2015年6月アーカイブ


雨また雨...、エルニーニョ現象の影響だそうですがほんとにひどいもんです。
ところが東北地方はようやくこれから梅雨入りだとか...。狭い日本でもまだ梅雨入りすらしてなかったところもあるんだなあと改めて驚かされました。

それでも昨夜は久方ぶりに夜空に浮かぶお月様を見ることができましたし、今朝は今朝で陽光の中で目を覚まし、久方ぶりに雲ひとつない青空を見つけることができました。

梅雨の晴れ間だそうです。日曜から月曜にかけてのたった二日間ではありますが貴重なひと時を味わうことができました。それにしても太陽の恵みってすごいものがあるんですね。

私の気分もかなり回復しましたが、梅雨の間にできなかったことをやっておこうと昨日は毎月必ず行く両親の墓参りに行ってきましたし、玄関口の掃き掃除もできました。また怠けっ放しだった散歩についてもまとめてたっぷりと歩いてきました。

夏は大っ嫌いと公言して憚らない私ではありますが、梅雨の長雨よりと較べると大っ嫌いな
夏でも構わないから一刻も早く梅雨のない世界にいきたいものだと心底そう思っています。

それはそうと先日、ピンポーンとチャイムが鳴って『外壁の塗り替え
ハッピーウェディング素材集NO.6 235.jpg
リフォームをしませんか?』との業者からのオファーがありました。
まだ10年位しか経ってないのに何を失礼なと思いながら『ウチはまだ結構です』とあっさりとお断りしましたが、改めて我が家の白い外壁をまじまじとみつめてみましたら、玄関口の右半分の白い壁を緑色した苔が随分と面積を拡大しながらこびりついていました。

なるほど、これなら目をつけられるのも無理はないわなと驚いてしまいました。長雨のせいでしょうか?気がつきませんでした。

高圧洗浄機でサーっと流せば大部分は元に戻るだろうと思いながらもこの天気ではなかなか着手もできませんし、体力もいります。
いろいろ考えていくと、結局最後には素人の手には負えないということで業者に頼むことになるのかなあと半分は諦めながらウンザリしてしいるところです。


ところで、新聞・TVで大々的に報道されていたのでかなりの方がご存知かと思いますが、「結婚・家族形成に関する意識調査」で『今、恋人が欲しいですか?』との問いに対し若者の約4割が『NO] と答えたということがセンセーショナルに報じられていました。

そしてその調査結果は2015年版の「少子化社会対策白書」の中に盛り込まれたとのこと。
私はまだ読んでいませんが、白書には子育て支援のみならず結婚についての情報提供などきめ細かな少子化対策が必要とまとめてあるようです。

しかし、一部のマスコミは『若者の4割弱は恋人欲しくない』とか、4年前の同種の調査より『恋人は欲しくない』とする割合が上昇傾向であることから、男女ともに草食化の進展をうかがわせる結果となったという趣旨のことを書いていましたが、そういう表現は読む人に大きな誤解を与えかねないのでは?と私は非常に危惧しています。

そもそもこれは内閣府が全国の20~39歳の男女7000人を対象に昨年12月から実施した調査の結果をベースにしたもので、対象者7000人中2643人(38%)から回答があったそうです。

その調査結果では『未婚で恋人がいない』と答えた人は761人。その761人の中で『恋人は欲しくない』と答えた人が37.6%いたというだけのことですから、回答した全2643人に対しては10.8%に過ぎません。
『若者の4割弱は恋人欲しくない』とかいう表現はあきらかに過剰表現で不正確だと思います。

また、細かい内容についてみていきますと、男女とも収入が少ない層は約半数が『欲しくない』と答えていますが、収入が高くなるほど恋人が欲しい率が高まっていて男性は年収400万以上で8割、女性では200万以上で7割強の人が『恋人が欲しい』と答えたとの調査結果などもみられました。

また、『欲しくない』と答えた人の中で交際する上での不安として『出会いの場がない』(56%)、『自分は魅力がないのでは?と思う』(34%)という理由が高い割合を示しているのも気になりました。

私は調査のすべての原データを詳しく分析したわけではなく、あくまで公表されてる範囲のデータを分析した結果を基にしてのコメントですから断定的に偉そうなことをいうつもりはありません。

しかし、まがりなりにも10年強の間私はエントリーで沢山の方との間でさまざまな情報の収集や意見の交換をしてきましたのでそれなりの蓄積はあるつもりですし、私の決して短くはない人生経験とを照らし合わせて考えてみますと若者の価値観が変化し、草食化の傾向が強まったがゆえに『恋人が欲しくない』という風に変化したとは考えられません。

国が実施した調査につきそれなりの有識者が調査表からつくられたことと思いますので、私ごときド素人がえらそうなことをいえた義理ではないのですが、多くの人には『本音』と『建前』というものがあるものだと私は理解しています。

単に一割強の若者が『恋人は欲しくない』と答えたからといって『最近の若者はより草食化がすすんできているようだ』と結論づけていくのはいかがなものかと?思います。

恋人は欲しいんだけど今は収入も低いし、自分自身に対しても自信がもてない。
従って現時点では『恋人は欲しくない』と答えざるを得なかったというような人も沢山含まれているであろうと思われますので、そのことも充分認識しておく必要があると思います。(釈迦に説法!勿論、調査に携わった方達は充分にお分かりのことだとは思っていますがあえて書かせていただきました)

私としましては少子化の進展を食い止めるために子育て支援のみならず結婚についての情報提供などきめ細かな少子化対策が必要とまとめてあることについては大賛成です。

そうであるからこそ、若者の価値観が変化しているから恋人を欲しくないとする若者が増えているんだと簡単に結論づけるべきではないと思います。
そう答えざるを得なかった若者の為にも国はもっと彼らの本音を引き出し、彼らの生活改善の為に本腰を入れて取り組むべきなんじゃないか?と期待する次第です。

婚活やの親父としましては以上のことが非常に気になりましたので敢えて一言口を挟ませていただきました。



 婚活やの親父こと
                 
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


     *次回は7月9~10日を目処に更新したいと思いますので宜しくお願いします。









それにしても本当によく降りますよねえ。。
私が旅行から帰って来て以来、殆んど雨ばかりのような気がします。鹿児島では月の半ばにしてこれまでの総雨量が1200ミリをこえたところもあるというのですから困ったものです。

私が行ったルーマニアやブルガリアはヨーロッパにあるとはいえ一部を除き地中海性気候ではなく全体的には大陸性気候という風にいわれていますので雨具の用意はしっかりしていきました。
ところがお陰様で私の旅行中は夕方ちょっと小雨が降るときがあった程度で、ずっと晴天に恵まれ日焼けして帰ってきた位でした.
それだけに日本の...というか宮崎のこの長雨には本当にウンザリしてしまいます。

これが梅雨なんだといわれたらそれまでの話ですが、お天気屋を
DSC_0030web1-600x401[1].jpg
自称する私としては一刻も早い梅雨明けを望むばかりです。
それでも庭先のアジサイだけは生き生きと咲き続けていますのでその姿には毎年のことながら心が癒されます。

ところでエントリーの活動の方は悪天候にも拘わらず無料相談や現役会員の方達の動きが活発で私達としましては非常にやりがいのある毎日を送ることができています。

エントリーのここ何年かの実績を振り返ってみますと、毎年気温が上がってくる時期になるとと婚活する人達の動きは活発になるという傾向がみられるようです。
このことは昨年のブログでも紹介したかと思いますが、今年も例年通りの傾向となってきているようで、私達にととりましては有り難いことだと感謝している次第です。

新規の入会者が増えますとその方達からのお見合いの申し込みが続き、それに触発されるかのように現役会員の方の動きも活発化していきますのでお見合いの数がぐっと増えてきます。ウチのオクサンの方はその日程調整で大忙しです。
この良い流れが途絶えないように私達としてもいろいろ工夫していかなければと思っているところです。

また、最近の無料相談が多かったことの理由の一つには、エントリーのOB会員の方からの紹介が多かったこともあげられるかと思います。

特に嬉しかったのはエントリーの会員さん以外の方と婚約し退会されたOB会員の方からの紹介があったこと。
そのOB会員の方はオクサンが時折相談にのったくらいで特別なお世話をしたという記憶はありません。ほかの会員さん達と同じように接しただけのような気がしています。
というのはご入会後比較的早いタイミングでご友人からの紹介で良いご縁が見つかりエントリーを退会された方だったからです。

今回ご入会いただいた方はそのOB会員の方とお知り合いだったらしく、たまたま結婚のことについて相談したときにそのOB会員の方から『それならエントリーという結婚相談所があるからそこに行ってみたら?』と勧めて頂いたとの事。

それを受け、今回ご入会いただいた方はホームページでエントリーのことを調べられたあとで無料相談にお出でいただき、説明を聞かれたあとで入会していただきました。
非常に真面目な努力家で且つ気持の優しい素敵な方。どうしてこんな人がこれまでご縁がなかったのか?と不思議に思われるような方でした。

また、もう一人の方の場合は男性でしたが、この方は昨年の10月にエントリーの女性会員と成婚退会されました。
職場に先輩で独身の方がおられるということでエントリーのことを推薦していただき、わざわざお忙しい中ご自分が一緒に先輩の方を連れてきていただきました。本当に有り難いことです。

先輩は職場が男性主体で出会いのチャンスがなかったがためにこれまでご縁に恵まれなかったという方。

女性の方の場合もそうですが、どんなに素敵な人であっても出会いのチャンスがないとどうしても結婚にたどり着くのは遅くなる傾向がみられます。
特に真面目で職場と自宅とをクルマで往復しているだけの方にそういうことがいえるようです。

今回ご入会いただいた先輩の場合は人柄が良い上に客観的条件も悪くないのでそんなに時間はかからないのではないかと期待しているところです。

それに実際にエントリーの会員さんだったOBの方からの勧めだと余計説得力もあるようで、これまでOB会員さん達が紹介して下さった例ではほとんどの方がご入会いただいています。有り難いことです。

会員さん達の中には今でも結婚相談所で知りあったということを知られたくないという方が結構沢山おられます。
私達もその気持ちは充分理解していますので、普段私達からはOB会員の方に対して『お友達を紹介してくれませんか?』ということは申し上げないようにしています。
そのような中にあってこういったご紹介をいただけるということは私達からしますと非常に嬉しくまさに"感謝、感謝"です。

OBの皆さんからのご紹介については他にも結構沢山あり、そのうちの何件かはこれまでのブログで紹介してきたかと思いますが、私達はそういったご紹介戴いたOB会員さん達の顔を潰すことのないように、他の会員さん達に対すると同様にこれからもしっかりとお世話していきたいと思っています。

最後に今回はパソコンのトラブルで殆んど出来あがる直前でどういうわけか電源がプツンと切れてしまったことが2度もありました。ほんとにガックリ、呆然となりました。

今回こそは何があってもいいように2~3行書いては直ぐに保存という作業を繰り返しながらようやくここまで書きあげることができました。
パソコンって便利ですが、機械音痴の私にとっては非常に厄介なものだということを改めて思い知らされました。(フ~、これで3回目にしてやっと完了! 直ぐに保存しよ~っと)

婚活やの親父こと
                
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


  *次の更新は29~30日を目処に頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。









バラ祭り


それにしてもよく降ります。
梅雨に入ったからといって何もこう律儀に降り続ける必要はないのにと思うのですが長雨には困ったものです。

と、私はグチをこぼしながら久方ぶりにパソコンに向かっています。
久方ぶりといいますのは、6月はじめから旅行に出かけまして10日に帰ってきたからです。
その間はパソコンには全く触れずジマイという私にとりましては珍しい毎日を過ごしました。

普段は入院している時とか出張している時以外はパソコンに向かわない日は殆んどないといっていい位パソコンづけの毎日を送っていますので、パソコンに触れると何だかほっとします。

今回の私の旅行先はここ2~3年ずっと行きたいと思っていたヨーロッパのルーマニア・ブルガリアの2カ国!特にブルガリアのバラ祭りを見たいと思っていました.

これまでは日程がなかなか合わず見送ってきましたが、今回は丁度ピッタリのツアーが見つかりましたのでオクサンの許可(?)をもらって行かせてもらいました。
普段は定休日といってもブログを書いたり、登録その他の事務作業で殆んど休日のない生活を送っている私にとりましては年に1~2回のせめてもの息抜き行事です。

仕事の関係上、長期の休暇は会員さんに迷惑をおかけすることになるのでなかなか実行に移しにくいものですが、幸いエントリーの場合はオクサンがその間ひとりで頑張ってくれますので、毎度のことながらオクサンには大感謝しています。

おまけに今回不在の間は皮肉なことに普段よりさらに更に予約が立て混んでいたようで、新規入会者がこの間で4人もありました。
その他にお見合いや会員さん達のお相手探しなどをいれますと土日など朝から夕方まで予約表はぎっしり埋まっていましたのでこれは一人で大変だったろうなと申し訳なく思いました。

私の方は10日の午後に自宅に帰りつきましたが、時差ボケでボンヤリしながらも事務処理や締切りが迫っていた広告原稿の作成とこのブログの作製などで結局休む間もなく『11時過ぎまで仕事に没頭』ということになりました!
それでも9日間も留守にしていたわけですからこれくらいは当然の責務であって、勿論文句などいえたものではありません。

また、今朝は今朝で11時から無料相談にこられた新規の30代の男性の方に応対し、おかげさまで無事にご入会いただきましたので、どうやら本来の調子に戻れたような気がしています。
ただ、不在の間に溜まりに溜まったメールにつきましては迷惑メールを含めますと何と600通近くに達していましたのでこれについては優先順位を考慮し後回しにすることにしました。

といっても同じ内容のメールがオクサンのパソコンの方にも入っており、会員さんからのメールを含め必要なものにつきましてはオクサンがすべて対応してもらっているのでその点はご心配なく!


ところでせっかくですので、今回の私の旅行についても少しだけ紹介しておきたいと思います。
旅行についての感想をひとことでまとめますと『とにかく疲れたツアー』ということになりそうです。
通常は11日間位かかる行程を9日間でまわるという強行日程につき睡眠時間は少なく、バスと世界遺産の見学とでスケジュールに追いかけられながらの余裕のないきわめてハードなツアーでした。

それでもこの旅行の目的たる肝心要のバラ祭りだけは充分に楽しめました。
このバラ祭にはブルガリアの大統領も参列したのでこれにはビックリ!
IMG_0573.JPG
日本の安部首相と違って『暇』というか大らかというか、好意的にみるならば今や世界的にに有名となり世界各国から見学者の訪れるバラ祭りをそれだけ重視しているからということになるのかもしれませんが、とにかく驚きました。

またバラ祭り会場の近くの村でで行われた地元のお祭りでは民族衣装で着飾った人達が歌い踊りの賑やかな催しを披露し私にとってはこちらの方が本番のバラ祭りより楽しく思えました。

バラの花が大部分が摘み取られていて余り残っていなかったのには少々がっかりさせられました。
5月の初めが最盛期だそうです。それでも右の写真のようにきれいなバラ
IMG_0777.JPGのサムネール画像
の花もそれなりに残っていましたのでバチバチと写真に収めてきましたが、ほんとにきれいでした。

今回のツアーで撮ってきた写真は何と765枚。ビックリです。買ったばかりのデジカメで滅多やたらに撮りまくった結果ですがこれまたたっぷりと撮りまくりまったビデオカメラの方も合わせるとどうやって整理したものか、今の所はまだ頭の整理がつかない状況です。

旅行の詳細につきましてはいくらでも紹介できるのですが、婚活とは少しはずれますので今日の所はこの辺にしておきたいと思います。
ただ、ツアーに参加した方たちについては面白いエピソードもいくつかありま
IMG_0576.JPG
したのでそれについては今後のブログの中で随時紹介していきたいと思います。



最後に、今回このブログを書くに当たって前回はどんなことを書いたっけ...と何気なく前回のブログを開いてみましたら相も変わらずの失態をやらかしていたのに気づき愕然としました。

前回分をご覧戴いた方はお分かりかと思いますが、ひと通り仕上げて次回の更新予定まで書いてそれで終了したつもりでいました。
ところがなんとそのあとに削除漏れの文章が長々と続いていたのを見つけたからです。気づいた方はおられましたか?

『え~、これはどういうこっちゃ』と慌てて余分な分を削除しましたので現在は痕跡は残っていません。
私のブログをいつも厳しくチェックしてくれている神奈川の親友でさえ気づかなかったといってましたからひょっとすると多くの方が気づかれなかったのでは?と甘い期待を抱いているところですがとにかく私のミスの多さにつきましてはお恥ずかしき限りでウンザリしています。


以上のように疲れはしましたが、それなりに充電してきましたので、これからあとは気持を切り替えて仕事に精をだしていくつもりですので今後とも宜しくお願いします。


 婚活やの親父こと
                  
                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


  *次回は20日か21日頃更新したいと思いますので宜しくお願いします。







関東地方で震度5強、マグニチュード8.5という大きな地震が発生、深度が深かった為日本全国が震度1以上を観測したとのこと。
また鹿児島県の口泳良部島の新岳が爆発した他、箱根・桜島等あちこちの火山活動が活発化しているといったように日本列島が揺れています。
私達の身辺でもいつ何が起きてもおかしくないという物騒な世の中
tokusetsu_gravure_002_0_1.jpg
になってきているようで困ったことです。
こうなるとますますやりたいことは先延ばしせずに今の内にやり遂げるようにしなければとの思いが強くなっていくような気がします。

先月の後半は本来の五月らしい五月晴れが続きましたが終盤になると雨が降り続いていますので、6月に入ったことでもありもうすぐ梅雨入り宣言ということになるのかなとウンザリしているところです。

それにしても五月の後半は私にとってはいろんな行事が立て込み大忙しでした。
仕事の面でも、月の前半から半ばにかけては例年に比べると動きが悪かったので、どういうことなんだろう?と不思議に思っていましたが20日を過ぎた頃からバタバタバタっと新規入会者が増えて後半は仕事に追いかけられる結果になりました。お陰様で五月もなんとか目標は達成できました。有り難いことです。

その仕事に加え、27~28日にかけては福岡で日本仲人連盟の九州地区支部長定例会がありましたのでそれに泊りがけで参加してきました。
福岡という所はサラリーマン時代出向で3年間住んだこともあり大好きな街なので、福岡で開催される支部長会は私の楽しみのひとつとなっています。片道4時間のバスの旅も全く苦にならず、いそいそと出かけてきました。

それに宮崎にこもっているだけですと全体の流れが掴めず、『胃の中の蛙』になりがちですが、本部からこられたトップの方から全国的な流れや婚活関連の法律改正の概要などについて話が聴けるというのは非常に有意義です。

また、身近な九州地区の他県の状況を聞くことも同業者の私としては非常に勉強になります。
皆さんそれぞれ工夫していろんなことに挑戦しておられますが、実例を基にしての説明は説得力がありました。会員さんの為にエントリーとしても取り入れてみようかなと思うようなこともいくつかありましたので実現に向けて動きたいと思っています。

終わったらいつもの懇親会!これがまた定例会の大きな楽しみの一つでもあるのですが、現在私はアルコール類がドクターストップになっているためノンアルコールで我慢せざるをえませんでした。

お酒を飲めないというのは結構辛いものなんですね。もともと私はお酒にはめっぽう強くて余り酔ったという記憶がないほど周りからは"酒豪"といわれてきたものですが、ひょっとするとその過信がよくなかったんでしょうか...??

その他では、大宮高校の同窓会が29日にあり、30日には小学校以来の親友同士が当時お世話になった先生を招待しての懇親会。これまた非常に楽しい集いでした。

そしてその翌31日が本命のエントリーのお見合いパーティー!
その為の人集めと資料作りもその間ずっとやってきましたので余計忙しかったというわけです。

今回のお見合いパーティーにつきましては若手を中心としたパーティーでしたが、4月に引き続き参加者数的には期待したほどの人数は集まりませんでした。
今回の定例会の中でも他の支部から似たような状況が報告されていましたが、最近はいたるところでいろんな種類のお見合いパーティーなるものが流行っていてその影響じゃないか?ということで落着きました。ほんとのところは分かりませんが...。

ただ、一般のお見合いパーティーなるものは必ずしも結婚を目的としたものではなく、単なる男女交際を目的としたものがあったり、参加者の身元が自己申告のところが多いようで、その点を気にされる方も結構おられなど結婚を急がれる方にとってはいくつかの問題点も抱えています。

私達のこれまでの経験からすると、ひと通りそういったパーティーを経験され、うまくいかなかった方達で真剣に本気で結婚のことを考えておられる方は最終的にはやはり結婚相談所しかないんじゃないかということでエントリーに結構な数の方達が流れてこられるという傾向がありました。

いろいろ議論する余地はありそうですが、最終的には結婚を望まれる皆さんが良いご縁に恵まれ幸せな結婚にたどり着かれるのがいちばんです。
そういった観点からしますと理由はどうあれ婚活市場が活性化するということは私達にとってもプラスだと受け止めています。

話が大分横道にそれてしまいましたが、今回ノパーティーでは男女ピッタリ同数を目指して調整してきて何とかパーティーの2日前までは大丈夫かな?というところまでたどり着きました。
ところが結果的には当日は女性の参加者が二人少なくなりました。残念ですが、不慮の事故等予測できないことがおきた場合には何ともしようがありません。

出来たカップル数は4組。あと1組は『フリータイム時にお話できなかったけど気になるのでもう一度お見合いという形でお会いしたい』ということで調整の結果、近々お見合いをする運びとなりました。
その結果如何ではもう一組増えることになるのかもしれませんが現時点では何ともいえません。

今回の特徴としましては男女とも結構一部の人に人気が集中していました。
中には6人待ちという人気のある女性もおられましたので調整が結構大変でした。

また、今回カップルになれなかった方の中でも惜しかったなあと思う方も何人かおられました。
ご自分が第一希望で書かれたお相手の方が、ご自分のことを第二希望で書いてもらってはいたんですが、たまたまそのお相手の方が第一希望で書かれた他の方と第一希望同士でマッチングしてしまったからです。
『運が悪かった』ということになるのかもしれなせんが、これも『縁』ということになるのでしょうか?

全体的にみるとやはり明るく元気にお話されていた方が人気があったようです。そして自分から積極的にツーショットの申し込みをされた方はカップルになる確率が高かったように思います。

最初は尻込みしていて途中からこれではいけないと思い、後(あと)から申しこんだ方の場合は、残念ながら順番待ちで時間内にお話できないまま目的の方とはお話できず終い!
タイミングということも結婚の重要な要素の一つであるということを身に沁みて感じられたのではないでしょうか?
『先んずれば人を制す』(史記、これも私の好きな諺の一つですが結構大切なことではないかと思っています。

今回の経験を基に次回以降同じ轍(てつ)を踏まないよう注意しながら行動していかれると結果は大分変わってくるのではないでしょうか?頑張っていきましょう!

 婚活やの親父こと
                哲
                       (結婚相談所 エントリー 代表)


*次回は6月12~13日頃更新予定です。宜しくお願いします。




宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ