2017年3月アーカイブ


気象庁は21日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。
平年より5日早く昨年と同日だったそうで都心としては2008年以来、9年ぶりに全国で最も早い開花宣言だったそうです。

宮崎県の桜の開花時期はというと開花予想日は4月1日、満開予想日は4月11日、見頃予想は4月9日頃から4月16日頃との案内が出ています。当初の開花予想から較べるとずいぶん遅れていますので、この予想もどこまで信用してよいものやら...、それにしてもほんとに不順な天候が続いています。

それはそうとエントリーでは25日、交際しておられたカップルの交際が見事に〝満開"となり成婚退会していかれました。
男性は昨年の12月に入会されたばかりでしたのでわずか3か月での成婚退会ということになりました。
明るくてとても爽やかな好青年!入会されたときからこの人は早く決まるだろうなと思っていましたが、予想通りの結果となりました。

女性の方も若くて美しい女性で今まで何度かお見合いの申し込みがありましたが、これまではなかなか彼女の希望に合う方との出会いに恵まれず、時間だけが過ぎてきました
そんなお二人がお見合をされたのは12月の下旬でした。お見合いしたときからお二人とも息がピッタリだったようでお二人とも『お付き合い希望』ということになり期待通り順調に滑り出しました。

途中オクサンがお二人の交際の進捗状況をメールで問い合わせた時も『怖いくらい順調です』との返事が彼の方から返ってきました。

LINEも毎日されて週末には殆ど毎週二人で会っておられたそうです。このメールを見た時にこのお二人の成婚退会は120%間違いないと確信したものです。

そしてこのお二人の交際期間中にはたまたまお正月があり、彼の誕生日(1月)があり、バレンタインデーがありとお二人の交際を促進させるには絶好のいろんなイベントもありました。
幸せなことに彼はバレンタインデーには彼女から手編みの靴下をもらい、彼の誕生日には手作りのケーキをもらったそうです。
几帳面な彼はそれらのものをしっかりとスマフォに残していて嬉しそうに私達にも見せてもらいました。ほんとに羨ましき限り!

しかし、こんな彼ですが、元来彼には結婚願望というものはなかったんだそうです。
ご両親はじめ友知人に対しては自分は結婚する気はないと公言しておられたとのこと。
もともと彼は料理を初めとして家事は自分でなんでも出来るタイプなのでお嫁さんをもらわなくても別に困らない、従ってわざわざ見ず知らずの他人と結婚して窮屈な思いをする位だったらひとりでいた方が余程楽だという強い思いがあったからだそうです。

ところがある時、友人のお宅に呼ばれ、そこで食事をご馳走になったそうです。
それは鍋パーティーだったそうですが、その時の友人ご夫妻の雰囲気があまりにも幸せに満ち満ちているのを見て結婚っていうのはなんて素晴らしいものなんだろう?ということを初めて実感し、結婚の良さというものについて気づかされたんだそうです。

従って今回の成婚退会の陰の主役は彼にそういう気を起こさせた彼の友人ご夫妻の鍋パーティーということになるのかもしれません。

結婚というものに対してははいろんな考え方があるでしょうが、少なくとも私は一人で生活してゆくよりは二人で生活していった方が楽だからといった単なる不便解消の一手段という風にはとらえたくないと思っています。
二人で処理しなくても一人で処理したころで大して苦にならないから、生活環境の違うところで生まれ育ってきた二人が、一緒に居ることによって生じる軋轢に煩わされる位なら結婚しない方が良いという考え方は分からなくはないもの、私にはなじめない考え方です。
但し、この考え方は彼から直接聞いたものでもなく私が勝手に想像を膨らませたものにつき彼には『そんな単純なものじゃない、もっと深い意味もあったんですよと否定されるかもしれませんので念の為申し添えておきます。

因みに、私は結婚というものは便利だからとか不便だからといったようなことではなく、一緒にいることによって一人の時では得られなかったような心の充足感というか安らぎを感じることができたらそれで充分なのではないかと思っています。

彼は友人ご夫妻との鍋パーティーを通してそのことに気づかれたということではないでしょうか?(ここの部分も私の勝手な想像ですが...)

いずれにせよそのあと直ぐに婚活を始めようと思われたらしく彼は幸いにもエントリーを選ばれ入会して戴きました。そして正味3か月での成婚退会...


プロポーズは西都原古墳群でされたそうです。桜はまだ咲いていな
IMG_3412 (1).JPG
かったようですが快晴の青空のもと菜の花が満開だったそうです。
その日は彼がパンを焼いてゆき、彼女が美味しい手作りのジャムやおかずを作ってもっていかれたそうです。
そしてそこで彼が正式にプロポーズして彼女にOKしてもらったそうです。

この話には後日談がありまして、私達ミーハー夫婦は西都原古墳群でのお二人の幸せのおすそ分けに与かりたく、28日(火)の定休日に西都原に行ってきました。
確かに、桜は一輪も咲いていませんでしたが、菜の花は見事に咲き誇っていましたのでバチバチと写真を撮ってきました。

この西都原では依然もここでプロポーズしようとトライされた幸せなカップルがおられました。めでたく可愛らしい男の赤ちゃんも誕生されエントリーにも連れてきていただきました。

どちらも似たような感じの素晴らしいカップルでしたが、どこでプロポーズしようか?と悩んでおられる方は西都原古墳群を選ばれてみるのも良いかもね。

エントリーに手続に来られた際にはいろんな楽しい話を聞かせてもらいました。
お二人ともずっとニコニコ。成婚退会の時の皆さんはいつみても幸せいっぱいで見ている私達までもがほのぼのとした幸せに包まれます。
私の方はブログにお二人の幸せのキーワードをどういう風に表現しようかな?と思案しながらお二人の話を聞いていました。

恒例のお二人のツーショットでの記念写真を撮る際には、突然彼が『手をつないで撮ってもらってもいいでしょうか?』というので勿論OK!熱々のツーショット写真を撮りお二人に送りました。

ウチのオクサンなどは自分の息子や娘に対すると同じような感じでいろいろ細かいことまでアドバイスしていました。これからもほんとにお幸せにね。また、必ず遊びに来てください。待っチョるかいね~!

今回もこれまで卒業していかれたエントリーの諸先輩たちと同様に幸せな成婚退会になりました。
私達もこれから先もこのような幸せなカップルを生み出せるように応援していきたいと思います。

婚活やの親父こと
           
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は4月10日頃を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。














三寒四温とはいいながらも最近は寒い日が続き、四寒三温といったほうが相応しいような天候が続いています。
こんな天候でほんとに3月下旬に桜が開花するんだろうか?と疑問に思う位...。
それでも寒いとはいえ冷たい風は吹かないので、散歩の方はしっかりと続けています。

この時期の私の散歩道はあちこちに水仙の花が咲き誇っておりいつも
水仙A.jpg
私の心を和ませてくれます。
そもそも水仙は花壇の花が少ない12~4月に花を咲かせるんだそうですが、その清楚な姿と香りが私は大好きです。

しかしながら、水仙の葉や球根にはアルカロイドという毒があり下痢、頭痛、嘔吐などの中毒症状を引き起こすそうなので要注意の花とのこと。
美しい花には棘(トゲ)があるとは昔から言われていますが、それに加えて毒をもつ花もあるんですね。人間に対する場合もただ美しいからというだけで夢中になるのではなく、総合的に判断した上で心してかからねばいけないよという警鐘なのでしょうか...?

ところで小学校の同窓会の方は無事開催することができました。10名集まるかと心配していたのですが、しっかりと15名を超える人数が集まり、何十年ぶりかで会う友人たちとほんとに楽しいひと時を過ごすことができました。

中学校や高校の同窓会はあちこちで行われていますが、小学校の同窓会というのは余り聞いたことがありませんし、私も今回初めて参加しました。
それなのに、どういうわけか今回は当時学級委員長だった私が幹事役を仰せつかってしまいました。  

それならということで参加希望者の募集から始めましたが住所不明や体調が悪くて行けないという人が思っていた以上に多く、そのうえ電話番号も変わっている人が多かったので連絡をとるのが結構大変でした。
それでも私は結構しつこい?性格なのでいろんなツテをたどり不明となっていた人たちをかなり掘り起こしかなりの級友たちと連絡をとることができました。
今回、住所録も現時点でわかる範囲のものをキチンと整理することができましたので、これを基に次回以降はもう少し参加人数を増やして行いたいと思っています。

参加した皆さんからは大変喜んでもらいました。
確かに準備は殆ど私が一人でやりましたので結構大変でした。
資料を作っているうちに参加者の立場だったらどういうものが準備してあったら嬉しいだろうかと考えると彼らを喜ばせたい一心で次から次に余計な仕事を自分で作りだしては自分の首を締めながらの連続でした。
最後の出来上がった資料をセットする際はウチのオクサンが見るに見かねたのか自主的に手伝ってくれたので大変助かりました。

おまけに参加費は皆が参加しやすいように極力安く抑えました。
会場も知人に聞いて安くて良いところを選びましたし、資料作成費用は大分私の持ち出しとなりましたが皆な喜んでくれさえしたらそれで満足だったんで少しも苦にはなりませんでした。
会の最後に皆さんから私を名指しての感謝の拍手をもらったときは感激して涙が出そうになりました。ほんとに久々に素晴らしい体験をすることができました。


こういった催しは結婚と同じ『そのうち』より『今のうち』ですね。
同級生も5人ほど亡くなっていました。
懐かしい友達のことをたまに思い出し、会いたいなあと思ってもそのうち会えるだろうと何もしないでいたらそのうち』が『現世』ではなく『あの世』での再会ということになりかねません。『やりたいと思うことがあったらそれを先延ばしにするのではなくやりたい、そしてやれるときにやっておきましょう!』ということでしょうか?

また、目標としていた10日間で4キロ減のダイエットについては残念ながら3キロ減で終わって1キロ未達ということで終わってしまいました。『目標は達成するためにあり』というのが持論の私としましては非常に悔しい結果で終わってしまいました。
それでもそれまで穿(は)けなかったズボンはなんとか穿くことができましたので今回はまあこれで我慢しようということで自分を納得させました。甚だ不本意ではありましたが...


最後に話はガラっと変わりますが、侍ジャパンがとうとう全勝で準決勝に進むことになりました。
当然のように私たち夫婦は必死になって全試合TVにかじりついて応援しました。
対中国戦以外はどれも厳しい試合で4時間前後もの長い時間がかかりましたので、私達夫婦はその間は寝不足が続きました。

準決勝・決勝は日本時間で22・23両日の午前10時からだそうです。会員の皆さんでお急ぎの御用がない方はこの時間は来店を避けていただきますとスポーツバカの私達夫婦としましては非常に助かるのですが、いかがでしょうか?
勿論その時間でないとどうしても都合の悪い方の場合は当然のことながら皆さんのご都合の方を優先しますので遠慮せずにその旨をお伝え下さい。必ず対応いたしますので!

 婚活やの親父こと
           
               (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 



*次回は3月30日頃を目途に、今25日に成婚手続きに来られる予定のカップルの方の話題を中心に報告させていただきます。




















口コミの効果


『寒の戻り』というかここ2~3日急に気温が下がって日本列島を震え上がらせています。

特に最近は大分暖かくなってきていましたので余計寒さが身に沁みます。
私はこれまで何度も書いてきていますように寒さというのは大して気にならないのですが、北風は大っ嫌いで、散歩に出かけようとしても裏の竹林が風にしなっている様をみると途端にサボリの虫が騒ぎ出します。
そしていつもの通り何かかにか口実をみつけだしては散歩をサボってしまいます。この軟弱オッサンには困ったもんです。

それでも天気予報によれば一歩一歩本格的春に近づいてきているようで、3月の下旬にはあちこちで桜の開花にお目にかかれそうです。


それはそうと前回のブログで成婚退会されたカップルのことを紹介しましたが、その成婚退会された女性が、ご自分の友人の方にもエントリーのことを紹介して戴いていたようでした。
紹介を受けておられたご友人がたまたまお二人が手続きに来られた翌日に無料相談にいらしていただきました。
その口コミのおかげでご友人の方もスンナリと入会していただきました。同じ30代の素敵な方です。

口コミの効果というのは他のマス媒体を使ってのPRよりはるかに効果があります。
これまで口コミで来られた方は皆さん殆どの方が信頼して入会していただけます。
振り返ってみるとエントリーが今でもこうして沢山の方にご入会いただき、こうしてやってこれているのはこの口コミが多いということが大きな原因の一つとして挙げられるのではないかと思い心から感謝しています。

一般的には他人に知られずに婚活したいと思われる方が多いという実態を踏まえ、私達のほうから口コミをお願いすることは殆どありませんが、そんな中にあって口コミで紹介していただける方がおられるということはほんとに有り難い話です。

私達としましては紹介して戴いた方のご好意を裏切らないようにしなければとお世話に余計力が入ります。勿論そうでない方達に対しても全力でお世話することは当然ですが...


ところで話はガラっと変わりますが、我がエントリーのミーハー夫婦が熱狂するスポーツイベントの一つ第四回ワールドベースベースボールクラシック(WBC)が始まりました。
日本の初戦の相手は強豪キューバでしたが、7日に行われたこの試合
photo.jpg
日本は何とか11対6で勝ち8日のオーストラリア戦にも無事勝つことができました。

特にキューバ戦は4時間近くかかった大熱戦ではありましたが、個人的には前回のWBCでもそうであったように監督の采配の拙さにはウンザリでストレスがたまりました。
私の個人的な感想としては野村監督のような戦略・知略にたけた智将でないと小久保監督では正直荷が重すぎるのではないかと思っています。

特に投手起用の拙さにはコーチ陣にも大きな責任があることは分かりますがこれもスポーツに関しては結構詳しいオクサンと二人で後半は怒りまくっていました。

勿論、現場で指揮をとるとなるとそのプレッシャーは私達では想像できない大きなものがあるのだろうということは理解できますが、それに耐えうる自信がなかったら初めから監督を引き受けなければよかったのではないでしょうか?

各選手のインタビューの中でも監督からいつ出番の声がかかるのかわからず、心の準備が難しかったという声が上がっていたようですが、監督の未熟さというかその力量不足に対して非常に物足りない思いをしたのは私達だけでしょうか?

野球評論家の批評をみていても練習試合の段階からの評価をみても殆ど辛口の評価が多かったように思います。優勝の奪還という言葉が絵空事に終わらないように何とかこのあとは立ち直って欲しいものだと強く願う次第です。



婚活やの親こと
           
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は3月20日(月)を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。






宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ