2015年10月アーカイブ


10月の中旬は秋晴れの良い天気が続きました。
雨大っ嫌い人間たる私にとっては大変結構な話なんですが、農家の方にとってはそれはそれで困るとのことなので喜んでばかりもおられません。
適当に照って、適当に降るというのがいいんでしょうね。難しいものです。

ところで丁度私が旅行中で不在の時に成婚退会の手続きにこられたカップルがおられました。
その場に同席できなかったのでいろんなエピソードについて聴きだすことが出来ず、それを皆さんにお伝えできないのが残念ですが、男性は50代で再婚、女性は40代の初婚という組み合わせ。
お二人とも良識のある素敵な方で男性は入会して五ヵ月後、女性は一年後での成婚退会でした。
以前にも紹介したかと思いますが、今年は年齢層の結構高い方の成婚退会が目立っていて良い傾向だと思っています。

長いこと在籍しておられる会員さんの中にはなかなか自分に合った方に出会えないと決め込んで積極的に活動されない方がおられます。
しかしそうやって活動されない間にこのように入って直ぐに交際に入り決まっていく方も結構おられるわけです。
あとでファイルをみて良いなあと思ってもその方が交際に入っておられたら申し込みはできません。

そういう人達は自分と同じように運命のひとを探しているライバルは他にも沢山いるということを改めて心に刻み、積極的な行動に繋げていただきたいものだと思います。


話は変わりますが、先日ある会員さんからエンジロー君はその後どうしてますか?とのお問合せをいただきました。

そういえば7月にエンジローのことを紹介して以来その後は全くエンジローのことについては触れずじまいだったように思います。
いつも私のブログは文章が長くなりすぎるのでスペース的にエンジローのことについて触れる余地がなかったというのが紹介できなかった大きな理由でした。

今回はネタが少ないこともあり好都合?ですので最近のエンジローのことについてちょっとばかり紹介したいと思います。
IMG_1039.JPG
ひとことで紹介しますと、エンジローは非常に元気です。よく食べよく動きます。その敏捷さにいたっては親代わりの私が惚れ惚れするくらいキレの良い素早い動きをします。
カゴに入れる為に捕まえようと思っても先ず今の私では無理!とてもじゃないけどその動きの早さについていけません。

普通家の中で小鳥を飼う場合は逃げ出さないように羽を切るそうで、エンタローの時には一度だけ羽を切ったことがあります。

しかし、何となく可哀相に思えてエンジローの場合は羽を切っていません。そのせいもあってかいくら私がサっと手をだしてもあっ                    さりとその手をかいくぐって『あんたなんかに捕まるはずがないだろう?』と小馬鹿にしたよう
IMG_1035 (1).JPGな感じで私の方を見ています。

それならと人間様の偉い所を見せてやろうと、知恵を絞って捕まえようとするのですが、真っ暗な押入れの中に呼び込んだりして捕まえてもひっかかるのは2度くらいまで!

その後は気配を感じるとその直前でさっと逃げていってしまいます。敵?ながらその見事な動きには脱帽せざるを得ません。

餌で釣ろうと思ってもエンタローの時にいろんなものを食べさせて痛風にさせてしまった苦い経験があるのでそれもできません。
どなたか敏捷な小鳥を捕まえる良い方法をご存知の方がおられましたら是非教えて下さい。

また、言葉を喋ることについては先代エンタローほどではありませんが、独り言のようにブツブツつぶやいています。耳を澄ましてよく聞いていますと、私がしつこく語りかけた『エンジロー』と
IMG_1033 (1).JPG
か『オハヨー』とか『オトーサン』とか『コンニチハ』といった言葉を喋っています。
日を追う毎にその言葉はハッキリ聞き取れるようになってきていますが、それではと私達が改まって聞き耳をたてて喋らせようとしますと、今度は黙りこくって何も話しません。

こういった点はエンタローと同じです。素直じゃないですね。オクサンに『いったい誰に似たんだろう?]と聞くことがありますが、それ以上追求すると墓穴を掘ることになりそうなので?それ以上は触れないことにしています。

それと、私がエンジローを呼ぶ為に吹く口笛の真似、これは一級品です。これだけには素直に反応してきます。鳥の本能なのでしょうか?
私が旅行でいなかった時は、エンジローのほうから口笛を吹いてオクサンに催促してきたそうですが、あいにくオクサンは口笛が吹けないので返せませんでした。

するとつまらなさそうにしているということをオクサンから聞いたので、旅先からオクサンに電話したついでに電話口から私が一生懸命口笛を吹いて聞かせたらキョトンとしていたそうです。

...とこんな風にエンジローに翻弄される毎日ですが、私達にとりましては癒される毎日でもあり、飼ってよかったなあと思っています。
関心のある方は声をかけて下さい。喜んでお見せしますので!


婚活やの親父こと
                
                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)

*次回は11月10日前後に更新したいと思いますのでドウゾ宜しくお願いします。













前回のブログで、『東北地方の紅葉の記事を読んで旅心をくすぐられ...』といったようなことを書いたかと思います。
するとどういうわけかくすぐられた旅心が大きく膨らんできて、この秋は海外旅行ではなく日本の秋を楽しみたい気分になり、急遽紅葉真っ盛りの東北地方を旅してきました。単純なものです。

但し、会員さんにご迷惑をおかけしてはいけないということから、私が旅行中はオクサンが留守を守って頑張ってくれました。オクサンには毎度のことながら大変感謝しています。

定休日の毎週火曜日、オクサンはスポーツジムや美容室等に出かけますが、私は殆んど休むことなく仕事をしていますので、その分をこういうときにまとめてとるようにしています。
私にとりましては唯一の貴重なリフレッシュの期間です。

私は若い頃から山が大好きで北アルプスの穂高や槍とか、南アルプス連峰や八ヶ岳といったところに登り続けていたせいか山肌を美しく彩る紅葉が大好きです。
私が日本の四季の中で秋がいちばん好きなのは、過ごしやすい気候もさることながら秋は紅葉をみることできるからではないのかな?かと思うことがあります。

ただ、若い頃の度重なる登山による無理がたたってか最近は膝を痛めていますので山には登れず、その結果非常に残念なことですが紅葉を楽しむ機会が少なくなってきています。

これでは余りに寂しすぎると一念発起!
今回こそは私の大好きな東北の紅葉を徹底的に楽しもうということで『みちのく一人旅』としゃれ込むことを決意?し、思い切って青森県の八甲田山や奥入瀬渓流、宮城県の作並温泉、それに山形県の蔵王に行ってきました。

この三県を選んだのは、いずれも私が現役の頃出向で働いたことが
IMG_0933.JPG
あり、紅葉の綺麗なところや素敵な温泉のあるところを結構詳しく知っていたからです。

宮崎から羽田乗り継ぎで青森空港に到着。
そこでレンタカーを借りて奥入瀬(おいらせ)の方に向かいしました。
途中には、これまた今回の大きな目的地のひとつである酸ヶ湯(すかゆ)温泉がありますので先ずそこに立ち寄りました。

豪雪が全国的に有名でしばしばTVでも取り上げられる酸ヶ湯温泉は青森で勤務していた当時、休みのたびにそのお湯に浸かりに出かけた程私にとっては非常に馴染みの深い温泉でした。

そんな風に私が酸ヶ湯に頻繁に出かけたのは泉質が身体に良いので有名だったことと、いまどき珍しいかどうかわかりませんがそこが混浴だったから...。
泉質が良かったから出かけたのか、混浴が良かったから出かけたのかについてははご想像に任せしますがとにかく素敵な温泉であることは間違いありません。
IMG_1010.JPG
まだ行かれたことのない方については是非お薦めします。

次には奥入瀬に向かう途中にあり、今回の目的地のひとつでもある蔦(つた)温泉に行きました。
そこはブナの森に囲まれた風情豊かな温泉宿。
湯船の下からブクブクと透明な源泉が湧き出してくることでも知られる人気の湯宿で、私は秋の風情を堪能するためそこに宿をとろうとしましたが。紅葉の季節は何ヶ月も前から予約は取れない状況だそうでして、あっさりと断られました。

それでも宿泊しなくても立ち寄り湯として入浴料を払えば温泉に浸かることはできます。
この温泉も非常に人気のあるところでして、出向時、私は酸ヶ湯温泉に入ったあとは必ず立ち寄った思い出の温泉です。

その後は奥入瀬のホテルに宿泊。ドライブの途中、八甲田山中はずっと雨でしたが、雨の中の紅葉というのも風情があって結構綺麗なものでした。

翌朝は早くから起きだして有名な奥入瀬渓流を写真を取りまくる
IMG_0968.JPG
ことを目的とし、レンタカーでちょっと進んでは写真撮影ということを繰り返し、気に入った写真を何枚も撮ることができました。

渓流付近は紅葉の見頃には一週間ほど早かったようですが、
それでも渓流のと紅葉前の、それに紅葉したあとの黄色とが見事なコラボレーションを展開していて右の写真のようにそれはそれは見事な光景でした。

そこから先は晴れたり降ったりの落着かない天候の中、温泉を二つほど入りながら青森市内に向かい出向時代の仕事仲間と30年ぶりの再会を果たし、食事をしながらの楽しいひと時を過ごすことができました。

翌日は新青森駅から仙台に向かい、そこから仙山線というローカル線に乗り換え、作並温泉にある昔、仕事やプライベートでよく利用した『一の坊』というホテルに一泊。
こちらは昔と基本的構造は殆んど変わっておらず懐かしさいっぱいで館内にある沢山の湯船を時間をかけてじっくりと堪能しました。

その翌日は20年ぶりに山形市内に向かいました。
出向時代に一緒に仕事した親しい仲間が駅まで迎えにきてくれまし
IMG_0991.JPG
たので、彼のクルマでで蔵王に登ったり昔私が住んでいたところに行ってみたり懐かしさいっぱいで感激しながら充分楽しむことができました。持つべきものは良き友です。

そして翌日は山形新幹線で東京へ。
最後の夜は東京で大の親友と再会し夕食をともにしました。
いろんなことを話しながら楽しいひと時をすごすごとができました。彼こそは私のブログを毎回チェックして間違いを厳しく指摘してくれる貴重な存在です。

そしてその翌日に無事宮崎着。
私がいない間、オクサンが非常に頑張ってくれていまして新規」入会者2人と成婚退会者一組が誕生していました。忙しくて大変だったことと思います。
その分、感謝の気持をこめてこれまでにない位沢山のお土産を買ってきましたが、あんまり嬉しそうな様子でもなかったので拍子抜けしました。

私は私で空港から家に着いて10分後には30代前半の男性で無料相談に来て頂いた方に応対することになり、お陰様で無事ご入会いただきました。
仕事をしたくてウズウズしていましたので旅の疲れも一瞬にして吹き飛ぶ位私にとっては楽しいひとときでした。やはりこの仕事が根っから好きなんでしょうね。
それにしてもオクサンの協力のもと貴重な一週間を過ごすことができ、すっかりリフレッシュすることができ今は元気いっぱいです。

来月29日(日)には40代(女性は35歳以上)の方を中心としたお見合いパーティーも開きます。それに向けての準備を含めてこれから先は旅行前以上に馬力をかけて頑張ろうと思っています。

婚活やの親父こと
                哲
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー代表)



*写真については適当なのを選んで載せましたが、全部で375枚ほど撮ってきましたのでまだ他にも綺麗な写真は幾つもあります。ご希望の方にはエントリーに来られた際に声をかけていただければお見せしますので。

** 次回は30~31日にかけて更新しますので宜しくお願いします。




日毎に秋が深まってきました。
東北地方など紅葉が真っ盛りといったようで、ニュースを見るたびに私の旅心がくすぐられます。
都合がつけば何とか出かけてみたいものですが...。

それにしても振り返ってみますと私のブログは災害通知報?と間違え台風23号.jpgられるのではないかと思うくらい自然災害に関する案内が続いているように感じます。
今回もまた超大型台風23号から変わった発達した低気圧の影響で北海道に大きな被害をもたらしているということを書かなければなりません。
わが国の自然災害の多さにはまったくもってウンザリ!

北海道ではこのあとも河川の増水や氾濫のほか土砂災害や高波にも警戒が必要な状況のようで更に大きな被害に繋がらなければよいがと祈る次第です。


ところでここ最近は内閣改造やTPPの大筋合意とか、お二人の日本人がノーベル賞を受賞されたとか話題にこと欠かない毎日が続いています。
しかし、ミーハーを自認する私達夫婦からしますとやはり芸能人の結婚ラッシュや出産ラッシュのニュースが仕事柄どうしても気になります。

結婚では特に福山雅治と吹石一恵とか山本耕史と掘北真希とかダイゴと北川景子といった大物カップルの他、沢 穂希、真鍋かおり等々ネットで調べましたらここでは書ききれない位沢山みつかりました。
また出産につきましても上戸 彩とか菅野美穂とか宮崎出身のエビちゃん等々芸人さん達を含めるとこんなに?という位沢山お目出度のニュースが流れています。

特に福山雅治の結婚については『福山ショック』なる言葉も出たくらい強いインパクトがあったようです。
そして面白いなと思ったのは『福山雅治の結婚で一番ショックなのは女性たちではなく、福山雅治が独身なんだから俺も大丈夫だろって思ってた世の中の独身男性たち』というツィッターがかなりの数見受けられたこと。成る程、そういう見方もあるんですねえ。
これを機にこれらの独身男性が真剣に結婚と向き合うようになってもらうと良いのですがねえ。

芸能人というのは確かに一般の人達とは違った特殊な人種というイメージはありますが、それでもこのように結婚という文字が横行すると一般の人達の間においても『結婚』に対する関心は高まってきているようで私達からしますと良い傾向だなと思っているところです。

この動きに便乗されたわけではないでしょうが、エントリーでも成婚退会されたカップルから次々と挙式や入籍の知らせが入ってきており嬉しき限り!
そのような中で、今年の1月に成婚退会されたOB会員のカップルの彼女の方からも嬉しいメールをいただきました。

彼が非常にシャイでおとなしい性格につきその後どうなったかなあと時々思い出しては心配していましたが、、彼がこの度彼女のお父さんの方にもキチンとした挨拶をされたそうです。

日頃無口で恥ずかしがりやの彼だけにさぞかし緊張されたんじゃないかとその時の様子が目にうかぶようですが、彼が緊張しながらも彼女のことを一生懸命にん考えてくれている様子が彼女の方にも伝わってきて『大事にしてもらえてるんだなと感じました』とのこと。

そして文面に『幸せです』と書いてありました。今は両家の顔合わせも終わり、結納に向かって準備中とのこと。ほんとによかったです。

彼女をエントリーに紹介していただいた先輩OB会員のAさんから『私は旦那さんのことを月日がたつ度に好きになる』と云うことを聞き羨ましく思っておられたようですが、Aさんのそういっていた気持ちが『今なら分かるような気がします』とのことでした。良かったですねえ。おめでとう!
この次は新郎新婦のツーショットの写真を見せに来てください、勿論お二人でね!
末永くお幸せに...。

婚活やの親父こと
                
                     ( 宮崎の結婚相談所 エントリー代表)



 *次回は10月21日前後に更新する予定ですので宜しくお願いしま~す。


宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ