宮崎県の結婚相談室

先んずれば人を制す


関東地方で震度5強、マグニチュード8.5という大きな地震が発生、深度が深かった為日本全国が震度1以上を観測したとのこと。
また鹿児島県の口泳良部島の新岳が爆発した他、箱根・桜島等あちこちの火山活動が活発化しているといったように日本列島が揺れています。
私達の身辺でもいつ何が起きてもおかしくないという物騒な世の中
tokusetsu_gravure_002_0_1.jpg
になってきているようで困ったことです。
こうなるとますますやりたいことは先延ばしせずに今の内にやり遂げるようにしなければとの思いが強くなっていくような気がします。

先月の後半は本来の五月らしい五月晴れが続きましたが終盤になると雨が降り続いていますので、6月に入ったことでもありもうすぐ梅雨入り宣言ということになるのかなとウンザリしているところです。

それにしても五月の後半は私にとってはいろんな行事が立て込み大忙しでした。
仕事の面でも、月の前半から半ばにかけては例年に比べると動きが悪かったので、どういうことなんだろう?と不思議に思っていましたが20日を過ぎた頃からバタバタバタっと新規入会者が増えて後半は仕事に追いかけられる結果になりました。お陰様で五月もなんとか目標は達成できました。有り難いことです。

その仕事に加え、27~28日にかけては福岡で日本仲人連盟の九州地区支部長定例会がありましたのでそれに泊りがけで参加してきました。
福岡という所はサラリーマン時代出向で3年間住んだこともあり大好きな街なので、福岡で開催される支部長会は私の楽しみのひとつとなっています。片道4時間のバスの旅も全く苦にならず、いそいそと出かけてきました。

それに宮崎にこもっているだけですと全体の流れが掴めず、『胃の中の蛙』になりがちですが、本部からこられたトップの方から全国的な流れや婚活関連の法律改正の概要などについて話が聴けるというのは非常に有意義です。

また、身近な九州地区の他県の状況を聞くことも同業者の私としては非常に勉強になります。
皆さんそれぞれ工夫していろんなことに挑戦しておられますが、実例を基にしての説明は説得力がありました。会員さんの為にエントリーとしても取り入れてみようかなと思うようなこともいくつかありましたので実現に向けて動きたいと思っています。

終わったらいつもの懇親会!これがまた定例会の大きな楽しみの一つでもあるのですが、現在私はアルコール類がドクターストップになっているためノンアルコールで我慢せざるをえませんでした。

お酒を飲めないというのは結構辛いものなんですね。もともと私はお酒にはめっぽう強くて余り酔ったという記憶がないほど周りからは"酒豪"といわれてきたものですが、ひょっとするとその過信がよくなかったんでしょうか...??

その他では、大宮高校の同窓会が29日にあり、30日には小学校以来の親友同士が当時お世話になった先生を招待しての懇親会。これまた非常に楽しい集いでした。

そしてその翌31日が本命のエントリーのお見合いパーティー!
その為の人集めと資料作りもその間ずっとやってきましたので余計忙しかったというわけです。

今回のお見合いパーティーにつきましては若手を中心としたパーティーでしたが、4月に引き続き参加者数的には期待したほどの人数は集まりませんでした。
今回の定例会の中でも他の支部から似たような状況が報告されていましたが、最近はいたるところでいろんな種類のお見合いパーティーなるものが流行っていてその影響じゃないか?ということで落着きました。ほんとのところは分かりませんが...。

ただ、一般のお見合いパーティーなるものは必ずしも結婚を目的としたものではなく、単なる男女交際を目的としたものがあったり、参加者の身元が自己申告のところが多いようで、その点を気にされる方も結構おられなど結婚を急がれる方にとってはいくつかの問題点も抱えています。

私達のこれまでの経験からすると、ひと通りそういったパーティーを経験され、うまくいかなかった方達で真剣に本気で結婚のことを考えておられる方は最終的にはやはり結婚相談所しかないんじゃないかということでエントリーに結構な数の方達が流れてこられるという傾向がありました。

いろいろ議論する余地はありそうですが、最終的には結婚を望まれる皆さんが良いご縁に恵まれ幸せな結婚にたどり着かれるのがいちばんです。
そういった観点からしますと理由はどうあれ婚活市場が活性化するということは私達にとってもプラスだと受け止めています。

話が大分横道にそれてしまいましたが、今回ノパーティーでは男女ピッタリ同数を目指して調整してきて何とかパーティーの2日前までは大丈夫かな?というところまでたどり着きました。
ところが結果的には当日は女性の参加者が二人少なくなりました。残念ですが、不慮の事故等予測できないことがおきた場合には何ともしようがありません。

出来たカップル数は4組。あと1組は『フリータイム時にお話できなかったけど気になるのでもう一度お見合いという形でお会いしたい』ということで調整の結果、近々お見合いをする運びとなりました。
その結果如何ではもう一組増えることになるのかもしれませんが現時点では何ともいえません。

今回の特徴としましては男女とも結構一部の人に人気が集中していました。
中には6人待ちという人気のある女性もおられましたので調整が結構大変でした。

また、今回カップルになれなかった方の中でも惜しかったなあと思う方も何人かおられました。
ご自分が第一希望で書かれたお相手の方が、ご自分のことを第二希望で書いてもらってはいたんですが、たまたまそのお相手の方が第一希望で書かれた他の方と第一希望同士でマッチングしてしまったからです。
『運が悪かった』ということになるのかもしれなせんが、これも『縁』ということになるのでしょうか?

全体的にみるとやはり明るく元気にお話されていた方が人気があったようです。そして自分から積極的にツーショットの申し込みをされた方はカップルになる確率が高かったように思います。

最初は尻込みしていて途中からこれではいけないと思い、後(あと)から申しこんだ方の場合は、残念ながら順番待ちで時間内にお話できないまま目的の方とはお話できず終い!
タイミングということも結婚の重要な要素の一つであるということを身に沁みて感じられたのではないでしょうか?
『先んずれば人を制す』(史記、これも私の好きな諺の一つですが結構大切なことではないかと思っています。

今回の経験を基に次回以降同じ轍(てつ)を踏まないよう注意しながら行動していかれると結果は大分変わってくるのではないでしょうか?頑張っていきましょう!

 婚活やの親父こと
                哲
                       (結婚相談所 エントリー 代表)


*次回は6月12~13日頃更新予定です。宜しくお願いします。




宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ