宮崎県の結婚相談室

雨が多いのに『水無月』とは?


6月になりました。
散歩しているとあちこちの家の庭先や野原に美しく咲きかけている
ajisaiA.jpg
紫陽花(アジサイ)の花をみかけます。

紫陽花は"水の容器"という意味だそうで、まさに梅雨のシーズンにうってつけの花として、広く親しまれています.
私もこの花は昔から大好きで我が家の庭にも少しだけ植えています。
その名の通り、紫や藍色の花びらが太陽の日差しのように輝く初夏の風物詩です。

紫陽花は日本では文字通り紫や青の花というイメージが根付いていますが、ヨーロッパではむしろピンクのイメージが強いということをご存じですか?
私がたまたまヨーロッパに旅行した時にみたアジサイは圧倒的に
yo-roppa.jpg
ピンクが多く最初見た時は紫陽花に似てるけどなんの花だろう?と思い添乗員さんに聞いてみて初めてそれが紫陽花であるということを知ったという経緯がありました。


また、この6月という月は陰暦では水無月(みなづき)と呼ばれています。
私はこの言葉を初めて知ったときから6月は梅雨に入る月だから水は沢山ある筈なのにどうして『水が無い月』というような表現をするんだろうと不思議に思えてなりませんでした。
この際ちょうどいい機会だからということでネットで調べてみましたら次のようなことが分かりました。

この言葉の由来には諸説あるようです。
その中で私がこれがいちばんもっともらしいと思った説によると、水無月『撫(な)』という文字はひらがなの『の』にあたる連体助詞であって、水無月というのは『水の月』、すなわち水の多い月という風に解釈するという説明でした。
他説もそれなりに納得できる点はあるのですが、私としましてはこの説がいちばんスンナリと理解できましたのでこれが正しいのでは?と勝手に思っています。


ところでここ2~3日は良い天気に恵まれましたが、南九州地方も6月6日からとうとう私の最も嫌いな梅雨に入ってしまったようです。
雨に降られると気分まで滅入ってしまいますし、ただでさえ出不精の私にとってはますます出かけるのが億劫になってしまいウォーキングの方も『よだきんぼの私』はこれ幸いと?確実に休みます。困ったもんです。

かといって農作物には水は必要不可欠なので『雨よ降るな!』等と身勝手なこともいえません。しばらくの間は梅雨が無いとかいわれる北海道にでも逃げてろってことなんですかね...


それはそうと話はガラっと変わりますが、4日(日)にはご年輩のカップルが成婚退会の報告にお出でになりました。
男性の方は昨年の9月末に入会された方でしたから8ヶ月とちょっと、女性の方に至っては今年の2月に入会されたばかりでしたから4ヶ月弱という短期間での成婚退会ということになりました。

ウチのオクサンの紹介がキッカケだったかと思いますが、お二人とも人間として出来上がった立派な方達でしたのでその意味ではお世話するのも比較的楽でした。

ただ、男性の方がスポーツが趣味で定年までお仕事に没頭されてきたことの反動?か、かなり趣味のスポーツの方に力をいれておられたようです。
3か月の交際期間のうち最初の2か月間は殆ど結婚について真剣について話し合う時間はとれなかったということでしたのでその点だけはどうなることかと心配していました。

それでも、彼の方はしっかりした職業についておられた方で、人間としても責任感の強い立派な方でしたので結果的には2週間ほどは延長になりましたが、期待どおり成婚退会という形で終わらせて戴きましたのでホっとひと安堵したことでした。
私達としましてはこのあとも彼女が望む形での正式な結婚までたどり着き、お二人ともが幸せな家庭を築いていかれるよう見守っていきたいと思っているところです。


ところで私のこのブログ、時々気が向いた時にフォロワーの状況についてチェックすることがありますが、自分の想定以上に日を追うごとにフォロワーの数が増えていってるようで自分でも驚くことがあります。本当に有り難いことだと心から感謝しています。


基本的に私のブログはエントリーのホームページの中の一項目として書いていますのでホームページを開いていただいた方にしか見ていただけないようになっています。
従いましてフォローして戴く方は現役の会員さんやOBの会員さん、それに結婚について検討しておられるごく限られた人達と私の友知人位だろうとしか考えていませんでした。

ところが、フォロワーの内容について分析していくと会員さんや友知人以外の方達にも結構沢山の方にご覧いただいていることが分かりました。
それならそのことをもっと考慮に入れた内容の書き方をしなきゃいけないなと考えている次第です。

また、最近ご入会戴いたある会員さんは私が書いたブログをひとつひとつ遡ってみて戴いてるとのこと。まとまりがなくダラダラと書きなぐっただけの文章が400以上ならんでいるものを読んでいただいているというのはまったく恐縮の至りです。申し訳なく思ってしまいます。


そもそもエントリーの無料相談は基本的にはシステムを作った私がお相手させていただき、その後のフォローはカウンセラーとして経験豊富で人当たりの良いウチのオクサンが担当するようにしています。
勿論ケースバイケースで逆になることもありますが...

従いまして良い歳したオッサンが若い女性の方の無料相談に応じて良いのかとそれなりに悩んだ?時期もありました。こうみえて結構シャイ?なもんですから...

ところがお出でいただく前に私のブログを読んでから来ていただいた方達で『ブログ読みましたよ』と云っていただいた方達とはどういうわけかずっと以前からの知り合いのような感覚でお話しすることができます。
どうカッコつけたって所詮、私のレベルのほどは既にお見通し!従ってありのままの自分で対応できているからでしょうか?
ブログというのは書くのはそれなりに大変だけど、やはり書いてみるもんだなあと改めて思ったことでした。

これからも相変わらずの長ったらしいブログでご迷惑をおかけしますが、お見捨てなきようよろしくお願い致します。

 婚活やの親父こと
            
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 



*今回もまた長くなってしまいました。
 次回は6月20日前後を目処に更新したいと思いますので宜しくお願い致します。














宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ