2015年11月アーカイブ


11月26日以降、急に寒波?というほど大げさなものではありませんが、寒い日が続いています。
それまでが異常気象といわれるくらい暖かい日が続いていただけに、余計寒さが堪えます。

北海道では11月としては記録的な大雪になっている所があり
,週末も記録的な大雪に警戒が必要といった状況とのこと。
札幌.jpgのサムネール画像

それに比べたら宮崎のこの程度の寒さというのは寒さの内に入らないのかもしれませんが、それでもやはり寒いものは寒いですよねぇ。
暑さにも寒さにも弱い軟弱な私としては、これから先の厳しい寒さを考えるとウンザリします。それでも私の場合は夏の暑さよりは冬の方がまだましだとは思っていますけどね。

ところで11月29日はエントリーの今年最後のお見合いパーティーでした。
今回は、中高年の方達を対象としたものでしたが、今回も男性の参加希望者は多かったものの対象となる年齢層の女性の参加者がこれまでにないほど少ないものでガッカリしました。

男女の人数が同数になるように調整する為、多くの男性会員の方にはキャンセル待ちしていただいていました。男女の参加者数に差があり過ぎるとバランスがとれず参加された方にご迷惑をおかけすることになってしまうからです。
ところが女性会員の参加人数がその後も思うような伸びをみせなかった為キャンセル待ちの男性会員の方には結局参加していただけないままになってしまうという大変申し訳ない結果になってしまいました。
他県を含む他の相談所の方達ともいろいろと情報交換していますが、エントリーに限らず、最近結婚相談所主催のお見合いパーティーには女性が集まり難くなってきているようです。

いったいどうしてこのような現象が起きてきているのでしょうか?
その原因としては一つには最近はパーティー専門の会社が主催するパーティーの数がかなり増えてきており選択肢が拡がってきたということががあげられるかと思います。女性はそういった情報には敏感な方が多いからです。

しかし、いちばん大きな要因としましては最近の公的機関の婚活市場への参入が挙げられるように思います。
この点につきましては前回のブログでも問題提起させてもらっている通りです。

宮崎の場合、県主導の『縁活サポートセンター』についてはお相手検索等の実際の活動が12月に入ってからのようですので、現段階では何とも評価のしようがありません。

しかし、断定するつもりはありませんが私達がこれまで県の担当部署と接触してきた感触等から推察しますと、具体的活動が始まってみると、かなりいろんな矛盾点が顕在化してくるのではないかと危惧しています。

入会された方にとってはお相手選びの予約等がスムーズにでき、お見合い~交際~結婚にうまく繋がっていくのであればそれに越したことはありません。

結婚において『時間』とか『婚活のタイミング』というものは非常に重要なポイントとなります。
土日等沢山の予約希望者が集中した場合、サポートセンターの受け皿は大きくない為お相手選びをしたくてもなかなか予約がとり難いのでは?といった怖れも考えられます。
そうこうしているうちにいたずらに時間だけが過ぎていくようなことがあったのでは何の為の婚活かということになってしまいます。


ちょっと脱線しましたが、ここで再びエントリーの今回のパーティーの話題に戻ります。

10月以降20代や30代前半の女性の方には新しく何人かの方に入会して頂きましたが、残念ながら『女性は35歳以上』という対象年齢に該当する方の入会者数は僅かで思うようには増えませんでした。

更にこれまで何回か参加されたことのある女性会員の方は仕事や諸般の事情により今回はお休みさせて下さいということでこちらも余り参加してもらえませんでした。


そんなこんなが絡んで、結局今回のパーティーは、エントリーのお見合いパーティー史上最も少ない参加者数ということになりました。

それでも男女のバランス的には最終的には男性に対して女性が一人少ないということでおさめました。パーティーの運営も時間的に余裕があったので、各イベントの所要時間を以前のパーティーより長めにとったのでその点は良かったかもしれません。

しかし、メンバー構成からしても男女間で年齢的にかなりバラツキがあったため、今回はカップル誕生は厳しいかな?と思ったりしていましたが、意外や意外?と書いたら『失礼な!』と叱られるかもしれませんが結果的には3組ものカップルができました。

参加者数に対するカップル誕生の割合でいきますと率的には歴代第2位に相当する好結果となりました。
カップル誕生自体を心配していた私達からしますと望外の喜びといったところでした。

何人かの女性会員さんはは交際申し込み票に誰も書かないで帰られましたが、そんな残りの数少ない人数の中からできたカップルだけに3組のカップルの方達については何か運命的な出会いめいたものを感じました。

全体からみると停滞した感じのパーティーだったかもしれませんが、こうやって積極的に参加された方の中にはしっかりとお相手を見つけることが出来た人もいるわけです。
何もしなかったら何も始まりません。しかし、」何かをすると何かが好結果に繋がる可能性が出てくるわけです。
カップルが誕生したお陰で私達もやはりやって良かったなと思っています。

但し、来年に入ってからは県の動向を見極めるまでパーティーの開催時期は定期開催から随時開催に変更することを検討しようと思っています。
パーティー開催に関し、良いご提案等お持ちの方は是非お聞かせ下さいますよう宜しく追い願いします。

婚活やの親父こと
                哲
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は12月10日前後の更新を予定していますので宜しくお願いします




















皆さんが既にご承知の通り、11月13日(金)にパリ同時多発テロが発生し、多くの死傷者がでました。
まさに13日の金曜日という忌まわしいとされている日に起こった大惨劇!
pari.jpg
ISが犯行声明を出していますが、恐ろしいことです。
TVや新聞ではこのニュースでもちきりで世界中の人々がテロを憎み、犠牲になった方達に対して哀悼の意を表しています。

私もお亡くなりになった方達に対しては心からお悔やみ申し上げるとともに、何の罪もない一般の人に対してのテロ行為に対しては本当に腹立たしい気持でいっぱいです。 

たまたま今回は日本人は被害に遭わずにすみましたが、ISの敵国のリストには日本も名前が挙がっているわけですから、いつ何どき日本人がこのような被害に遭わないとは限りません。
非難する人々.jpg

私達も対岸の火事と決め込むのではなくて、こういうことに巻き込まれないように普段から気をつけていかなければならないということでしょうね。

特に私のようにヨーロッパ大好き人間としてはこれからは出かける国や出発のタイミングを考える必要があるのかな?と真剣に考えてしまいます。

そうでないとISに惨殺された後藤さんたちのように、私一人の問題ではなく国や日本国民の皆さんにご迷惑をおかけすること
パリC.jpg
になってしまう怖れもあるからです。

それにしてもなんとも物騒な世の中になったものですね。



ところで、最近の宮崎の婚活戦線については県の婚活サポートセンターを通しての介入以降、私達民間業者にとりましても入会者数の減少等いろんな面で影響が出てきています。

現段階では、県の活動も会員を募集している段階に過ぎず、お見合い等の具体的な活動は始まっていませんので詳しいことについて論評することは出来ません。

私達としましても県の担当部署の方達とも具体的なことについての説明を受けたり、こちらからの要望を聞いてもらったりといった具合に話し合いの場をもっています。
いずれにしても県にしても私達民間業者にしても目指す所は『宮崎県民の人口増』ということでは一致しています。

宮崎県民で結婚したくても諸事情によりなかなか結婚できない多くの方達に対して、できるだけ結婚しやすい環境をつくることで宮崎県民の結婚者数を大幅に増やす。その事がひいては出生数の増加につながり人口増に寄与させるという少子化対策。
この対策に寄与することが県にとっても私達民間業者にとっても大きな目標であることには変わりありません。

そういう趣旨のもとで、現在は県と我々民間業者とが一体となって少子化対策を促進しようということでその具体的な方法について話し合っているところです。

ただ、こういう活動というのは1~2年といった一過性のものであってはならないと思います。
県のほうは現在は国からの助成金が出ていますので、それを基に採算を度外視した一方的な料金設定をしています。
当然のことながら、利用する側の立場に立つと料金が安いということは非常に魅力的で、大いに歓迎する内容だと思います。

しかし、民間業者の方は宣伝広告費等々といった諸経費を自己負担しなければなりませんので、とても県のような料金設定はできません。
それでも全国展開している大手業者や他都府県の料金体系をネットで検索して比較していただければ、私達宮崎の民間業者の料金がいかに良心的な低価格であるかということは一目瞭然でお分かりいただけると思います。

更にいいますとこれまでいろんな名目で交付されてきた国からの助成金の例をみるにつけましても、今回の助成金がこれから先いつまでも交付されるという保証はありません。
仮に何年か続いたとしても他のいろんな助成金同様徐々に減額され、いずれはなくなるものだと思っています。
そうした時には県としてはどう対応することになるのでしょうか?詳しいことは分かりませんが現段階ではハッキリした方向性は出ていないように思われました。

途中で予算の手当てができないから撤退するというようなことになった場合はその時点で入会していた会員さんはその後どうなるのでしょう?

また、ボランティアのサポーターも現時点では応募者は少ないそうですが、果たして予定通りの人数が集まるのでしょうか?もし集まらなかった場合はどうやって対応されるのでしょうか?
結婚という当事者にとっては人生の一大イベントに対するお世話をするわけです。犬や猫のお世話をするという訳ではありませんから、そうそう簡単に誰でもができるというわけでもありません。

更に、誰でもが簡単に入れるということは、裏を返すと自分が婚活しているということを誰からも簡単に知られるということにも繋がるかと思いますが、個人情報の管理は大丈夫なのでしょうか?

具体的に詰めていくと、長年この仕事に携わりいろんなことを経験してきた私達民間業者からすると現段階では不安な点がたくさん見受けられます。

しかし、県の担当者の方達も真剣に取り組んでおられます。
当然のことながらいろんな問題点に対しては、発生の都度その解決の為に全力で取り組まれることと思いますので、よくは分かりませんがそれほど心配する必要はないのかもしれません。

いずれにしましても、県にしても私達民間業者にしても展開の仕方につきましては夫々一長一短があるかと思います。従ってどちらを選んだらよいかという判断は結構難しいものがあるかと思います。

少しでも早く結婚したいと思い、且つできるだけ他人に自分が婚活をしていることを知られたくないと思っておられる皆さんにおかれましては、単なる費用が安いからというだけではなく利用のしやすさ結婚の緊急度、個人情報の厳守等々、ご自分のニーズを満たしてくれるところを冷静に判断してご自分の婚活に最適と思われるところで婚活を続けていかれたらよいのではないでしょうか?

まがりなりにも10年以上もの長い間、プロとして宮崎県民の婚活のお世話をさせていただいてきたエントリー代表の私としましては、県であれ民間業者であれ宮崎県の少子化対策が一過性のものではなくこれから先も安定した形で継続したものになり、結婚できなくて困っておられる方が結婚しやすくなって、宮崎県民の人口が増えていけばいいなあと強く望む次第です。


婚活やの親父こと
                  哲
                         (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は11月30日前後の更新を目処と考えていますので宜しくお願いします。














宮崎でもあちこちで紅葉の便りがきかれるようになってきました。
紅葉.jpg
東北の紅葉を体験してきた私からしますと、TVで見る限りにおいては色の鮮やかさが大分違うようには思いますが、それでもやはり美しい光景であることには違いがありません。
私も機会をみつけて県内のどこかに紅葉狩りにでかけてみようかな?と思ったりしています。

そして11月8日は立冬でした。暦の上では冬に突入ということになったわけですが、どういうわけかこの日は全国的に暖かいというのを通り越して暑い一日でした。
その翌日も暖かい日が続いています。
アテにならない天気予報によるとまもなく寒い日になるでしょうとのことですがどうなりますことやら...。

ところで、最近嬉しいメールが届きましたので参考のためにご紹介したいと思います。
それは今年成婚退会されたあるカップルの男性からのメールでした。

退会後、挙式の連絡がまだ入っていませんでしたのでどうされたかなあと気になっていました。
戴いたメールによると成婚退会後もこれといったトラブルもなくお二人同じ時を過ごして来られたそうですが、今月某日に挙式ということが正式に決まったとの報告でした。

お二人は現役会員時の交際中、ちょっとした行き違いから破局を迎えることになるのかな?と心配したこともあったカップルでした。
お二人の相性からして『このお二人は別れさせてはいけない』と判断した私達のお節介等で最終的には成婚退会に到ったという私達にとっても印象深いカップルでした。

それだけに『その後大丈夫なのかなあ』と余計気になっていた次第ですが、彼女のお誕生日に彼が正式にプロポーズし『OK!』との彼女からの返事をもらわれたそうです。
そこからあとの行動は実にスピーディーで直ぐに式場を決め、婚約&結婚指輪も購入。そして新婚旅行先まで決められたそうです。
私達からしますと『ようやくここまで辿りついたか』と安堵するとともに嬉しくてたまりません。

更に、そのあとに彼が書いてくださった内容に対してはほんとに感謝の念でいっぱいでした。
その内容につきましては私の粗末な文章力ではとても伝えきれませんので、以下にその一部を原文から抜粋して紹介させて戴きます。

   『 ... 私個人、振り返れば約2年前の今頃にエントリーに不安と期待が入り交じる中、
   最後の頼みと決めて入会し、必死に婚活を頑張ってました。

   それから何人もお見合いをさせていただき、そのたびに断られたり、交際に発展して
   上手くいっても性格の行き違いや相性等で結局はダメになりました。
 
   しかし、そのたびに何度も心が折れてた自分を励ましてくださった内田さん夫妻には
   感謝してもしたりない位ですm(_ _)m
   正直、何度か婚活止めようと思ったこともありました。でも、私に婚活を強制するで
   もなく、かといって諦めさせるわけでもなく、私の愚痴をただただ聴いてくれて、
   アドバイスをいただけました。

   今の自分があるのは内田さん夫妻、エントリーに出会ったおかげです。
   本当にありがとうございます!

   この先、何があるかわかりませんが、自分たちで乗り越えていけるよう、日々精進し
   ていきます。

   では、長文失礼しました。

   また結婚後でも、二人でお伺いしますね(^^♪ 』


といったものでした。
『内田さん夫妻』と書いていただきましたが、私は特別大したことはしておりません。実際にはいちばん親身になってお世話させていただいたのは殆んどウチのオクサンでした。
それだけにオクサンはメールを読ませて戴いて非常に感激していました。

今現在、交際進行中のカップルの皆さん、そしてこれから頑張ろうという皆さんもこのカップルのように素敵なハッピーエンドを迎えられるといいですね。

彼も文章にあるように最初から最後まで順風満帆というわけではありませんでした。何度も心が折れそうなことがあっても彼が偉かったことはそこで諦めることなく頑張って、私達からのアドバイス等を参考に悪い所は改めながら婚活を続けていかれました。
そして最後にはこんな素敵な女性に巡り会え、妻として娶(めと)ることができたわけです。
何事にも努力が肝心ということですね。

努力しないでいて美味しい結果だけを求め続け、最後は成就しなかった理由を他人のせいにしようとする可哀想な人も世の中には沢山います。
寂しい話!そんな人間にだけはならないように私を含め気をつけていきたいものですね!

今回メールを下さったお二人さん、今の気持を忘れずいつまでもお幸せにね!
お二人で遊びにきてくれるのを首を長くして待ってるからね~!


 婚活やの親父こと
                
                    (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は11月20日前後を目処に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。








宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ