宮崎県の結婚相談室

やはり『一人より二人』!


この時期、私の散歩コースではあちこちでアザミの花を目にすることが
ブログ掲載用.jpg
できます。
お馴染みの『アザミの歌』という名曲の歌詞にもある通り紫色のその姿をみると心が和みます。
まさに『愛しき花よ、汝はあざみ...』ってところでしょうか。
その可憐さに思わず摘み取って帰ろうと花に手を伸ばすと鋭くとがった葉にさされて思わず、手を引っ込めてしまいました。
野に咲いてこその『あざみ』ということなのでしょうね(反省!)。
仕方がないので摘み取る代わりに、携帯のカメラでバチバチ撮りまくってかえってきました。

IMG_0271.JPG

ところで大型といわれた今年のGWもようやく幕を閉じました。
かなりの人が行楽地や故郷に向けて大移動するさまはいつもながらの光景でしたが、今年は熊本地震の影響で困っている人のお役に立てるようにとせっかくの休暇にも拘わらず、それを放棄してボランティア活動に参加している人が数多くみられました。
TVのニュース番組で懸命に手伝っておられる様を見ていると感動でこちらの胸がジーンと熱くなりました。

私のようにひ弱な人間は行っても却って足手まといになるだけなので寄付金を送ることくらいしかできませんでしたが、こういう光景をみてると日本人というのはまだまだ捨てたもんじゃないなと誇りに思います。
おまけに今回の熊本地震では一般参加の外国の人も一緒に参加して汗を流しておられたようでその姿も強く印象に残りました。

テロなどが相次ぐ様をみていますとなんと殺伐とした世の中になったものかとため息が出ますが、こういうボランティア活動の様子をTVを通して目の当たりにしますと、気持ちがだいぶ救われます。

そんな中、南阿蘇村で被災したエントリー成婚退会OBの女性が訪ねてきてくれました。
GWを利用して実家に帰ったついでにとエントリーにも立ち寄ってくれたんだそうです。
ご主人のほうは会社が地震の影響で操業停止になっていた間の遅れを取り戻すべくGW返上で出勤だそうで一緒にはこられませんでした。

電話で聞いた時は被害は大したことはないといっておられましたが、それは周りのひどいところに比べればという話で、実際には窓ガラスが柵ごと壊れてベニヤ板を打ち付けたままの状態とか食器がこわれたり、風呂にもヒビが入って使えない状態とか結構大変なようでした。
それでも彼にも彼女にも体のほうには異常がなかったそうなのでそれだけはほんとによかったと安堵したことでした。

結婚生活のほうは非常に仲良くやっておられるようでこれまた安心できました。
これがそれぞれ一人暮らしだったらさぞかし大変だったろうといったようなことをいっておられました。
東日本大震災の時にも似たような現象があり、デパートの婚約指輪の売れ行きが急に増えたということはずっと以前のブログで案内した通り!
やはりこういう時にこそ『一人より二人』の有難味がよくわかるのではないでしょうか?

これからは宮崎も南海トラフ地震がいつくるかわからないといわれてるわけなので、他人事ではありません。『明日は我が身』です。
『結婚はしたいんだけど、独り暮らしの良さも捨てられないし...』等とウジウジ迷っておられる方もおられるやに聞いていますが、そういう人は現実にしっかりと目を向けて本気で結婚する気があるのかそれとも一生独身を貫く気なのかを自分の中で明確にしておかれた方がで良いと思います。何事にもタイミングというものがありますからね。


最後に話は変わりますが、6月26日(日)に40代以上(女性は38歳以上)を中心としたお見合いパーティーを開きます。
20~30代を中心としたお見合いパーティーは今年の3月20日(日)に行いました。その内容及び結果についてはそのあとのブログで紹介した通りですが、その時誕生したカップルのうち何組かはその後もしっかりとお付き合いを続けていっておられます。
来月には交際期限が到来しますのでどういう結果になるのか楽しみにしているところです。

そもそもお見合いパーティーというのは多くの会員の方と一度に会えるという点で非常に効率の良い機会ですし、自分が良いなと思った人に対しては直接お話して自分を売り込むこともできます。
そういう意味からもほ気で結婚したいと思っておられる人はパーティーを上手に活用するにこしたことはないと思っています。

ところがパーティーは苦手だからといった曖昧な理由でなかなかパーティーに参加しようとされない人もおられます。食わず嫌いとでもいうのでしょうか?勿体ない話です。

概して私たちの多くはやらなきゃいけないことがあってもそれが自分の気が進まないような場合にはやりたくない一心でその為のもっともらしい口実をいとも簡単にみつけ出し、自分自身を納得させようとしがちです。

私が寒い時や暑い時に散歩をさぼりたくなる時などがその良い例です。『風邪をひいたら元も子もない』とか『熱中症になったら却って健康を損なうだけ...』とか実にもっともらしい理由を見つけ出します。まさに天才的...。
しかし、それでどうなるんでしょう?ウォーキングという私の健康にプラスになることはできないまま!決して自分の為にならないことだけは確かです。それでいいんでしょうか?
良いはずがありません。いつも私はそんな自分を心のどこかで軽蔑しています。

やった方が良いことだったら、とにかくつべこべ言わずにやればいいんです。終わったあとにはきっと大きな充実感が待っているはずですから...。

婚活にしても然り!婚活しようとせっかく一歩を踏み出したんだったらもう片方の足でもう一歩進んでみたら良いのでは?
『何もしなかったら自何も変わりません!』
パーティー参加もその延長線上で考えたらよいのではないでしょうか?

私は何もエントリーのパーティーだけを考えて言うつもりはありません。他社主催のパーティーでも構わないのです。それが自分にとってプラスの方向に結びついていくのでありさえすれば...。

但し、その場合でも身元がハッキリしていて、結婚を前提に参加した独身男女の集まるパーティであるかどうかだけは調べたうえでの参加をお薦めします。リスクの有無については自分で注意深く判断していくしかありません。

『その点エントリーのパーティーは身元ハッキリの会員制パーティーですから安心です、これまで沢山の成婚カップルが誕生してますから安心ですよ~』と最後はエントリーのパーティーの売り込みで終わりとさせていただきます。お粗末でした。


 婚活やの親父こと
            
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)     



*次回は5月20日前後を予定していますのでよろしくお願いします。







宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ