2015年4月アーカイブ


それにしてもこの4月はよく雨が降りました。
お陰で日照不足等により野菜の値段は高騰するし、気分もスッキリしないといった感じで,下旬に入って回復はしてきたもののちょっとウンザリの4月となりました。

我が家の庭を彩ったツツジも私の読みどおりに直ぐに枯れてしまい、夏に向けての模様替えが少しずつ進んでいっているようです。
蕗(フキ)も例年のように裏庭の斜面を覆いつくし、茎の部分も大分
IMG_0492.JPG
食べ頃にまで成長してきています。(写真 右)
私は蕗(フキ)も筍も大好きなのですが、逆流性食道炎のためどちらも沢山食べることはできません。皮肉な運命?です。

しかし、自分では食べられなくても収穫するというのはそれはそれで結構楽しいものですし、たまたま来られた会員さんに差し上げたりすると喜んでいただけるので、もう少ししたら刈り取りにかかる予定です。
また梅の木も今年は昨年以上に沢山の実をつけており、毎日それを見るのが私の楽しみのひとつとなっています。


ところで私のこのブログもどうにか月三回更新のペースが定着してきたように思います。
昨年までは週一回更新のペースにつき、いつもブログに追い立てられているような感じで精神的にはかなりきつかったのですが、その点現在は大分楽になり余裕をもって取り組むことができるようになりました。

ただ、そうするとせっかくこれまで週一更新を前提として読んで戴いていた方が離れていってしまうのではないかな?ということが気になっていました。
それで毎日アクセスして頂いた方の数をチェックしていましたが、月単位で集計してみるとお陰様で日を追う毎に増えることはあっても減ることはないまま現在にいたっていますので有り難いことだなと感謝している次第です。

また、時々成婚退会された方から近況報告とともに『今でもブログを楽しみにしています』というメールを戴くことがあります。
結婚されたら、結婚相談所のブログなんて『御用済み!』という感じで読んでもらえるということは期待していなかっただけに、こういうメールを戴くととても嬉しく幸せな気分になります。

また今月入会していただいた女性の方からは『ブログを読んでエントリーさんにお世話になろうかな?と言う気分になりました』と仰っていただきました。
お世辞だろうと思ってはいても単細胞の私としましては非常に嬉しいものです。その時は照れくさくてどう反応してよいのかわからず笑ってごまかしたことでしたが...。
それでもこういう風なことが続くとブログに対する私のモチベーションは確実に上がり、これからももっともっと頑張らなくちゃなという気にさせられます。本当に有難いことです。


ところで話はガラっと変わりますが、先日、2014年度県民意識調査結果なるものが発表されました。
県民の結婚観や子育てに対する意識の変化を探り、少子化対策に反映させることを目的とした調査だそうです。
その中で、独身に限定した結婚観の質問では、9割の人はいずれ結婚すると回答したそうです。      その人達の『独身でいる理由』としては「結婚したい相手に巡り会えない」からと答えた人が最も多く、「仕事に打ち込みたい」からと答えた人がそれに次いで多かったとのこと。
そしてそれとともに「異性とうまくつきあえない」からという理由を挙げた人が前回に較べると大幅に増加していたそうです。

これまで長いこと結婚相談業務に携わってきている私には「結婚したい相手に巡り会えない」からという回答が非常に気になりました。
そういう方達に対しては『どうして巡りあえないのかということについて真剣に考えたことがおありですか?』と問いかけたい気持になります。

そもそも『結婚したい相手』といいますが具体的にいうとそれはどんな人かということがご自分の中で本当に明確になっているのだろうか?とお尋ねしたい気持になります。
例えば芸能人の誰々のような人とかいった夢みたいなことばかりいっていてもそんな人がそう簡単に見つかるはずがありませんし、もしそういう人がいたとしてもその人が自分のリクエストに応じてくれるかというとそういう保証はないはずです。

これまでの私達の経験からしますと『結婚相手探し』と『恋人探し』とを混同しておられる方がかなり沢山おられました。
会員さんの場合、気がついた時には私達もそのことをやんわりと指摘してきました。
しかし、素直に納得して頂く方と、一般論としては理解できていても自分のことになるとなかなかお分かりいただけない方を沢山みてきました。
それだけ微妙な問題なのかもしれませんが、これを克服しないと前には進めないのではないでしょうか?

また、そのことについては自分の中で明確に整理され理解も充分に出来てると思うけど、とにかく『出会いのチャンスがない』のが最大のネックという方もおられます。
そういう方の場合はチャンスのあるところ、例えば婚活パーティーとか合コンとか結婚相談所とかいったところに自ら出かけていってそこでカップルになるための努力をすれば少なくとも出会いのチャンスには恵まれると思うのですが、そういった努力はされてるのでしょうか?
これといった努力もせず、偶然のチャンスを待っているだけだとしたら、ご縁がないのは当然の話ではないでしょうか?まさに『何もしなければ何も始まりません!』だと思います。

そのほかにも『結婚したい相手に巡り会えない』理由はいろいろあるかと思います。
自分に対して自信を持つということは大切なことですが、それが時として自己過信もしくはその逆で自己の過小評価に陥っている人もおられます。そういった方達の場合も自分にピッタリの人をみつけることは難しいかもしれません。

自信過剰の人はもう少し謙虚に、自己過小評価の人はもう少し自分に自信をもたなければなりません。但し、こういったことは自分ではなかなか気がつき難いものです。

時には自分がそういった状態に陥っていないかということについて客観的な目で自分のことを振り返ってみることが必要なのでは?と思いますし、それが自分では出来ないという方の場合は親しい友人とかおられたらその方に本音の感想を聞くのも効果的な方法ではないかと思います。

いづれの理由にしろそれまで『結婚したい相手に巡り会えなかった理由が何か?』ということがわかったら、その理由毎に『その問題点を解決し、早く結婚できるようにするためには自分は何をどうしたらよいのか?』ということについて真剣に考え、対応策を考えていかなければなりません。

と、そうはいってもどうしても自分では分からないという方は、未熟ではありますが私達を上手に利用して下さい。まがりなりにもこれまで沢山の事例を経験していますから、少しはお役に立てることもあるのではないかと思っていますので。

大事なことはちょっと難しいかな?と思われることがあってもそれから逃げないで前向きに真剣に取り組んでいくこと! そうすれば必ず結果はついてくると思います。

こういうテーマになりますと次から次に書きたいことが出てくるのですが、大分紙面の方も費やしてきていますので、今日のところはこの辺にて終わりにしたいと思います。



 婚活やの親父こと
                 哲
                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


  *次回は5月6~8日あたりを目処に更新したいと思いますので宜しくお願いします。
   また、このブログを読んで下さってる方で他の読者の方に紹介したいと思われるよ
   うな事例がありましたらご紹介下さい。どなたでも構いませんので...。





寒くなったり暖かくなったり、晴れたかと思うとまた雨の日が長く続いたりと相変わらず落着かない天候が続いています。

巷(ちまた)では桜の花はスッカリ散り果ててしまいましたが、それに入れ替わってツツジの花があちこちで咲き誇っています。
クルマで出かけるたびに道路沿いに植えられている赤や、ピンクや白のツツジに目を奪われてしまいます。

我が家の裏庭も一年中で今がイチバン美しい季節を迎えているようです。
IMG_0362.JPG
毎朝一階の居間のカーテンを開けたとき目に飛び込んでくる色鮮やかな草花には心を癒されます。

これも桜同様枯れないうちにということで写真をバチバチ撮りましたのでその一部を貼り付けましたが、ピンクや赤のツツジが庭を華やかにしてくれているのがお分かりいただけるかと思
います。


話はガラッと変わりますが、これから後は前回のブログでご紹介しましたとおり今月12日(日)に開催しましたお見合いパーティーについてご紹介します。
前回のブログでも書いたとおり、今回は女性の参加者集めに大変苦労しましたが、最終的には
男性17人、女性17人の男女ピッタシ同数が集まりました。

直前には男性2人からキャンセルの申し出があり焦りました。
その内の一人の方はひどい風邪で苦しんでおられましたが、当日の朝になって咳はまだ幾分残っているものの熱の方は冶まったのでなんとか出れそうですとの連絡が入って参加していただくことになりほんとにほっとしました。

40代以上を中心としたパーティーは前回が昨年の11月30日でしたので、4ヶ月ごとに開催という原則からしますと本来なら3月中に開催すべきところを一ヶ月遅れての開催ということになりました。
これは2年前からそうしているのですが、理由としましては会員の皆さんの中には会社にお勤めの方や公務員・教員・保育士他の方などが沢山おられるため。
そういった方達にとりましては3月は年度末ということで参加したくても仕事のためにどうしても参加できないという人が多かった為、そういった方達の都合を考慮して4月の中旬に延ばしたという次第です。

合計34名の参加でしたが、今回はどういうわけか成立したカップルは3組とこれまでで最も少ないものとなり正直ガッカリでした。

ツーショットで話すカップルは沢山おられ、皆さんがリクエストカードを使うまでもなく積極的に動いておられましたのでこれはカップルが沢山できるのでは?という期待を抱いていたのですが、集約した結果をみて意外に思うとともにヤレヤレとガッカリしました。

考えられる理由としてはひとつには男女の割合が人数的にはピッタリうまくいったのですが、年齢構成を較べてみますと女性の方々に較べ男性の方々の年齢が高い人が多かったように思います。従って年齢的にはバランスは取れていなかったという点が大きかったのかな?と思います。
それと男女とも一部の人に人気が集中していたことも大きな要因として挙げられるかもしれません。

ただ、全体的にはそういう低調な結果に終わった中にあって嬉しいこともありました。
それはこれまでなかなか良いご縁に恵まれなかった男女が今回見事にカップルになられたこと。私達からしますと『やった~!』って感じです。

男性に関しては『どうしてこんなに真面目で誠実な人間が成婚できないんだろう?』と不思議に思えるような方です。
そんな彼ですがどういうわけかお付き合いに入ることがあってもどうしても最後まで続きませんでした。交際を止める際にも相手の女性は異口同音に『とってもよい方なんですけど...』と彼の悪口をいうような人は一人もいませんでした。

それならそのままゴールインすりゃいいのにと思うのですが、『でもちょっと何かが違うんですよね...』ということで終わっていました。
『過ぎたるは及ばざるが如し』とかいいますが、彼の真面目過ぎるところがこれまでの女性には理解しにくかったということかもしれません。


彼女の方は彼女のほうでなかなか彼女にピッタシのお相手に恵まれることがないまま今日まできていました。
彼女は私達からみても素直で明るくてとても良い女性です。それが証拠には今回のパーティーでも何人もの男性から申し込みが入っていましたから...。

しかし、今回彼女が交際申込み票の第一希望欄に書いたのは彼の番号!そして彼も第一希望欄に書いたのは彼女の番号!ということで見事にマッチングして目出度くカップルとなったという次第。

これまでお二人ともお相手探しの時に夫々のプロフィールは見ておられた筈なんですが、お二人ともその時には今回のお相手に申し込まれることはありませんでした。

それがパーティーに出られて実際に出会い、お話をしてみるとお二人ともが気に入られたというわけです。もし、このパーティーに出られなかったら、このカップルは成立しないままで終わったことと思います。
会員さんの中には、特に女性会員の方に多くみられますが、1~2度パーティーに出てそこで希望する人と出会えなかったら『出ても無駄』と2度とパーティーに出られない方もおられます。
勿体無い話です。運命の人は一人でいいわけですから出てみたらいいのに...と思うことがよくあります。ほんとに『何もしなかったら何も生まれない』という私の口癖を思い出して欲しいものです。

いずれにしてもこれからあと今回のこのカップルについてはこれから先どうなるかは分かりませんがつまらない誤解がもとで破局にいたることがないように私達も積極的に介入していこうと思っているところです。
勿論、残る2組のカップルについてもしっかりとフォローしていこうと思っています。

また、パーティーが終わったあとにメールを下さった方の中に『カップルにはなれなかったけどいろんな人と話すことが出来て楽しかった』旨の感想を書いてくださった方が何人かおられました。
気を遣っていただいたのかもしれませんがそんな感想をいただいたことは有り難く思うとともに参加された皆さんのご協力に対し心から感謝する次第です。


 婚活やの親父こと
                 哲
                        (宮崎の結婚相談所 エントリー代表)



          *次回は26~28日位を目処に更新したいと思っておりますので
            宜しくお願いします。   











身近な桜


時は早や4月に入りました。
学校や会社では新年度が始まるということで沢山の新入生や新入社員が誕生し、こちらまでなんとなくフレッシュな気分にさせられるそんな季節。
その勢いでエントリーにもフレッシュな新入会員の皆さんが沢山入ってきてもらえたら嬉しいなとひそかに期待をよせているところです。

現時点で新規の無料相談の予約も結構入ってきていますので、私達は今年度も気分を新たに更なる会員増、成婚者増を目指して頑張らねばと決意をあらたに張り切っています。

それにしても宮崎ってほんとに桜の木が沢山あるんですね。     IMG_6717.JPG
この季節以外では他の樹木と同じように緑の葉をつけ、同じように枯れ木の状態になるので区別がつきにくく気がつかなかったのですが、二日程前、用事のついでに宮崎市内をクルマでグルグル回っていましたらあちこちで満開の桜の花をみかけました。
さも『桜の花ここにあり』とアピールしているかのように勢いよく咲き誇っている姿を目にすることができ気持が晴々とするおもいでした。

日ごろは全く気にしなかったような所にまで桜をみつけることができ、桜の木ってこんなにあちこちにあったんだなあ...と改めて桜の木の身近さに驚かされた次第です。

更に驚いたことにその艶やかな桜が満開を確認してから二日程しか
IMG_6711.JPG
経ってないのに今日はもう少しづつ散り始めていました。毎年の光景ではありますが、パっと咲いてパっと散るほんとにいさぎよい花です。
これからは一日ごとに道路が桜の淡いピンクの花びらで覆われていくかと思われます。

毎度の事ながらその美しい光景に見惚れるとともに『ものの哀れ』というかなんともいえない一抹のもの悲しさを感じるのは私だけでしょうか?

何事につけても『衰える』というイメージが大嫌いな私。
従いまして何がなんでも桜が散り始める前に勢い盛んな頃の桜を見ておかなきゃあということで、新聞やTVの情報をもとにいちばん良い時期に西都原古墳群にでかけました。エントリーからクルマで40~50分ほどでいけますから近いものです。

西都原古墳群は2000本の桜と30万本の菜の花が見事なコントラ
ストを見せるのが特徴で、全国有数のお花見スポットの一つとなっています。それだけに
IMG_0309.JPG
そのスケールの大きい桜の淡いピンクと菜の花の黄色のコラボレーションは圧巻でした。

その日は平日でしたがそれにかかわらず駐車場はあっというまにいっぱいになっていました。
食いしん坊の私達としましては、プロ野球のキャンプ訪問時と同様に立ち並ぶ屋台を一軒一軒見てあるきながらイカ焼きとかタコ焼きなどを買い込んで食べながらのお花見としゃれ込みました。

来ている人はおじいちゃんやおばあちゃん達の地域の敬老会とおぼしきグループや、家族連れ、さらにはツーショットの若いカップルも結構みられました。

そういえばここでプロポーズしようと思いながら時期が早すぎて晴れの舞台としてはイマイチかな?ということで日向市の海岸まで行ってプロポーズされカップルもおられたなあと懐かしく思い出しながらオクサンと二人であちこち歩き回りました。

私はせっせと写真を撮りまくりました。よく撮れてる写真があったらブログに貼り付けて皆さんに見て戴こうと思ったからです。
ところが帰ってパソコンに取り込んでみてみると結構ピンボケしていてガッカリでしたが、今更どうしよ
うもないのでその内の何枚かを選び出し添付することにしました。写真の出来栄えはおいといて、雰囲気だけでも味わってもらえたらなと願う次第です。

枝垂桜(しだれざくら)もきれいに咲いていました。 もっと近くで見てみたいと思いと近づいてい
IMG_0320.JPG
きましたらそのときにどういう弾みにか木の枝に頭を厭というほど強くぶつけてしまいました。
おでこの上の方に切り傷と小さなタンコブができたほどでしたから相当痛かったのですが、オクサンにバカにされるのも癪なので大丈夫、大丈夫と何でもないフリをしました。
我ながら全くそのドジ加減には愛想が尽きます。

ところで今月の12日にはお見合いパーティーが開かれます。
今週はその資料作りや最後の人数調整等で結構忙しい一週間になりそうです。参加者は最初のうちは男性が沢山集まったのに対して女性が大分不足していて焦りましたが、3月の終わりになって対象となる年齢層の新規の女性会員の方がバタバタと入会していただき、その方達が皆さんパーティーに参加していただくことになりましたので現時点では丁度バランスがとれるようになりました。

このあとも新規に入会される方については極力参加していただこうと思っていますので最終的にはどうなるかわかりません。
いずれにしても沢山の方に参加して頂いて沢山のカップルができたらいいなあと期待している次第です。

婚活やの親父こと
                哲
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


 * 次回は15~16日を目処に更新します。
   12日のパーティーのことを中心にお伝えしますので乞う、ご期待!











宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ