宮崎県の結婚相談室

【前置き】
台風一過!久方ぶりに抜けるような青空が広がりました。
私たちは二人でせっせと後片付けに精を出しましたが裏の竹林から舞い散ってきた竹の葉があちこちにどっさり散乱しており、終わるまでにはかなりのj時間と体力を費やしました。
それでも大型の台風という前評判の割には宮崎には一部を除き大した被害がなくて何よりでした。

ところで今回のブログですが、会員の皆さんには前もってご案内しました通り八日間の臨時休暇を頂戴しましたので、婚活に関する情報を全く取り上げることができていません。

従いまして、婚活関連以外の情報に関心がない方におかれましてはお時間を無駄にさせてしまうことになりますのでこのあとはお読みにならない方が良いかもしれません。
といいましても(『いつもそうじゃないか!』と指摘されますとぐっト詰まって何も申し上げることができませんが...)
ま、気が向いた方だけでも目を通していただきましたら有り難いと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

【以下本文】
会員の皆さん方にはご迷惑をおかけしましたが、7日午後から突然頂戴した八日間の臨時休暇。
予定通りといえるかどうかは分かりませんが、何とか15日に我が家に帰ってくることができました。

福岡に帰り着くまではわからなかったのですが、九州南部は台風18号の接近とやらで宮崎にはスンナリ帰りつけるかどうか?という状況だったようで、それを知った時には流石に冷や汗をかきました。
それでも悪運がまだ少しは残っていたらしく何とか無事に我が家にたどり着くことができました。

実際に福岡で飛行機に乗るときには『宮崎に着陸できないときは福岡まで戻ってくることになりますのでそれを承知の上で搭乗してください』と何度も念を押されましたので、これは本当にそういうヤバイ状況なのかな?と緊張しましたが、宮崎到着予定時刻の15分位手前になって機長から『只今から着陸します』との案内があった時にはほんとにほっとしたものでした。
また空港では義兄に迎えにきてもらっていましたのでこれまたほんとに感謝感謝!大助かりでした。

そもそも今回このような事態?になりましたのは、毎回いくら誘っても一緒に行こうとしなかったオクサンが今回も行かないと云うであろうと思って誘ってみたところ珍しく私の誘いにのって『じゃあ行ってみようか』ということになったため。

私自身はこれまで一人でいろんなツアーに参加し、大好きなヨーロッパの主なところはほとんど回っています。
フランス、ドイツ、イタリアに至っては各2~3回いってますが、私が行きたいと思ったところで残されたところが北欧三か国。ここに行ったらヨーロッパは卒業して他の地域で興味のありそうなところをピックアップして行こうと思っていました。

最近は体力の衰えも感じるようにきてましたので一人きりでの遠方へのツアーは正直不安な思いもありましたのでこの秋の旅行はどうしようかと迷っていました。

そんな時にオクサンがどういうわけか今回ばかりはついていくといってくれましたのでオクサンの気が変わらないうちにと思って日程を調べしましたら、たまたま今回私たちが行ったツアーだけが希望の日程にピッタリでしたので急きょそれに決めたという次第。

普通ツアーといいますと30名前後の参加者があるものですが、今回ノツアーの参加者は私たちをいれてあとは新婚カップル2名という合計4名のささやかなツアーとなりました。

おまけに今回のは福岡発着というツアーでしたので行き帰りは楽でした。
フィンランド~スエーデン~ノルウェーというコース。少人数でしたが手配してあった交通手段は通常のツアー用ということで大型バス。広すぎる座席を一人づつで利用しても余裕しゃくしゃく。
行程についても少人数であったため時間の調整も弾力的にでき、いろんなところを楽しむことができました。

フィンランドではホテルも良いところに立地してましたので最初のうちは案内の添乗員について回りましたが、後半は新婚カップルの邪魔にならないように気を使いながらも二人で行きたいところを自由に歩いて帰りました。

時期的に北欧地方は雨の日が多く、傘をさしてのツアーが半分
IMG_20170919_0001_NEW.jpg
くらいありましたが、私たちが歩きだすとその間は不思議に雨がやむなど北欧は私たちを歓迎?してくれてるようでした。

そのあとは豪華客船でスエーデンのストックホルムに向かいました。
そこではノーベル記念館で実際に表彰式や舞踏会などが行われる会場にも行きました。これからはノーベル賞関連のニュースが流れるたびに懐かしく思い出されることと思います。

写真はデジカメであることを良いことにバチバチ撮りまくりした。私はビデオカメラとデジカメ、オクサンはデジカメを駆使してこれでもかという位沢山撮ったように思います。
今は溜まっていた仕事の整理に追われて大変で開いてみる余裕がありませんが、これが落ち着いたら、写真の整理に取り掛かろうと思っているところです。

ノルウェーではバスと観光船の中から夫々フィヨルドをたっぷり堪能しました。料理は結構おいしくて日本に帰って体重を図ってみたら3キロも増えていたのには驚きました。またしてもお腹の方はポンポコリン!ますます穿けるズボンが無くなってしまうようで悩んでます。
まったく食い意地のはった人間にも困ったもんです。



日本に帰り着いて直ぐにメールを整理してみたら全部で800通くらいメールが溜まっていました。
エントリーの会員の皆さんには、出発前に7日から15日までは不在となる旨を連絡していましたので会員さんからのメールは殆ど入っていませんでしたが、売り込みや迷惑メールといった不要なメールが溜まっていたメールの9割くらいを占めていました。

それでも無料相談や資料請求のメールも数通入っていましたので、これについては大歓迎、大喜びで直ぐに返事を書きました。

おまけに帰国翌日、台風が接近中の16日には無料相談にこられた男性の方にスンナリとご入会いただいたので大感謝!仕事の勘も一度に取り戻せたような感じがしました。

気がついてみると旅行前は相当アタフタしていたようで、前回のブログでは次回の更新を10月7日位などと書いてしまっていたようです。(これも親友からの指摘で気がついたのですが...)
これだと10日に一回と大見得をきったのは何だったのかと笑われそうなので、今回はまとまりのない文章で恐縮しながらも何とかここまで必死で頑張りました。
ほんとはもっとたくさんの旅の情報や私たちが撮ってきた写真をお見せしたかったのですが、この辺が限界んもようです。

【最後に】
...と、ここまで我慢してお付き合い頂いた皆様方には心より御礼申し上げます。有難うございました。
呆れ返っておられなかったらまたお付き合い下さろと嬉しいです。


何でも屋の親父こと
            
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は今度こそ間違いなく9月30日(土)を目途に更新させていただきますのでどうぞよろしくお願い致します。











今、非常にガックリした気分でこのブログを書き始めています。
といいますのは、今月は皆さまにもお知らせしましたとおり7日午後から臨時休暇をもらうことにしておりますので、やらなければいけないことがギッシリと詰まっています。

ブログの方も10日に一回というペースは崩したくないので、今朝も早くから起き出してパソコンに向かい午前中に半分以上書き上げていたのですが、保存がうまくできていなかったみたいでタイトル以外はすべてパー、即ち、私が書き溜めた分は殆ど跡形もなく消えてしまっていました。

こういう場合のダメージって結構大きいんですよね。何年か前にも同じような経験をしたことがあり、もう二度とこんな過ちはしないぞと誓ったはずなのに...といい加減自分自身に対して愛想をつかしてしまいます。
かといってこれからあとのスケジュールのことを考えるとほったらかしにしていることはできません。
気持ちを切り替えてこの後を書き直していきたいと思います。ここからあとが今回のブログの本番につきそのつもりで読んで下さればと思います。



9月の声を聞いた途端に一気に秋が来たような気がします。

9月1日の早朝の散歩はそれまでの半袖・短パンでは肌寒く感じましたので、次の日からは長ズボン・長袖というトレーニング上下に着かえてのウォーキングに切り替えました。

台風15号の影響で北の冷たい気流が南下してきたからだそうですが、理由が何であれ冬嫌い、夏嫌い、秋大好き人間の身勝手な私としましては大歓迎!待望の本格的秋が近付いてきているようで喜ばしき限りです。

ところで、7日午後からの臨時休暇を前に私とオクサンとは大忙しの毎日を送っています。
このブログにしてもそうですが、忙しいから今回は延期といったようなことだけは昭和男の名に懸けても?できません...といいながら冒頭に書いたようなヘマをやってるわけですから救いようがありません。
ま、それでも最終的な帳尻だけはしっかりと合わせようと頑張っています。

そんな多忙な毎日ですが、今月3日(日)には嬉しいことがありました。
それはちょっとご年輩ではありますが、お似合いの素敵な成婚退会カップルが誕生したからです。

男性の方は今年の5月に入られたばかりで入会後4か月目での成婚退会、女性の方は3月に更新手続きをされたばかりの仕事一筋の超真面目人間でしたが、お二人の出会いは私たちの紹介!
年齢差が10歳ほどありましたから最初はこの話を進めるのにちょっとした躊躇(ためら)いもなくはなかったのです。
しかし、お二人が人間として非常によくできた人格者でしたのでこのお二人ならば間違いないと総合的に判断してお二人にお薦めしましたところ、お二人とも『お会いします』というお返事。

そしてお見合い...、なんとお二人とも一回目のお見合いですぐに意気投合され私たちの期待通り交際に入られることになりました。

彼の方は社会的地位も高い方でしたが、仕事以外のことに関しては非常にシャイな方でしたのでお付き合いの方はうまく進むかなあと心配したものです。
たまたまお二人の住まいが近かったということもあってこちらから特に煽るまでもなく何度も自然な形で会っておられ交際の方は順調に進んでいました。
今回はどうやら私のとんだ取り越し苦労だったようです。

エントリーでのお二人とのお話で印象的だったことがありました。
それは彼の方はタバコを吸われる方のようでして、身上書を提出して頂いた時にそのことが書いてあったのをみて私が「『タバコ』は女性の方からは『ウケ』が良くないですよ」とアドバイスしたことがありました。

その時は彼は『そうでしょうねエ』と苦笑いをしておられただけのことだったかと記憶しています。
ところがその後お二人が一緒におられたときに彼女が『タバコが臭いですよ』と指摘したことがあったそうです。
かといって禁煙の難しさということについては彼女も職場の同僚たちの苦しむさまをみてきておられたので言ってもどうせ無駄だろうと期待はしておられなかったそうです。
ところが彼の方はそのあとはキッパリとタバコを止められたそうですから驚き!

以前にもエントリーでは似たようなケースがあって、交際中だったある男性はお相手の彼女が非常にタバコの匂いが嫌いだということを知って、これは何とかしなきゃいけないと一念発起、病院に通って治療され禁煙に成功されました。そしてその後すぐお二人は成婚退会...。

エントリーには男性の喫煙者でまだタバコを止めきれない方は結構
禁煙 (2).jpg
おられます。
イクラアドバイスしてもなかなか止めようとはされませんが、ご自分の身体にとっても結婚にとっても周囲との関係においても決して喫煙はプラスに働かないことが多いということはおわかりでしょうから、思い切って努力して禁煙してみてはいかがですか?

今回の彼女の場合も彼がそんな風にキッパリと止められるとは思っておられなかったようで、それだけに彼がキッパリと禁煙されたのをみて『すご~い』と改めて彼のことを見直されたようです。

私も真剣にアドバイスしたつもりですが、彼女の一言にはあっさり完敗!『百の説教』より『一つの愛情』ということでしょうか...、負けず嫌いの私ですが、こういう負け方でしたら私はいつでも大歓迎です。
これから先もお二人手を取り合ってどうぞお幸せに!

 婚活やの親父こと
            哲
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


*次回は無事に帰ってこれましたら?10月7日頃を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。










8月、葉月もあと数日で終了。

仙台市では7月22日からの連続降水日数記録が36日ということで83年ぶりという長雨を記録したとのこと。ほんとにあちこちで異常な気候が続いています。
宮崎はご承知の通り暑い暑い毎日ですが、それでも雨嫌いの私からしますと暑くても雨が少ない宮崎の気候の方がまだ救われます。

ところでそんな中、私の方は、仕事を兼ねて二泊三日で東京に出かけてきました。
新潟から上京してくるという親友や毎回私のブログの誤字脱字をチェックしてくれる親友他現役時代の後輩たちとの再会が目的でしたが、親しい仲間と過ごすひと時というのは
汗っかき.png
本当に心が癒されて何物にも代えがたい私の宝物です。

二泊三日の短い旅行でした。
私が行く何日か前までは東京も雨続きの鬱陶しい天候だったようですが、私が晴天を東京に運んでいったようで宮崎にも劣らぬほどの晴天の暑い日が続き滞在中はずっと汗びっしょり!
最終日の午前中は仕事をしてそのあとは学生時代の友人と再会してお昼をともにしました。

宮崎にいるときの私は『引きこもり』といっても過言でないほど殆ど外出することもなくパソコンやお客様との応対に明け暮れる毎日を送っています。

お客様との会話は私にとりましては良い刺激になりますし、大きな私の楽しみの一つともなっていますが、要した時間の割合でいきますと圧倒的にパソコン相手の時間の方が多いので知らず知らずのうちに無口になって鬱病になってしまうんじゃないかと不安になるときもあります。

その意味では今回の上京は私にとりましては気分転換を図れた絶好の機会でした。
たまには東京みたいな大都会の空気を吸いに行くのも良いもんですね。


話変わってご報告しておきますが、9月に入りましたら上旬の8日から8日間の夏季休暇をとらせていただくことにしました。
エントリーとしてこの仕事を始めさせてもらって以降14年目に入っていますが、その間一度もエントリーとしましては長期休暇なるものを取ったことがありません。(私個人は海外旅行のたびに何度かありますが、その時はオクサンが一人で頑張ってくれていました)。
お正月休みも休むのは長くて三日ほど。それも実質的には遠方に住んでおられる会員さん達の都合
等でお見合いが入るなどして三日間丸々休めることは殆どありませんでした。

今回思い切ってエントリーとして長期休暇を取る理由は夫婦で海外旅行に出かける為です。
これまではオクサンの犠牲のもと私だけが一人で行かせてもらっていたわけですが、私達もそれなりに歳を重ねてきましたので私一人だけが出かけるということにつきましては私としましてもさすがに抵抗を感じるようになってきました。

そんな訳で今回は思い切って夫婦二人で行かせてもらうことにしました。
会員の皆さんにご迷惑をおかけすることのないように事前に細かく手を打っていくつもりではありますが、万が一想定外のことが起きました場合には何卒ご容赦のほどどうぞよろしくお願い致します。

その代わりといってはなんですが、9月5日・19日・26日10月3日の各火曜日につきましては通常は定休日となっていますが、今回はすべて振替営業日とさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

その間、どうしても私達に連絡を取らなければならないような緊急事態が発生しましたら、私達の方までご連絡いただければと思います。連絡方法につきましては次回のブログでもう少し、詳しく説明させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。


婚活やの親父こと
           
                 (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)




*次回の更新は休暇との兼ね合いもあり少し早めの9月7日(木)を予定していますのでどうぞよろしくお願い致します。












お盆も終わり、帰省客もUターンして長かった夏休みも殆どのところが終わりを告げ、日本の夏も終盤に入ろうとしています。
関東以北の8月はずっと雨にたたられて気温もあまり上がらず且つ日照不足により農作物にもかなりの悪影響を与えているとのことで野菜の値段も高騰。困ったものです。

一方我が宮崎地方はというとギンギンギラギラ真夏の太陽に照り付け
ひまわり.jpg
られてうだるような暑さの真っ只中!とてもじゃないけど日中は外に出たいという気がおきません。

というわけで私の散歩は毎朝5時半に起きだしての早朝散歩に切り替えて頑張っています。
歩いているとこの夏を生き切った蝉の亡骸がお腹を上にしてあちこちに転がっているのを見かけるようになりました。
踏みつけてはいけないと気を使いながら歩く夏の終わりの光景がいつものように展開されています。

お盆も営業は休みませんでしたが、時間の合間をみて私達もいつものようにお寺やお墓にいくなどして先祖を供養してきました。
今年はそれに加えて我が家の裏庭に眠っているセキセイインコの二代目マスコット、エンジローにとっても初盆ということになりますので(昨年の8月13日に亡くなりました)そのお墓に線香を上げて供養してやりました。亡くなってからもう一年か...、月日の経つのはほんとに早いものですネ。

また、11日には3年半ほど前に成婚退会されたカップルが遊びにきてくれました。
最初彼女の方から『そちらを成婚退会した〇〇ですが』、というお電話を戴きました。
その時にはエントリーでは〇〇という姓の方が結構たくさんおられる為何方(どなた)からのお電話かピンとこず、『え?済みません、どちらの〇〇さんでしたっけ...』と大変失礼な対応をしてしまいました。
『鬼の記憶力』を誇るウチのオクサンでしたら、決してそんなことはなかったと思いますが、『鬼の忘れんぼ』を誇る?私の場合はそうはいかず、彼女に嫌な思いをさせたことと反省しています。

彼のフルネームとか彼女の旧姓を聞いてから初めてピンときて『あ~、▲▲の〇〇さんね』ということでようやく話がつながりました。
彼女の話によれば『生後7か月になった長男を連れて挨拶に行きたいけど11日に空いている時間はありますか?』という内容...『もちろん大丈夫ですよ。何時が良いですか?』こういう嬉しい話の時はやりくりしてでも時間は作ります。

当日は決められた時間に〇〇一家が到着!お二人とは3年半ぶりに会ったわけですが、ほんのちょっと前に退会していかれたかのような懐かしい再会でした。

彼の方は赤ちゃんにベッタリで父親としての喜びが全身から感じられ、彼女の方は相変わらず優しくて、お世辞抜きで以前より更にきれいになっていました。

そして主人公の赤ちゃん(△△君)はというとズッシリとした体格でとても愛くるしく可愛らしい男の子でした。
私としては早くダッコしたくてたまらなかったのですが、もし落っことしでもしたら大変だと思いずっと我慢してました。

ウチのオクサンが自然な感じでダッコしたときに、私も恐る恐るではありましたが、何とか落とすこともなく抱っこさせてもらいました。
赤ちゃん特有のやわらかい感触がたまらなく嬉しく思えました。△△君はまだ人見知りをする前だったようでお陰様で私がダッコしても泣かずにいてくれました。

私はこういう可愛らしい赤ちゃんが大好きです。
さすがに今からでは自分の子供はもてそうにもないだけに?街に出てもこういう赤ちゃんを抱いている父親をみると『いいなあ】と羨ましくなるタイプですから、それだけに今回自分でこんなかわいい赤ちゃんを抱っこできたということはほんとに至福の時でした。

彼らは私達にあいさつのためにということで片道2時間前後の時間をかけてきてくれました。
願わくばこれからあともせめて年に1~2度は遊びにきてもらい、この可愛い△△君の成長していく姿を見させてもらえればなあと心からそう願ったことでした。

2人で成婚退会していかれたカップルが次に来られた時は3人家族...。嬉しいことです。
私達のようにこの仕事をさせてもらっている人間からしますと、私たちがお世話させてもらった方が退会されたあともこのように遊びにきていただけるというのは非常にうれしいことです。
是非この次も成長した△△君の成長した姿を見せに来てください。ホントに楽しみにしてますから...


話変わって、前述のようにお盆にも私たちは毎年休まずに営業していますが、その甲斐あってかお陰様で毎年ご先祖さまが私達に素敵なお土産をもってきてくれます。
今年も素敵な新入会員さんをつれてきてもらいましたし、お見合いで手ごたえのあるカップルも誕生しました。有り難いことです。来年のお盆も是非宜しく!というのは欲張りすぎですかね。

また、10月1日(日)には宮崎観光ホテルでお見合いハローパーティーを開催致します。
6月に開催したお見合いパーティーの結果がその後も順調に進んでいるため矢張りやっただけのことはあるなということで、余勢を駆ってこの秋にもパーティーを開くことにした次第です。
中には何度案内を出しても参加されない方もおられます。
その間に同じような時期に入られた方がパーティーに参加してしっかりとカップルになり成婚退会していかれてます。
出会うべき人は一人で良いわけです。折角のチャンスがあるのにどうして利用されないのでしょう?
今回こそは是非とも参加していただきたいものだと思っています。

婚活やの親父こと
           
               (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


 *次回は8月31日(木)更新を予定しています。どうぞよろしくお願いします。





超ノロノロ台風と呼ばれ迷走を続けてきた台風5号も、ようやく一部地域を除き宮崎からは無事に離れて行ってくれました。

勢力が強いとの前評判だっただけに一時はどうなることかと心配したものです。
宮崎はこの台風の進路にあたり暴風圏にまきこまれそうでしたが、
taihuu.jpgのサムネール画像
東にずれてくれたため想像していたよりかはおとなしい台風でした。ちょっとばかり肩透かしをくったような気がしないでもありませんが、こういう肩透かしならいつでも大歓迎。

そして台風が去った8月7日は早や立秋!
暑中見舞いを残暑見舞いに代えなければいけません。

今朝は早くから起き出して家の中にしまいこんでいた傘立てや鉢植えの花をせっせと元の位置に戻し、玄関口だけはいつ何時お客様が来られても良いようにと裏の竹林から飛んできてどっさり積もったままになっている竹の葉を箒(ほうき)できれいに掃き
掃除しました。
お陰でヘロヘロになって汗が滝のように体から噴き出してきましたが、シャワーで何とかきれいに洗い流しました。
お疲れ様ということでビールを一杯...といきたかったのですが、なかなかそうはいきません。慢性膵炎の私はアルコール類はドクタースットップということになってますので西瓜を食べることで我慢しました。

暦の上では秋になったとはいえ、宮崎では36.2度を記録するなど当然のことながらまだまだしばらくの間は猛暑が続くことと覚悟をしています。
それでもそのあとに私の大好きな本格的な秋が来ると思うと何となく気持ちが明るくなります。

ところで最近、宮崎の人が宮崎の結婚相手を探すのにわざわざ県外の大手の全国ネットに入会されエントリー他宮崎の相談所の倍以上の入会金やお見合い料等を支払って宮崎の結婚相手を探す人が増えているとの話をよく耳にします。

実際にエントリーにおいても県外の相談所からエントリーの会員さんに申し込む人が増えてきました。それはそれで申し込みをいただくわけなのでエントリーとしては有難い話なのですが、申し込んでいただいた方達はというとその現住所をみると宮崎県宮崎市からというから驚き!
県内の他の相談所さんでも同じような傾向がみられているそうです。

どういうことなんだろう?どうして宮崎の人なのにわざわざ県外の相談所に入会され、それでもって申し込まれるお相手は私達宮崎の結婚相談所所属の会員さん...。
私達県内の相談所より余程大きなメリットでもあるのかと思いそこの相談所のことについていろいろ調べてみました。

まずホームページから料金体系を調べますと私達宮崎の相談所の人間からみますと驚くほどの高額料金!
更に、その県外の相談所の担当者は当然のことながら県外に常駐のため、いろいろ相談したくても距離が離れているためなかなか直接会って相談することもできません。


これって実にバカバカしい話だと思われませんか?
最初から宮崎のエントリー他の相談所に加入していたら料金は安く、宮崎の実態を踏まえてのアドバイスを受けることができるなど少なくとも県外の相談所よりは条件は良い筈なのに...

宮崎にお住まいの方でしたら県外の相談所を通すよりはるかに有利な条件で選べ且つ申し込むこともできるのにどうし無駄なことをされるのでしょう?勿体ないとは思われないのでしょうか?

勿論、県外の相談所に加盟すると宮崎県以外にお住いの方にもネット検索等で申し込むことができる等対象が広がるから...と仰る方もおられるかもしれません。

しかし、エントリーでは複数の全国ネットに加盟していますのでネット会員になれば県内の会員さん以外にも安い料金で県外の方に対しても申し込めます。そしてこれは県内の他の相談所さんでもできるところがありますからその点では条件は一緒ですよね。それなのに何故?

ひょっとして県外相談所に入会された方の中には、宮崎県内の私達相談所との間で過去に諍い(いさかい)があったからもう宮崎の相談所では活動したくないのかも...。そういうことであればそれはそれである程度納得できます。
しかし、少なくとも県外相談所に加入してそこからエントリーの女性会員さんにもうしこまれた方との間では、そのような事実があったということは少なくとも私達が思い出す限りにおいては思い当たる節はありません。

結局私が思うには、県外の相談所に行かれた人が県内と県外の相談所間との条件の差についてネットのホームページなどを通して充分比較検討して行動されていたら今のような無駄なことは起きなかったのに...と残念に思えてなりません。

その反面、そのことを私たちが県内の皆さんにしっかりと告知しておればこのようなことは起きなかったのではないかという反省もあります。
確かに私達は自分たちのできる範囲で新聞やタウン情報誌、インターネット他で広告は大分流しているつもりですが、まだまだ足りないということなんですかね。

勿論、以上のように私達からみたら無用な損に思えても当のご本人たちが納得づくで行動しておられる限りについては、以上の私の危惧などはいらぬお世話ということになります。

しかし、そうではないのに月に1度位しか来ない大手全国ネットの相談所の説明を聞いて宮崎の善良な方々がも無用な損をされるということがあるのでしたら黙って見過ごすことはできません。

そんなことが二度と起きないように対象の方々ももっと慎重に行動されるように願うとともに私達ももっともっと情報の提供の仕方を工夫しなければならないなと反省した次第です。

 婚活やの親父こと
            
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


*次回はお盆を挟みますので8月21日(月)を目途に更新したいと思います。どうぞよろしくお願いします。




7月に入ったと思う間もなく早や8月に入ろうとしています。

夏という季節は私にとっては雨と同じように苦手な存在ですが、
yjimage.jpg
夏祭りや花火大会、海水浴等々子供たちにとっては楽しみな季節。

裏の竹林の蝉(せみ)たちはこの時とばかりに一斉にけたたましい大きな声を張り上げての大合唱!
いやはやそのうるささは何に例えたらよいのか、夏休みが終わるまでの当分の間、私は喧噪の中での生活を余儀なくされそうです。

ところで梅雨明け後、うだるような暑さに悩まされる今日この頃ですが、この7月という月は私にとっては結構厳しい試練?のひと月でした。
といってもそれ程大げさなことではないのですが、この7月は月初にウチのオクサンの叔父さんが急逝された為オクサンがその葬儀参列の為の帰省で5日間ほど留守。
やっと帰って来たかと思いましたら21日から別の急用が出来、またしても福岡の方に5日間ほど出かけることになりオクサンが合わせて10日間ほど不在だったからです。

その2回ともが来客数の最も多い土日をはさんでいましたので私一人で孤軍奮闘!
接客中にTELがかかってきたりして手が回らないようになるとついつい『お~い』と呼び掛けて『あ、今日はいなかったんだ』と慌てて受話器をとったりなど結構大変でした。

それでもそのオクサンもようやく用事を済ませ帰ってきましたのでやれやれとひと安堵。やはり二人ワンセットが当たり前の生活を長いことやってきてますので、仕事も『おさんどん』も一人で対応というのは結構大変なものであるということを改めて痛感した次第です。

それはそうと、最近仕事をしていて嬉しいと思うことがあります。
それは現在エントリーの会員同士でお付き合いしておられるカップル数がこれまでになく沢山出ている上にその皆さんの交際の進捗状況が非常に良いからです。

普段からウチのオクサンは交際がうまくいくよう必要に応じてメールやTELや面談で交際中の会員さん達に細かいアドバイスをしていますが、最近交際の進捗状況に対するオクサンからの問いかけに対して皆さんから返ってくるメールや電話はその殆どが順調な交際状況を伝える内容となっていて喜ばしき限り!
お陰でこの調子でいくとここ1~2か月以内には沢山の成婚者が出そうな気配となっています。

これほどまで沢山のカップルが同時期に順調に推移している状況はエントリーとしても久しぶり!
進捗状況の連絡の内容についてもいろいろ個性があって楽しいものばかりで私達までウキウキした気分になります。

うまくいっておられるカップルに共通してみられる特徴としては、よく二人で会っておられということ。
それはたまたまお二人の住まいが近かったからとかいった環境的に恵まれた中でのお付き合いだったからということではありません。
実際には距離的にはかなり離れていたり、またはお二人の休みが全然合わないとかの阻害要因があっても、それをお互いの努力でカバーし合って極力会うようにしておられるからです。
会えない分については頻繁なメールや電話でカバーしておられるようなので、私達としても嬉しき限りです。

せっかくカップルになったはいいけれど距離が遠すぎるとか休みが合わないからというそれだけの理由でお互いに会うための努力をすることもなく駄目になった例も沢山みてきました。
そのように破局の原因を距離や休日の合わないということに転嫁して努力をしようとしなかった人たちは(勿論、単純にそれだけの理由というわけでもなかったのでしょうが)何て勿体ないことをしておられるのだろうと私には不思議に思えてなりませんでした。

なかなかこれは...という人に会えないできたからこそいまだに独身であったはず。
それなのに、せっかく少しでも可能性のある人に出会えてカップルになれたのだからそのチャンスを生かさない手はありません。
従いましてお二人の交際を成功裡に終わらせるよう必死になって努力をするのは当然の話!
しかし、その為の努力すら惜しむようでは結婚について語る資格はありません。

一方、これに対して、私達がこのカップルの場合は難しいかな?と思っていたのに予想に反して?現段階では非常に順調に交際が進んでいるカップルもいます。何故?

ひとつにはお二人夫々がこれまでの婚活がうまくいかなかった理由について自分達なりに夫々の失敗の原因を反省し、学習された成果が出ているのではないかと思っています。それだけ結婚というものに対する本気度が強くなってきたことの証(あかし)ではないでしょうか?

また、私達もお似合いだと信じ、ご本人たちも意思も確認し合い、ゴールイン寸前というカップルもすでにも何組かおられます。

この方たちにつきましてはいつ成婚報告にこられるかを期待して待っているだけですが、世の中には絶対という言葉は存在しないといわれています。
いつなんどき、どんなことが起きるかわかりません。決して浮かれることなく真摯に相手の方のことを想い続け確実に手に手を取ってゴールインできるよう頑張って下さい。
幸せの黄色いハンカチ』ならぬ『幸せの黄色いテープ』をもって皆さんのゴールインをお待ちしていますから...

 婚活やの親父こと
            
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)


*8月の第一回目については8月10日(木)頃の更新を予定していますのでどうぞよろしくお願いします。酷暑の折り、皆様も熱中症にならぬよう塩分、水分をしっかりとってまた次回のブログを読んでくださいね。
『また読まないといかんのかよ...』とウンザリしておられる方も多いかと思いますが『老人にも愛の手を!』ということで悪しからずご協力下さい。










沖縄・奄美・九州南部地方を除きますと、7月18日現在、日本列島の各地では未だに梅雨明け宣言は出されておらず、あちこちで局地的豪雨が列島各地を襲っているようです。それに伴いまたしても被害がかなり出ているもよう...

一方これに対し少なくとも我が宮崎は35℃前後の猛暑日が続いてい
01.jpg
ます。まったくもってうだるような暑さに見舞われているわけですが、それでも大雨に見舞われている地区の人たちのことを考えるとはるかに幸せだと我が身の幸運を喜ぶべきなんでしょうね。


ところで、15~17日にかけては全国的に三連休のところが多く、エントリーもお陰様で沢山の方にお出でいただきました。
そんなアタフタとしている中、ウチのオクサンの叔父にあたる方が急にお亡くなりになり、急きょオクサンが葬儀に参列のため里帰りすることになりました。
"今は忙しいからまた今度"とかいっておれるケースではありませんので、すぐに翌日の飛行機で帰省してもらいました。

お陰で一度にいろんなことがどっと私の方に押し寄せてくることになり、新規のお客様や通常の活動の一環としてエントリーにお出で戴いた会員さん達への対応その他でその間は結構大変でした。
それでもオクサンと携帯で連絡を取り合って何とか乗り切ることが出来ました。

また、この時期を利用して県外からエントリーの会員さんにお見合いを申し込んでいただいたお客様が数名お見合いの為宮崎までやってこられました。

遠方から飛行機でやってこられた方や、他県から列車やバス等でお出でいただいた方達とエントリーの会員さんとのお見合に際しては私たちは極力立ち合うようにしています。
従いまして空港や駅の待合せ場所やホテルのロビーに出かけたり等々分刻みの対応で忙しく動き回りましたが、それはそれで結構私の性に合っていて私としましては充実したひと時でした。
ましてやそのお見合でお似合いの新カップルも誕生しましたので万々歳でした。

新しくカップルになられた方にとりましては県外の方との遠距離交際につき何かと大変かとは思いますが、私達も交際期間の延長を含め出来る限りの支援は続けていくつもりです。
いずれにしましても大変なことは覚悟の上でお付き合いに入られたことと思いますのでお二人が強い意志をもってお付き合いを続けて行っていただければなあと期待しているところです。

エントリーでは県内の会員さん同士の交際が主流ですので、遠距離交際は決して多くはありませんがそれでもこれまでに10件以上はあったかと思います。
エントリーの場合はどういうわけか遠距離交際から成婚に至る確率は結構高いものがあります。
距離・時間・費用等いろんなハンディがあるのを承知でお付き合いに入られたせいか、お二人でいろいろ工夫し合ってお付き合いを続けていかれたようです。
お二人が真剣且つ前向きにお付合いを続けていかれたからこそ良い結果に繋がったんでしょうね。

また、今年に入って『エントリープラン』なるネットを使った便利で低料金の新プランを設けてから、県外の会員さん達との交流がぐんと増えました。

それまでは頑(かたく)なに?『結婚相手は県内の人に限る』と決めつけておられた方達も、ネットの効用を正しく認識されたことにより考え方に若干の変化が生じてきたせいなのかな?と私たちとしましては歓迎しています。


県外の会員さん達との交流大歓迎といいながらもエントリーを運営する私達が第一に望むのはエントリーの県内の男女会員さん同士がカップルになり結婚していかれることであり、この基本方針はこれからも変えていくつもりはありません。

何故ならば、県内の方とカップルになった場合は遠距離交際の場合に比べ『会いたくなったときに特別な事情さえなければいつでも会うことができ』るというメリットがあります。
更に、デートのための特別な交通費・宿泊費等もかからない等経済的負担も少なくて済みます。
また、結婚後も子供が出来た時などご両親の援助も受けやすいし、孫の顔をしょっちゅう見せてあげれる等の親孝行もできます。
従って県内でそういう人と結婚できたらその方が確かにメリットが多いことは確かだからです。

しかし、いくら結婚したいと思いその為の婚活をしてももし県内においてはどうしても自分が求めるような相手の方を見つけることが出来なかったというような場合はどうしたらよいのでしょうか?

私としましては以下の二つの考え方があるのかな?と思っています。

一つの考え方としては自分では他に探す当てがないというのであれば何時(いつ)になるかは分からないけど、そういう人が現れるまでいつまでも待ち続けるという考え方。

もう一つは自分にはどうなるかわからないものをいつまでも待ち続ける勇気も年齢的な余裕もないという人の場合は、自分にとっての理想の人でなくても自分の要望をある程度満たしてくれている相手であるならばこれまでお相手に求めてきた条件を緩和するというか、誰がみてもリーズナブルなものに変更し理想の相手でなくてもとにかく出来るだけ理想に近い人と結婚するという考え方。

第一の方法を選んだ場合は次のようなリスクが考えられます。
即ち必ず何年か待てばそういう『あなたがイメージしておられるあなたにとっての理想の人』があなたの前に確実に現れるという保証はありません。

また、たまたま現れることがあったとしても『相手の人にとっての理想の人』があなたになるという保証もありません。
従いましてそうなった場合は所詮は自分の一人相撲ということでで結婚は困難です。
そして失った時間は決して返ってきませんから『貴重な時間の単なる無駄遣い』で終わってしまうというリスクが常につきまといます。

もう一つの方法としては自分が結婚相手に求めている項目について一度これを全て客観的に見つめ直し優先順位をつけてみる。
そして世間の常識及び自分の実力からするとこれは求め過ぎなんじゃないだろうか?という項目が見つかった場合にはそのことをできるだけ謙虚に受け止め、その項目をいったん要求事項から外してみる。

例えば結婚相手は必ず県内の人に限るという条件に付いても、宮崎県の男性は県外に出ていく割合が全国的にみても多い方という統計データが出ています。

もし、仮に自分の理想とする相手が県外に出て活躍したがるタイプの人だったとしたら相手を県内だけに限った場合はチャンスの芽を自ら摘み取ってしまうことになるのではないでしょうか?

従ってこのような場合には『県内の人に限る』という条件をいったん外してみて県の内外を問わず自分の理想に近い人だと思ったらその人ととにかく会ってみてそれからどうするかを判断するという風に方向転換したほうがはるかに賢いやり方といえるのではないかと思いますが如何ですか?

その代わり条件の内容によっては、どうしてこの私がここまで条件を落とさなきゃいけないんだろう?というフラストレーション(欲求不満)が溜まることがあるかもしれません。
そういう場合はまずは条件を落とさず、自分の思っていたとおり婚活を続けてみたら良いのではないでしょうか?
条件を落とさないでも自分の思った通りの婚活ができ、理想もしくは理想に近い人と結婚できたというのでしたら、それは落とさないでよかったということなのかもしれません。
もし、逆の展開だった場合には条件を落とし(or外し)て再チャレンジしてその結果を検証すればよいだけの話かと思います。


私を含め人間というものは誰だって結局のところは自分が一番可愛いのではないでしょうか?
従って自分以外の他の人のことは長所短所がよく見えて冷静な判断ができる人でも、自分のこととなるとよく分からずとんでもない判断をされるような方をみかけることがよくあります。

私達にとって自分に対し自信を持つということは大切なことです。
しかし、自分に自信を持つあまりともすればそれが過信に繋がることもままありがちです。
自己過信に基づき過大評価された自分をベースに理想の人を選んで申し込んでいくと相手の方からは口にこそ出さないまでも、『どうしてあなた程度の人がこの私に?』と思われ取り合ってもらえないようなことにでくわしたような経験はありませんか??

エントリーでも過去にはお見合いをいくら申し込んでも断られ続けるているにも拘わらず、私たちがいくらアドバイスしても聞く耳を持たず、結局は結婚できないまま辞めていかれた方がおられました。
恐らくその方の辞書には『反省』とか『謙虚』とか『学習』とか『対策』とかという文字は載っていなかったのでしょうね。残念なことでした。
今のエントリーにはどうでしょう?そういう方が誰もおられないことを期待しています。

婚活やの親父こと
            
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*今回は忙しくて時間が取れなかったんですが、書きだしたらついつい長くなってしまいました。
 正直、これでも大分削除したんですが、内容からしたらこんな風になってしまいます。
 もっと詳しくお知りになりたい方がおられましたら雑談?しにお出かけください。
 (そんなもの好きな方がおられるとは思っていませんが...)。

 次回は7月31日に更新したいと思っていますので宜しくお願い致します。













九州北部(熊本を含む)は凄まじい豪雨に見舞われ,土砂災害により死者・行方不明者も多数でるなど大変大きな被害が出ました。
tyh017-jpp024418636.jpgのサムネール画像

被災者の方達の様子をTVでみていると、『これから先どこからどのように手をつけていったら良いんだろう?』と途方に暮れておられた方が殆どでしたが、本当にお気の毒で慰めの言葉も見つかりません。

自分が逆の立場だったらと思うと考えただけでもぞっとします。
私も福岡には3年間出向し、知人も沢山いますのでその方達がどうしておられるかも非常に気懸かりです。

それにしても自然災害というのは一切の事情を斟酌(しんしゃく)せず、無慈悲に突然誰に対してもやってきます。
自然災害が発生するたびに感じることですが、本当に恐ろしいものですよねえ。
tyh017-jpp024418470.jpgのサムネール画像

九州は台風の直接的な被害が少なくて良かったと思っていましたが、まさかそのあとにこんな大水害が待っていたとは思いもよりませんでした。被災者の皆さん、本当に筆舌に尽くしがたいほど大変でしょうがどうぞ頑張って下さい。


ところで話変わって宮崎市に住む私の方は大雨の被害については免れましたが、それに代わってパソコンがまた、また、また、また(...で足りるかな?)クラッシュしてしまいまして大混乱!
いつも助けてもらっている業者の人や、PCトラブルで困ったときに助けてくれる高校時代からの親友に今回も助けてもらいPCの故障したところについては一応1~2日間で修復できました。

しかし、今回はそのあとが超大変で悪夢のような毎日を送っています。
即ち、PCを初期化したのを機にシステムをそれまで私が慣れ親しんで使っていたシステムに代えて最新ののシステムに入れ替えてもらいました。

おかげでハード面の動きは非常にスムーズになり立ち上げるまでのイライラ等はは大幅に改善されました。しかし、その一方で、新しいシステムに慣れるのが大変!
マニュアルを読んでもメカに弱い私の場合はなかなか直ぐにはピンときません。

仕事の方は仕事の方でお客様への対応や広告原稿の締め切りに追われるなどしてゆっくり構えている暇がありません。また、いくら分からなくてもそうそう友人に頼ってばかりもらおれません。
どうしたものかと焦ってしまいました。

しかし、慣れないからといってそれでやらないで済む話でもありませんので一刻も早く新システムに慣れようと必死で何とか嫌いなマニュアルと格闘しています。
ストレスが溜まって本当に大変ですが何とかなりそうなところまできましたし、必ず何とかするつもりです。
『窮すれば通ず』のことわざではありませんが事態が行き詰ってしまうと、それはそれなりに良い知恵も浮かんできたりして何とか活路も見いだせそうです。
私の場合、切羽詰まると何とかなるもんだなということを改めて実感しています。決して自慢できることではありませんが...


最後に最近のエントリーの動向について紹介させて頂きます。
主な動きとしてはまず第一には6月から7月にかけてのお見合い件数の増加が挙げられるかと思います、
その理由の一つとしては6月18日に実施したお見合いパーティーにより会員さん達の婚活意欲が刺激されたこと等があげられるのではないかなと思っています。

前回のパーティーに関するブログを読まれた方達が自分も何か始めなきゃなと思われたのかもしれませんが、『最近の会員さん達の動きはどうなっていますか?』ということで、エントリーまでお相手探しに来られる会員さんの数がかなり増えてきたからです。

来られるとそこで何人かの人に申し込んでいかれ話が繋がっていきます。その結果お見合いが発生し、何組かのカップルが増えていくという次第...
いつものことながら『待ちの姿勢』で何も活動しておられない方達はこのような動きに乗っかっていけず今のままが続くだけ...、ホントにこのままで何もしなくて良いのでちゅか~

第二番目には久々に行った料金体系の変更で新設したエントリープランが大好評であるということ。
安さとその利便性が会員さんに非常に好評でスタンダードプランから乗り換える人が続出しています。
現会員であると否とを問わずどういう内容かをお知りになりたい方は是非一度相談にお出かけください。資料をもとに詳しく説明させていただきます。
 
第三番目には広告体系の変更が挙げられるかと思います。
これまでずーっと宮日新聞の『ポケット』という広告欄に掲載してきた新聞広告を5月いっぱいで辞めました。
理由としてはTVやインターネットの影響で宮日に限らず新聞の発行部数自体が減ってきてることに加え見て戴ければお分かりの通り宮日の場合広告欄に出稿する企業が激減してきているからです。

その影響かどうかは分かりませんが最近は新聞広告をみてエントリーを訪ねてきたというという人が
非常に少なくなりネットやタウン情報誌にその座を明け渡しています。
これから先もこの傾向は変わっていきそうにもありませんので基本的に6月以降は新聞広告は使わないことにしました。

その代わりに県内では広くいきわたっているタウン宮崎他情報誌数誌に広告掲載を続けていくことにしました。
更に、ラジオにも広告を流すことにしましたので内容的には今迄よりもっと充実した広告戦略が打てることになったのではとないかと思っています。

それにより会員数をもっともっと増やしていって会員の皆さんがよりお相手を探しやすくなるようにしていこうと思っています。乞う、ご期待!

婚活やの親父こと
           
                (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表) 


*次回は7月20日前後を目途に更新したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。








我が家の裏手にある竹林は降り注ぐ連日の雨を受けてグングンと勢いよく伸び続けています。

このまま放っておくと竹林が収取がつかなくなるほどの竹の密林になってしまうので枝葉をそぎ落としたり余計な竹を切り倒すなどして速しとしての形を整えようと思っているのですが、竹林までの10メーターほどの坂がつるつる滑りやすくなっているため危なくてしばらくは手を出せそうもありません。

『竹林の番人』を勝手に自称する私としましては、どうしようもない
IMG_4081.JPG
今の状態に忸怩(じくじ)たる思いで毎朝、ガラス戸越にその様子を眺めてはため息をついています。


前回のブログの時にはなかなか雨が降らないので気象庁の梅雨入り宣言は少し早すぎたんじゃないだろうか?と云う声があちこちで聞かれたほどでしたが、ところがどっこい、ほんとに今の宮崎はドップリと雨の中... 

これだけ降ればもういいんじゃない?と叫びたくなるほど雨が降り続いています。
お陰で散歩は出来ず、それが唯一の運動の手段である私としましては運動不足に陥り体形に変化をきたし大いに迷惑を蒙っています。


それはともかく話は変わりますが、今月18日には予定通りお見合パーティーを開催しました。
今回も場所は宮崎観光ホテル2Fのディアマンルージュ。ここは料理がおいしくていつも好評です。

参加者は男性19人、女性17人の合計36人。今回も例によって例のごとく女性に一人だけ直前になってキャンセルが出ましたが、仕事の関係でしたので仕方がありません。それでも一年ほど前の男女の数がアンバランスだった頃に比べますと、まあまあのメンバー構成だったのはないかなあと思った次第です。

出来たカップル数は当日だけで5組でしたから、正直なところ私達の期待からしますと若干物足りない結果に終わりました。

理由としてはいろいろあるかと思いますが、いちばん大きかった理由としましては男女ともお一人づつ抜群に人気のあった方がおられたことがあげられるのかなと思っています。

即ち、参加者のかなり多くの方が交際希望第一位にその男女の名前をあげておられましたので全体的にみますと第一位同士のバランスのとれたマッチングというのは難しい状況でした。

フリータイムの時などはその人気の男女の方へのお話合いの申し込みが集中し何人もの順番待ちが発生するなどその調整に追われて大変でした。
何人かの方は時間内にお話しできないままでパーティー自体が終了してご希望に添えない結果になってご迷惑をおかけしてしまいました。
しかし、こればかりは次の予約が入っており時間の制約上りどうしようもありませんでした。

私とオクサンとでいろいろ調整した結果何組かはカップルを成立させることができましたが、短い時間の間でかつ人数が多かったせいか最終的には以上のような結果で今回のパーティーは終わりました。

それでもその後エントリーにお相手探しにこられた方の中で、パーティー当日は二人で話す機会がなかったので申し込めなかったけど、気になる方がおられたのでということで改めて申し込んでいかれた方も何人かおられました。

過去にもパーティー終了後、似たようなことが何度かみられそれでうまく交際に繋がったカップルも何組か出ていますのでその結果を楽しみにしているところです。

パーティー終了後から夜遅くにかけてマッチング状況を整理し、その後のフォローや結果報告などで深夜までかかってしまいました。おまけに私が一部の会員の方への結果報告に際しミスをしてしまいそのあと処理の為夜遅くに電話したりで対象のには大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

全部終わったあとはグッタリ!今回のように疲れたパーティーは初めてでしたが、それでもカップルになられた方達には大変喜んでいただきましたのでそれが大きな救いでした。


最後に話はガラっと変わりますが、私のお腹が最近とみにポッコリと膨らんできています。妊娠ではありません。それでもウチのオクサンに言わせると『臨月の妊婦さんみたい...』とのこと。
なんと酷いことをいうんだろうと思いながらも、確かに可愛らしく?ポッコリと突き出たおなかを見ますと言い返すこともできません。

最近はTVや雑誌のダイエット広告がやけに気になってきて、お腹をへこませるのに効果的とかいうサプリメントを買ったり、腹筋を鍛えるための器具を買い込んだりといつもながらのその場になってからの悪あがきをしています。

原因は歳に似合わぬ旺盛な食欲(特に甘いものの食べ過ぎ)と運動不足だと自覚はしています。
しかし、自覚だけしていて改善のための動きが不十分なわけですから痩せる筈がありません。困ったものです。

流石にこのままではどうなるこやら?と心配したらしくオクサンも料理などに気を遣うようになってきています。私に付き合って食事制限も始めてくれています。ますます頭が上がらなくなりそう...

最近は『甘いものは僕の目につかないところに隠してくれ!』などとオクサンに頼んでいながらお腹が空くと直ぐに隠したものを簡単に探しだしてはコソコソとではありますが、しっかりと食べています。その嗅覚のすごさたるやまさに『飢えた狼?』の如しといったところでしょうか。

そんな状態の最近ですが、それでも良い歳をしたオッサンとはいえこのポッコリ状態を会員さんに気付かれることには流石に抵抗があります

これまで夏には毎年着ていたスリムなTシャツ類は極力着ないようにしてゆったりとした大き目の前開きのシャツを着るようにしています。これだと少しはポッコリを隠せるみたいですから...
食い意地と羞恥心!』、さてこの両者の戦いはこのあとどうなっていくことやら...困ったもんです。


婚活やの親父こと
            
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)   



*次回は7月10日を目途に更新予定です。
 尚、このブログを読まれたあとにエントリーにお出でいただいた皆様にお願い!
 来られた際、私のお腹をジロジロみるのだけは極力ご勘弁を。
 オクサンに任せて私はできるだけお客様の前には顔を出さないようにはするつもりでが...???

















虞美人草


梅雨に入ったと案内があったばかりなのに2~3日雨が降った後はずっと雨の降らない日が続いています。
雨が苦手な私からしますと大歓迎なんですが、会員さんの中には農業をやっておられるところもあります。そういう方達のことを考えるとやはりもう少し位は降ってあげてもいいんじゃないだろうか?などと勝手なことを考えたりしているところです。

全国的にも沖縄を除きますと似たような傾向が続いており気象庁の梅雨入り宣言は少し早すぎたんじゃないだろうか?と云う声があちこちで聞かれます。現時点では20日過ぎ位からは本格的梅雨に突入の見込みとか気象予報士が自信なさげに説明していましたが、どうなることやら...

ここで話は変わりますがここ最近私はずっとある歌にどっぷりと嵌(は)まっています。
USBに録音したものを通して毎日この歌を何回も何回も繰り返し聞いています。

この歌の名は『虞美人草』、作詞が山川啓介、作曲が八木正生、歌は
ポピー.jpg
デュークエイセスというキャストで作られた曲でメロディーと歌詩の切なさとがぴったり調和していて聴く人の胸を打つほんとに良い曲だと虜(とりこ)になっています。

何度聴いても飽きがくるどころかもっともっと聴きたくなってしまうこの曲は私からしますと間違いなく平成の名曲のひとつだと思っています。
それだけに発売以降、この歌がなぜもっとブレイクしなかったのかが私には不思議でなりません
私の音学的センスが一般の人とはズレテル...?のかもしれませんが、私自身は昔から音楽は大好きでして、音楽的センスに欠けてるというようなことはないんじゃないか...とは思っているのですがそう思っているのは自分だけだったりして...ってことなんですかね?

この曲は2010年1月にリリースされた『デューク・エイセス 55周年記念盤』に収録されています。(ユーチュウブでも聴けます)

デュークエイセスの歌はかなりこなしている筈の私でさえ知らなかった曲ですのでご存知の方は少ないかと思いますが、聴いたことのない方は是非一度は聴かれることをお奨めします。『百聞は一見に如かず』ならぬ『百聞は聴(ちょう)に如かず』と思いますので...


虞美人草.jpg
そもそもこの曲に出会ったのは関西に住む高校以来の大の親友からダビングさせてもらった4000曲の中に入っていた中から偶然私が見つけて選び出したことに始まります。

4000曲の目次の中から『おや?』と気になってこの曲を選び出したのは私が中学生のころ読んで強く印象に残っている夏目漱石の『虞美人草』という小説と同名だったから...という単純な理由。
かといって虞美人草という花がこの世に実在している花なのか?ということさえ知らなかったんですが、何となく興味をひかれましたので
この名曲に出会えたのを機にネットで調べてみました。

そうしますとこの花はひなげしの別名ということがわかりました。
もっとわかりやすくいいますとポピーの一種ということになるんだそうです。

今年の5月1日に東京から私の現役時代の後輩たちが遊びにきてくれたときに生駒高原を案内し、そこでポピーはたっぷりと眺めてきましたが、その時にはまだ私はこの曲に出会っていませんでした。
その時に彼らにもこの曲を聴かせてあげて私の俄か仕立ての蘊蓄(うんちく)をきかせてあげてたらまたそれなりに喜ばせてあげられたのになあと残念な思いがしました。

エントリーの会員さんの中ではお一人だけこの曲を聴いていただいた方がいます。
たまたま私がその曲をかけていたときにその女性会員の方がこられたので、私が『どうですか、良い曲でしょう?』と尋ねましたが、残念ながら私の期待したような反応は得られなかったように記憶しています。
『やはり自分のセンスの方がオカシイのかな?』と自信をなくし、それ以降は自分だけで楽しむようにしています。

『それでも地球は回ってる』ならぬ『それでもこの曲は名曲である』という私の信念は揺らいでおりません。
『ホンダバ、チョットダケ聴イテヤッペカ』と思われた方がおられましたら声をかけて下さい。5分もかからずに聴き終えることができますから...、私のセンスに賛同してもらえると嬉しんだけどなあと願っているところです。


最後に最近のエントリーの活動j状況についてひとこと。
今年に入って、特に先月から今月にかけてのエントリーの特徴としましては30~40代の男性会員の入会が増えてきていることがあげられるかと思います。

一般的な話としてどこの相談所さんも女性会員の方は毎月コンスタントに入会していただけるのですが、男性会員だけはなかなか期待通りの動きがみられないといった傾向があるように思います。(もちろんそうでないところもあるかとは思いますが...)

ところが、少なくともエントリーにおいては確実に男性会員が増えてきました。有り難い話です。
そのうち、特別にに用事が入っておられなかった男性会員さんには極力18日のパーティーに出て戴くようにお願いしました
来て戴いた方のうち何人かの方は新しくカップルになられましたので良かったなあと思っているところです。
パーティーのことにつきましては次回のブログでまとめてご紹介しようと思っていますので今、しばらくお待ちください。

今回も長くなりましたが、どうぞ悪しからず!

婚活やの親父こと
            哲
                  (宮崎の結婚相談所 エントリー 代表)



*次回は30日頃を目途に更新したいと思っていますので宜しくお願いします。









宮崎の結婚相談所

エントリー

〒880-0952
宮崎県宮崎市大塚台東2-12-3

宮崎の結婚相談所,エントリー

無料相談は
【TELorメールによる予約制】

TEL:0985-47-5428

メール予約

ご連絡お待ちしております

月別 アーカイブ