2017年6月アーカイブ


我が家の裏手にある竹林は降り注ぐ連日の雨を受けてグングンと勢いよく伸び続けています。

このまま放っておくと竹林が収取がつかなくなるほどの竹の密林になってしまうので枝葉をそぎ落としたり余計な竹を切り倒すなどして速しとしての形を整えようと思っているのですが、竹林までの10メーターほどの坂がつるつる滑りやすくなっているため危なくてしばらくは手を出せそうもありません。

『竹林の番人』を勝手に自称する私としましては、どうしようもない
IMG_4081.JPG
今の状態に忸怩(じくじ)たる思いで毎朝、ガラス戸越にその様子を眺めてはため息をついています。


前回のブログの時にはなかなか雨が降らないので気象庁の梅雨入り宣言は少し早すぎたんじゃないだろうか?と云う声があちこちで聞かれたほどでしたが、ところがどっこい、ほんとに今の宮崎はドップリと雨の中... 

これだけ降ればもういいんじゃない?と叫びたくなるほど雨が降り続いています。
お陰で散歩は出来ず、それが唯一の運動の手段である私としましては運動不足に陥り体形に変化をきたし大いに迷惑を蒙っています。


それはともかく話は変わりますが、今月18日には予定通りお見合パーティーを開催しました。
今回も場所は宮崎観光ホテル2Fのディアマンルージュ。ここは料理がおいしくていつも好評です。

参加者は男性19人、女性17人の合計36人。今回も例によって例のごとく女性に一人だけ直前になってキャンセルが出ましたが、仕事の関係でしたので仕方がありません。それでも一年ほど前の男女の数がアンバランスだった頃に比べますと、まあまあのメンバー構成だったのはないかなあと思った次第です。

出来たカップル数は当日だけで5組でしたから、正直なところ私達の期待からしますと若干物足りない結果に終わりました。

理由としてはいろいろあるかと思いますが、いちばん大きかった理由としましては男女ともお一人づつ抜群に人気のあった方がおられたことがあげられるのかなと思っています。

即ち、参加者のかなり多くの方が交際希望第一位にその男女の名前をあげておられましたので全体的にみますと第一位同士のバランスのとれたマッチングというのは難しい状況でした。

フリータイムの時などはその人気の男女の方へのお話合いの申し込みが集中し何人もの順番待ちが発生するなどその調整に追われて大変でした。
何人かの方は時間内にお話しできないままでパーティー自体が終了してご希望に添えない結果になってご迷惑をおかけしてしまいました。
しかし、こればかりは次の予約が入っており時間の制約上りどうしようもありませんでした。

私とオクサンとでいろいろ調整した結果何組かはカップルを成立させることができましたが、短い時間の間でかつ人数が多かったせいか最終的には以上のような結果で今回のパーティーは終わりました。

それでもその後エントリーにお相手探しにこられた方の中で、パーティー当日は二人で話す機会がなかったので申し込めなかったけど、気になる方がおられたのでということで改めて申し込んでいかれた方も何人かおられました。

過去にもパーティー終了後、似たようなことが何度かみられそれでうまく交際に繋がったカップルも何組か出ていますのでその結果を楽しみにしているところです。

パーティー終了後から夜遅くにかけてマッチング状況を整理し、その後のフォローや結果報告などで深夜までかかってしまいました。おまけに私が一部の会員の方への結果報告に際しミスをしてしまいそのあと処理の為夜遅くに電話したりで対象のには大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

全部終わったあとはグッタリ!今回のように疲れたパーティーは初めてでしたが、それでもカップルになられた方達には大変喜んでいただきましたのでそれが大きな救いでした。


最後に話はガラっと変わりますが、私のお腹が最近とみにポッコリと膨らんできています。妊娠ではありません。それでもウチのオクサンに言わせると『臨月の妊婦さんみたい...』とのこと。
なんと酷いことをいうんだろうと思いながらも、確かに可愛らしく?ポッコリと突き出たおなかを見ますと言い返すこともできません。

最近はTVや雑誌のダイエット広告がやけに気になってきて、お腹をへこませるのに効果的とかいうサプリメントを買ったり、腹筋を鍛えるための器具を買い込んだりといつもながらのその場になってからの悪あがきをしています。

原因は歳に似合わぬ旺盛な食欲(特に甘いものの食べ過ぎ)と運動不足だと自覚はしています。
しかし、自覚だけしていて改善のための動きが不十分なわけですから痩せる筈がありません。困ったものです。

流石にこのままではどうなるこやら?と心配したらしくオクサンも料理などに気を遣うようになってきています。私に付き合って食事制限も始めてくれています。ますます頭が上がらなくなりそう...

最近は『甘いものは僕の目につかないところに隠してくれ!』などとオクサンに頼んでいながらお腹が空くと直ぐに隠したものを簡単に探しだしてはコソコソとではありますが、しっかりと食べています。その嗅覚のすごさたるやまさに『飢えた狼?』の如しといったところでしょうか。

そんな状態の最近ですが、それでも良い歳をしたオッサンとはいえこのポッコリ状態を会員さんに気付かれることには流石に抵抗があります

これまで夏には毎年着ていたスリムなTシャツ類は極力着ないようにしてゆったりとした大き目の前開きのシャツを着るようにしています。これだと少しはポッコリを隠せるみたいですから...
食い意地と羞恥心!』、さてこの両者の戦いはこのあとどうなっていくことやら...困ったもんです。


婚活やの親父こと
            
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)   



*次回は7月10日を目途に更新予定です。
 尚、このブログを読まれたあとにエントリーにお出でいただいた皆様にお願い!
 来られた際、私のお腹をジロジロみるのだけは極力ご勘弁を。
 オクサンに任せて私はできるだけお客様の前には顔を出さないようにはするつもりでが...???

















虞美人草


梅雨に入ったと案内があったばかりなのに2~3日雨が降った後はずっと雨の降らない日が続いています。
雨が苦手な私からしますと大歓迎なんですが、会員さんの中には農業をやっておられるところもあります。そういう方達のことを考えるとやはりもう少し位は降ってあげてもいいんじゃないだろうか?などと勝手なことを考えたりしているところです。

全国的にも沖縄を除きますと似たような傾向が続いており気象庁の梅雨入り宣言は少し早すぎたんじゃないだろうか?と云う声があちこちで聞かれます。現時点では20日過ぎ位からは本格的梅雨に突入の見込みとか気象予報士が自信なさげに説明していましたが、どうなることやら...

ここで話は変わりますがここ最近私はずっとある歌にどっぷりと嵌(は)まっています。
USBに録音したものを通して毎日この歌を何回も何回も繰り返し聞いています。

この歌の名は『虞美人草』、作詞が山川啓介、作曲が八木正生、歌は
ポピー.jpg
デュークエイセスというキャストで作られた曲でメロディーと歌詩の切なさとがぴったり調和していて聴く人の胸を打つほんとに良い曲だと虜(とりこ)になっています。

何度聴いても飽きがくるどころかもっともっと聴きたくなってしまうこの曲は私からしますと間違いなく平成の名曲のひとつだと思っています。
それだけに発売以降、この歌がなぜもっとブレイクしなかったのかが私には不思議でなりません
私の音学的センスが一般の人とはズレテル...?のかもしれませんが、私自身は昔から音楽は大好きでして、音楽的センスに欠けてるというようなことはないんじゃないか...とは思っているのですがそう思っているのは自分だけだったりして...ってことなんですかね?

この曲は2010年1月にリリースされた『デューク・エイセス 55周年記念盤』に収録されています。(ユーチュウブでも聴けます)

デュークエイセスの歌はかなりこなしている筈の私でさえ知らなかった曲ですのでご存知の方は少ないかと思いますが、聴いたことのない方は是非一度は聴かれることをお奨めします。『百聞は一見に如かず』ならぬ『百聞は聴(ちょう)に如かず』と思いますので...


虞美人草.jpg
そもそもこの曲に出会ったのは関西に住む高校以来の大の親友からダビングさせてもらった4000曲の中に入っていた中から偶然私が見つけて選び出したことに始まります。

4000曲の目次の中から『おや?』と気になってこの曲を選び出したのは私が中学生のころ読んで強く印象に残っている夏目漱石の『虞美人草』という小説と同名だったから...という単純な理由。
かといって虞美人草という花がこの世に実在している花なのか?ということさえ知らなかったんですが、何となく興味をひかれましたので
この名曲に出会えたのを機にネットで調べてみました。

そうしますとこの花はひなげしの別名ということがわかりました。
もっとわかりやすくいいますとポピーの一種ということになるんだそうです。

今年の5月1日に東京から私の現役時代の後輩たちが遊びにきてくれたときに生駒高原を案内し、そこでポピーはたっぷりと眺めてきましたが、その時にはまだ私はこの曲に出会っていませんでした。
その時に彼らにもこの曲を聴かせてあげて私の俄か仕立ての蘊蓄(うんちく)をきかせてあげてたらまたそれなりに喜ばせてあげられたのになあと残念な思いがしました。

エントリーの会員さんの中ではお一人だけこの曲を聴いていただいた方がいます。
たまたま私がその曲をかけていたときにその女性会員の方がこられたので、私が『どうですか、良い曲でしょう?』と尋ねましたが、残念ながら私の期待したような反応は得られなかったように記憶しています。
『やはり自分のセンスの方がオカシイのかな?』と自信をなくし、それ以降は自分だけで楽しむようにしています。

『それでも地球は回ってる』ならぬ『それでもこの曲は名曲である』という私の信念は揺らいでおりません。
『ホンダバ、チョットダケ聴イテヤッペカ』と思われた方がおられましたら声をかけて下さい。5分もかからずに聴き終えることができますから...、私のセンスに賛同してもらえると嬉しんだけどなあと願っているところです。


最後に最近のエントリーの活動j状況についてひとこと。
今年に入って、特に先月から今月にかけてのエントリーの特徴としましては30~40代の男性会員の入会が増えてきていることがあげられるかと思います。

一般的な話としてどこの相談所さんも女性会員の方は毎月コンスタントに入会していただけるのですが、男性会員だけはなかなか期待通りの動きがみられないといった傾向があるように思います。(もちろんそうでないところもあるかとは思いますが...)

ところが、少なくともエントリーにおいては確実に男性会員が増えてきました。有り難い話です。
そのうち、特別にに用事が入っておられなかった男性会員さんには極力18日のパーティーに出て戴くようにお願いしました
来て戴いた方のうち何人かの方は新しくカップルになられましたので良かったなあと思っているところです。
パーティーのことにつきましては次回のブログでまとめてご紹介しようと思っていますので今、しばらくお待ちください。

今回も長くなりましたが、どうぞ悪しからず!

婚活やの親父こと
            哲
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は30日頃を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。










6月になりました。
散歩しているとあちこちの家の庭先や野原に美しく咲きかけている
ajisaiA.jpg
紫陽花(アジサイ)の花をみかけます。

紫陽花は"水の容器"という意味だそうで、まさに梅雨のシーズンにうってつけの花として、広く親しまれています.
私もこの花は昔から大好きで我が家の庭にも少しだけ植えています。
その名の通り、紫や藍色の花びらが太陽の日差しのように輝く初夏の風物詩です。

紫陽花は日本では文字通り紫や青の花というイメージが根付いていますが、ヨーロッパではむしろピンクのイメージが強いということをご存じですか?
私がたまたまヨーロッパに旅行した時にみたアジサイは圧倒的に
yo-roppa.jpg
ピンクが多く最初見た時は紫陽花に似てるけどなんの花だろう?と思い添乗員さんに聞いてみて初めてそれが紫陽花であるということを知ったという経緯がありました。


また、この6月という月は陰暦では水無月(みなづき)と呼ばれています。
私はこの言葉を初めて知ったときから6月は梅雨に入る月だから水は沢山ある筈なのにどうして『水が無い月』というような表現をするんだろうと不思議に思えてなりませんでした。
この際ちょうどいい機会だからということでネットで調べてみましたら次のようなことが分かりました。

この言葉の由来には諸説あるようです。
その中で私がこれがいちばんもっともらしいと思った説によると、水無月『撫(な)』という文字はひらがなの『の』にあたる連体助詞であって、水無月というのは『水の月』、すなわち水の多い月という風に解釈するという説明でした。
他説もそれなりに納得できる点はあるのですが、私としましてはこの説がいちばんスンナリと理解できましたのでこれが正しいのでは?と勝手に思っています。


ところでここ2~3日は良い天気に恵まれましたが、南九州地方も6月6日からとうとう私の最も嫌いな梅雨に入ってしまったようです。
雨に降られると気分まで滅入ってしまいますし、ただでさえ出不精の私にとってはますます出かけるのが億劫になってしまいウォーキングの方も『よだきんぼの私』はこれ幸いと?確実に休みます。困ったもんです。

かといって農作物には水は必要不可欠なので『雨よ降るな!』等と身勝手なこともいえません。しばらくの間は梅雨が無いとかいわれる北海道にでも逃げてろってことなんですかね...


それはそうと話はガラっと変わりますが、4日(日)にはご年輩のカップルが成婚退会の報告にお出でになりました。
男性の方は昨年の9月末に入会された方でしたから8ヶ月とちょっと、女性の方に至っては今年の2月に入会されたばかりでしたから4ヶ月弱という短期間での成婚退会ということになりました。

ウチのオクサンの紹介がキッカケだったかと思いますが、お二人とも人間として出来上がった立派な方達でしたのでその意味ではお世話するのも比較的楽でした。

ただ、男性の方がスポーツが趣味で定年までお仕事に没頭されてきたことの反動?か、かなり趣味のスポーツの方に力をいれておられたようです。
3か月の交際期間のうち最初の2か月間は殆ど結婚について真剣について話し合う時間はとれなかったということでしたのでその点だけはどうなることかと心配していました。

それでも、彼の方はしっかりした職業についておられた方で、人間としても責任感の強い立派な方でしたので結果的には2週間ほどは延長になりましたが、期待どおり成婚退会という形で終わらせて戴きましたのでホっとひと安堵したことでした。
私達としましてはこのあとも彼女が望む形での正式な結婚までたどり着き、お二人ともが幸せな家庭を築いていかれるよう見守っていきたいと思っているところです。


ところで私のこのブログ、時々気が向いた時にフォロワーの状況についてチェックすることがありますが、自分の想定以上に日を追うごとにフォロワーの数が増えていってるようで自分でも驚くことがあります。本当に有り難いことだと心から感謝しています。


基本的に私のブログはエントリーのホームページの中の一項目として書いていますのでホームページを開いていただいた方にしか見ていただけないようになっています。
従いましてフォローして戴く方は現役の会員さんやOBの会員さん、それに結婚について検討しておられるごく限られた人達と私の友知人位だろうとしか考えていませんでした。

ところが、フォロワーの内容について分析していくと会員さんや友知人以外の方達にも結構沢山の方にご覧いただいていることが分かりました。
それならそのことをもっと考慮に入れた内容の書き方をしなきゃいけないなと考えている次第です。

また、最近ご入会戴いたある会員さんは私が書いたブログをひとつひとつ遡ってみて戴いてるとのこと。まとまりがなくダラダラと書きなぐっただけの文章が400以上ならんでいるものを読んでいただいているというのはまったく恐縮の至りです。申し訳なく思ってしまいます。


そもそもエントリーの無料相談は基本的にはシステムを作った私がお相手させていただき、その後のフォローはカウンセラーとして経験豊富で人当たりの良いウチのオクサンが担当するようにしています。
勿論ケースバイケースで逆になることもありますが...

従いまして良い歳したオッサンが若い女性の方の無料相談に応じて良いのかとそれなりに悩んだ?時期もありました。こうみえて結構シャイ?なもんですから...

ところがお出でいただく前に私のブログを読んでから来ていただいた方達で『ブログ読みましたよ』と云っていただいた方達とはどういうわけかずっと以前からの知り合いのような感覚でお話しすることができます。
どうカッコつけたって所詮、私のレベルのほどは既にお見通し!従ってありのままの自分で対応できているからでしょうか?
ブログというのは書くのはそれなりに大変だけど、やはり書いてみるもんだなあと改めて思ったことでした。

これからも相変わらずの長ったらしいブログでご迷惑をおかけしますが、お見捨てなきようよろしくお願い致します。

 婚活やの親父こと
            
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 



*今回もまた長くなってしまいました。
 次回は6月20日前後を目処に更新したいと思いますので宜しくお願い致します。














宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ