2016年9月アーカイブ

程よい距離感


台風16号もやってはきましたが、我が家を含め宮崎市の方には大した被害はなかったようで良かったと思っているところですが、それでも延岡市の方には結構被害があったとのこと。
延岡にも会員さんが何人かおられますので、どうだったかなと案じているところです。

私の肋骨の骨折につきましては順調に回復しています。あとは正常にくっついてくれさえすれば問題ないのですが、面倒くさがりやの私につきコルセットを医師の指示通りにはしていません。従って痛みは治まったとしても変なくっつき方をしないだろうかとそれだけが心配です。

それはそうと前回のブログでご紹介したエントリーの現役の会員(A子)さんが紹介してくださった方が、予定通りに無料相談においでいただき、すんなりとご入会して
IMG_2386 (1).JPG
いただきました。

最初に来られた時にいきなりお土産を持ってきてくださったのでビックリしましたが、美味しそうなマスカットの入ったそのプラスチックの箱にオカメインコとセキセイインコの厚手の可愛らしいシール(右の写真参照)が貼ってありました。

ハハーンときて『私のブログなど読んでいただいてるんですか?』と尋ねたら案の定『そうです』との答えが返ってきました。
『たまたま良いのを見つけましたから...』ということでしたがそのお心遣いを大変嬉しく思いました。

中味をおいしく頂戴したあとはそのシールをはがして私の大切にしている血圧計に貼り付けました。
血圧計にというのは何とも色気のない話で恐縮ですが、血圧の高い私にとっては大切なものです。

その日以降、ともすれば忘れがちだった血圧測定を一度も忘れずに継続しています。
エンタロー&エンジロー効果だと思い喜んでいます。

入会されたあとでいろいろお話させてもらったら事前に前述のA子さんが、いろいろと詳しく説明を聞いておられたようで、それで私の下手な説明を聞くまでもなく最初から入会しようと思ってお出でいただいたようでした。有り難いことです。
紹介して下さったり事前に説明して戴いたA子さんには大感謝です。


ところで話は変わりますが、今月成婚退会手続きにこられたカップルの中に遠距離交際が実って無事ゴールインとなったカップルがおられました。

彼と彼女は同じ年うまれ。彼の方が10ヶ月ほどお兄ちゃんでした。彼女の方は入会後11ヶ月、彼の方は入会後9ヶ月での成婚退会ということでしたから標準的というか、遠距離交際という点を考慮すると比較的早い方だと思います。

お二人の出会いはお見合い。キッカケはウチのオクサンの紹介でした。
彼の方が宮崎出身ですが現在勤めの関係で県外におられたので、県外でもいいですと言ってくれる女性会員さんがどれくらいいるだろうか?と私としては心配していました。

するとウチのオクサンが『候補者がいるわ。お二人はお似合いだと思うから勧めましょう』と力強い言葉。
早速ウチのオクサンが女性会員(=今回成婚退会された彼女)の方に彼のことを奨めましたら『お会いしてみてもいいです』という返事。
返す刀で?今度は彼の方にも連絡をとり、彼女のプロフィールをみてもらったら彼の方も『お会いしたい』ということでしたので、オクサンが頑張ってお二人とマメに連絡をとりお見合いの日時をセットしたという次第でした。

宮崎の女性は九州他県の女性と比べてもより保守的な傾向が強く、なかなか県外にでたがらなかいといわれていますが、実際にエントリーにおいてもその傾向は強くみられてきました。

ところが最近は徐々にではありますが、結婚に対する優先順位を改めて見つめなおしたうえで『たとえ遠方の人であってもそこが北海道等といったように極端に遠いところでなければその人が自分が希望する要望を満たしてくれる人であったらそれはかまわないんじゃないか?』という至極当然の基準で考える人が増えてきたからのように思います。

まだ、結婚をしたこともない人が自分の短い経験と数少ない情報を基に最初から自分勝手な思い込みと決めつけで制約条件を沢山つけてしまうとなかなか結婚できるものではありません。
その結果そういう人が見つからず結局苦労するのは自分自身であるということに気づいてこられたということでしょうか?
結構な傾向といえるのではないかと思っていますが、その割合はまだまだ多数派とはいえないのが現状です。

勿論、身近なところに希望通りの方がおられましたらそれに越したことはありません。
しかし、その気になってお相手探しをしているときに身近にたまたま自分が希望するような方がおられなかった場合はどうしたらよいのでしょう?
そういうかたが現れるまでいつまでも待つという方もおられるでしょうし、ある時期まで待ってそれを過ぎたら結婚しないという方もおられるかもしれません。

しかし、そのいずれの場合もそういう方がいつ現れるかという保証はどこにもありません。よくわからないままにいたずらに時間を無駄遣いして、自分は年をとってゆき条件は悪くなってゆくばかり...。

それを避ける為には自分のお相手に対する希望条件をより現実的なものに変更するか、県外にお相手をみつけるかしかありません。

然るに、今回のお二人の場合は価値観がぴったしだったように思います。
彼女の場合は、特に条件を落とすといった無理をすることもなく彼女の結婚観をより満たしてくれるお相手がたまたま県外に住む人であったということなのかもしれません。
もともと以前から彼女は『私は県内でも県外でもどちらでも構いません』という考え方の持ち主でした。

特にお二人が気にいっておられたのはお付き合いを続けていくに際してのお二人の間の距離感が非常に心地よいものであったそうです。
お互いを拘束し過ぎるでもなく、放置しすぎるでもない『程よい距離感』を保ちながらのお付き合いという点がお二人にはちょうどよかったようで、順調にお付き合いを続けてこられたそうです。
手続きに来られた際に、その言葉がお二人の口から異口同音に出たことに私は強い感銘を受けました。

それでも休みの日には彼の方ができるだけ宮崎の方に帰ってきたり、電話とかメールもお二人が程よいと感じる距離感の中で交換しておられたようで、手続きに来られた時もお二人の雰囲気は幸せそうでなかなか良い感じでした。

こうしてまた一組の幸せなカップルが誕生していきました。良かったですよね。いつまでもお幸せにね...。

婚活やの親父こと
           哲  
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は今回書ききれなかったお見合いパーティーのことなどを中心に10月7日頃を目途に更新したいと思いますので宜しくお願いします。









親友と...


朝夕はほんとに涼しくなってきて過ごしやすくなりました。
ただスーパー台風14号からはなんとか免れたもののそのあとの台風16号がしっかりと日本列島を狙っているようなので薄気味悪く思っているところです。

私の肋骨の骨折の方は痛みもだいぶ治まってきましたが、ただ咳をするときの激痛だけには現在も閉口しています。
リハビリの為の通院もまだひとりでは運転がはままならない状況ですので未だにオクサンに迷惑をかけています。
しかし、そうそうオクサンの好意に甘えてばかりもおられませんのでそろそろひとりでの運転に挑戦しなければと思っています。

骨折した翌日は試しにひとりでちょっと運転してみたのですが、横をみたり、後をみたりするのが厳しい為、危うく事故を起こしそうになりかけた場面もありました。
それ以降はオクサンの好意に甘えて言われる通りに感謝しながら従っていますが全体的に痛みが大分治まってきましたので、もう大丈夫なのでは?と思っているところです。

ところで前回のブログのあとに、私の怪我に対していろんな方からお見舞いのメールを沢山いただきました。思いもかけなかっただけに大変有り難く思いました。こういった細やかな心遣いというのは嬉しいものですよね。

また、現在現役として活動しておられる会員さんからの友人の紹介もありました。有り難いことです。ご自分の婚活だけでも大変なのに、お友達や私たちのことに対しても気を使って下さるそのやさしさには感激しました。
17日に紹介して戴いた方には説明することになっていますが、紹介して下さった会員さんのご厚意を無にしないよう一生懸命頑張って説明しなければと思っているところです。


ところで話は」ガラっと変わりますが、最近の私はどういうわけか日ごろなかなか会えない親友と会う機会が続き喜んでいるところです。
新潟の親友、東京神奈川に住む親友たちと会ったことについてはブログでも
親友A.jpg
ちょっとだけ触れたかと思いますが、それに加え、今度は現在三重県に住む私の高校時代からの親友が遊びに来てくれました。 丁度私が骨折する10日位前だったかと思いますが...。

隠し事をする必要もなくなんでも思ったままのことを話し合うことが出来る大の親友達は私の貴重な宝物です。これからあとも一生大切にしていきたいと思っています。
今回遊びにきてくれた彼とは久方ぶりに夜の街にも出かけまし楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

夜の街といえば私は若いころ(というか実は幼い頃?)からの飲酒がたたってかと思いますが現在、慢性膵炎(まんせいすいえん)とかいう面倒くさい病気になっていましてアルコールは絶対駄目!甘いものも駄目、油モノも駄目という風に私の好きなものことごとくにドクターストップがかかっています。
従いまして夜の街にはここ一年ほどまったく出ておらずストレスが溜まっていました。

病気を宣告された最初の頃は全てお医者さんの指示通りにしていましたが、それでは全く味気ない生活でなんの楽しみもありません!
日常生活をしていくにあたっては殆ど支障がないのを良いことにそのうちだんだんと自分で勝手に縛り(しばり)を緩めてきています。
今では甘いものもチョコレート以外は食べる量こそ加減はしていますが結構食べていますし、油モノも天ぷらなどは平気で食べています。

お医者さんの云う通りにしてたらベストかもしれないけど、その代わり精神的ストレスが溜まって参ってしまいますので、悪くなったときにはそれはそれで仕方がないと腹をくくってそうしています。
それでも珍しく大好きなアルコールだけは悪影響が大きそうなので完全に止めています。

友知人からの誘いがあっても飲酒だけはずっと断り続けてきました。若いころから酒豪でならしてきた私にとりましては大変厳しい毎日だったのですが、最近はノンアルコールなる便利なものが出てきて見た目も味もかなり質がよくなってきています。
そんな訳で、先程の親友と飲みに出かけてもウーロン茶で付き合って友人を白けさすこともなくノンアルで楽しいひと時を過ごすことができました。

私の場合はもともとアルコールにはめっぽう強くいくら飲んでも酔っぱらうということは殆どありませんでしたので、アルコールでもノンアルでも私にとっては似たようなもの、その雰囲気が好きなだけので十分楽しめました。

尚、誤解なきよう念の為に申し上げておきますと慢性膵炎という病気は伝染性の病気ではなく節制しないと患者の膵臓の機能がだんだん衰えていくというそれだけのことですから、会員さんにご迷惑をおかけするようなことは全くありませんのでご心配なきように!

さて毎年この時期になると、秋の深まりにつれて私の旅心はくすぐられてきます。今年は北欧3か国に行く予定で着々と準備を進めていました。
ところが今回の骨折が全治2か月ということなので重いものをもって移動する海外旅行については『止めといたほうが無難でしょう!』というお医者さんのアドバイスにしたがって一年延ばすことになってしまいました。残念ですが、自業自得につき誰にも文句はいえません。

しかし、一ヶ月くらい経ったら様子をみて国内のどこかに足を運ぼうと思っています。やれるときにやっておかないといつまでたっても何もできませんからね。
独身の皆さんののやるべきことは...勿論、婚活!頑張っていきましょうね!"私たちも精一杯応援しますので!

婚活やの親父こと
            
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)





*次回は10月27日ころを目途に更新したいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。












朝夕はめっきり秋らしくなってきました。
秋大好き人間の私としましては大歓迎なのですが、それとともに来ないで欲しい台風までもが頻繁に日本列島を襲い始めました。いい迷惑...。

東北・北海道を襲った台風10号の為に岩手県や北海道はかなりの被害がでましたので、気の毒になあと思ってみていましたら、なんと今度は九州が襲われ始めました。
神様が北の方だけでは不公平とでも思ったからというわけでもないでしょうが、その律儀さ?にも困ったものです。
台風12号の方はなんとか宮崎には大した被害もなく通り過ぎていってくれましたが、まだそのあとも幾つかの台風に虎視眈々(こしたんたん)と狙われているようで戦々恐々としています。

今回の12号につきましてはいつものように台風除けの儀式?『エントリー式ルーティン』を行いました。
以前のブログでも毎年この時期になると書かせてもらっていますが、私達が台風が来る前に我が家の周りにおいてあるガーデンテーブルや鉢や自転車などが吹き飛ばされないようにしっかりと対策をほどこしておくと台風はやってこないというその為のルーティン!

今回も同じような結果になったので『エントリー式ルーティン』の効き目は相変わらず大したものだと一人悦に入って後片付けをしていましたら、『調子に乗るんじゃないよ』という神の思し召しかそんな私にしっかりとしたお仕置きが下されてしまいました。

即ち台風対策を施していたものを散歩から帰って直ぐにひとりで
ヒ~.jpg
後片づけをしていましたら、両手に片づけモノを抱えたまま玄関口で滑って見事にスッテンコロリン!

それはそれで仕方なかったのですが、転んだところが玄関のコンクリートの階段のすぐそばでしたので階段の端のとがったところに左のわき腹をいやというほど打ち付けてしまいました。
左腕にはめていた腕時計が吹っ飛ぶほどのすごい衝撃でしばらくは息をするのもやっとというほどの痛さでした。

そのまま立ち上がることもできず10分ほどそのままにしていましたが、早い時間につきオクサンはまだ寐ていて誰が助けてくれるというわけどもないので、ようやく一人でそろそろと立ち上がりました。
そのあとは中途半端は嫌いな性分なのでまだ残っていたブロックとかいった重いものを抱えて最後まで片づけました。

しばらくすると痛みもとれるだろうとと思っていましたが、時間を追うごとに痛みは増すばかり!
オクサンが心配して病院に行ってレントゲンを撮った方がいいといって私の友人のやっている整形外科に連れていってもらいレントゲンをとってもらいましたら案の定肋骨が3本折れていました。

あちこちに擦り傷もあり包帯ベタベタ貼りまくりでしたがそちらの方は邪魔臭いので病院から帰ったらすぐに外しました。
全治までには2ヶ月近い日数がかかるらしくウンザリしていますが、特にクルマの乗り降り時の痛みは結構大変です。丁度椎間板ヘルニアをやったときの痛みと同じような感じで、こればかりは経験してみないとわからないかと思います。

しばらくは安静にしておくようにとの友人の医師の指示ですので何かと忙しい時に困ったなあと思っています。

オクサンの手を煩わさずに自分ひとりで台風の後始末をしようと始めたところまではよかったのですが、結果的にはそれ以上オクサンに負担をかけることになってしまいました。
クルマの運転の方もままならぬ状況でどこにいくにも結局オクサンに頼らざるを得なくなってしまいまいした。
オクサンが嫌な顔ひとつせずに進んでやってくれるので大変申し訳なくかつ有り難く思っているところです。しばらくは頭があがらなくなりそうです。

私の方も安静にしてさえいれば、それ以外は特に悪いところはありませんので仕事の方に支障をきたすことはありません。今もこうしてパソコンに向かって普通にブログを書いていますし、口の方は相変わらず達者ですから動けない分は仕事で頑張ろうと思っているところです。

今回の骨折騒動を受け、『エントリー式ルーティン』などと自然を揶揄(やゆ)するような言動は厳につつしまなくちゃいけないなと大いに反省したことでした。


ところで話はガラっと変わりますが、嬉しいことにここ最近はどういうわけか紹介で入会して下さる方が続きました。有り難いことです。
それもエントリーを成婚退会された方から直接の紹介ではなく、成婚退会された方からエントリーのことを聞かれたお知り合いの方からの間接紹介らしいので、私達にとりましては余計嬉しいことで喜んでいます。

このブログを読んでおられる皆さまの中でも身近に結婚で困っておられる方がおられましたら是非、エントリーを紹介して戴ければ、現役会員の皆さんの組み合わせの確率が高くなっていきますのでご協力のほどどうぞ宜しくお願いします。

またエンジローの不慮の死につきましてはいろんな方から慰めと励ましのメールをいただき、大変有り難く感激しました。
これまで私のブログなどまったく関心をお持ちでないだろうと思っていたような方からもエンジローの死を悼(いた)んでくださったことにつきましては心から有り難いなと思いました。
それととともに私の拙いブログでもこうやっていろんな方に読んでいただいている以上、下手は下手なりにもっともっと頑張って書きつづけるぞ~と元気が出てきました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

婚活やの親父こと
           
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)




*次回は9月17日前後を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。














宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ