宮崎県の結婚相談室

ジコチュー(自己中)からの脱却


桜の花の開花予想が出るそんな時期になってきました。
今年の桜は異常に早かった昨年よりは遅いものの平年に較べると同じか
a0960_005606.jpgのサムネール画像
や早く咲く見込みとか...。
宮崎では今月の22日頃に咲きそうとのことですが、三寒四温とはいえ第2週に寒の戻りもありましたので、これからあとは暖かい日が続いてくれるのではないかな?と期待しているところです。


ところで3月11日午後2時46分には、サイレンの音を合図に1分間の黙祷に入りました。
恐らく日本各地、所によっては世界のどこかでもその時間に黙祷がおこなわれたのではないかと思いますが、東日本大震災も今年で4年目を迎えました。早いものです。
それにしても復興のスピードの遅いこと遅いこと...。これが優秀な民族であるはずの日本の実力かと思うと嘆かわしくなります。
政治家の皆さんにはもう少し頑張って欲しいものですよね。


ここで話はガラっと変わりますが今月はどういうわけかご家族の方からの無料相談が増えています。その殆んどはお嬢さんではなくて息子さんの結婚についてのご相談。
常識的に考えると、男性は自分から動いて一人で相談に来られ、女性はひとりでは不安だからということでご家族の方についてきてもらうというケースが多いように思いがちですが、現実は全く逆のケースが多いので驚かされてしまいます。
宮崎の女性は確かにしっかりされた方が多いというのは事実ですが、この傾向は宮崎に限らず、全国的な傾向のようです。

『ウチの息子は結婚する気があるのかないのかサッパリわかりません。私達がいつまでも生きているかのように勘違いしているのではないかと思うほど自ら動こうとはしません。親である私達としましては、私達が亡くなったあとはこの子はいったいどうするんだろう?と思うと心配で夜も眠れません。それでこうやって自分達が背中を押さないといつまでも状況は変わらないと思って出しゃばってきました』とのこと。

このセリフは異口同音にお見えになるご家族の殆んどの方から何度もお聴きしています。どこの親御さんもそういう切羽詰った真剣な様子でお見えになります。

ひと通り婚活の現状を説明し必要と思われるアドバイスをしますと、殆んどの方が『今度は必ず息子を連れてきます』と云ってお帰りになられます。
何日かあとに無事に息子さんを連れてお越しになられた場合は、殆んどの方にスンナリとご入会いただいています。

ところが真剣に悩んでおられた筈なのに、中にはその後何の音沙汰のない方もおられます。心配になって『その後如何でしたか?』と連絡しますと『あれから息子に何度もそちらにお伺いするように勧めているんですが、その内その内というだけで全く動こうとしません。ほんとに困っています』との答えが返ってきます。

ご本人にその気がないのを無理強いするというのはエントリーとしてのポリシーに反しますのでそれ以上しつこく連絡するようなことはしません。
しかしそういった息子さんに対しては、『もう少し自分の人生とか親御さんの気持とかいうものを真剣に考えたらいいのになあ』と心配になります。

もちろん、結婚が人生のすべてだとは思っていません。従って、やりたいことがあって信念をもって今は結婚は考えられないということであればそれはそれで一つの立派な考え方・生き方であってそのことに対してとやかくいうつもりはさらさらありません。

しかし、ご両親と一緒に住んで、食事や洗濯、生活費の面倒をみてもらいながら、稼いだお金は全部自分が好きに使え、束縛されることもなく気楽な生活を送れるということに満足していて『こんなに自由な生活を送っているのにどうしてわざわざ窮屈な結婚して縛られなくちゃいけないの?』と考えるような自分勝手な人もすべてとはいいませんが、かなり見受けられるのも事実です。

親のスネをかじるだけで、自分に愛情を注いでくれている親御さんに心配だけかけておいて孫の顔を見せてやりたいというような優しい気持ちすら持ち合わせていないような『ジコチュー(自己中)人間』には私は正直憤りすら感じます。

認めたくはないけど「」あるものに「」はつきものです。親孝行とは親御さんが生きておられて初めてできるものです。
そういう人は『親孝行、したいときには親は居ず』って言葉があるのをご存知ないのでしょうか?
親孝行はいつするか?』...、それこそ古いギャグになってしまいますが、まさに『今でしょ?』です。
自分が出来るまさしくそのときに親孝行くらいはしておきたいもの。『後悔は先に立たず』ですよ!

そしてそういう自分勝手な人は結婚しても自分のパートナーになった人に対して思いやりや気遣いができるのかと思うと甚だ疑問と思わざるを得ません。そんな人に待っているのは『結婚生活の破綻』という厳しい現実。私は何よりもそのことを危惧します。

そうならない為にも周りの人に対する愛情と思いやりの心を忘れずに『ジコチュー(自己中)からの脱却』を図る為の日頃の努力が必要なのではないでしょうか?

婚活やの親父こと
                
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*今回も少し早めに更新することができました。
 次回は月末で忙しくなりますので28日前後を目処に更新したいと思いますので
 宜しくお願いします。









宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ