2015年12月アーカイブ


2015年も早いもので残すところあと僅かとなりました。

東日本では28日頃から寒気が入り込み、猛吹雪等でこの
大雪.jpg
冬いちばんの積雪となりました。
お陰で東日本のスキー場は息を吹き返したみたいです。

一方我が宮崎は28日も結構暖かく大掃除には絶好の天候となりましたので、空き時間を見つけて大掃除をしました。

室内は勿論、玄関口や窓ガラス等普段出来ない所を中心に結構頑張りました。
ついでにこれまた滅多にすることのない愛車の洗車までその勢いを駆って済ましてしまいました。やり終えると結構気分がいいものですね。

それにしても毎年のことながら年末というのは何かと忙しい時期です。
仕事のほうも12月はお見合いが沢山入って、お陰様でその分カップルも沢山誕生しました。
これからあとの進展が楽しみです。しっかりフォローして成婚にたどり着けるようお世話していかなければと思っている次第です。

それとともに、年末には恒例となっています年賀状書き...。これが結構大変でした。
今年もなんだかんだで結局250枚買い込みましたが、その殆んど使い切ってしまいました。

この分ですとまだまだ予備として何十枚か買い足さなければならないみたいです。
会員さんが増えるごとに自ずと対象者数も増えてくるわけですから当然といえば当然の成り行きといえるのかもしれません。

ただ、以前も書きましたように、会員さんの中には結婚相談所からの便りを嫌がる方が多いので、会員さんの方から戴いた場合にだけお返しの年賀状を出すようにていますので、ある程度絞られてくるかとは思いますが最終的には何枚になることやら...。

ところで今年の営業は29日までとする予定でいましたが、29日に県外から宮崎に帰ってくるので是非30日に無料相談をお願いしたいという新規の方からのご依頼がお二人ほどありました。
それで急遽予定を変更して30日まで営業することになりました。

29日も火曜日で定休日ではありますが、お見合いがその日に入りましたので29日も通常営業に切り替えました。
こういった『ご縁』に絡むことにつきましては、その方達にとりましても私達にとりましても『タイミング』というものが非常に重要なポイントとなってきます。
従いまして、何とか都合をつけれるような場合はできるだけそういった方達のご希望に添えるように努力しています。
こういったところが自宅に事務所を構えていることのメリットといえばいえるのかもしれません。

かといいましても事情によってはそうしたくてもそうできない場合もあるかと思いますので、その点につきましてはご理解いただければと思いますので宜しくお願いします。

年明けは1月4日(月)から営業を開始します。尚、翌1月5日は火曜日で本来ですと定休日ですが、年明け早々ですのでこの日は特別に通常営業とさせていただきます。

そんなこんなしながらの2015年ももうすぐ除夜の鐘ということで慌しく過ぎていこうとしています。

この一年を振り返ってみますと、県内の結婚相談業者の立場でいわせてもらいますと終盤になって県の一貫性のない無責任な介入により大変迷惑を蒙りました。新聞やTV等により顕在化したシステム問題を始め、問題は山積しているように思います。

しかし、エントリーとしましては一年を通してみますとお陰様で例年と比べても遜色のない実績を挙げることができました。
エントリーの長年の活動実績が県内全域に浸透してきたことと、皆様の暖かいご支援の賜物と大変有り難く思っております。

その他では私達にとりましては二代目マスコットバードとしてのエンジローがスタッフ?に加わったことが大きな出来事として取り上げられます。
私が教えた言葉を凄い吸収力で覚えていきます。それを耳にする
IMG_0564 (1).JPG
というのは非常に楽しみです。

ただ、私にとっての悩みはどういうわけか、私にだけ噛み付いてくること!
オクサンが『さあ、エンジロー、私の耳もかんでいいわよ』といって髪を分けて自分の耳をエンジローの目に見えやすいようにしても決して噛み付こうとしません。


ところがどういうわけか、私に対してだけは別!
私が噛まれる度に『噛んじゃダメヨ』と説教?するその言葉を覚えていて、自分で『噛んじゃダメヨ』と喋りながらガブっと噛んで
くるので思わず苦笑いしています。

結構痛いので思わず『痛い!』と叫ぶのですが、そのときはさっと逃げてもすぐに性懲りなく私の肩に戻ってきて虎視眈々と次に噛む機会を狙ってきます。ホントに困ったものです。

鳥カゴから出してやると真っ先に私の方に飛び乗ってきます。
ほんとに私としましても可愛くてたまらないのですが、この『噛み付きグセ』にだけはほんとに閉口しています。

『噛み付く』という行為はエンジローが朝起きだす時から夜に寝かせつける時まで、私が面倒をみていることが多いので親近感をもってくれた上での『愛情表現の一種』だろうと私なりに勝手に解釈してはいるんですが...。
どなたか噛み付かなくなるような躾の仕方をご存知の方がおられましたら是非教えて下さい。

その他、振り返ってみますと会員の皆様に対しましてはまだまだ至らない点が多々あったのではないかと心配するとともに反省しています。
良かったところは伸ばし、悪かったことは素直に受け入れて改めるというように当たり前のことを当たり前にやっていこうと思っているところです。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。


婚活やの親父こと
                哲
                      (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は年明け1月10日(日)頃更新したいと思いますので宜しくお願いします。



暖冬といわれて久しい今日この頃ですが、17日頃から急に冷え込んできました。
18日には平年よりは2週間ちょっと遅れのようではありますが、宮崎市
でも初霜・初氷が観測され、日中も気温が11度ちょっとしか上がら             
toyama.jpg
なかったりと寒い一日でした。

北国にお住まいの人達に対しては比べること自体が恥ずかしいくらいの"この程度の寒さ"ではありますが、それでもここ最近の暖冬になれてきた身体には結構堪(こた)えますよね。

あちこちのスキー場では雪不足で『雨乞い』ならぬ『雪乞い』をしていた所もあったようですが、全国的にもどうにか雪が降ってくれて一息ついたところも多かったみたいです。

それでも『過ぎたるは及ばざるが如し』とかいいますので、勝手なお願いながら災害に繋がるような大雪だけは降らないようにと祈る次第です。


ところで、皆さんも既にご承知かと思いますが、今月9日夕方の各局のTVニュースに始まって翌10日の各新聞に至るまで、県主導の『みやざき結婚サポートセンター』のシステムトラブルが大きく報道されました。

それによると非公開の筈の会員名がインターネット上の会員ページで閲覧可能となり、そのうち7人分の個人情報が漏洩してしまったとのこと。
システム会社が動作検証の確認を怠っていたことが原因だそうですが、県はその7人の方に事情を説明し謝罪しなければならない事態に陥りました。

8月にサポートセンターが開設され、その後TV等マスコミへの大量のCM投入などによって会員を募集した結果沢山の会員が登録されたそうですが、登録された会員はようやく歳末になっての12月3日からインターネットで他の会員の詳細な情報を閲覧でき、引き合わせを申し込めるようになりました。

名前や連絡先は双方の交際の意思が確認されるまでは非公開ということだったそうですが、翌4日には会員が操作しているうちに管理者しかみることのできない筈のメール一覧が表示され、名前が記されたメールが一部開封されたというトラブルが発生したそうです。

更にその翌5日には引き合わせの申し込みを受けた会員が返信すると、本来は表示されないはずの申込者の名前が表示されるというトラブルも発生したとのこと。
いずれもその日のうちに会員から連絡があって初めて問題が発覚したとのことでした。お粗末な話です。

私は個人に関する重要な情報等の取扱いに関しては、4日にトラブルが発生した時点で原因が特定できないのであれば、その影響の大きさを考えて即座にシステムをストップして原因を究明するのが当然だっただろうと理解しています。

ところが今回はそれが継続され、たまたま少人数だったとはいえ7人の方の情報が流出したということは同じ仕事に携わる私達としては非常に重大なことだと受け止めています。

公的機関がやってもこんな風に情報が流出するようなことがあるということは民間だったらもっと危ないのでは?というとんでもない誤解を招く恐れもあるからです。
私達のように他人様(ひとさま)の大切な個人情報を預からせてもらう者にとっては『個人情報の厳守』というのは私達に課せられたもっとも大切な責務であると考えています。

勿論、そうはいっても私達も人間のすることですからついウッカリと漏らしてしまうことが絶対に無かったと言い切る自信はありません。
しかし、今回のように『システム会社がシステムの動作検証の確認を怠っていたことが原因』というのであれば『ああそうでしたか』で済むような問題とは違うのではないでしょうか?

決して県側の担当者の方にもっと専門知識を持ってくださいと求めるつもりはありませんが少なくともシステムというのはどんなものか、そしてトラブル発生時にはどういう対応をしたらよいかということくらいの知識は持っていても良いのではないかと思えてなりません。

そうでなければ、公的機関がやることだからと信頼して会員登録された方達の期待を裏切ることになるということだけは強く意識していただきたいものだと思っています。

県やサポートセンターの方達もにおかれても初めての慣れない仕事に着手されたばかりですから分からないことだらけだと思いますので、お気の毒といえばお気の毒だとは思います。

かくいう私達もこれまでうっかりミスや配慮不足等で会員さん達にご迷惑をおかけしたことが全く無かったかというと決してそんなことはなかったと思います。
従いまして決して上から目線で偉そうなことをいうつもりはありません。
しかい、助成金を前提とした費用の安さも大きいでしょうが『公的機関のすることだからということで登録された多くの会員さん達の信頼』というのは重く受け止めて頂きたいものだと思います。

私は『結婚相談業というのは、人様の大切な運命に係わらせて預く大切な仕事』だという使命感を持って毎日真剣に取り組んでいるつもりです。
決して片手間にやれるような程度の仕事だとは思っていません。


私達プロの目からみますとまだまだ問題となる点は沢山見当たります。そのうちのいくつかにつきましては問題点を担当部署にアドバイスをしましたが、残念ながら未だに改善には至っていないようです。
お忙しいからでしょうが、何はともあれ私としましてはこれ以上問題が顕在化してこないことを祈るだけです。

尚、サポートセンターにおかれましてはそのホームページで『今回のシステムトラブルを受けて退会を希望される会員には対象期間に退会届の提出があった場合、特例として入会登録料(10800円)を全額返金される』との案内が流されていました。
この点については会員の立場にたった良心的な素早い対応だなと感心しました。

県では8日からセンターのシステム全てを停止し検証チェックに入っていますが、一部のシステムについては12月11日から運用が再開されたようです。
但し、肝心の『お引き合わせの申し込み』につきましてはまだ暫くは再開はされないとのことのようです。


以上、少々きつく思われたかもしれませんが、私の感じたことを素直に書かせていただきました。
公的機関の方達からみますと民間業者のくせに何を生意気なと反発を感じておられるかもしれませんが、他意はありません。

官民一体となって宮崎県の少子化対策の推進に取り組んでいくという点では県も私達も目指す所は同じ筈です。

その為には、官も民も『結婚相談業』というものについてその重要性というものを改めて認識し直し、協力し合い、仕事の優先順位を間違えないように努力していくことが必要なのではないでしょうか?

今後とも呉々も会員さん達に迷惑をおかけすることのないよう気をつけながら官民一体となって真剣に取り組んでいきたいものだと思っています。

県の少子化対策の為にも県のシステムトラブルがが早急に健全化されることを望む次第です。

婚活やの親父こと
                哲
                       (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*今年最後のブログは12月30日頃を予定しています。どううぞ宜しくお願いします。













今年もまた師走がやってきました。
街に出るとあちこちからクリスマスソングが流れてきます。
2015年も一ヶ月も経たないうちに終わりを迎えることになるわけで、   
ポインセチア.jpgのサムネール画像
毎年のことながらこの師走という言葉を聞くと、なんとなくせわしない気持になってきます。

ところで先月後半から今月初めにかけて、私の体調は絶不調!
先月末には私の現役時代の後輩二人がわざわざ千葉の方から訪ねてきてくれたんですが、丁度その前日からお腹の方の具合がおかしくなっていました。

二人を迎えに行って日南海岸を案内したまではよかったのですが、その途中から気分が悪くなり吐き気を催す状態になって楽しみにしていた夜の食事を一緒にすることはできませんでした。

翌日はA君は熊本の友人を訪ねて行き、B君は更にもう一晩泊まってくれました。ところがその日も体調が回復せず、日中は何とか案内しましたが、残念ながらこの日も吐き気がとまらず夜の食事を一緒に摂ることはできませんでした。

A君とは5~6年振り、B君とは25年ぶりに再会した親しい友人で、わざわざ懐かしがって遠方から訪ねてきてくれました。それだけにお二人にはホントに悪いことをしたなと大変申し訳なく思っています。いつか何かの形で穴埋めをしなければと思っているところです。

どうしてお腹がおかしい具合になったのかは病院に行っていろいろ検査しましたが、今もって原因が分かりません。食事のせい?と思ってもオクサンの方は同じ食事を摂っているのにケロっとしてるので多分違うんでしょうね...??

もっともオクサンは野生オバチャン?というかいつも私がビックリする位タフで、滅多に病気で寝込むということはありません。
従って同じウィルスが体内に入っても私には悪さをしても、彼女に対してはウィルスのほうが恐れをなして退散したに違いないと、私は勝手にそう思っています。
因みにオクサンの素人診断によれば多分ノロウィルスにかかったんじゃない?とのことですが、真偽の程はわかりません。
いずれにしましてもこうしてブログを書いている現在はすっかり回復していますのでご心配なく!


話は変わりますが、先月末、昨年の8月に成婚退会されたカップルがお二人結婚式の写真をもって遊びに来られました。挙式は今年の3月だったそうです。

何日か前から来訪の予約しておられたので再会を楽しみにしていたのですが、私が丁度体調をこわしている真っ最中で、お二人が来られた日は急遽病院でCT等の検査を受けることになってしまいました。
そんなわけで残念ながら私はお二人と顔を合わせることはできませんでした。

あとでオクサンからお二人との楽しかった歓談の様子を詳しく話してもらいましたので、その内容について簡単に紹介したいと思います。

お二人は出会ってお付き合いを始められてから成婚退会まで実にスムーズでした。
振り返ってみるとあんなにスンナリと進んだのは交際開始後早いタイミングで夫々のご両親にお会いすることが出来たことが大きかったんだろうということをいっておられたそうです。

『交際』については、一般的には早い時期に親御さんに報告すると結論がでるまでの間は何かにつけてあれこれ様子を聞かれてうるさいのでお二人の間で気持がハッキリ固まるまでは何も報告しないという方が結構多いといわれています。
私達もそのようなケースを沢山みてきましたので、このお二人のケースは珍しく思えました。人それぞれということなんですね、
要はご自分達でいちばんベストと思われる方法を選べば良いということ!当たり前といえば当たり前の話ですが、また好事例がひとつ増えたという点で彼らには感謝です。


お二人の結婚式についてはご家族は勿論、友人や職場の人達といった周りのすべての方達から祝福されてとても幸せだったとのこと。お二人の優しい性格からすると、周りの人達からは愛され可愛がられていただろうと思いますので祝福されて当然だろうと思います。
そして出席して下さった方達がとても楽しそうにしておられたこともお二人にとっては大きな喜びだったそうです。

新婚生活は大部分の方達がそうであるようにお二人の場合も共働きをしておられるので、家事はお互いが協力してやっておられるそうです。
とにかく彼は優しい方でしたから男は家事はしないものと突っ張ることなく、そういった点でも進んでやっておられるようです。

そして私が感心したのは、後々になって親の介護をするようになったときの勉強にもなるということで彼女がヘルパーの資格もとって勉強を兼ねたアルバイトなどもしておられるとのこと。

会員として在籍しておられる時からなんて気持の優しい女性なんだろうと思って感心していたものですが、その優しさはその後も遺憾なく発揮されているようでした。

彼の収入はそんなに多いほうではありませんが、お二人が協力し合って幸せな家庭をつくっていこうと前向きに頑張っておられる様子がしっかりと伝わってきてウチのオクサンも感動したそうです。

そして彼の方は、子作りの為?かどうかは分かりませんが体力維持のためにジョギングを始められたとのこと。時間があったら彼女も一緒に仲良く走っておられるそうです。

彼は彼女のことを『いつも明るく頑張って働いてくれるだけでなく私にも非常に大切にしてくれます』と、そして彼女は彼女で『とても優しくいつも私のことを気遣ってくれます。とても幸せです!』とのことだったそうです。

『幸せな結婚生活』というものは収入の多い少ないということより、いろんな局面において余裕のある方が余裕の不足している状態の相手をカバーし合い、お互いがお互いを支えあって二人で作り上げていくということこそがいちばん大切、そしてそれこそが本当の意味での愛情じゃないかということを改めて痛感させられました。

また近くに住んでおられる彼女のご両親も夕食を持ってきてくださったりして共働きで時間に追われるお二人を応援して下さってるそうです。

ウチオクサンからの話を聴くにつけても、お二人に会えなかったことが残念でなりませんが、『子供ができたら一緒に連れて遊びに伺います』といって帰られたそうですのでその時を首を長くして待っていようと思っています。
お子さんと一緒なら最高ですが、お子さんに関係なくお二人だけでもこちらは大歓迎ですからいつでも気軽に遊びに来てくださいね。お待ちしてま~す!

婚活やの親父こと
                 哲
                        (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


*次回は12月20日頃を目処に更新したいと思いますので宜しくお願いします。






宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ