2016年12月アーカイブ


あっという間に冬至が過ぎ、そしてクリスマスが過ぎ、あっという間に大晦日...、ほんとに新年まですぐ手が届くところまでやってきました。               除夜の鐘.jpg
忘年会とかクリスマスのウキウキした気分から一転、世間は一斉に忙し気にお正月の準備に入ったみたいです。

エントリーではこの冬は12月30日(金)から1月3日(火)までの5日間お正月休みをとらせてもらおうと思っています。
当初は世間様と同様に12月29日(木)からお正月休みに入るつもりでいましたが、有り難いことに29日にも予約が入りましたので急遽29日まで精一杯仕事をさせて戴くことに変更しました。
但し、新規の無料相談とか会員さんでも緊急のご相談がある場合は極力対応させて戴こうと思っていますのでご連絡ください。

30~31日の2日間は大掃除からお正月の準備まで結構ハードなものとなりそうですが、短期集中にはなれていますし、いつもの通り何とかのりきれるものと思っています。

それはそれとして、先日、7月に成婚退会されたカップルが先週の日曜に結婚式をあげましたといって報告に来て下さいました。
入籍は10月にしておられたそうです。
このカップル、彼女の方がちょっとだけ年上(12月で36歳)でした。うまく赤ちゃんが生まれてくれるといいがなあと心配しておられましたが、心配は無用だったようです。
彼女のお腹の中にはしっかりと8週間の赤ちゃんが宿っているとのこと!

おとなしい彼に『やるときはちゃんとやるじゃない』といって冷やかしたら、『いや、ちゃんと計算は合ってるんですよ』と顔を真っ赤にして答えてくれました。いずれにしてもお目出度い話です。
彼は私達の前でもチラチラと彼女の方をみて彼女の体のことに気を配っていました。
ほんとに優しい男性です。
両家のご両親も大変喜んでおられるそうです。お二人の新居は取り敢えず、彼の実家のすぐ近くのアパートに構えられたようですが、彼女は彼のご両親が大変良くしてくださるといって感謝していました。

そういう話を聞くとこちらまで嬉しくなってしまいます。
無事生まれたあとは必ず私達にも見せてもらうように約束してもらいました。その日が今からとても楽しみです。


それにしても2016年という年を振り返ってみますと、私達民間の結婚相談業界にとりましては激動の一年だったように思います。
国の助成金をバックにした採算を全く度外視した県主導の結婚サポートセンターの設置により私達の結婚相談業界は大変な民業圧迫を受けました。
国からの助成金といっても基本的には私たちが国から徴収されている所得税等の血税がベース。

県が介入してくる以前に私たちが結婚数を増やすのに努力してきたことについては一顧だにされずいきなりの民業圧迫に大変四苦八苦させられた一年でした。

無責任な県の介入に同業者の中には廃業したところも出てきています。県はこういう業者に対しては『残念でしたね』とだけで済ますつもりなのでしょうか?大いに疑問がわいてくるのを禁じえません。

また、プライベートな面につきましては私の場合はほんとに病院通いの続いた一年でした。
肋骨も折りましたし、白内障も手術しましたし、その前の年からの慢性膵炎、その他諸々の病気でほんとに病院とは仲良しこよしの一年でした。
来年は縁が遠くなるように気をつけていこうと思っています。

また、来年の年賀状についても、去年いただいたものを中心に25日迄に全部出し終えました。
OB会員の方達には安心して出せますが、現役会員の方達については、ご家族の方に黙って入会している方もおられます。
そういう方の場合はこちらからの年賀状については迷惑がられることもありますので、こちらから先に出すことはしておりませんのでご安心ください。

ってなことで2016年も幕を閉じようとしています。
いろんなことがありましたが、エントリーにとりましては新規入会者数こそそれまでに較べましたら減リましたが、現役会員の方達が沢山成婚退会していかれましたのでトータルでみますとプラスマイナス若干のプラスかな?と思っています。

今年後半の動きから来年は必ず会員さんたちが戻ってこられるものと信じていますので、さらに頑張っていこうと思っています。

私の拙いブログにつきましてもフォロワーの数が相当増えまして有り難く思うとともにこれからもご期待を裏切らないように頑張らなくちゃなと気持ちを引き締めているところです。

読者の皆様には今年一年大変お世話になり有難うございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

来年の抱負については次号で述べさせていただきたいと思っています。


婚活やの親父こと
           哲
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*2017年の第一弾は1月9日を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。


 
  


                               

街にはジングルベルが流れ、あちこちで忘年会が催されているせいもあってか夜の繁華街は人の波で溢れかえっています。いつもながらの歳末の風景...

一方、私の方は12月の6日から白内障の手術ということで一週間ほど病院の一室で実に退屈な毎日を送っていました。
忙しすぎるというのも大変ですが、何もしない生活というのもこれは
入院生活.gif
これで結構苦しいもんですね。
TVは備え付けてありましたが、目が疲れるといけないということでできるだけ控えめにしましたし、夜も9時頃には寝るようにしていましたので夜中に何度も目が覚めるなど、早く娑婆(しゃば)に帰りたくて悶々とした毎日でした。

手術の方は7日と9日の2回にわけて行われましたが無事成功したようでほっとしています。
しかし、単焦点眼内レンズというものをはめ込みましたので、遠方は裸眼でもハッキリ見えるようになりましたが、その分近くの方が非常に見えずらくなりました。
手術後の経過観察の検査時に処方箋を書いてもらって遠近両用のメガネを改めて作り直そうと思っています。
近くも遠くも見える眼内レンズに交換という方法もあったのですが、私の場合は乱視が強いのでそれは止めた方が良いとの医師の診断に従い断念しました。

入院期間中はオクサンが毎日きてくれましたので助かりました。
また近くに住んでいる姉夫婦も見舞いにきてもらったので話し相手が出来て有り難かったです。

退院したら案の定仕事がタップリと溜まっていました。
それでも私の入院中にオクサンが男性二人の入会手続を済ませていてくれました。20代と30代の男性...。
最近は若い男性の動きが少なかったので良かったなあと安堵した次第。


入会された会員さんのプロフィールの作成は私の担当でしたから退院した日から早速登録作業にとりかかり、二日間で全員分のプロフィールを作成~登録しました。
また、1月29日(日)開催予定の新春ハローお見合いパーティーの案内状も作りましたが、これが間違いだらけ!
親切にも会員さんお二人から間違いを指摘していただきましたので直ぐに書き直して改めて送り直しとなるなど散々でしたが、訂正文メールの方も含め何とか送り終えることはできました。

更に今月成婚退会予定の3組の方にもその案内状を送りましたが、これにもちょっとしたケアレスミスがあちこちに散見され自分でもウンザリしてしまいました。
しかし、たった一週間不在にしていたくらいでこんなにも集中力が衰えるのかと思うとすっかり落ち込んでしまいました。

オクサンが見るに見かねたようで『今日は疲れているようだから明日にしたら?』といってくれましたが、そこのところは意地っ張りの私につき妥協できず、普段の倍の時間をかけてしまいましたが、何とか仕上げました。
しかし、遅い時間に何度も着信音をならされた会員の皆様には大変ご迷惑をおかけする結果になり大変申し訳ありませんでした。

その後もまだ本調子ではなくこのブログを書いていてもなかなか文章が浮かんでこず悪戦苦闘しています。(もっともこれは入院の影響ではなく毎度のことですけどね)


ところで私の入院中に東京の新聞社からたまたま私のブログを読まれたからとかで電話による取材があったそうです。15日には掲載された新聞がエントリーにも送られてきました。
取材のテーマは『官製婚活について』! 新聞記事の要旨をまとめると以下の通り。

今や婚活は一大国家プロジェクトとなってきており、婚活支援の交付金は2016年度で約45億円。これに全国の自治体が飛びつき『お見合い』や『女子力アップ講座』等が花盛りである。
確かに未婚化・晩婚化は急速に進んでいるが、国や自治体が未婚者に結婚を勧めるのは『セクハラ』と受け取られかねず戦時中の『産めよ殖やせよ』キャンペーンを彷彿(ほうふつ)とさせ、どうかと思われる。
更に民間の結婚相談所からは『民業圧迫』との声も聴かれる。

といったような内容です。
私がいなかったので締切日との兼ね合いから私に代わってウチのオクサンに対して民業圧迫の実態についてのヒアリングがあり、オクサンなりに宮崎県における民業圧迫の実態についての見解を述べたそうです。
私とオクサンとはいつも情報を共有していますので新聞に書いてある内容を読んでも違和感は感じられず、実態を正しく捉えたコメンットだったように思いました。

因みに宮崎県の実態はどうかというとあれだけの費用と人員を投入して会員数は11月1000人を超していながら昨年8月から今年の11月末現在で成婚組数がたったの9組しか出てないというのが実状。
宮崎県において『民業圧迫』というのは紛れもない事実です。
従って未婚化・晩婚化に歯止めをかけていく為には民間にできることは民間に任せ、子育て支援とか若い人たちの収入の向上とか予算の使い道はもっと他にもあるんじゃないかと再検討を強く望む次第です。


婚活やの親父こと
           
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


*次回(今年の最終回)は12月29日(木)を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。










早いものでとうとう師走に突入。
もういくつ寝るとお正月~ってなことになるんですね。ということはまた自分の歳が一つ増える新年がやってくるわけです。
頼みもしないのに勝手にきやがって...と嘆いておられるかたも少なくないかと思います。

そういえば先月から喪中お見舞いの案内が沢山届いています。年賀状を今年も沢山買い込んだのに、この調子だと大分余ってしまうことになるかもしれません。

また、先日ある会員さんから面白いお土産をいただきました。それは
IMG_2761.JPG
右の写真の通り(株)山崎ビスケット社で作られているエントリーという名のお菓子。
その会員さんも街で偶然に見つけて珍しいからということで買ってきて下さったんだそうです。
味の方もなかなかのもので結構美味しくいただきました。
ウチのオクサンはそれまでにどこかで見かけたことがあったそうですが、私は初めて...。
なんとなく親近感をおぼえましたのでこれからはちょくちょく買って来て食べようと思っているところです。

ところで先月の合同パーティーのあとはどういうわけか新規入会の方が続きました。パーティーの効果とは全く思っていませんが、大体毎月25日以降は給料日の後ということと関係があるのかもしれませんが、結構無料相談が集中します。

入会された方については通常は女性であるということと情報量の豊富なウチおオクサンが対応しています。
無料相談についてはエントリーのシステムを立ち上げた私が対応させていただくようにしています。
勿論ご相談者のご要望や年齢その他の条件も加味し臨機応変、柔軟に対応しているつもりです。

私は長いこと生きてきて人生経験も相談所長としての経験もそれなりに積んできていますので大抵のことには対応できるのではないかと自分では思っていますが実際のところは分かりません。
それでも女性の方の場合は男?の私が説明してもいいのかな?と若干気を使うこともあります。何せ私はシャイなもんですから...???

幸い最近入ってこられた方の場合はどういうわけか私のブログを読んできていただいた方が多かったので親近感をもって相談にのることができました。
『ブログ読みましたよ』といって戴くと、単純な私は直ぐに嬉しくなって気を遣うこともなくその後の説明がスムーズになります。有り難いことです。

大体無料相談に見える方は殆どの方が緊張してこられるようです。
そのことを『私、緊張してます』とストレートに口に出される方もおられますし、その方の態度からして『緊張しておられるな?』と感じとることもあります。
そういう場合には本論に入る前に緊張を解いて差し上げることから始めるようにしています。
私達からしますとエントリーはどこにでもいる普通のオジサンとオバサンが夫婦でやってるごくごく平凡な相談所なので『緊張します』などといわれるとかえって恐縮してしまいます。

また、たま~にオクサンからエントリーに電話をいただいた方の中で『ブログを読んで勇気をもらっています』といっていたく方もおられたということを聞くことがあります。

そういうことを聞くと私は嬉しいというより『私のあのダラダラ長いだけが特徴の拙いブログのどういうところでそんな風に感じていただいたんだろうか?もしほんとにそういったことがあったとすると、そういった方の期待に応える為には今後どういったことを書いていけばいんだろうか?』と却って不安になります。

ま、いろいろ考えたところで所詮私の錆び付いた脳みそからは特別なものは何も出てきません。
ただ、私には実際にいろんな会員さんたちと接することが出来る立場にあるという強みがあります。そのおかげで決して受け売りではない生の情報を得ることができます。
得られた情報のエキスを個人情報保護に触れない範囲でエントリーの会員さんには参考にしていただけるようにお伝えしていくことで少しでも元気になっていただければなと思う次第です。


最後に今年の私は体のあちこちにガタがきていましていろんな種類の病院にせっせと通いました。
その今年の仕上げというわけではないでしょうが、この12月の上旬にちょっとだけ入院します。
といってもこちらの病気の方は全然大したものではなく落ちてきた視力を回復するための両目の白内障の手術です。

そのあとは手術がうまくいっていろんな意味で世の中のことがハッキリみえるようになればいいなあと思っています。
またしてもオクサンの方には迷惑をかけてしまいますが、手術の方にはオクサンも賛成してくれてますので好意に甘えさせてもらおうと思っています。
ショータローにしばらく会えなくなるのがのが残念ですが...

婚活やの親父こと
           
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*今回は入院のこともありますので少し早めに更新しましたが、次回は12月19日を目途に更新させていただきますので宜しくお願いします









宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ