクサンだけが良い思いをしたようで私にとっては残念な結果で終わりましたが、お二人の女性の優しいお心遣いだけは甘酸っぱく心に沁みたことでした。

婚活やの親父こと
                 
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


     *20日に更新の予定でしたが時間が空いたので2日ほど早く更新することにしました。
       次回は28日頃を目処に更新しようと思っていますのでまた、宜しくお願いします。












寒い日が続きます。当然のごとく?日課である筈の私の散歩は何かかにか口実を作り出してはおサボリが続いています。我ながら情けない話ですが...。

節分が過ぎ、立春も過ぎ暦の上では春になったものの流れとしてはこれからが一年中でイチバン寒くなる時期。
北海道では氷点下30度を下回った所が何箇所かあったみたいですから、宮崎のこれくらいの寒さで震え上がっていたのでは笑われてしまいそうですが、それでも寒いものは寒いのだから仕方ないと開き直っているところです。

そんな軟弱な私ではありますが、自分の好きなことになると話は別。寒さもいとわずどこへでも出かけていきます。
丁度宮崎はプロ野球、サッカーのキャンプが花盛り。出かけるところには事欠きません。

先週の火曜日はエントリーの定休日。昨年までですと私にとっては『ブログの日』ということで朝からパソコンに向かっていたものですが、今年は予定の10日までは大丈夫なんだということに気がついて、早速近くの生目の杜運動公園でキャンプを張っているソフトバンクを見にでかけていきました。

キャンプ初日の2月1日は日曜日ということもあってか1万7000人を超す見物客で賑わったとのこと。それでも火曜日は平日だからそんなに来る人もいないだろうと思っていましたが、どうしてどうしてお昼近くになると駐車場は満杯で入れなかったくらい沢山の人が来ていたようです。

私の狙いは3つ。先ず第一にはソフトバンクの春季キャンプに必ず出店してきた『料亭まつ』という私がずっと贔屓にしている屋台で美味しい串焼きを腹いっぱい食べること。
昨秋のキャンプのときにはこの贔屓のお店は出店していなかったので丁度一年振りということになります。
2つ目は9年ぶりに日本球界に復帰した松坂大輔投手を間近で見ること。
そして3つ目は工藤新監督の動きを眺めること、でした。

この狙いはお陰様で3つとも叶える事が出来ました。串焼きの味は
キャンプ風景.jpg
相変わらず最高!焼いてる店のおばちゃん達とはすっかりお馴染みになっています。
松坂は体力作りのトレーニングばかりで、ブルペンで投げるところを見ることはできませんでした。
それでも何せキャンプ地が近所にあるお陰で仕事の空き時間を利用してもう1~2度くらいは行くつもりですのでその時まで楽しみはお預け!

工藤監督は初々しい監督ぶりでしたが、ちょっと軽い感じ!真価はシーズに入ってから発揮してもらえるものとその時を楽しみに待つことにしました。

ところで、大学生は春休みに入っている所が多いようで、キャンプ地にはカップルで見に来ている若い男女の姿が数多く見受けられました。
そういえばエントリーの会員さんでソフトバンクのキャンプ見学が縁で一緒になった方もおられますのでカップルをみるとこのカップルの場合はどうなるんだろうなと勝手に想像を膨らませてしまいます。

エントリーの会員さんの中にはカップルになったあとはいつも喫茶店かレストランかで向かい合って話すことが多いので話題がつきてこのあとは何を話したらよいのか分からないという相談をもちかけてこられた方もおられました。
今の時期ですとこんな風にあちこちで野球やサッカーのキャンプが張られていますので向かい合って話してばかりいるのではなく、たまにはこういうところに出かけ行って一緒に楽しむと共通の話題ができるわけなので何を話したらいいかと困るようなことはなくなるのではないでしょうか?

パーティーが終わったあとでもあり、現在かなりのカップルの方達が現在進行形で交際を進めておられます。そういった方達はこういったキャンプや14日にやってくるバレンタインデーをうまく使って交際を深めていかれてはどうでしょうか?

現在お相手がいない方達につきましてはエントリーにでかけてきてお相手探しに精を出して欲しいと思っていますが、会員さんの中にはせっかくお申し込みがあって私達が直ぐにメールでお知らせしても何の反応も示されない方がおられます。

それだと仲にたった私達としましては申し込まれた方に結果をお伝えすることができません。
何度電話をしてもなかなか通じず、やっと通じたかと思っても、返事が遅れたことを詫びるでもなく『今忙しいから、なかなかいけそうにありません』との素っ気ない返事。
条件のよい人からの申し込みの場合はどんな時でも直ぐに返事がくるのに、ちょっとその方の希望と違うかな?と思われるような方からの申し込みだとこのような冷たい反応...。
結構こういう方がおられます。

入会時等にいくらきれいごとをならべていてもこういう場面を経験するとガッカリするとともに『なるほど、いつまでたっても結婚できないわけだよな』とその人の本性を見た気がします。
そういう【自己中』の方に対しては、こちらから積極的に他の人に紹介しようという気にはなりません。何故なら紹介した相手の方にご迷惑をおかけすることになりますから...。

最後に、ここ最近の動きとしてはどういうわけか男性の動きが活発で7日現在6人入会されたうちの4人の方は男性でした。
全国的な傾向として男性会員数より女性会員数が多いといわれていますが、そのような中にあって今月のエントリーのように男性会員の入会者数が女性会員数を上回るということはバランスの点からして非常によい傾向だと思い歓迎しています。
この勢いでいくと1月に引き続きこの2月も新規の入会者数は2桁はいきそうです。
会員さん達の出会いのチャンスを増やしていく為にも会員増に向け頑張ろうと思っています。

婚活やの親父こと
                 
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


 *次回は20日頃に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。








宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ