2017年9月アーカイブ


お彼岸も過ぎましたが、今年もいつものように真っ赤な彼岸花があちこちでみかけられます。
この花をみると私はいよいよ本格的秋がその姿を表してきたなあと嬉しくなります。

それにしてもナントカ心と秋の空ではありませんが天気の方は
彼岸花.jpg
コロコロとよく変わります。

私は基本的には天気予報なるものは信じないことにしてるので、予報が外れても『チェッ、どうせまた外れるんだろう?もっと責任感をもって給料分の仕事をしなさい!』とTVの中の気象予報士に向かって悪態をつくくらいでそんなに頭にくるようなことはなくなってきました。
しかし、それにしても今年の宮崎の秋はちょっとばかり雨が多すぎるし、天気予報も外れすぎると感じるのは私だけでしょうか?

雨が大っ嫌いの私としましては気分まで滅入ってしまいますが、自然には逆らえません。大きな台風が続けざまに来ないだけでもマシと気持ちを切り替えるしかないということなのでしょうかね。


ところで話は変わりますが、北欧から帰って直ぐの日曜日に今年の春に成婚退会された女性とそのお母さんとが菓子折りをもってお二人でお出でになりました。
素敵な彼と一緒になれたことに対するお礼に挨拶に来たかったとのことで却ってこちらが恐縮してしまいました。

そういえば確かに彼女が入会するときも先ず最初にこられたのはお母さんでした。
お母さんが説明を聞いて帰られ、20代でまだそんなに結婚に対する意識が高くなかった彼女を説得されエントリーに連れてこられました。
それが彼女がエントリーに入会されたきっかけだったかと思います。

素直できれいなお嬢さんにつき焦って婚活されなくてもこのお嬢さんだったら問題なく直ぐに結婚できるだろうになと思ったものですが、今の時代はモテルとかモテナイという以前に出会いのチャンスがあるかどうかということが大きなポイントになるようです。
真面目な方であればあるほど街に出てナンパされるということもありませんから、余計ご縁に恵まれ無いといった傾向があるようです。

そういった意味からすると、このまま待ちの姿勢でいては彼女もいつ結婚できるかわからないと危機意識をもち、エントリーに訪ねてこられたお母さんの慧眼には感服せざるをえません。
それとともにそういったお母さんを信じて行動を起こされたお嬢さんに対しても『良かったね、あなたはお母さんを信じて行動されて...』とその素直さに感心しました。

ただ、そんな素敵な彼女でしたが、何回かお見合いはされたものの直ぐに理想の人と巡り合えるほど現実は甘いものではありませんでした。
勿論、彼女にはお見合いの申し込みは殺到しましたが、いまいち彼女の望むお相手とは違っていたようでお見合いにこぎつけた方も2~3人くらいはおられましたが実ることはなく結局はいたずらに時間だけが過ぎていきました。


そうこうしているうちに一年ちょっとが過ぎ、このままでいくのであれば結婚は難しいかもしれないので気持ちを切り替えて仕事により重点を置いていった方がよいのかも?とお母さんとの間でそんな話が出るようになったそうです。

そんな時、突然前触れもなく白馬に乗った王子さまがエントリーに舞い降りてきて、沢山のファイルの中から彼女を選び出し彼女にお見合いを申し込まれました。

予想通りの結果でしたので彼女の方にその旨を伝えましたら、半信半疑でやってきた彼女が彼のファイルを確認して一発で『お見合いOK!』ということになりました。お見合いの結果はこれまた予想通り双方とも直ぐに交際希望!
その後は順調に交際を続けられ、なんの問題もなくスンナリと成婚退会までこぎつけられました。

彼はルックスも良く、客観的条件も揃った申し分のないかたでしたが、優しい外見に似ず芯はなかなかしっかりした男らしい方でした。
お二人が交際に入られた後に来られた方が彼のファイルをみて『ワァ~、こんな方がおられたんですかぁ』と悔しがっておられましたが、彼のファイルには交際中というシールが既に貼られていたので後の祭り!

こういったことってよくあるんですよね。『キャンセル待ちさせてください』ということでしたが、その想いもむなしくお二人は一度も揺らぐことなくゴールインされました。
会員さんの中には自分がたまたまお相手探しに行った時に自分がこれはと思うような人がいなかったら、その後はなかなか行動を起こさない方が結構見受けられます。
私にいわせれば折角の自分の権利の放棄、勿体ない...

このように自分にとっての運命の人というのはいつ自分の前にやってくるかわかりません。
今回の彼女の場合ももっと早いタイミングで諦めて仕事の方に舵(カジ)を切り替えてエントリーを辞めておられたらこんなピッタシの素敵な彼には出会えなかったと思います。
このお二人の場合は最初からこうなる運命だったのかもしれません。
しかし、いつ何どき彼女のように自分にもそういう運命の人が現れるかもしれないわけです。
何事も最後迄あきらめることなく地道に活動するということが大切なんでしょうね。


彼女はいつも地味目の服を着てエントリーにこられてましたが、今回はピンク系の明るいとても素敵な服を着てこられ、顔つきも輝いていました。
彼女の仕事の関係で挙式は来年だそうですが、今は毎日がとっても幸せだそうです。良かったねェ。

『あ~、今回も良いお世話をすることが出来た』、本当に私たちにとっても幸せなひと時でした。


婚活やの親父こと
           
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は10月10日(火)頃を目途に1日のお見合いパーティーのことを中心に更新します。






【前置き】
台風一過!久方ぶりに抜けるような青空が広がりました。
私たちは二人でせっせと後片付けに精を出しましたが裏の竹林から舞い散ってきた竹の葉があちこちにどっさり散乱しており、終わるまでにはかなりのj時間と体力を費やしました。
それでも大型の台風という前評判の割には宮崎には一部を除き大した被害がなくて何よりでした。

ところで今回のブログですが、会員の皆さんには前もってご案内しました通り八日間の臨時休暇を頂戴しましたので、婚活に関する情報を全く取り上げることができていません。

従いまして、婚活関連以外の情報に関心がない方におかれましてはお時間を無駄にさせてしまうことになりますのでこのあとはお読みにならない方が良いかもしれません。
といいましても(『いつもそうじゃないか!』と指摘されますとぐっト詰まって何も申し上げることができませんが...)
ま、気が向いた方だけでも目を通していただきましたら有り難いと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

【以下本文】
会員の皆さん方にはご迷惑をおかけしましたが、7日午後から突然頂戴した八日間の臨時休暇。
予定通りといえるかどうかは分かりませんが、何とか15日に我が家に帰ってくることができました。

福岡に帰り着くまではわからなかったのですが、九州南部は台風18号の接近とやらで宮崎にはスンナリ帰りつけるかどうか?という状況だったようで、それを知った時には流石に冷や汗をかきました。
それでも悪運がまだ少しは残っていたらしく何とか無事に我が家にたどり着くことができました。

実際に福岡で飛行機に乗るときには『宮崎に着陸できないときは福岡まで戻ってくることになりますのでそれを承知の上で搭乗してください』と何度も念を押されましたので、これは本当にそういうヤバイ状況なのかな?と緊張しましたが、宮崎到着予定時刻の15分位手前になって機長から『只今から着陸します』との案内があった時にはほんとにほっとしたものでした。
また空港では義兄に迎えにきてもらっていましたのでこれまたほんとに感謝感謝!大助かりでした。

そもそも今回このような事態?になりましたのは、毎回いくら誘っても一緒に行こうとしなかったオクサンが今回も行かないと云うであろうと思って誘ってみたところ珍しく私の誘いにのって『じゃあ行ってみようか』ということになったため。

私自身はこれまで一人でいろんなツアーに参加し、大好きなヨーロッパの主なところはほとんど回っています。
フランス、ドイツ、イタリアに至っては各2~3回いってますが、私が行きたいと思ったところで残されたところが北欧三か国。ここに行ったらヨーロッパは卒業して他の地域で興味のありそうなところをピックアップして行こうと思っていました。

最近は体力の衰えも感じるようにきてましたので一人きりでの遠方へのツアーは正直不安な思いもありましたのでこの秋の旅行はどうしようかと迷っていました。

そんな時にオクサンがどういうわけか今回ばかりはついていくといってくれましたのでオクサンの気が変わらないうちにと思って日程を調べしましたら、たまたま今回私たちが行ったツアーだけが希望の日程にピッタリでしたので急きょそれに決めたという次第。

普通ツアーといいますと30名前後の参加者があるものですが、今回ノツアーの参加者は私たちをいれてあとは新婚カップル2名という合計4名のささやかなツアーとなりました。

おまけに今回のは福岡発着というツアーでしたので行き帰りは楽でした。
フィンランド~スエーデン~ノルウェーというコース。少人数でしたが手配してあった交通手段は通常のツアー用ということで大型バス。広すぎる座席を一人づつで利用しても余裕しゃくしゃく。
行程についても少人数であったため時間の調整も弾力的にでき、いろんなところを楽しむことができました。

フィンランドではホテルも良いところに立地してましたので最初のうちは案内の添乗員について回りましたが、後半は新婚カップルの邪魔にならないように気を使いながらも二人で行きたいところを自由に歩いて帰りました。

時期的に北欧地方は雨の日が多く、傘をさしてのツアーが半分
IMG_20170919_0001_NEW.jpg
くらいありましたが、私たちが歩きだすとその間は不思議に雨がやむなど北欧は私たちを歓迎?してくれてるようでした。

そのあとは豪華客船でスエーデンのストックホルムに向かいました。
そこではノーベル記念館で実際に表彰式や舞踏会などが行われる会場にも行きました。これからはノーベル賞関連のニュースが流れるたびに懐かしく思い出されることと思います。

写真はデジカメであることを良いことにバチバチ撮りまくりした。私はビデオカメラとデジカメ、オクサンはデジカメを駆使してこれでもかという位沢山撮ったように思います。
今は溜まっていた仕事の整理に追われて大変で開いてみる余裕がありませんが、これが落ち着いたら、写真の整理に取り掛かろうと思っているところです。

ノルウェーではバスと観光船の中から夫々フィヨルドをたっぷり堪能しました。料理は結構おいしくて日本に帰って体重を図ってみたら3キロも増えていたのには驚きました。またしてもお腹の方はポンポコリン!ますます穿けるズボンが無くなってしまうようで悩んでます。
まったく食い意地のはった人間にも困ったもんです。



日本に帰り着いて直ぐにメールを整理してみたら全部で800通くらいメールが溜まっていました。
エントリーの会員の皆さんには、出発前に7日から15日までは不在となる旨を連絡していましたので会員さんからのメールは殆ど入っていませんでしたが、売り込みや迷惑メールといった不要なメールが溜まっていたメールの9割くらいを占めていました。

それでも無料相談や資料請求のメールも数通入っていましたので、これについては大歓迎、大喜びで直ぐに返事を書きました。

おまけに帰国翌日、台風が接近中の16日には無料相談にこられた男性の方にスンナリとご入会いただいたので大感謝!仕事の勘も一度に取り戻せたような感じがしました。

気がついてみると旅行前は相当アタフタしていたようで、前回のブログでは次回の更新を10月7日位などと書いてしまっていたようです。(これも親友からの指摘で気がついたのですが...)
これだと10日に一回と大見得をきったのは何だったのかと笑われそうなので、今回はまとまりのない文章で恐縮しながらも何とかここまで必死で頑張りました。
ほんとはもっとたくさんの旅の情報や私たちが撮ってきた写真をお見せしたかったのですが、この辺が限界のもようです。

【最後に】
...と、ここまで我慢してお付き合い頂いた皆様方には心より御礼申し上げます。有難うございました。
呆れ返っておられなかったらまたお付き合い下さろと嬉しいです。


何でも屋の親父こと
            
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は今度こそ間違いなく9月30日(土)を目途に更新させていただきますのでどうぞよろしくお願い致します。











今、非常にガックリした気分でこのブログを書き始めています。
といいますのは、今月は皆さまにもお知らせしましたとおり7日午後から臨時休暇をもらうことにしておりますので、やらなければいけないことがギッシリと詰まっています。

ブログの方も10日に一回というペースは崩したくないので、今朝も早くから起き出してパソコンに向かい午前中に半分以上書き上げていたのですが、保存がうまくできていなかったみたいでタイトル以外はすべてパー、即ち、私が書き溜めた分は殆ど跡形もなく消えてしまっていました。

こういう場合のダメージって結構大きいんですよね。何年か前にも同じような経験をしたことがあり、もう二度とこんな過ちはしないぞと誓ったはずなのに...といい加減自分自身に対して愛想をつかしてしまいます。
かといってこれからあとのスケジュールのことを考えるとほったらかしにしていることはできません。
気持ちを切り替えてこの後を書き直していきたいと思います。ここからあとが今回のブログの本番につきそのつもりで読んで下さればと思います。



9月の声を聞いた途端に一気に秋が来たような気がします。

9月1日の早朝の散歩はそれまでの半袖・短パンでは肌寒く感じましたので、次の日からは長ズボン・長袖というトレーニング上下に着かえてのウォーキングに切り替えました。

台風15号の影響で北の冷たい気流が南下してきたからだそうですが、理由が何であれ冬嫌い、夏嫌い、秋大好き人間の身勝手な私としましては大歓迎!待望の本格的秋が近付いてきているようで喜ばしき限りです。

ところで、7日午後からの臨時休暇を前に私とオクサンとは大忙しの毎日を送っています。
このブログにしてもそうですが、忙しいから今回は延期といったようなことだけは昭和男の名に懸けても?できません...といいながら冒頭に書いたようなヘマをやってるわけですから救いようがありません。
ま、それでも最終的な帳尻だけはしっかりと合わせようと頑張っています。

そんな多忙な毎日ですが、今月3日(日)には嬉しいことがありました。
それはちょっとご年輩ではありますが、お似合いの素敵な成婚退会カップルが誕生したからです。

男性の方は今年の5月に入られたばかりで入会後4か月目での成婚退会、女性の方は3月に更新手続きをされたばかりの仕事一筋の超真面目人間でしたが、お二人の出会いは私たちの紹介!
年齢差が10歳ほどありましたから最初はこの話を進めるのにちょっとした躊躇(ためら)いもなくはなかったのです。
しかし、お二人が人間として非常によくできた人格者でしたのでこのお二人ならば間違いないと総合的に判断してお二人にお薦めしましたところ、お二人とも『お会いします』というお返事。

そしてお見合い...、なんとお二人とも一回目のお見合いですぐに意気投合され私たちの期待通り交際に入られることになりました。

彼の方は社会的地位も高い方でしたが、仕事以外のことに関しては非常にシャイな方でしたのでお付き合いの方はうまく進むかなあと心配したものです。
たまたまお二人の住まいが近かったということもあってこちらから特に煽るまでもなく何度も自然な形で会っておられ交際の方は順調に進んでいました。
今回はどうやら私のとんだ取り越し苦労だったようです。

エントリーでのお二人とのお話で印象的だったことがありました。
それは彼の方はタバコを吸われる方のようでして、身上書を提出して頂いた時にそのことが書いてあったのをみて私が「『タバコ』は女性の方からは『ウケ』が良くないですよ」とアドバイスしたことがありました。

その時は彼は『そうでしょうねエ』と苦笑いをしておられただけのことだったかと記憶しています。
ところがその後お二人が一緒におられたときに彼女が『タバコが臭いですよ』と指摘したことがあったそうです。
かといって禁煙の難しさということについては彼女も職場の同僚たちの苦しむさまをみてきておられたので言ってもどうせ無駄だろうと期待はしておられなかったそうです。
ところが彼の方はそのあとはキッパリとタバコを止められたそうですから驚き!

以前にもエントリーでは似たようなケースがあって、交際中だったある男性はお相手の彼女が非常にタバコの匂いが嫌いだということを知って、これは何とかしなきゃいけないと一念発起、病院に通って治療され禁煙に成功されました。そしてその後すぐお二人は成婚退会...。

エントリーには男性の喫煙者でまだタバコを止めきれない方は結構
禁煙 (2).jpg
おられます。
イクラアドバイスしてもなかなか止めようとはされませんが、ご自分の身体にとっても結婚にとっても周囲との関係においても決して喫煙はプラスに働かないことが多いということはおわかりでしょうから、思い切って努力して禁煙してみてはいかがですか?

今回の彼女の場合も彼がそんな風にキッパリと止められるとは思っておられなかったようで、それだけに彼がキッパリと禁煙されたのをみて『すご~い』と改めて彼のことを見直されたようです。

私も真剣にアドバイスしたつもりですが、彼女の一言にはあっさり完敗!『百の説教』より『一つの愛情』ということでしょうか...、負けず嫌いの私ですが、こういう負け方でしたら私はいつでも大歓迎です。
これから先もお二人手を取り合ってどうぞお幸せに!

 婚活やの親父こと
            哲
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


*次回は無事に帰ってこれましたら?10月7日頃を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。









宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ